カプロラクタム に関する公開一覧

カプロラクタム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「カプロラクタム」の詳細情報や、「カプロラクタム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「カプロラクタム」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(42,715件中)1/2,136ページ目

  1. 【課題・解決手段】下記式(1)で表される化合物又はその塩、及びそれを含有するインクを提供する。式中、Qはそれぞれ独立にハロゲン原子を示し、R11及びR12はそれぞれ独立にイオン性親水性基で置換されたアルキル基を示し、A1はC1−C3アルコキシ置換アルキルアミノ基等を示す。

    水溶性アゾ化合物又はその塩、インク、及び記録メディア

  2. 技術 複合部材

    【課題・解決手段】含フッ素樹脂を含む部材と熱可塑性樹脂を含む部材とを有し、接着性に優れる複合部材を提供する。熱可塑性ポリウレタン及びポリアミドエラストマーを含む第一部材と、含フッ素樹脂を含む第二部材とが、直接接触してなる複合部材である。

  3. 【課題・解決手段】本発明の課題は、日焼け止め剤に対する耐汚染性に優れた車両内装部材用水性塗料、これを用いて形成された硬化膜を有する車両内装部材およびその製造方法の提供である。本発明の車両内装部材用水性塗料は、フルオロオレフィンに基づく単位およびカルボキシ基を有する単位を含む含フッ素重合体と、カルボジイミド系硬化剤、アミン系硬化剤、オキサゾリン系硬化剤およびエポキシ系硬...

  4. 【課題・解決手段】本発明の課題は、耐傷性および日焼け止め剤に対する耐汚染性に優れた車両内装部材用塗料組成物、ならびに、これを用いて形成された硬化膜を有する車両内装部材およびその製造方法を提供することである。本発明の車両内装部材用塗料組成物は、フルオロオレフィンに基づく単位および架橋性基を有する単量体に基づく単位を含む含フッ素重合体と、架橋性基を有する非フッ素系重合体と...

  5. 【課題・解決手段】本発明は、少なくともアルミニウム蒸着層(A)/バリア層(B)/接着剤層(C)/ポリプロピレン層(D)がこの順に積層されてなる易裂性アルミ蒸着二軸延伸フィルムであって、バリア層(B)が、ポリアミド(a)と非晶性ポリアミド(b)との混合体を含み、ポリアミド(a)が、キシリレンジアミン由来の構成単位を70モル%以上含むジアミン単位と、炭素数4〜20のα,ω...

    易裂性アルミ蒸着二軸延伸フィルム

  6. 【課題・解決手段】第三角法に基づく投影図の正面図、平面図及び側面図の全てが楕円であり、(1)扁平部の長径(L)の平均(LAV)が、0.13≦LAV≦500μm、(2)扁平部の短径(D)の平均(DAV)が、0.1≦DAV≦250μm、及び(3)長径(L)と短径(D)とから算出されるアスペクト比(L/D)の平均(P1AV)が1.3<P1AV≦50である扁平楕円球状ポリマー...

    皮膚化粧料

  7. 【課題】優れた耐衝撃性を有し、好ましくは、さらに、優れた耐油性を有する、新規な両面粘着テープを提供する。【解決手段】本発明の両面粘着テープ100は、損失正接tanδの極大値が1.5以上であり、該極大値を与える温度が−30℃〜0℃である。厚みが100μm以上であり、複数の粘着剤層10a,10b,10cを有することが好ましい。脂環式構造含有アクリル系単量体を必須成分として...

    両面粘着テープ

  8. 【課題】アルコールを添加した水系溶媒中や、アルコール系溶媒中において、従来のPVP被覆銀ナノワイヤよりも優れた分散性を発揮する銀ナノワイヤを合成するための、新たな技術を提供する。【解決手段】銀化合物と有機保護剤が溶解しているアルコール溶媒中で銀をワイヤ状に還元析出させる銀ナノワイヤの製造方法において、前記有機保護剤として、N−ビニル−ε−カプロラクタムと、ビニルピロリ...

    銀ナノワイヤ合成用有機保護剤並びに銀ナノワイヤおよびその製造方法

  9. 【課題】ゴム製品のモジュラスや耐摩耗性向上に有効なゴム補強用芳香族ポリアミド短繊維集束体を提供すること。【解決手段】単繊維繊度が0.1〜1.5dtexであり、その長さが0.3〜12mmである芳香族ポリアミド短繊維を10本〜5万本集束した集束体であって、当該短繊維の幅[mm]/厚み[mm]が2.5以上であることを満たす扁平形状のゴム補強用芳香族ポリアミド短繊維集束体。

  10. 【課題】高効率で安定的な配向制御能が付与され、かつ、焼き付き特性に優れた、横電界駆動型液晶表示素子用液晶配向膜を有する基板及び、該基板を有する横電界駆動型液晶表示素子を提供する。【解決手段】光配向性基と極性基とを有する特定重合体(P)と、下記式(OS−1)で表される特定溶媒(X)とを含有する重合体組成物。式中R1〜R3は、それぞれ独立に、水素原子又は炭素数1〜3のアル...

