輪軸 に関する公開一覧

輪軸」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「輪軸」の詳細情報や、「輪軸」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「輪軸」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,421件中)1/72ページ目

  1. 【課題】本発明はマッキング機能を有する重量測定装置を開示した。【解決手段】駆動機構を含み、前記駆動機構は箱体を含み、前記箱体の中には駆動チャンバが設置され、前記駆動チャンバの後側内壁の中には第一モータが固定的に装着され、前記駆動チャンバの中には第一プーリと第二プーリが設置され、前記第二プーリと前記第一プーリには貨物送り機構が連結され、前記貨物送り機構は左右対称に設置さ...

    マッキング機能を有する重量測定装置

  2. 【課題・解決手段】鉄道車両(26)の第1の輪軸(20A)の車輪およびブレーキディスクを削正する第1の床下輪軸旋盤(1A)、ならびに、鉄道車両(26)の第2の輪軸(20B)の車輪およびブレーキディスクを削正する第2の床下輪軸旋盤(1B)を備える、鉄道車両(26)の複数の輪軸(20A、20B)を機械加工する、具体的には、同時に機械加工するための装置(32)が、図示および記...

    鉄道車両のいくつかの輪軸を同時に機械加工するための装置および方法

  3. 【課題】アンチローリング装置の耐久性を向上させた鉄道車両用台車を提供する。【解決手段】トーションバー22の端部23の楔形をなす一対のテーパ面27,27を、アーム47の四角穴48の、対応する楔形をなす一対のテーパ面49,49で受けることにより、トーションバー22とアーム47とを結合させたので、トーションバー22の嵌合部26とアーム47の四角穴48との相対変位が抑止され、...

    鉄道車両用台車

  4. 【課題】異常原因の種類や走行状態にかかわらず台車の異常を検知できるようにする。【解決手段】軸梁式台車の異常検知装置は、鉄道車両の少なくとも1つの軸梁式台車の少なくとも1つの軸梁の回転角を算出する回転角算出部と、前記回転角算出部で算出された前記回転角に基づいて、前記台車の異常を判定する異常判定部と、を備える。

    軸梁式台車の異常検知装置

  5. 【課題】車両や軌道の経年変化を考慮して鉄道車両の走行安全性を評価できるように、営業車の走行中に輪重を常時計測できる構成を提供する。【解決手段】軸梁式台車の輪重計測装置は、軸梁式台車の軸梁の回転角を取得する回転角取得部と、前記軸梁の回転角と輪重との間の相関関係を記憶した相関関係記憶部と、前記相関関係に基づいて、前記回転角取得部で取得された前記回転角を輪重に変換する輪重算...

    軸梁式台車の輪重計測装置

  6. 【課題】側受を工夫することにより台車の軽量化を図る。【解決手段】、鉄道車両台車の側受の擦り板は、上側又は下側に配置された摺動部材に対して摺動可能に接触するように台車に設けられる側受の擦り板であって、前記摺動部材の下摺動面と対向する対向面に凹凸が設けられている。

    鉄道車両台車の側受の擦り板及び側受

  7. 【課題】鉄道車両の歯車装置の異常検知の精度向上を図る。【解決手段】本発明に係る異常検知システム1は、鉄道車両に搭載され、歯車装置10の状態に関する状態情報を収集する状態情報収集装置3と、地上側に設けられ、歯車装置10の異常の有無を検知する異常検知装置53とを備え、状態情報収集装置3は、歯車装置10の状態を検出するセンサの検出結果を状態情報として取得する取得部を備え、鉄...

    異常検知システム

  8. 【課題】一次側と二次側とを電気的に絶縁し、一次側と二次側との間で両方向に直流電力を融通可能な絶縁回路を実現すること。【解決手段】絶縁回路10は、コンデンサ20と、第1〜第4双方向半導体スイッチ回路30−1〜30〜4とを備える。コンデンサ20は、一次側の第1端子対21に接続された第1コンデンサとして機能する第1電極対25と、二次側の第2端子対23に接続された第2コンデン...

    コンデンサおよび絶縁回路

  9. 【課題】地上側で列車の位置および速度を検知する新たな技術を提案すること。【解決手段】踏切10の警報制御装置30は、踏切10に対する列車の位置および速度を検知する検知装置40と、検知装置40により検知された列車の位置および速度に基づいて、踏切10の警報制御の開始タイミングおよび/又は終止タイミングを決定するタイミング決定部32とを備える。検知装置40は、踏切10内または...

    検知方法、警報制御方法、検知装置および警報制御装置

  10. 【課題】地上側で列車の位置や速度を検知する新たな技術を提案すること。【解決手段】列車検知装置100は、計測端末200と判定装置300とを有し、交流信号が送信される交流軌道回路の制御区間に在線している列車の位置および速度を検知する。判定装置300は、送信電圧、送信電流および送信電圧に対する送信電流の位相差のうちの少なくとも1つである送信信号状態と、制御区間に列車が進入し...

