被削性 に関する公開一覧

被削性」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「被削性」の詳細情報や、「被削性」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「被削性」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(5,215件中)1/261ページ目

  1. 【課題】穴広げ性に優れる窒化用鋼板を提供する。【解決手段】本開示による窒化用鋼板は、化学組成が、質量%で、C:0.03〜0.15%、Si:0.01〜0.50%、Mn:0.20〜0.64%、P:0.050%以下、S:0.030%以下、Al:0.01〜0.10%、Cr:0.5〜3.0%、V:0.02〜0.30%、N:0.008%以下、Mo:0〜0.30%、Cu:0〜0.3...

    窒化用鋼板

  2. 【課題】基材フィルムに粘着層が剥離可能に積層されている積層フィルムを、基材フィルムと粘着層が剥離せず、粘着層のはみ出しも生じないように、テープ幅0.5mm以下にスリットできるスリット装置を提供する。【解決手段】複数条の円盤状のスリット刃11がピッチp0.5mm以下で設けられている刃付きロール10とアンビルロール20の間に、基材フィルムに粘着層が剥離可能に積層されている...

    スリット装置、スリット方法及び積層テープ

  3. 技術 鋼材

    【課題】Pb含有量が極めて少ないか、あるいはPbを含有しなくても、十分な被削性を有する鋼材を提供する。【解決手段】C:0.90〜1.00質量%、Si:0.10〜0.35質量%、Mn:0.80〜1.20質量%、P:0.020質量%以下、S:0.10〜0.20質量%、Cr:0.10〜0.30質量%、及びCu:0.10〜0.25質量%を含有し、残部が鉄及び不可避的不純物から...

    鋼材

  4. 【課題】切削加工後における同軸度を向上させることが可能な銅合金丸棒材を提供する。【解決手段】Cuを69mass%以上79mass%以下の範囲内、Siを2.0mass%以上4.0mass%以下の範囲内で含み、残部がZnおよび不可避的不純物からなる銅合金棒材であって、引張強度が540MPa以上800MPa以下の範囲内とされ、軸線方向に直交する断面において、直径をφ(mm)...

    銅合金丸棒材

  5. 技術 モータ

    【課題】モータについて、組立性の低下を抑えつつ、出力軸にラジアル荷重が加えられる環境下でも長期間にわたって動作精度を維持可能とする。【解決手段】ステータおよびロータと、出力軸と、前記出力軸を外部に露出させる軸穴を有するモータケースと、前記モータケースの前記軸穴に固定される金属製の軸受ホルダと、前記軸受ホルダに嵌合され、前記出力軸を回転可能に支持する転がり軸受と、前記転...

    モータ

  6. 【課題】樹脂製の回転軸の変形によるロータの破損を防止する。【解決手段】樹脂製の回転軸と、円環形状の金属部材であるウェイトと、円環形状の永久磁石と、を備え、前記回転軸の外周面には前記ウェイトの内周面が固定され、前記ウェイトの外周面には前記永久磁石の内周面が固定され、前記ウェイトの内周面には、前記回転軸と周方向および軸線方向に係合する凹部または凸部である抜け止め部が形成さ...

    ロータ及びこれを備えるモータ

  7. 【課題】 焼結金属部品における品質の予測が可能であると共に、品質のバラつきを可及的に防止できる焼結金属部品用粉末を提供すること。【解決手段】 同一製造ロットの粉末を対象として、一面せん断試験を22〜26kPaの垂直応力下で複数回実施した場合に、測定された複数の単軸崩壊応力σcの標準偏差の値が、複数の単軸崩壊応力σcの平均値に対して10%未満となる焼結金属部品用粉末とした。

    焼結金属部品用粉末および焼結金属部品

  8. 【課題】新規手法を導入して得られた粉体特性、指標により、一定以上の性能、品質を有する製品が得られる焼結金属部品用鉄系粉末および鉄系焼結金属部品を提供する。【解決手段】22〜26kPaの垂直応力下で、一面せん断試験により測定した単軸崩壊応力が4.0kPa以下である焼結金属部品用鉄系粉末である。

    焼結金属部品用鉄系粉末および鉄系焼結金属部品

  9. 【課題】大型部品であっても、高強度を確保しながら優れた連続鋳造性を有する熱間鍛造非調質部品を提供する。【解決手段】所定の化学成分組成を有し、かつ下記式(1)及び式(2)を満たし、金属組織が初析フェライトとパーライトを含み、初析フェライトとパーライトが占める面積率が90%以上であり、0.2%耐力が820MPa以上である熱間鍛造非調質部品である。0.5×[Mn]+0.3×...

    熱間鍛造非調質部品とその製造方法、および熱間鍛造非調質部品用鋼材

  10. 【課題】高強度かつ製造性に優れ、更には被削性に優れた非調質鍛造用鋼、および高強度の非調質鋼鍛造部品を提供する。【解決手段】所定の成分組成を満たし、円相当直径が5μm以上の全酸化物系介在物の平均組成が、下記式(1)〜(4)を満たす非調質鍛造用鋼。[CaO]/[SiO2]≧0.45…(1)、[Al2O3]/[SiO2]≧0.30…(2)、[MgO]/[SiO2]≧0.02...