  11. 【課題】サポート部の除去速度を低下させることなく、サポート部を形成する材料の溶出による装置の汚染を防止することができる立体造形物の製造方法の提供。【解決手段】モデル部と前記モデル部を支持するサポート部とを造形する立体造形物の製造方法であって、前記モデル部及び前記サポート部からなる造形物を造形する際、前記造形物の最外郭に位置する前記サポート部に対し、所定の高さのサポート...

    立体造形物の製造方法、及び立体造形物の製造データの作成方法

  12. 【課題】乾燥後の画像面が接触するローラーへ画像転移(白抜け)せず、耐ブロッキング性、及び耐摺擦性に優れた画像を形成することができる画像形成方法の提供。【解決手段】記録媒体にインクを付与して画像を形成するインク付与工程と、前記インクを付与した前記記録媒体のインク付与面がローラーに接触する接触工程と、を含み、前記インクが、有機溶剤、及び樹脂を含有し、前記接触工程における前...

    画像形成方法及び画像形成装置

  13. 【課題】立体造形物の品質の低下を抑制するとともに、立体造形物を製造する際の廃液の量を抑制することができる立体造形物の製造方法の提供。【解決手段】複数の層状造形物を積層することで立体造形物を製造する立体造形物の製造方法であって、吐出手段により造形用材料を吐出させる吐出工程と、所定の前記層状造形物における吐出箇所数及び非吐出箇所数の合計に対する前記吐出箇所数の割合に応じて...

    立体造形物の製造方法、立体造形物の製造装置、立体造形プログラム及び立体造形物の製造装置の洗浄方法

  14. 【課題】モデル部から突出した突出部の端部に下バリ及び横バリが発生することを抑制し、突出部の端部がシャープである立体造形物を製造できる立体造形物の製造方法の提供。【解決手段】積層方向に直交する方向へ突出した突出部を有するモデル部を形成するモデル部形成工程と、前記突出部と積層方向に接し、前記突出部よりも突出したサポート部を形成するサポート部形成工程と、を含み、前記サポート...

    立体造形物の製造方法、立体造形物の製造装置、及び立体造形物のデータの作成方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、ゼオライト材料を含む、NOxの選択的接触還元用の触媒であって、前記ゼオライト材料が、 (A)YO2およびX2O3を含有するGMEフレームワーク構造を有し、任意に、YO2およびX2O3を含有するCHAフレームワーク構造を有する1種または複数のゼオライトをさらに含む、1種または複数のゼオライトを含み、および/または (B)YO2およびX2O...

    NOxの選択的接触還元における銅で促進されたグメリン沸石およびその使用

  16. 【課題・解決手段】耳の疾患と疾病の処置のためのトリグリセリドベースの製剤、組成物、および方法が本明細書で開示される。こうしたトリグリセリドベースの製剤と組成物は、中鎖トリグリセリドに由来し、外耳、中耳、および/または内耳への様々な治療薬の送達を可能にする。

    トリグリセリド耳用製剤とその使用

  17. 【課題・解決手段】本開示は、着色剤としての顔料と、ポリマー分散剤と、ポリマーバインダーと、非水溶性添加剤とを含有する水性インクジェットインクに関する。インクは、紙及び繊維製品上への印刷のための改善された特性を示す。

  18. 【課題】ポリフェニレンサルファイド樹脂が本来有する優れた機械的強度を大きく損なうことなく、低金型汚れ性、耐トラッキング性にも優れたポリフェニレンサルファイド樹脂組成物とその成形品を提供する。【解決手段】(A)ポリフェニレンサルファイド樹脂100重量部に対して、(B)ISO 307(2007)に準拠して測定した粘度数が150ml/g以上である下記構造式で表されるポリア...

  19. 【課題】良好な物理的特性を有する繊維強化熱可塑性樹脂の成形物を製造するための技術を提供する。【解決手段】繊維強化熱可塑性樹脂の成形物の製造方法は、熱可塑性樹脂及び繊維を溶融混練して押し出すことにより製造された第1の繊維強化熱可塑性樹脂素材と、熱可塑性樹脂を繊維に含浸させることにより製造された第2の繊維強化熱可塑性樹脂素材とを混合するステップと、混合された第1及び第2の...

    繊維強化熱可塑性樹脂の成形物及びその製造方法

  20. 【課題】良好な物理的特性を有する繊維強化熱可塑性樹脂を短時間で製造するための技術を提供する。【解決手段】繊維強化熱可塑性樹脂の製造装置10は、複数の長繊維20に熱可塑性樹脂のモノマーの液体又は溶液を含浸させるための含浸チャンバー11と、モノマーが含浸された長繊維20を加熱することによりモノマーを重合させるための重合チャンバー14と、熱可塑性樹脂が含浸された長繊維20を...

    繊維強化熱可塑性樹脂の製造方法及び製造装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2136