過冷却 に関する公開一覧

過冷却」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「過冷却」の詳細情報や、「過冷却」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「過冷却」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(16,512件中)1/826ページ目

  1. 【課題】低段内部熱交換器を設けるとともに起動時の液バック現象を防止する。【解決手段】ヒートポンプ式蒸気生成装置10は、蒸発器20と、低段圧縮機22と、高段圧縮機24と、凝縮器26と、高段膨張弁28と、気液分離器30と、中間配管40と、気液分離器30の液相側出口から導入された冷媒を過冷却する低段内部熱交換器34と、低段内部熱交換器34から導入された冷媒を減圧膨張する低段...

    ヒートポンプ式蒸気生成装置

  2. 【課題】部分的に嵌め合わされた状態でろう付されるベース部材およびタンク部材を、予め決められた嵌め合わせ状態でろう付しうるコンデンサを提供する。【解決手段】コンデンサは、凝縮部、過冷却部および受液器4を含む。受液器4は、上下両端が開口した筒状でありかつ一方のヘッダタンク7に固定されたベース部材23と、上端が閉鎖されるとともに下端が開口した筒状であり、かつベース部材23に...

    コンデンサ

  3. 【課題】水冷媒熱交換器における冷媒と水との熱交換による、年間を通じての活用メリットを見出す。【解決手段】ヒートポンプ給湯機1は、四方弁31、二方弁122,121、膨張弁113,111,610を適宜に切り替えることで、大気排熱を利用した通常冷房運転(図7)及び大気吸熱を利用した通常暖房運転(図10)に加え、夏期における冷房排熱を貯湯タンクへの湯水の給湯に活用する排熱利用...

    冷暖房機能付き給湯機

  4. 【課題】 潜熱蓄熱材の過冷却を促進して、結晶化温度を容易に制御できる潜熱蓄熱材組成物の提供。【解決手段】 本発明の潜熱蓄熱材組成物は、炭素数が8以上の脂肪酸(A)と不飽和炭化水素、ならびに、アクリル酸、メタクリル酸およびそれらのエステル類からなる群より選ばれる少なくとも1種を単量体とする高分子(B)とからなることを特徴とする。前記高分子(B)は、単量体が不飽和炭化...

  5. 【課題】金属不純物の含有量が少ない高純度の多結晶シリコンを高い歩留まりで製造する。【解決手段】シーメンス法により、クロロシランガスを原料ガスとして、通電加熱した二本のシリコン種棒とこれらのシリコン種棒間に接続されたシリコン製の連結部材の各表面に、多結晶シリコンを析出させることにより、多結晶シリコンを製造する方法である。二本のシリコン種棒の組立て中及び/又は多結晶シリコ...

    多結晶シリコンロッドの製造方法

  6. 【課題】過冷却および冷却不足を防止して、食品を所望に冷却できる真空冷却装置を提供する。【解決手段】食品Fが収容される処理槽2と、この処理槽2内の気体を外部へ吸引排出する減圧手段3と、減圧された処理槽2内へ外気を導入する復圧手段4と、処理槽2内の圧力を検出する圧力センサ21と、処理槽2内に収容された食品Fの温度を検出する品温センサ22と、制御手段とを備える。品温センサ2...

    真空冷却装置

  7. 技術 冷凍装置

    【課題】複数の蒸発器に二酸化炭素冷媒を分流する冷凍装置において、各蒸発器への冷媒の分流に偏りが発生することを回避若しくは抑制する。【解決手段】冷凍装置1は、低元圧縮機21と、低元ガスクーラ23と、高圧膨張弁31と、並列接続された複数の低元蒸発器36と、各蒸発器の冷媒入口側に接続された低圧膨張弁34から構成された低元側冷媒回路6A、6Bを備える。制御装置48は高圧膨張弁...

    冷凍装置

  8. 【課題】X線装置用の患者支持装置及び患者支持装置の患者ベッドを調節する方法を提供する。【解決手段】患者(29)の検査の際に用いるX線装置(2)用の患者支持装置(1)であって、患者ベッド(10)及び患者ベッド(10)を支持する少なくとも1つの支持体(6)を備え、患者ベッド(10)は、X線透過性の第2の材料からなる少なくとも部分的に可撓性のカバー(11)内に、X線透過性の...

    X線装置用の患者支持装置と患者支持装置の患者ベッドを調節する方法

  9. 【課題】冷却空間内の壁や冷却対象に水が着氷することを抑制しながら、0℃以下の空気を連続的に加湿することが可能な加湿装置を提供する。【解決手段】この加湿装置100は、加湿源10が貯留される加湿槽1と、加湿槽1に、加湿源10を供給する加湿源供給部4と、加湿する0℃以下の空気を加湿槽1に流入させる空気流入部2と、加湿した0℃以下の空気を冷却空間に供給する空気供給部3と、を備...

    加湿装置、冷却装置および加湿方法

  10. 【課題】切れたり、損傷したりするおそれのあるOリングを用いる必要のないコンデンサを提供する。【解決手段】コンデンサ1は、凝縮部2と、凝縮部2の上方に設けられた過冷却部3と、凝縮部2と過冷却部3との間に設けられた受液器4とを備えている。凝縮部2に、冷媒が凝縮部2から受液器4に流出する凝縮部出口ヘッダ14を設け、過冷却部3に、凝縮部出口ヘッダ14の上方に位置しかつ冷媒が受...

