鍛造品 に関する公開一覧

鍛造品」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「鍛造品」の詳細情報や、「鍛造品」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「鍛造品」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,006件中)1/201ページ目

  1. 【課題】FRP部材を有しており、打球音が高いゴルフクラブヘッドの提供。【解決手段】ゴルフクラブヘッド100は、打撃フェース102、クラウン104およびソール106を備えている。クラウン104及び/又はソール106が、繊維とマトリクス樹脂とを含む繊維強化プラスチックで構成されたFRP部材f1を有している。FRP部材f1の平均曲げ弾性率が、25GPa以上である。前記繊維は...

    ゴルフクラブヘッド

  2. 【課題】FRP部材を有しており、打球音の持続時間が長いゴルフクラブヘッドの提供。【解決手段】ゴルフクラブヘッド100は、打撃フェース102、クラウン104およびソール106を備えている。クラウン104及び/又はソール106が、繊維とマトリクス樹脂とを含む繊維強化プラスチックで構成されたFRP部材f1を有している。ヘッド100は、固有振動数が3000Hz以上5000Hz...

    ゴルフクラブヘッド

  3. 【課題】ジルコニウム合金が現有する優れた特性を維持しつつ、機械的性質(強度及び延性)を向上した材料と、その製造方法を提供する。【解決手段】Zrを主成分として含有し、副成分としてMoを0.5〜15質量%含有するジルコニウム合金であって、α相中に、α相に比して微細であり、扁平なβ相が分散した状態となっているジルコニウム合金、並びに、Zrを主成分として含有し、副成分としてM...

    ジルコニウム合金及びその製造方法

  4. 【課題】製造効率の向上、費用の低下、機械的性質の均一化などを実現可能な、動翼の製造方法を提供する。【解決手段】実施形態は、蒸気タービンに用いられる動翼の製造方法であって、リング形状に形成されたリング素材を準備する準備工程と、リング素材について加工を行うことによって動翼を成形する成形工程とを有する。

    動翼の製造方法

  5. 【課題】強度特性が向上したアルミニウム合金材料を提供する。【解決手段】一実施形態に係るアルミニウム合金材料は、アルミニウムを主成分とするアルミニウム合金材料であって、3.0質量%を超え4.0質量%以下のマンガンを含有する。

    アルミニウム合金材料、アルミニウム合金材料の製造方法、キャスク用バスケット及びキャスク

  6. 【課題】電磁弁において、ソレノイドピンと弁体との貼り付きを防止する。【解決手段】燃料流路R1が形成されたボディ2と、上記燃料流路に設けられた電磁弁3とを備える燃料ポンプであって、上記電磁弁3は、上記燃料流路R1内に設けられた弁座3aと、上記弁座3aと当接することによって上記燃料流路R1を閉鎖する弁体3bと、上記弁体3bを上記弁座3aから離間させるソレノイドピン3gとを...

    燃料ポンプ

  7. 【課題】鍛造用ダイにおいて、個別の材料層から組み立てることができ、従来の鍛造用ダイと比較して時間と費用を節約する。【解決手段】切削される個別層15は各々が通常ダイハーフ体の全体の厚みと比較して相対的に薄いため、鍛造用ダイ内にキャビティを切削するより速く切削される。

    部品製造のための装置、及び関連方法

  8. 【課題】室温から作動温度において十分な強度、耐力及び耐疲労特性を有し、特に、羽根部相当部位における組織が微細かつ均質化された高強度のインペラ用冷間鍛造材及びその効率的な製造方法を提供する。【解決手段】Cu及びMgを含有するアルミニウム合金製のインペラ用冷間鍛造材であって、羽根部相当部位における母材結晶粒の平均粒径が250μm以下であり、結晶粒径が700μm以上の粗大粒...

    インペラ用冷間鍛造材及びその製造方法

  9. 【課題】破断面の進行方向そのものを積極的にコントロールできるようにした破断分割方法を提供する。【解決手段】クランクピン軸受部13が形成されている熱間鍛造部品であるところのロアリンク素材27を、拡径力Fのもとでのクラッキングによる破断にて二分割する工法である。クランクピン軸受部13の内周面のうち、クランクピン軸受部13の中心を通る仮想平面上には破断開始部となるV溝状のノ...

    機械部品の破断分割方法

  10. 【課題】寸法精度により十分に優れた部品を、より十分に低コストで、量産することができる浸炭焼入れ装置および浸炭焼入れ方法を提供すること。【解決手段】鋼鉄からなる部品の浸炭焼入れ装置であって、前記浸炭焼入れ装置は複数の前記部品2を載置および搬送するためのトレイ1を含み、前記トレイは、前記複数の部品2と加熱源3との間に、前記加熱源3からの輻射熱を遮蔽する遮蔽板10を有する、...

    浸炭焼入れ装置および浸炭焼入れ方法

  11. 【課題】 従来の磁器製がいしの耐久性がないという課題を解決するとともに実用性のあるポリマーがいしの取付構造を提供する。【解決手段】 地線又は電力線等の線体を、鉄塔部分などの被取付体2に対して少なくとも1つの方向に回動可能にする回動機構12を備えており、張設状態や懸垂状態等で支持するための取付具3と、絶縁性合成樹脂素材で構成された芯材13の回りに絶縁性ポリマーからな...

