オペロン に関する公開一覧

オペロン」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「オペロン」の詳細情報や、「オペロン」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「オペロン」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(7,592件中)1/380ページ目

  1. 【課題】がんの免疫療法で使用するためのペプチドの提供。【解決手段】それぞれ配列の異なる、特定の106種のアミノ酸配列の群から選択されるアミノ酸配列を含んでなるペプチド、および前記特定の106種のアミノ酸配列と少なくとも90%相同的なそれらの変異配列および薬学的に許容可能な(pharmaceutical acceptable)それらの塩であって、前記変異体がT細胞と前...

    数種の神経細胞腫瘍および脳腫瘍に対する個別化免疫療法

  2. 【課題】均質な抗体集団の提供。【解決手段】モノクローナルIgG2抗体であって:軽鎖ポリペプチドと;ヒンジ領域を有する重鎖ポリペプチドと、を含み、前記抗体が前記重鎖または軽鎖ポリペプチドにおいてアミノ酸修飾を含み、その結果、前記修飾が、前記軽鎖ポリペプチドの最もC末端側のシステイン残基を通じて前記重鎖ポリペプチドのヒンジ領域におけるアミノ酸とのみ主に鎖間ジスルフィド結合...

    均質な抗体集団

  3. 【課題】昆虫細胞でのアデノ随伴ウイルスベクターの産生。【解決手段】アデノ随伴ウイルス(AAV)VP1カプシドタンパク質の開始コドンは、ATGでない次善の開始コドンであり、1又は複数のアミノ酸残基のコード配列は、次善の開始コドンと、第1のアミノ酸残基が、アラニン、グリシン、バリン、アスパラギン酸、又はグルタミン酸である、野生型カプシドのアミノ酸配列の2位におけるアミノ酸...

    昆虫細胞で産生される、さらに改善されたAAVベクター

  4. 【課題】MyD88およびCD40ポリペプチドによるキメラ抗原受容体の共刺激の提供。【解決手段】本技術は、一般に免疫学の分野に関連し、部分的には、標的抗原に対する免疫応答を生じるT細胞および他の細胞を活性化するための方法に関する。本技術はまた、キメラMyD88由来およびCD40由来のポリペプチドを使用して標的抗原を認識するキメラ抗原レセプターを発現する治療用細胞の共刺激...

    MyD88およびCD40ポリペプチドによるキメラ抗原受容体の共刺激

  5. 【課題】本発明が解決しようとする課題は、安全性プロファイルを損なうことなく、また好ましくは不便な投与レジメンを必要としない、効力は有意に増加した免疫寛容誘導性DNA免疫療法ワクチンを提供することである。【解決手段】本発明は、細胞に保持された抗原、例えばインスリンと、分泌される免疫改変因子、例えばTGF-β、IL-10及び任意選択でIL-2とを同時発現する/コードするマ...

    免疫寛容誘導性DNAワクチン

  6. 【課題】製造が容易であり、長期間にわたってアスタキサンチンを徐放して、着用することにより日常的にアスタキサンチンを摂取することができるアスタキサンチン付繊維製品を提供する。【解決手段】ポリウレタンを含む繊維製品と、該繊維製品に付着したアスタキサンチンとからなるアスタキサンチン付繊維製品。

    アスタキサンチン付繊維製品

  7. 【課題】本明細書では集合等間隔配置短パリンドロームリピート(CRISPR)/CRISPR随伴(Cas)9依拠系に関連する組成物、及び前記CRISPR/Cas9依拠系関連組成物を遺伝子発現及びゲノム操作のために使用する方法が開示される。本明細書ではまた、筋肉(例えば骨格筋及び心筋)での遺遺伝発現及び遺伝子操作のための組成物及び前記組成物の使用方法が開示される。【解決手段...

    RNAガイド遺伝子編集及び遺伝子調節

  8. 【課題】細菌集団増殖阻害または混合細菌集団中の第一細菌および第二細菌の亜集団の相対比率の改変のための、方法、使用、システム、アレイ、改変されたヌクレオチド配列およびベクターの提供。【解決手段】細菌種の混合集団における第一および第二細菌種の亜集団の相対比率を変えることにより、ヒトまたは動物対象における細菌宿主細胞が介在する疾患または状態の処置または予防における使用のため...

    微生物集団の改変および微生物相の修飾

  9. 【課題】結晶化の遅いPHA共重合体の結晶化速度を向上させ、射出成形、フィルム成形、ブロー成形、繊維の紡糸、押出発泡、ビーズ発泡などの加工におけるPHA共重合体の溶融加工性を改善し、生産性を向上する。【解決手段】共重合PHA(A)を合成するAeromonas属由来のPHA 合成酵素をコードする遺伝子と、前記共重合PHA(A)とは融点が10℃以上異なるPHA(B)を合成す...