    非調質鍛造用鋼および非調質鍛造部品

  11. 【課題】引張強さ、耐力及び快削性に優れた機械部品が得られうる熱間鍛造用非調質鋼の提供。【解決手段】非調質鋼は、C:0.36−0.42質量%、Si:0.40−0.90質量%、Mn:1.15−1.35質量%、S:0.030−0.080質量%、Ni:0.30質量%以下、Cr:0.35質量%以下、Mo:0.05質量%以下、Al:0.005−0.016質量%以下、Ti:0.00...

  12. 【課題】低歪みであり且つ表層部の焼入れ性が確保され、浸炭材と同等の硬さおよび曲げ疲労強度を有することが可能な浸炭浸窒処理に適した鋼材を提供する。【解決手段】C、Si、Mn、P、S、Cr、Al、Nを特定含有率で含有し、Cu、Ni、Mo、V、Nb、Tiを特定含有率で含有してもよく、残部はFeおよび不可避的不純物からなり、式1=−20+74×C+7×Si+15×Mn+26×...

    浸炭浸窒処理用鋼材

  13. 【課題】遅れ破壊が生じる可能性が高い、引張強さが1600MPa以上の高い強度レベルにおいて、優れた耐遅れ破壊特性を示すボルト、その製造方法およびその素材となるボルト用鋼を提供する。【解決手段】所定の化学組成及び式(1)を満たす化学組成を有し、引張強さが、1600MPa以上である、ボルト。1.26<Mo/1.4+V≦3.70・・・(1) 但し、式(1)において、Moと...

  14. 【課題】室温で高い耐力を有し、さらに高い剛性を有し、かつ、低い熱膨張係数を有する低熱膨張鋳物を提供する。【解決手段】成分組成が、質量%で、C:0〜0.1%、Si:0〜0.5%、Mn:0〜0.5%、S:0〜0.05%、Ni:29.0〜34.0%、Co:0〜8.0%、Ni:29.0〜34.0%を含有し、残部がFe及び不可避的不純物である鋳物に適切な熱処理を施すことにより、...

    低熱膨張鋳物及びその製造方法

  15. 【課題】高温でも十分な強度を有し、かつ、低い熱膨張係数を有する低熱膨張鋳物を提供する。【解決手段】質量%で、C:0〜0.10%、Si:0〜1.00%、Mn:0〜1.00%、Co:13.00〜17.50%、及び−3.5×%Ni+118≦%Co≦−3.5×%Ni+121を満たすNi(%Ni、%Coは、それぞれNi、Coの含有量(質量%))を含有し残部がFe及び不可避的不純...

  16. 【課題】耐摩耗性に加え回転曲げ疲労強度に優れた部品及びその製造方法を提供する。【解決手段】C、Mn、Cr、V、Moの含有量が式(1)を満たす鋼と、上記鋼の表面に形成された、Fe、N、C及び上記鋼が含有する元素からなる厚さ3〜20μmの化合物層を有し、上記化合物層はε相を面積率で50%超含有し、残部がγ’相であり、上記化合物層の表面から深さ3μmまでの領域において空隙の...

    軟窒化処理部品及びその製造方法

  17. 【課題】低コストで生産することができ、かつ、疲労特性の高さと、生産時の被削性の高さという、相反する性質を両立させることができる自動車変速機用リングギアを提供する。【解決手段】サンギアと、前記サンギアの径方向外側に配置され前記サンギアと噛合するピニオンギアとともにプラネタリギアユニットを構成する自動車変速機用リングギアであって、内周面に前記ピニオンギアと噛合する内周歯を...

    自動車変速機用リングギアおよびその製造方法

  18. 【課題】ツーリングセットのキャビティ側と併せて使用される、プラスチック射出成形ツーリングセットのコア側を提供すること。【解決手段】コア側は、質量パーセントで、以下の組成:炭素0.25〜0.55%、マンガン0.70〜1.50%、ケイ素最大0.80%、クロム1.40〜2.00%、モリブデン0.10〜0.55%、アルミニウム最大0.040%、リン最大0.025%、イオウ最大...

    金型セット及びダイセット用の経済的なプラスチックツーリングコア

  19. 【課題】クラッド層構造が露出する端面のMg層の腐食進行を抑制でき、望ましくはクラッド材全体の比重がより小さい、クラッド材およびそれを用いた電子機器用筐体を提供する。【解決手段】厚み方向に切断された断面視において、基層となるMg合金からなるMg層と、AlまたはAl合金からなる第1Al層と、Mg層と第1Al層との間に配置される第1接合部とを備え、第1接合部がZnを含むCu...

    マグネシウムクラッド材および電子機器用筐体

  20. 【課題】高温環境下での使用後に十分な被削性を確保できる溶射膜を成膜することができる溶射用粉末を提供する。【解決手段】本発明に係る溶射用粉末は、アブレーダブル特性を有する溶射膜を成膜するための溶射用粉末であって、前記溶射用粉末は、Ni系合金粒子と、固体潤滑剤粒子と、アルミニウムフレークとを有し、前記アルミニウムフレークの酸素量が0.29質量%〜4.1質量%の範囲内であり...

    溶射用粉末

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 261