陽性 に関する公開一覧

陽性」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「陽性」の詳細情報や、「陽性」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「陽性」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(33,394件中)1/1,670ページ目

  1. 【課題】画像処理アルゴリズムの自動生成において、特異点の探索、特異点の特徴量計算及び特異点の分類の相乗効果及び分類精度を遺伝的操作を用いて最適化する。【解決手段】画像処理装置は、複数ノードの実行順序を定義する個体を特異点探索領域と分類領域とを記憶する個体群記憶部、学習画像を記憶する記憶部、探索領域に基づき学習画像を処理して探索結果を生成する特異点探索部、分類領域に基づ...

    画像処理システム、及び画像処理プログラム

  2. 【課題】ラテラルフロー試験片に異物が付着している場合であっても、検体に関する判断の精度を担保できる光学測定装置及び光学測定方法を提供する。【解決手段】光学測定装置1は、ラテラルフロー試験片Kの検出部16に対して測定光を照射し、測定光の照射によって検出部16から得られる光を測定する測定部と、測定部で得られた測定値と予め設定された第1の閾値との比較に基づいて、ラテラルフロ...

    光学測定装置及び光学測定方法

  3. 【課題】幅広い生体試料中の2SCを精度よく定量することができる生体試料の分析方法を提供すること。【解決手段】生体試料中のS−(2−スクシニル)システイン(2SC)を液体クロマトグラフィー−質量分析法を用いて定量する生体試料の分析方法であって、分析する前記生体試料に対して、脱脂処理を行う脱脂工程、タンパク質又はその断片を沈殿させ、2SC化したタンパク質又はその断片を含む...

    生体試料の分析方法及びミトコンドリアの機能の評価方法

  4. 【課題】スフェロイド表面に血管構造の末端が形成されたスフェロイドを提供すること。【解決手段】本発明のスフェロイド100は、幹細胞と血管内皮細胞が凝集して形成されている。スフェロイド100は、ドーム部10と平坦部20を含む形状であり、平坦部20から平坦部20に対して垂直方向に沿って複数の血管構造30が形成されている。

    スフェロイド及びその作製方法

  5. 【課題・解決手段】本明細書には、オートタキシン活性に関連する疾病、疾患、または障害の処置のための方法および組成物が記載される。本明細書に開示された方法および組成物は、少なくとも1つのオートタキシン阻害剤化合物の使用を含む。

  6. 【課題・解決手段】本発明は、CTLA−4を標的とする抗体、その調製方法および使用を開示する。具体的に、本発明は、CTLA−4を標的とする新しい完全ヒトモノクローナル抗体を開示する。本発明は、前記モノクローナル抗体の調製方法をさらに開示する。本発明のモノクローナル抗体は、CTLA−4抗原に高い特異性で結合することができ、高い親和性を有し、有意な抗腫瘍などの活性を有する。

    CTLA−4を標的とする抗体、その調製方法および使用

  7. 【課題・解決手段】本発明は、LAG−3を標的とする抗体、その調製方法および用途を開示する。具体的に、本発明は、LAG−3を標的とする新しいモノクローナル抗体を開示する。本発明は、前記モノクローナル抗体の調製方法をさらに開示する。本発明のモノクローナル抗体は、LAG−3抗原に高い特異性で結合することができ、高い親和性を有し、有意な抗腫瘍などの活性を有する。

    抗ヒトLAG−3モノクローナル抗体とその応用

  8. 【課題・解決手段】本発明は、DMEM(ダルベッコ改変イーグル培地)、F12(ハムF12培地)、M171(培地171)、およびFBS(ウシ胎仔血清)を含む培養液中で間葉系幹細胞集団を培養する段階を含む、間葉系幹細胞集団の創傷治癒特性を誘導するまたは改善する方法に関する。本発明はまた、間葉系幹細胞集団であって、該幹細胞集団の少なくとも約90%またはそれ以上の細胞が、マーカ...

    間葉系幹細胞の創傷治癒特性を誘導するまたは改善する方法

  9. 【課題・解決手段】抗体組成物の抗体依存性細胞貪食(ADCP)活性を調節する方法が本明細書において提供される。例示的な実施形態では、本方法は、本明細書にさらに記載されるように、(a)抗体のガラクトシル化グリカン、(b)抗体の非フコシル化グリカン、(c)抗体の高マンノースグリカン、又は(d)これらの組み合わせの量を調節して、抗体のADCP活性を調節することを含む。

    抗体依存性細胞貪食の調節

  10. 【課題・解決手段】本開示は、6−[(3S,4S)−4−メチル−1−(ピリミジン−2−イルメチル)ピロリジン−3−イル]−3−テトラヒドロピラン−4−イル−7H−イミダゾ[1,5−a]ピラジン−8−オンの結晶多形相に関する。

    6−[(3S,4S)−4−メチル−l−(ピリミジン−2−イルメチル)ピロリジン−3−イル]−3−テトラヒドロピラン−4−イル−7H−イミダゾ[l,5−A]ピラジン−8−オンの一水和物および結晶形態

  11. 【課題・解決手段】本出願は、BCMA*CD3又はGRRC5D*CD3のいずれかの二重特異性抗体に関する。二重特異性抗体は、特に抗CD38抗体による以前の治療後に、難治性癌の治療に使用される。

    癌を治療する方法及びT細胞リダイレクト治療薬の有効性を向上させる方法

  12. 【課題・解決手段】エクソン52スキッピングを誘導するためにヒトジストロフィン遺伝子中の選択された標的部位に相補的なアンチセンスオリゴマーおよびアンチセンスオリゴマーコンジュゲートが記載されている。本明細書に提供されるアンチセンスオリゴマーコンジュゲートは、CPPにコンジュゲートされたアンチセンスオリゴマー部分を含む。一態様において、本開示は、ヒトジストロフィン遺伝子中...

