降伏強度 に関する公開一覧

降伏強度」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「降伏強度」の詳細情報や、「降伏強度」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「降伏強度」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(8,846件中)1/443ページ目

  1. 【課題】橋梁表面の高さを変えることなく正曲げと負曲げに対して同時に補強することを可能とし、更に、床版防水層を施工する作業を省くことを可能とするコンクリート橋の補強構造及び補強方法を提供する。【解決手段】既設床版の上面をなすコンクリートが、粗骨材を含まずシリカフューム又は高性能減水剤を含み、直径0.1〜0.25mm、長さ10〜24mm、引張強度2000Mpa以上の補強用...

    コンクリート橋の補強構造及び補強方法

  2. 【課題】製造コストを増大することなしに、H形鋼のフランジ部においてYP355MPa以上の高強度、並びに−40℃での低温靱性を確保するための方途について提案する。【解決手段】C:0.08〜0.16%、Si:0.05〜0.60%、Mn:0.10〜1.80%、Nb:0.005〜0.060%、Ti:0.001〜0.020%、Al:0.080%以下、N:0.0010〜0.006...

  3. 技術 材料

    【課題・解決手段】耐クリープ性材料は、硬質ポリウレタンのコア層12を備え、一方の表面に適用される第1の引張補強層17と、コア層の他の対向表面に適用される第2の引張補強層17とを有し、第1および第2の引張補強層のそれぞれの全体は、材料のコア層の第1および第2の表面と接触している。

    材料

  4. 【課題・解決手段】本開示は、概して、製品の1つ以上の表面に選択的に再結晶化された微細構造を有するアルミニウム合金製品を提供する。本開示はまた、そのような製品から作製される製造物品、ならびに鋳造および圧延を通じてなどの、そのような製品の作製方法も提供する。本開示はまた、自動車、輸送、エレクトロニクス、および、工業用途などにおける、そのような製品の様々な最終用途も提供する。

    選択的に再結晶微細構造を有するアルミニウム合金製品および作製方法

  5. 【課題】下方に配置された充填鋼管コンクリート造の柱と上方に配置された鉄筋コンクリート造の柱とを接合する柱同士の接合構造の剛性評価方法を提供するものである。【解決手段】柱同士の接合構造の剛性評価方法は、CFT造の第一柱と、第一柱の上方に配置され、コンクリート部及びコンクリート部内を鉛直方向に延びる柱主筋を有するRC造の第二柱とを接合する柱同士の接合構造の剛性評価方法であ...

    柱同士の接合構造の剛性評価方法

  6. 【課題】高温に曝された後、常温に戻った状態のケーブルの外観から、火災の影響により強度が低下したかどうかを判別することを可能とする。【解決手段】ケーブルの長さ方向に延在し、常温における第一の色彩が所定の受熱温度で第二の色彩に変化した後、前記受熱温度の変化によらず前記第二の色彩が維持される受熱履歴表示部を前記ケーブルに付け、前記ケーブルが火災の影響を受けた後、前記受熱履歴...

    ケーブル強度低下判定方法及びその方法に使用する受熱温度履歴表示構造

  7. 【課題】光学画像安定化(OIS)機構のボイスコイルアクチュエータを提供する。【解決手段】ボイスコイルモータアクチュエータであって、カメラ100の画像センサ108と結合した動的プラットフォーム122であって、画像センサと一緒に動くよう構成された動的プラットフォームと、静的プラットフォーム126と、動的プラットフォームを静的プラットフォームに機械的に接続する複合湾曲アーム...

    画像センサを移動させるボイスコイルモータを有する光学画像安定化

  8. 【課題】インビボ連続検体監視システムにおける故障タイプを判別する方法を提供する。【解決手段】本明細書に開示されるシステム及び方法は、検体センサ及びシステムにおいて直面される故障タイプを判別するための方法を提供し、さらには、センサデータ、臨床文脈情報、及び患者または患者の環境に関する他のデータに基づいて、かかる判別された故障を応答可能に処理するための方法を提供する。した...

    データ及び文脈に基づいた故障判別及び応答処理方法、システム、および装置

  9. 【課題・解決手段】熱延鋼板の表面にめっき被膜を有するめっき鋼板であって、熱延鋼板は、重量%で、C:0.15〜0.25%、Si:0.5%以下、Mn:0.5〜2.0%、P:0.03%以下、S:0.015%以下、Al:0.05%以下、N:0.01%以下、Ti:0.05%以下(0%は除く)、B:0.01%以下(0%は除く)、残部Fe及び不可避不純物を含み、下記関係式1を満たし...

    表面品質、強度、及び延性に優れためっき鋼板

  10. 【課題・解決手段】構造部品を熱間成形するための方法の実施例が提供されている。この方法は、アルミニウムコーティングを有する超高強度鋼から形成されるブランクを加熱するステップと、多段階装置内で加熱された前記ブランクを成形するステップとを含む。

    コーティングされた鋼に対するプレス方法及び鋼の使用法

  11. 【課題】鋼板の機械特性において、API 5L X80グレード以上の高強度と高靭性(一様伸びと局部伸び)を確保する。【解決手段】質量%で、C:0.03〜0.12%、Si:0.05〜0.50%、Mn:1.20〜2.50%、P:0.015%以下、S:0.010%以下、Ti:0.005〜0.030%、Al:0.005〜0.030%、N:0.001〜0.005%、O:0.001...

