酪農 に関する公開一覧

酪農」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「酪農」の詳細情報や、「酪農」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「酪農」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,508件中)1/126ページ目

  1. 【課題】ストップガンを開放した始動時に圧力ポンプや液体管路にかかる圧力ショックも大きくなり、圧力ポンプや液体管路に負担がかかり、大きな始動ショックによる反動を受けるが、インバーター装置により徐々に加速を行い始動ショックを低減し、同時にポンプを破損せずに停止出来る高圧洗浄機を提供する。【解決手段】高圧洗浄機に電力が供給された時に、二次側交流電力の周波数を目標周波数まで徐...

    ストップガンを備えた高圧洗浄機

  2. 【課題】有機物質の存在下で従来より遥かに安定性が高い、ヨードフォアの提供。【解決手段】ヨウ化物/ヨウ素酸のイオン源、チオシアン酸のイオン源および酸化剤を含むヨードフォア生成組成物であって、化合物がin situまたはex situで反応してヨードフォアを生成できる組成物。

    有機物質の存在下で改善された安定性を有するヨードフォア組成物

  3. 【課題】燃焼対象物を効率よく完全燃焼させることのできる方法及び燃焼炉構造を提供する。【解決手段】耐火材にて密室空間としての円柱形の燃焼炉1を形成し、該燃焼炉適所に燃焼対象物投入口、熱気排出口6を各々設け、旋回熱気流を発生させるために、燃焼炉上部本体の側面下部に下向き斜方に設けられる孔部分からなる外気供給部5を設け、外気供給部を炉外に設置される給気ファン23に接続する。

    旋回熱気流を用いる燃焼対象物燃焼方法および該燃焼方法を用いた燃焼炉構造

    • 公開日:2020/10/29
    • 出願人: 相馬督
    • 発明者: 相馬督
    • 公開番号:2020-176817号
  4. 【課題】タンパク質加水分解物を用いたタンパク質−多糖類二重コーティング乳酸菌の製造方法、及びタンパク質−多糖類二重コーティング乳酸菌の提供。【解決手段】(a)〜(e)のステップを含むタンパク質−多糖類二重コーティング乳酸菌の製造方法。(a)タンパク質水溶液にタンパク質加水分解酵素を処理して、加水分解率が45%〜95%であるタンパク質加水分解水溶液を製造する;(b)前記...

    タンパク質加水分解物を用いたタンパク質−多糖類二重コーティング乳酸菌の製造方法

  5. 【課題】運転コストを低く維持しながら全窒素が高い排水を処理でき、運転管理が容易である排水処理装置を提供する。【解決手段】人工湿地を使用して被処理水を浄化する第1の浄化部10と、被処理水中の窒素成分を除去する脱窒処理部40と、人工湿地を使用して被処理水を浄化する第2の浄化部50とを含み、脱窒処理部40が被処理水と生分解性樹脂とを接触させる、排水処理装置1。

    排水処理装置、排水処理方法

  6. 【課題・解決手段】本開示は、天然及び人工パッケージングシグナルをパッケージングすることを使用するウイルス様粒子[VLP]の集合、ワクチン及び免疫学的組成物におけるそれらの使用、ならびにヒト及び動物のウイルス病原体に対するワクチン接種または免疫化の方法に関する。

    ウイルス様粒子

  7. 【課題・解決手段】細菌組成物の調製方法を開示する。当該方法は、(a)有益な細菌とバイオフィルム生成細菌とを増殖基質中で、有益な細菌と非病原菌とを含むバイオフィルムを生成する条件下、インビトロで共培養し、(b)バイオフィルムを増殖基質から単離することを含む。

    有益な細菌を有するバイオフィルムを含む細菌組成物の生産方法

  8. 【課題】地域の一次産業を統合して地域の育成物を人工環境下で育成し、人工知能により地域育成物と地域育成物と、又は地域住民と広域住民を統合し、エネルギ及び食料及び食材に関する地産地消を図る人工知能を活用した一次産業の統合型工場育成システムを提供する。【解決手段】一次産業の育成物が育成される各専用工場ユニット2a〜2dが地域ごとに統合された統合工場ユニット2A〜2Cと、統合...

    一次産業の統合型工場育成システム

  9. 【課題】本発明はタンパク質量を母乳に近い2.4g/100kcal未満に収めつつ、シアル酸量を母乳レベルまで増加させた新たな乳幼児用栄養組成物、及びその製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】本発明はシアル酸が250 mg/100 g固形以上であり、かつタンパク質量が2.4g/100 kcal未満であることを特徴とする乳幼児用栄養組成物を提供する。さらに、上記に...

  10. 【課題・解決手段】本特許発明の対象は特に、不活性化された、生存能力を有さない、もしくは死んでいるバチルス・コアグランス細菌、例えば死んでいる細菌の芽胞および/もしくは細胞の全体、ならびに/または不活性化された、生存能力を有さない、もしくは死んでいるバチルス・コアグランス細菌を含む粒子を含む、組成物と方法とを提供する。また、バチルス・コアグランスのペプチドグルカンおよび...

