オペロン に関する公開一覧

オペロン」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「オペロン」の詳細情報や、「オペロン」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「オペロン」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(640件中)1/32ページ目

  1. 【課題】操作されたグリコシルトランスフェラーゼおよびステビオール配糖体グルコシル化方法の提供。【解決手段】本発明は操作されたグリコシルトランスフェラーゼ(GT)酵素、GT活性を有するポリペプチドおよびこれらの酵素をコードするポリヌクレオチドならびにこれらのポリヌクレオチドおよびポリペプチドを含むベクターおよび宿主細胞を提供する。本発明は操作されたスクロースシンターゼ(...

    操作されたグリコシルトランスフェラーゼおよびステビオール配糖体グルコシル化方法

  2. 【課題】本開示は、T−ヘルパー17(Th17)および/またはT−ヘルパー1(Th1)Tリンパ球(T細胞)によって媒介される病状の処置および予防方法に関する。【解決手段】詳細には、本開示は、自己反応性Th17およびTh1 Tリンパ球によって媒介される病状の処置のための抗CD6抗体の使用に関する。本開示の方法は、サイトカインIL−23Rの産生を抑制し、その結果、Th17...

    CD6結合パートナーの使用およびそれに基づく方法

  3. 【課題】異常な皮膚状態の治療又は予防を必要とするヒトの、当該状態の治療又は予防のための方法及び組成物の提供。【解決手段】本発明は、異常な皮膚状態の治療又は予防を必要とするヒトの、当該状態の治療又は予防のための方法であって、当該異常な皮膚状態の治療処置のための組換えポリペプチドを産生する少なくとも1つの操作された株を含む細菌の生きた培養物を含有する細胞培養組成物を投与す...

    組換え片利共生皮膚微生物による皮膚疾患の治療処置

  4. 【課題・解決手段】約5/45以上のsn1/sn2特異度比を有することによって特徴付けられるホスホリパーゼA1であって、0.02未満のリゾホスホリパーゼ/ホスホリパーゼ活性比を有するホスホリパーゼA1は、脂質含有食品マトリックスにおける使用方法、ホスホリパーゼを用いて且つ開示されるホスホリパーゼA1を用いる焼成改良剤も含む生地を焼成及び製造する方法と併せて提示される。

    食品中のリン脂質の改善された酵素的修飾

  5. 【課題・解決手段】本発明は、指向性進化スクリーニングの分野に属し、特に、可視的な連続的空間指向性進化の方法に関するものである。宿主は固体培養空間で成長して移動し、前記宿主は進化する外来標的遺伝子を有し、前記宿主自体は標的遺伝子の進化を補助する遺伝的要素を含み、前記標的遺伝子は前記宿主の成長および移動に関連し、前記宿主が成長し移動するプロセスにおいて、前記固体培養空間で...

    可視的な連続的空間指向性進化の方法

  6. 【課題・解決手段】1つまたはそれ以上の非天然アミノ酸を含むポリペプチドの産生を増加させるための方法、細胞、操作された微生物、およびキットがここで開示される。操作された細胞または半合成生物において非天然アミノ酸をコードする非天然核酸の保持性を高めるための細胞、操作された微生物、およびキットがさらに提供される。

    非天然塩基対組成物および使用の方法

  7. 【課題・解決手段】本明細書で開示される主題は、組換えタンパク質の発現に好適な標的組込み(TI)宿主細胞に加えて、TI宿主細胞を作製かつ使用する方法に関する。

    核酸の標的組込み

  8. 【課題・解決手段】VHHキメラ抗原受容体(VCAR)と、本開示のVCARをコードするVCARトランスポゾンと、本開示のVCARを発現するように改変された細胞のほか、養子細胞療法のためにそれらを製造する方法と利用する方法が開示されている。

    VCAR組成物とその利用法

  9. 【課題】コットン生地の吸湿発熱性を向上し、かつ身体への密着性もよく、さらに着心地の良さと共に、肌にやさしい吸湿発熱性衣料を提供する。【解決手段】本発明の吸湿性生地及び吸湿性衣料は、吸湿発熱加工したセルロース系繊維(a1)と吸湿発熱加工していないセルロース系繊維(a2)を含む混紡紡績糸(A)と、吸湿発熱加工していないセルロース系繊維で構成される紡績糸(B1)を含み、生地...

    吸湿発熱性生地及びこれを用いた吸湿発熱性衣料

  10. 【課題】宿主細胞において、より高い収率を生み出すことができるビリジフロロールの合成方法の提供。【解決手段】a)1以上のテルペノイドを産生する宿主細胞を準備する工程であってこの宿主細胞はテルペンシンターゼ酵素をコードするポリヌクレオチド配列を含むベクターを含む工程と、b)ベクターを、i.テルペンシンターゼ酵素をコードするポリヌクレオチド配列に作動可能に連結された誘導性プ...