    PHA合成酵素をコードする遺伝子を複数有する微生物、およびそれを用いたPHAの製造方法

  10. 【課題】生物学的な方法により脂肪族アルコールを製造する技術を提供する。【解決手段】Reinekea sp. 1−4株(NITE P−02620)又はその変異株、及び前記微生物を用いた脂肪族アルコールの製造方法。また、前記微生物株が有するポリヌクレオチド及び、前記ポリヌクレオチドを含む細胞を用いた脂肪族アルコールの製造方法。

    脂肪族アルコール合成細菌及び脂肪族アルコールの製造方法

  11. 【課題】真核細胞生物で高発現する化学合成遺伝子を取得することを目的として、“使用頻度の高いコドンのみを選択的に使用し、かつGC含量が60%以上”である遺伝子設計法が高発現タンパク質の一般的ルールとなり得るか否かの検証を行なった。【解決手段】本発明は、目的タンパク質遺伝子の塩基配列を、ヒト細胞で使用頻度の高いコドンのみを選択し、かつGC含量が60%以上になるよう改変する...

  12. 【課題】エンドリボヌクレアーゼと、結合により前記活性を抑制する阻害物質等を提供する。【解決手段】特定な配列からなるアミノ酸配列、または該配列において0〜10個のアミノ酸残基の欠失、付加、挿入もしくは置換の少なくとも1つを有するアミノ酸配列で示されるエンドリボヌクレアーゼである。RNAに含まれる5’−UGG−3’配列を認識し、当該配列の1番目の塩基の3’側のリン酸ジエス...

    エンドリボヌクレアーゼ、およびその阻害物質

  13. 【課題】新規なスクアレン消費酵素のスクリーニング方法及びスクアレン−ホペン環化酵素を提供する。【解決手段】スクアレン消費酵素遺伝子を、スクアレンを経由して合成される色素合成可能な細胞に導入し、該色素合成量の増加又は低下を指標とする、スクアレン消費酵素及び/又はその変異体のスクリーニング方法を完成し、さらに該方法により変異型スクアレン−ホペン環化酵素を得ることができた。

    スクアレン消費酵素のスクリーニング方法及びスクアレン−ホペン環化酵素

  14. 【課題】発酵容器において目的のタンパク質が固体、結晶または非晶質形態で存在する発酵工程で調製されるタンパク質生成物を精製する方法の提供。【解決手段】発酵ブロスのpHが低pHに調節され、それによって目的のタンパク質が溶解し、および不溶性物質から効率的に分離され得る。

    低pHでのタンパク質結晶の再可溶化

  15. 【課題】ジアミン生産能を有する微生物においてジアミンの生産能を増加させる方法の提供。【解決手段】ジアミン排出能を有するアルカノバクテリウム・ヘモリティクム由来のARCH_0271タンパク質を、プトレシン生産経路を有しているが排出能の低いコリネバクテリウム属菌株に導入する方法、プトレシンとカダベリン生産経路を有している大腸菌に前記タンパク質の活性を導入する方法、さらに、...

  16. 【課題】遺伝子操作した形質導入粒子を使用して薬剤耐性細菌等の標的細胞を検出及び/または同定するための方法を提供する。【解決手段】標的細胞と関連付けられる複数の形質導入粒子を試料と混合することであって、前記複数の形質導入粒子は、前記標的細胞に複数のレポーター分子を生成させるように配合される核酸分子を含むように遺伝子操作され、前記複数の形質導入粒子は、前記標的細胞と結合し...

    遺伝子操作した形質導入粒子を使用した細胞の検出のためのシステム及び方法

  17. 【課題】ジアミン生産能を有する微生物においてジアミン生産を増加させる方法及び該微生物を用いてジアミンを製造する方法の提供。【解決手段】ジアミン排出能を有するコリネバクテリウム・エフィシエンス由来のCE2495タンパク質を排出能の低いコリネバクテリウム属菌株に導入する方法、プトレシンとカダベリン生産経路を有している大腸菌に前記タンパク質を導入する方法、ジアミン生産能が増...

  18. 【課題】VEGFを阻害する安定かつ可溶性の抗体の提供。【解決手段】本発明は、ウサギモノクローナル抗体からのCDRを含む、可溶性で安定な抗VEGFイムノバインダーに関する。前記抗体は、VEGF媒介性障害の診断および/または処置のためにデザインされている。本発明の組換え抗体を発現するためのハイブリドーマ、核酸、ベクター、および宿主細胞、これらを単離するための方法、ならびに...

    VEGFを阻害する安定かつ可溶性の抗体

  19. 【課題】アセチル補酵素A由来代謝産物の生産増大能力がある、異種ホスホケトラーゼ(PKL)ポリペプチドを含んでなる培養された組換え細胞、及び前記細胞の作成方法ならびに使用方法の提供。【解決手段】ホスホケトラーゼ経路を通過する炭素流を増大できる組換え細胞であって、前記組換え細胞がホスホケトラーゼ活性を有するポリペプチドをコードする異種核酸配列を含んでなり、前記ポリペプチド...

    アセチル補酵素A由来代謝産物、イソプレン、イソプレノイド前駆体、およびイソプレノイドの改善された生産のためのホスホケトラーゼ

  20. 【課題】HTPゲノム操作プラットフォームによる微生物株の改良の提供。【解決手段】本開示は、コンピューターで駆動され、分子生物学、自動化、および高度な機械学習プロトコールを統合するHTP微生物ゲノム操作プラットフォームを提供する。この統合プラットフォームは、一式のHTP分子ツールセットを利用して、HTP遺伝子設計ライブラリーを生み出す。これらのライブラリーは、とりわけ、...

    HTPゲノム操作プラットフォームによる微生物株の改良

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 319