    不活性化されたバチルス・コアグランスおよび身体能力の向上のためのその使用法

  11. 【課題・解決手段】アルコールとパラベンを含む、低アルコール抗菌性組成物及びガンマ滅菌されたまたはガンマ滅菌可能な抗菌性組成物、及び局所用抗菌剤としてのその使用。

    低アルコールかつ滅菌可能な抗菌性組成物及びその使用

  12. 【課題・解決手段】産業作業用の水性改質酸組成物であって、上記組成物が、アルカノールアミンと強酸とを1:15以上、好ましくは1:10以上のモル比で含む水性改質酸組成物。水性改質酸組成物は、金属ヨウ化物またはヨーダートをさらに含むこともできる。上記組成物は、既知の従来の酸および改質酸を超える利点を示す。

    石油およびガス産業における従来の酸の代替物としての新規改質酸組成物

  13. 【課題】 牛の尻尾の炎症等を防ぐことができ、センサが位置ずれしたり、脱落するのを防止し、牛の尻尾に対するセンサの取り外し、取り付け作業を容易化できる家畜用センサモジュール取付具を提供する。【解決手段】 家畜に、生体データ計測用のセンサモジュール10を取り付けるための取付具であり、家畜である牛の尻尾に着脱自在に巻き付けられる伸縮性の弾性被覆帯20を備え、この弾性被覆...

    家畜用センサモジュール取付具

  14. 【課題】癌、リソソーム蓄積病、眼疾患、肝疾患または感染症の治療のための、治療タンパク質を発現するベクターの提供。【解決手段】治療タンパク質を条件的に発現するためのベクターであって、(1)プロモーターに機能的に連結された、リガンド依存性転写因子をコードする少なくとも1つの転写因子配列と、(2)VP16転写活性化ドメインポリペプチドとエクジソン受容体ドメインポリペプチドを...

    治療タンパク質を条件的に発現するベクター、該ベクターを含む宿主細胞およびそれらの使用

  15. 【課題】子牛の発育を阻害することなく全乳を子牛に給与することを可能とする、代用乳用配合飼料及び代用乳製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】代用乳中の脂肪を前記全乳に比べて少なくし、かつ前記代用乳中のタンパク質を前記全乳に比べて多くする代用乳用配合飼料を全乳に添加して脂肪を全乳に比べて少なくした代用乳を子牛に給餌する。これにより、子牛はほ乳期子牛育成用配合飼料...

    代用乳用配合飼料及び代用乳製造方法

  16. 【課題】濃縮タンパク質溶液の送達を可能とする配合物およびその製造方法の提供。【解決手段】タンパク質ならびにヒンダードアミン、アニオン性芳香族化合物、官能化アミノ酸、オリゴペプチド、短鎖有機酸、および低分子量脂肪族ポリ酸からなる群より選択される賦形剤化合物を含む液体配合物であって、前記賦形剤化合物が粘度低減量で添加される液体配合物。

  17. 【課題】店舗内の棚を撮像するためのウェイポイントを自動的に生成する新しい有用な方法を提供する。【解決手段】店舗内の棚を撮像するためのウェイポイントを自動的に生成する方法の1つは、店舗内の床空間のマップを自律的に生成するためのロボットシステムを送ることと、前記店舗内の棚構造の集合の目標の位置とアドレスを定義するアーキテクチャメタスペースにアクセスすることと、アーキテクチ...

    店舗内の棚を撮像するウェイポイントを自動的に生成する方法

  18. 【課題】 茶飲料工場で大量に発生し、産業廃棄物として廃棄処理されている茶粕を主原料とし、家畜の健康維持と繁殖成績の向上に有効なβカロテンを多く含み、しかも家畜の嗜好性に優れた新たな茶粕飼料技術を提供する。【解決手段】 茶飲料工場にて高水分の茶粕1が発生し(A)、高水分の茶粕1に対し、低水分飼料であるビートパルプ、フスマなどの中の少なくとも何れか一の水分吸収資材2を...

    茶粕発酵飼料、およびその製造方法

    • 公開日:2020/06/04
    • 出願人: 山形県 、...
    • 発明者: 庄司則章 、...
    • 公開番号:2020-080779号
  19. 【課題】乳生産量を改善するための雌牛の育種方法の提供。【解決手段】乳生産形質が改善された子孫集団を作るためにウシ亜科の動物を育種する方法であって、a)ウシ亜科の被験体に由来する試料において、ウシ亜科の被験体又はその子孫の健康全般の指標となる少なくとも1つの形質と関連した少なくとも1つの遺伝マーカーの有無を検出し;b)前記少なくとも1つの遺伝マーカーの有無に基づいて推定...

    乳生産量を改善するための雌牛の育種方法

  20. 【課題】乳牛に使用不可能な塩化カルシウムを電気分解で単体金属元素プラスイオンにし吸収率95%の驚異的なカルシウム製剤の提供。【解決手段】塩化カルシウム(CaCI2)を(Ca=CI2)に分解して乳牛に与える。電気分解で単体イオンに分離した金属元素カルシウムイオンにより、従来のカルシウムでは想像も付かなかった吸収率になり、電気分解で単体イオン化の経済効果は酪農家の画期的な...

    塩化カルシウム(CaCl2)を電気分解で単体イオンにし与えた総量の吸収率95%の画期的なカルシウム製剤にする。

    • 公開日:2020/05/07
    • 出願人: 菅井正
    • 発明者: 菅井正
    • 公開番号:2020-068754号
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 105