    栄養要求性大腸菌におけるビリジフロロール産生

  11. 【課題・解決手段】本発明は、遺伝子操作された微生物ならびにエチレングリコールおよびエチレングリコールの前駆体の生物学的生産のための方法を提供する。特に、本発明の微生物は、5,10−メチレンテトラヒドロ葉酸、オキサロ酢酸、クエン酸、リンゴ酸、およびグリシンうちの1つ以上を介して、エチレングリコールまたはエチレングリコールの前駆体を生成する。本発明はさらに、エチレングリコ...

    エチレングリコールの生物生産のための微生物および方法

  12. 【課題・解決手段】本発明は、天然に存在する野生型カルボキシエステラーゼ酵素と比較して改善された特性を有する操作されたカルボキシエステラーゼ酵素、ならびに操作されたカルボキシエステラーゼ酵素をコードするポリヌクレオチド、操作されたカルボキシエステラーゼ酵素を発現することができる宿主細胞、および操作されたカルボキシエステラーゼ酵素をアミド化反応において使用する方法を提供す...

    アミドカップリングのためのカルボキシエステラーゼポリペプチド

  13. 【課題・解決手段】変異体Casシステム及びそのようなシステムを含むエレメント、例えば、以下に限定されないが、Casエンドヌクレアーゼ変異体、Casエンドヌクレアーゼ変異体を含むガイドポリヌクレオチド/Casエンドヌクレアーゼ複合体、並びにCasエンドヌクレアーゼ変異体と相互作用することができるガイドポリヌクレオチド及びガイドRNAエレメントのための組成物及び方法が提供...

    CAS9変異体及び使用方法

  14. 【課題・解決手段】本明細書において、試料中のC.difficile tcdA、tcdB、tcdC、cdtA、またはcdtB核酸のうちの少なくとも1つを検出するための組成物、キット、および方法が提供される。いくつかの実施形態では、117del tcdCまたは184T tcdCなどのtcdCの1つ以上の対立遺伝子が検出される。

  15. 【課題・解決手段】本発明は、バキュロウイルスによって組換え発現されたアクチノバシラス・プルロニューモニエのRTX毒素および薬学的に許容される担体を含む、アクチノバシラス・プルロニューモニエによる感染から豚を防御するためのワクチンに関する。

  16. 【課題・解決手段】リポカリン−フォールド分子をベースにしたリガンド制御したタンパク質−タンパク質相互作用システムであって: (a)リポカリン−フォールド分子、 (b)1500Da又はそれ以下の低分子量のリポカリン−フォールドリガンド、及び (c)リポカリン−フォールド結合性相互作用パートナー:を含み、 ここで、リポカリン−フォールド分子は、リポカリン−フォール...

    リガンド制御したタンパク質−タンパク質相互作用システム

  17. 【課題・解決手段】本発明は、L-threonine 3-dehydrogenase活性を有するタンパク質をコードする遺伝子および2-amino-3-oxobutanoate coenzyme A ligase活性を有するタンパク質をコードする遺伝子を過剰発現するように改変された細菌の発酵によるグリシンまたはその塩を製造する方法を提供する。細菌は、例えば、コリネ型細菌ま...

    発酵によるグリシンの製造方法

  18. 【課題・解決手段】本明細書には、特に、シアル化オリゴ糖を生産するための方法、細菌、核酸およびポリペプチドが提供される。

    シアリルトランスフェラーゼおよびその使用

  19. 【課題】安価かつ安定な原料からグルタミン酸−5−セミアルデヒド、ピロリン−5−カルボン酸およびL−ピログルタミン酸の1つ以上を生産する方法を提供すること。【解決手段】ピロリン−5−カルボン酸脱水素酵素をコードする遺伝子およびピロリン−5−カルボン酸還元酵素をコードする遺伝子の発現が抑制されるか、または、これら酵素の活性が抑制されるように改変が行われた、組換え微生物。

    組換え微生物を用いるグルタミン酸−5−セミアルデヒドの製造方法

  20. 【課題】フコシル化オリゴ糖を産生するように細菌を操作するための組成物および方法、ならびに感染症の予防または処置におけるその使用を提供する。【解決手段】機能的β-ガラクトシダーゼ遺伝子、外因性のフコシルトランスフェラーゼ遺伝子、GDP-フコース合成経路、機能的ラクトースパーミアーゼ遺伝子を含む細菌を提供する段階;ラクトースの存在下で該細菌を培養する段階;および該細菌から...

    操作された細菌におけるヒト乳オリゴ糖の生合成

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 32