    筋ジストロフィーに対するエクソンスキッピングオリゴマーコンジュゲート

  13. 【課題・解決手段】本発明は、自己免疫疾患および分子免疫学を治療する分野、具体的には、抗IL−17A抗体、その医薬組成物、およびそれらの使用に関する。より具体的には、本発明は、モノクローナル抗体またはその抗原結合断片に関し、ここで、モノクローナル抗体の重鎖可変領域は、それぞれ配列番号:31〜33に記載のアミノ酸配列を有するHCDR1〜HCDR3、またはそれぞれ配列番号:...

    抗インターロイキン17A抗体、医薬組成物、およびその使用

  14. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の化合物、またはその薬学的に許容されるエステル、アミド、カルバメート、溶媒和物もしくは塩であって、そのようなエステル、アミドもしくはカルバメートの塩を含み、式中、R1が、任意に置換されたフェニル、またはN、S、およびOからなる群から独立して選択される1、2、もしくは3個のヘテロ原子を含む任意に置換された5もしくは6員環の芳香族複素環...

    アデノシン受容体アンタゴニストとしてのピラゾロピリミジン化合物

  15. 【課題・解決手段】本発明は、炎症の予防、抑制、緩和、改善、又は治療に使用される幹細胞由来のエキソソームの凍結乾燥製剤及びそれを有効成分として含む抗炎組成物を提供する。本発明の幹細胞由来のエキソソームの凍結乾燥製剤又はそれを有効成分として含む抗炎組成物は、幹細胞由来のエキソソームを安定化させるとともに抗炎効果に優れており、特に幹細胞の培養液から分離・精製された幹細胞由来...

    幹細胞由来のエキソソームの凍結乾燥製剤及びそれを有効成分として含む抗炎組成物

  16. 【課題】メルカプトウンデカハイドロドデカボレート(BSH)の薬剤の大きな弱点である細胞膜通過能及び腫瘍特異性を改善し、DDSを使用しない、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に用いられる中性子捕捉療法剤に有用な糖結合ホウ素薬剤を提供する。【解決手段】一般式(I)[式中、Gは、糖の残基を示す。]で表される化合物、その立体異性体またはその薬学的に許容される塩を提供する。

    グルコース結合ホウ素薬剤

  17. 【課題】オビヌツズマブの投与方法を提供する。【解決手段】オビヌツズマブを含有するCD20陽性のB細胞性リンパ腫治療用医薬組成物であって、前記医薬組成物は、1回の投与あたりオビヌツズマブとして1000 mgが点滴静注され、2回以上のサイクルで投与され、且つ、以下の(a)及び(b)の投与速度に従い投与される医薬組成物。(a)初回サイクルの投与におけるオビヌツズマブの最大投...

    医薬組成物

  18. 【課題】癌細胞の有糸分裂阻害剤に対する耐性を減少する方法を提供する。【解決手段】癌細胞の有糸分裂阻害剤に対する耐性を減少する方法であって、癌細胞をABCC3のアンタゴニストに接触させることを含む、方法である。前記アンタゴニストが、ABCC3に結合するABCC3抗体及びsiRNAからなる群から選択されることが好ましい。また、有糸分裂阻害剤に耐性の癌を有する患者を治療する...

    薬剤耐性に関連する遺伝的変異

  19. 【課題】サイトカイン放出症候群(CRS)との臨床関連性を有するバイオマーカーを提供する。【解決手段】いくつかのバイオマーカーが、免疫細胞に基づく療法、CAR T細胞処置中の早期に(対象がCRSから重病になる前、CAR T細胞投与の最初の10、9、8、7、6、5、4、3、2、または1日以内、またはそれ以下)CRSを正確に予測することができるという発見に基づくものであ...

    サイトカイン放出症候群を予測するバイオマーカー

  20. 【課題】細胞増殖を促進するため及び/又は抗原認識後のサイトカイン分泌を促進するために遺伝子改変細胞において有用な新規共刺激ドメインを提供する。【解決手段】特定の配列を持つ共刺激ドメインが組み入れられているキメラ抗原受容体又は誘導性調節構築物を含む遺伝子改変細胞を提供する。共刺激ドメインをコードする核酸配列を含むプラスミド及びウイルスベクー、並びにがん等の疾患の症状、進...

    遺伝子改変細胞で使用するための共刺激ドメイン

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1670