    列車位置判定方法、判定方法、警報制御方法、判定装置および警報制御装置

  11. 【課題】本発明は自動的にチケットをチェックし、3Dメガネの配布と回収することができるロボットを開示した。【解決手段】ロボットを含み、ロボットの中には入口が設けられ、前記入口の左端壁にはスキャンチャンバが設けられ、前記スキャンチャンバの中には駆動装置が設けられ、前記スキャンチャンバの左端には作業チャンバが設けられる;本発明はチケットチェック、ドア開け、メガネの配布、メガ...

    自動的にチケットをチェックし、3Dメガネの配布と回収することができるロボット

  12. 【課題】台車のピッチングに起因した車体の上下方向の振動を容易に低減して鉄道車両の乗り心地を向上させることが可能な鉄道車両用ヨーダンパ装置を提供する。【解決手段】本発明に係るヨーダンパ装置100は、台車3の前後方向に並設された1対のヨーダンパ1a、1bを台車の左右それぞれに備え、1対のヨーダンパのうち、車体2の端部側に位置する第1ヨーダンパ1aは、車体の端部側に位置する...

    鉄道車両用ヨーダンパ装置

  13. 【課題・解決手段】製造装置(2)は、所定量の第1調合剤を収めた第1カプセルと、所定量の第2調合剤を収めた第2カプセル(4)とを有し、第1カプセル及び第2カプセルは互いに異なる。製造装置(2)は、さらに、第1カプセル及び第2カプセルを収容するように構成された収容デバイス(5)と、第1カプセル及び第2カプセルを装着した収容デバイス(5)を収容するように構成された混合マシン...

    カスタマイズ化粧製品の製造装置

  14. 【課題・解決手段】製造装置は、所定量の第1調合剤を収め、第1結合部(3.2)、及び出力孔(3.6)を設けられた出力路(3.5)を含む第1カプセル(3)と、所定量の第2調合剤を収め、第1結合部(3.2)と結合されるように構成された第2結合部(4.2)を含む第2カプセル(3)と、第1カプセル(3)及び第2カプセル(4)を収容するように構成され、化粧製品を得るように、第1カ...

    化粧製品の製造装置

  15. 【課題】鉄道車両に搭載された支持部の異常検知の感度を高める。【解決手段】鉄道車両は、平面視において仮想四角形の4つの角にそれぞれ配置された第1〜第4支持部を備え、平面視において前記第1支持部及び前記第4支持部が前記仮想四角形の第1対角線上に配置され且つ前記第2支持部及び前記第3支持部が前記仮想四角形の第2対角線上に配置されてなる。鉄道車両の異常検知装置は、前記第1対角...

    鉄道車両の異常検知装置及びそれを備えたシステム

  16. 【課題】降雨等の天候変化によって生じる交流軌道回路の不正落下に係る異常を検知できる新たな技術の提供。【解決手段】軌道回路監視装置100は、軌道回路の区間境界毎に設置されて計測端末200と、処理装置300とを備える。処理装置300は、軌道回路毎に、軌道リレー11の局部電圧に対する送信電流の位相差である送信電流位相差が、時間経過とともに徐々に減少する漸減傾向にあることを示...

    軌道回路監視装置

  17. 【課題】簡素な構成により緩和曲線通過時の輪重変動を抑制した輪重変動抑制装置等を提供する。【解決手段】車体10と、車体の下部に走行方向前方側から順次設けられた複数の台車100と、車体と台車の台車枠110との間に左右一対配置された空気ばね170と、空気ばねにそれぞれ設けられ給気及び排気を行う給排気装置200とを備える鉄道車両1の輪重変動抑制装置を、鉄道車両が曲線路の出口緩...

    輪重変動抑制装置及び輪重変動抑制方法

  18. 技術 鉄道車両

    【課題】走行時の低周波圧力変動を好適に低減することができる鉄道車両を提供する。【解決手段】鉄道車両は、車軸でつながる一対の車輪を2つ有する台車と、底部に台車を収容するための収容空間が形成された車体とを備える鉄道車両であって、台車は、収容空間内において、車体に対して所定の鉛直軸を中心に予め設定された回動範囲内で回動可能に車体に接続されており、台車に車体長手方向に対向する...

    鉄道車両

  19. 【課題】鉄道車両が走行する際の低周波圧力変動を好適に低減することができる鉄道車両用車体を提供する。【解決手段】鉄道車両用車体は、台車の車両長手方向一方側で地面に対向して水平に延びる底部塞ぎ板と、台車の近位側における底部塞ぎ板の端部から上方に延びて、台車に車両長手方向に対向する端部塞ぎ板と、を備え、端部塞ぎ板は、底部塞ぎ板から上方にいくにつれて台車に近づくように傾斜した...

    鉄道車両用車体

  20. 【課題】台車枠にブレーキキャリパを取り付ける際の位置合わせがより容易になるブレーキキャリパを提供する。【解決手段】ブレーキキャリパ1は、下方に面し、上方に面した台車枠800の台車枠上方取付面801と当接するキャリパ下方取付面101を備える。キャリパ下方取付面101に設けられたキャリパ嵌合部102は、台車枠上方取付面801に設けられた台車枠嵌合部802と嵌合する。このた...

    ブレーキキャリパ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 72