    高強度高延性鋼板及びその製造方法

  12. 【課題】鋼管用鋼板においてAPI 5L X80グレード以上の高強度と高延性を確保し溶接熱影響部の靱性の向上を図る。【解決手段】質量%でC:0.03〜0.12%、Si:0.05〜0.50%、Mn:1.20〜2.50%、P:0.015%以下、S:0.010%以下、Ti:0.005〜0.030%、Al:0.005%未満、N:0.001〜0.005%、O:0.001〜0.00...

  13. 【課題】二重相鋼の成形性を改善するために、マルテンサイト相を調質する方法の提供。【解決手段】フェライトおよびマルテンサイトを有する二重相鋼ストリップの成形性を改善する方法であって、前記マルテンサイトの少なくとも一部をフェライトおよびセメンタイトに変形させるのに十分な温度と時間で前記二重相鋼ストリップを調質加熱処理する工程を有し、前記調質加熱処理する工程は、バッチ焼鈍プ...

    高成形性の二重相鋼

  14. 【課題】薬物粒子を含有する医薬懸濁液、それらの投与のためのデバイス、およびそれらの使用方法の提供。【解決手段】本発明は、薬物粒子を含有する医薬懸濁液、医薬懸濁液を連続的に投与するために口内に固着される薬物送達デバイス、およびそれらの使用方法を特徴とする。例えば、(i)約35%〜70%(w/w)の薬物粒子、(ii)19%〜30%(w/w)の1種または複数種の水不混和性化...

    薬物粒子を含有する医薬懸濁液、それらの投与のためのデバイス、およびそれらの使用方法

  15. 【課題】リベット締めされ得、かつ優れた延性及び靭性特性を有するアルミニウム合金製品およびその製造方法の提供。【解決手段】所定の成分を有するアルミニウム合金製品であって、直接チル鋳造して、インゴットを形成し、均質化し、前記インゴットを熱間圧延して、熱間帯鋼を製造し、前記熱間帯鋼を冷間圧延して、最終ゲージ厚を有するシートにする。

    アルミニウム合金製品及び調製方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、重量%で、少なくとも以下の組成:C:0.03〜0.17、Mn:0.65〜2.50、Cr:0.2〜2.0、Ti:0.01〜0.10、Nb:0.01〜0.10、B:0.0005〜0.005、N:0.01以下を含み、ここで、Ti/Nが、3.42以上である、熱間成形された部品を製造するための鋼ストリップ、シート又はブランクに関する。本発明はまた、該...

    熱間成形された部品を製造するための鋼ストリップ、シート又はブランク、部品、及びブランクを部品に熱間成形する方法

  17. 【課題・解決手段】重量百分率で、1.0〜3.5%のアルミニウムと、0.0〜3.6%のチタンと、0.0〜6.0%のニオブと、0.0〜4.9%のタンタルと、0.0〜5.4%のタングステンと、0.0〜4.0%のモリブデンと、8.9〜30.0%のコバルトと、10.8〜20.6%のクロムと、0.02〜0.35%の炭素と、0.001〜0.2%のホウ素と、0.001〜0.5%のジル...

    ニッケル基合金

  18. 技術 防護工

    【課題】従来よりも効率的に衝突エネルギーを吸収できる防護工を実現するための技術を提供すること。【解決手段】防護工は、所定の衝突想定方向からの通行限界高さを超える車両の衝突が想定される鋼梁14を備える。鋼梁14は、鋼管141を有し、鋼管141の内部は、衝突想定方向の上流側と下流側とに分けた下流側が所定の補強材143で充填されている。補強材143は、コンクリートである。

    防護工

  19. 技術 防護工

    【課題】従来よりも強化された防護工を簡単に実現するための技術を提供すること。【解決手段】橋桁防護工10は、通行限界高さを超える車両の通行を防護する防護工であって、支柱12の間に架け渡された鋼梁14と、所定の衝突想定方向から車両が鋼梁14に衝突することにより鋼梁14が塑性変形して所定の変形状態に至った際に当該衝突の荷重を受け始める長さを有するように支柱間に架け渡された索...

    防護工

  20. 【課題】降伏強度のばらつきを低減した鋼材の製造方法、及び、その製造方法を実施できる焼戻し設備を提供する。【解決手段】本開示による鋼材の製造方法は、準備工程と、焼入れ工程と、焼戻し工程とを備える。準備工程では、明細書に記載の化学組成を有する中間鋼材を準備する。焼入れ工程では、準備工程後、850〜1000℃の中間鋼材を、800℃から500℃の間の平均冷却速度を300℃/分...

    鋼材の製造方法、及び、焼戻し設備

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 443