    ポリマーがいしの取付構造

  12. 【課題】穴抜き加工後の切削作業に要する時間を削減可能な鍛造品の製造方法を提供すること。【解決手段】本発明に係る鍛造品の製造方法は、荒地成形工程において、荒地成形用の上型11および下型12を用いて素材13を圧縮成形して、素材の底面の中央に凹部14aと、素材の底面の周辺部に凸部14bとを含む荒地形状にし、仕上げ成形工程において、仕上げ成形用の上型21および下型22を用いて...

    鍛造品の製造方法

  13. 【課題】流体ダンパー手段を用いても装置本体に対する開閉体の開閉操作をよりスムーズにさせることのできるヒンジ並びにこのヒンジを用いた各種機器を提供する。【解決手段】ヒンジ10Lは、装置本体の側に取り付けられる取付部材20と、開閉体の側に取り付けられる支持部材30と、取付部材20に対し支持部材30を回転可能に軸支するヒンジシャフト40と、を備える。支持部材30は押圧カム部...

    ヒンジ並びにこのヒンジを用いた各種機器

  14. 技術 暖冷装置

    【課題】冷暖房の熱伝達の有効利用を図った構造を有する暖冷装置を提供する。【解決手段】暖冷装置1は、熱伝達パネル10と、熱伝達パネル10の下面に接触し、内径部に液体が流れるホース材20と、冷房又は暖房としてホース材20を介して温度管理された液体を循環させる熱源部2と、熱伝達パネル10が載置される下地部材40と熱伝達パネル10との間でホース材20からの冷気又は暖気を蓄える...

    暖冷装置

    • 公開日:2020/01/09
    • 出願人: 趙柄鉄
    • 発明者: 趙柄鉄
    • 公開番号:2020-003111号
  15. 【課題】車両のスモールオーバーラップ前面衝突時にキャビン4に入力する衝撃を緩和可能とするフロントロアアーム20の提供。【解決手段】フロントロアアーム20は、ロアアーム本体21の車両左右方向外端にナックル40連結用のボールジョイント25が取り付けられるボールジョイントブラケット24を溶接した構成である。ボールジョイントブラケット24の車両前後方向前側には、ショックアブソ...

    フロントロアアーム、フロントサスペンション装置ならびに車両

  16. 【課題】従来の熱間型鍛造工程は、加工中に十分な断熱性を維持するため断熱材を使用した場合、被鍛造材のうち金属部品として使用する部分に断熱材の溶着が生じ、最終製品形状へ影響を与えることが問題となっていた。【解決手段】本発明の金属部品の製造方法は、金型を用いて被鍛造材を熱間型鍛造する金属部品の製造方法において、上記被鍛造材を加熱する被鍛造材加熱工程S1と、上記金型の型彫部の...

    金属部品の製造方法

  17. 技術 暖冷装置

    【課題】冷暖房の熱伝達の有効利用を図った構造を有する暖冷装置を提供する。【解決手段】暖冷装置1は、熱伝達パネル10と、熱伝達パネル10の下面に接触し、内径部に液体が流れるホース材20と、冷房又は暖房としてホース材20を介して温度管理された液体を循環させる熱源部2と、熱伝達パネル10が載置される下地部材40と熱伝達パネル10との間でホース材20からの冷気又は暖気を蓄える...

    暖冷装置

    • 公開日:2019/12/12
    • 出願人: 趙柄鉄
    • 発明者: 趙柄鉄
    • 公開番号:2019-211090号
  18. 【課題】特別な管体を使用しなくても、熱伝導面と接触する管体の外周面の接触面積を増やす構造を有する床冷暖房装置を提供することにある。【解決手段】床冷暖房装置1は、熱伝達パネル10と、熱伝達パネル10の下面に接触し、内径部に液体が流れるホース材20と、床冷房及び床暖房のいずれかに切り替えて、ホース材20を介して熱伝達パネル10へ温度管理された液体を循環させる熱源部2とを有...

    床冷暖房装置

    • 公開日:2019/11/28
    • 出願人: 趙柄鉄
    • 発明者: 趙柄鉄
    • 公開番号:2019-203681号
  19. 【課題】特別な管体を使用しなくても、熱伝導面と接触する管体の外周面の接触面積を増やす構造を有する床暖房装置を提供することにある。【解決手段】床暖房装置1は、熱伝達パネル10と、熱伝達パネル10の下面に接触し、内径部に液体が流れるホース材20とを有している。ホース材20は、弾性部材で環状に形成され、熱伝達パネル10が載置される下地部材40と熱伝達パネル10との間で設定さ...

    床暖房装置

    • 公開日:2019/11/28
    • 出願人: 趙柄鉄
    • 発明者: 趙柄鉄
    • 公開番号:2019-203682号
  20. 【課題】軌道面を形成するためにコーティングを剥がす作業をできるだけ減らし、また、コーティングの作業の際に軸受装置の保持が障害とならないようにする。【解決手段】軸受装置10の製造方法は、外輪部材12に単独で全面にわたってコーティングを付する第一コーティング工程と、第一コーティング工程の後、外輪部材12において玉13が転がり接触する外軌道面12a,12bを形成するための機...

    軸受装置の製造方法及び軸受装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 201