    コンデンサ

  11. 【課題】ヒートポンプ装置の過冷却器を介して予熱された被加熱水をサーモサイフォン回路に供給して水蒸気を発生する場合であっても、サーモサイフォン回路を循環する被加熱水とヒートポンプ装置の凝縮器との熱交換効率の低下を防止することができる蒸気生成ヒートポンプ装置を提供すること。【解決手段】予熱配管L3内の被加熱水が飽和状態に近い状態あるいは飽和状態を検出する温度検出センサ26...

    蒸気生成ヒートポンプ装置

  12. 【課題】ウォータジャケットスペーサの機能性と冷却性能との両立を図ること。【解決手段】シリンダブロック4のシリンダ部10に形成された貫通孔17,17,17からウォータジャケットWJ内に、バインダプレート30およびクッション部材40が装着されたスペーサ本体22を挿入し、貫通孔17,17,17を塞ぐためのプレッシャプレート50がシリンダ部10に締結された際に、プレッシャプレ...

    ウォータジャケットスペーサおよびこれを備える内燃機関

  13. 【課題】冷却水の放熱抑制と外部の熱源に対する熱耐久性向上との両立に資するカバー部材を提供すること。【解決手段】シリンダ部10の外壁14aに形成した貫通孔17,17,17を塞ぐべく当該外壁14aにプレッシャプレート50を締結した際に、当該プレッシャプレート50とスペーサ本体22の凹部22cとの間に空間IS1を構成すると共に、プレッシャプレート50の背面側にヨーク60を締...

    カバー部材およびこれを備える内燃機関

  14. 【課題】軽量化と変形抑制との両立に資するウォータジャケットスペーサを提供すること。【解決手段】樹脂製のスペーサ本体22のうちウォータジャケット内に突出されてシリンダボア壁12に当接される突出部22bに、シリンダボア壁12に対向する円弧面23bを形成すると共に、当該円弧面23bをシリンダボア壁12の曲率よりも大きい曲率を有するように形成する。これにより、スペーサ本体22...

    ウォータジャケットスペーサおよびこれを備える内燃機関

  15. 【課題】大容量の過冷却LNGを低圧で貯蔵するようにしたLNG飽和液の供給装置を提供する。【解決手段】過冷却LNGを加温ガスとの熱交換により加温してLNG飽和液にする熱交換器20と、 上記熱交換器20で得られたLNG飽和液を供出するLNG飽和液供出路50と、 上記熱交換器20で過冷却LNGとの熱交換により凝縮して液化した液化加温ガスをとりだして加温し、再び加温ガスと...

    LNG飽和液の供給装置

  16. 【課題】設備効率を向上して供給施設の大規模化に有利なLNG飽和液の供給装置を提供する。【解決手段】LNG受入路10と、 上記LNG受入路10に受入れたLNGを加温ガスとの熱交換により加温してLNG飽和液にする熱交換器20と、 上記熱交換器20で得られたLNG飽和液を貯留するLNG飽和液貯留タンク40と、 上記LNG飽和液貯留タンク40に貯留されたLNG飽和液を供...

    LNG飽和液の供給装置

  17. 技術 蓄熱装置

    【課題】過冷却状態で安定的に熱エネルギーを蓄えるために有利な蓄熱装置を提供する。【解決手段】本開示の蓄熱装置(10)は、容器(12)と、蓄熱材(14)とを備えている。蓄熱材(14)は、容器(12)の内部において容器(12)に接触している。蓄熱材(14)は、過冷却状態で蓄熱が可能である。容器(12)は、第一被膜(13)を有する。第一被膜(13)は、蓄熱材(14)が接触す...

    蓄熱装置

  18. 【課題】冷凍機の運転状況に応じた冷却水入口温度下限値を算出する制御装置を提供する。【解決手段】制御装置は、冷凍機における冷水出口温度に所定の必要温度差を加えた冷却水出口温度下限値と、冷凍機における冷却水出口温度と冷却水入口温度の冷凍機の運転状況に応じて発生する温度である出入口必要温度差とを算出し、冷却水出口温度下限値から出入口必要温度差を減算して、冷凍機の冷却水入口温...

    制御装置、熱源システム、冷却水入口温度下限値の算出方法、制御方法およびプログラム

  19. 【課題】圧縮機ユニットを有する熱源ユニットとを提供する。【解決手段】圧縮機ユニット32は、第一のケース内に配置した圧縮機37と、空調装置の熱源側熱交換器ユニット31の熱源側熱交換器5であって、第一のケースとは分離された第二のケース内に配置されて熱源と熱を交換するよう構成した熱源側熱交換器5と圧縮機ユニット32とを接続するよう構成された第一及び第二熱源側熱交換器ユニット...

    圧縮機ユニット、熱源ユニット及び空調装置

  20. 【課題】アキュムレータの小型化又は省略化を実現することができる二重管式の満液式蒸発器を提供する。【解決手段】外管と当該外管内に設けられる内管とを有しており、前記内管内に被冷却媒体を流し、前記内管と外管との間のスペースに冷媒を流す、二重管式の満液式蒸発器。満液式蒸発器は、前記外管及び内管の各軸が水平である横置き型である。前記スペースにより、前記外管の下部に形成された冷媒...

    二重管式の満液式蒸発器及び製氷機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 826