薬効 に関する公開一覧

薬効」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「薬効」の詳細情報や、「薬効」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「薬効」の意味・用法はこちら

201〜220件を表示(30,075件中)11/1,504ページ目

  1. 【課題】塩化セチルピリジニウムとトラネキサム酸の組合せにより生じた後味の違和感を改善することにより製剤の爽快感を維持しつつ、さらに優れた殺菌作用を併せ持つ口腔用組成物を提供すること。【解決手段】(A)トラネキサム酸またはその塩;(B)カチオン性殺菌剤;(C)アニオン性界面活性剤である殺菌剤;及び(D)フッ素濃度として1001ppm〜3000ppmとなる量のフッ素含有化...

  2. 【課題】疼痛緩和作用、関節機能改善作用、コレステロール低減作用、血糖低減作用および拡張期血圧低下作用を有する組成物を提供すること。【解決手段】ヒアルロン酸と蛋白質とを含有する組成物をプロテアーゼで分解した分解生成物を含有する組成物。

    組成物およびその製造方法

  3. 【課題】細胞の弾性特性を精密に解析するための新規な手法を提供する。【解決手段】解析対象となる個々の細胞の表面に原子間力顕微鏡の探針を押し当てた際に得られる細胞の変形量と探針にかかる力を対応付けたデータを、細胞の変形量をX軸とし、探針にかかる力をY軸とする直交座標上にプロットして複数のフォースカーブを取得するステップと、取得した各フォースカーブについて、フォースカーブを...

    細胞の弾性特性を解析する方法、解析システム、細胞の弾性特性を可視化する方法およびプログラム

  4. 【課題】有効成分の経皮吸収に際し、即効性に優れる、コアシェル構造体を提供する。【解決手段】有効成分を含有する、コア部と、HLB値が4〜14である界面活性剤を含有する、シェル部とを備え、前記コア部が固体であり、前記界面活性剤が、炭素数が7〜15である飽和炭化水素基、又は炭素数7〜17である不飽和炭化水素基を有する、コアシェル構造体。

    コアシェル構造体、製剤、外用薬、テープ剤及び化粧品

  5. 【課題】有効成分の経皮吸収に際し、即効性に優れる、コアシェル構造体を提供する。【解決手段】有効成分を含有する、コア部と、HLB値が4〜14である界面活性剤を含有する、シェル部とを備え、前記コア部が固体であり、前記界面活性剤が、炭素数が7〜15である飽和炭化水素基、又は炭素数7〜17である不飽和炭化水素基を有する、コアシェル構造体。

    コアシェル構造体、製剤、外用薬、テープ剤及び化粧品

  6. 【課題】非経口的な薬剤送達のための方法および装置を提供する。【解決手段】ハウジングラッチ122を含む下部ハウジング102と、薬剤を保持するように構成された注射器118と、針110を露出させるように第1の位置から第2の位置まで前記下部ハウジングに対して移動可能な針ガード108と、人力を受け、前記人力に応答して使用前位置から投与位置まで移動するように構成された上部ハウジン...

    手のひら作動式薬剤送達装置

  7. 【課題・解決手段】優れた強度及び崩壊特性を備えた口腔内崩壊錠及びその製造方法が開示されている。当該口腔内崩壊錠は,薬効成分を含有する顆粒Aと少なくとも崩壊剤とを含んでなる混合物の圧縮成形体であり,(a)顆粒Aの平均粒子径が300μmを超えず,(b)顆粒Aの粒度分布指数が3.0以下であり,且つ(c)顆粒Aの安息角が38°を超えないものである。

    口腔内崩壊錠

  8. 【課題・解決手段】優れた強度及び崩壊特性を備えた口腔内崩壊錠が開示されている。当該口腔内崩壊錠は,a.薬効成分含有粉末及び薬効成分含有顆粒からなる群より選ばれる薬効成分含有組成物と,迅速崩壊性顆粒と,滑沢剤とを含む混合物の圧縮成形体であり,b.該迅速崩壊性顆粒が,糖及び/又は糖アルコールと有機及び/又は無機の親水性且つ非水溶性の添加剤の1種以上とを含んでなる。

    口腔内崩壊錠

  9. 【課題・解決手段】ROR1抗体組成物及び関連の方法。本開示は、ヒトROR1を特異的に認識する抗体、抗体薬物複合体、抗体ベースのフラグメント又は抗体フラグメント(抗原結合フラグメント)、さらには、抗体薬物複合体(ADC)及びキメラ抗原受容体(CAR)、並びに関連組成物を提供する。また、本開示では、様々な診断及び治療用途でこうした抗体を使用する方法も提供される。

    ROR1抗体組成物及び関連の方法

  10. 【課題・解決手段】本発明は、ヒトROR2を特異的に認識する抗体、抗体フラグメント又は抗原結合フラグメント、並びに関連抗体薬物複合体(ADC)及びキメラ抗原受容体(CAR)を提供する。また、様々な診断及び治療用途でこうした抗体を使用する方法も本発明に提供される。

    ROR2抗体組成物及び関連する方法

  11. 【課題・解決手段】本発明は、(R)-メチル-2-(3-アミノピペリジン-1-イル)-3-(2-シアノベンジル)-4-カルボニル-3,4-ジヒドロチエノ[3,2-d]ピリミジン-6-カルボン酸の塩形態およびその製造方法に関する。また、本発明は、前記式(I)化合物の塩形態の薬物組成物を公開した。本発明の塩形態は強い体内血糖低下活性を有し、2型糖尿病および/または2型糖尿病...

    DPPIV阻害剤の塩形態およびその製造方法

  12. 【課題・解決手段】(R)-メチル-2-(3-アミノピペリジン-1-イル)-3-(2-シアノベンジル)-4-カルボニル-3,4-ジヒドロチエノ[3,2-d]ピリミジン-6-カルボン酸マレイン酸塩の多形およびその製造方法で、前記結晶形は高安定性で低吸湿性の結晶で、かつ前記の結晶形は結晶形A、結晶形Bおよび結晶形Cから選ばれる。そして、本発明の結晶形は強い体内血糖低下活性を...

    DPPIV阻害剤のマレイン酸塩の多形およびその製造方法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、バイカリンマグネシウム化合物、バイカリンマグネシウム化合物の製造方法及び抽出方法に関する。上記製造方法は、バイカリン懸濁液の調製、マグネシウムイオンを含む懸濁液の調製、反応及び乾燥等のステップを含む。上記抽出方法は、マクロポーラス吸着樹脂の前処理、抽出、吸着と溶出、濃縮と乾燥、及び精製等のステップを含む。バイカリンマグネシウムは、バイカリン...

    バイカリンマグネシウム化合物、その製造方法及び使用

  14. 【課題・解決手段】本発明は、脂溶性第1薬物含有カプセル剤と、前記カプセル剤の内部に含入され、表面に防油性基剤コーティング層を含む第2薬物含有固形製剤とを含む経口用複合製剤に関する。本発明によれば、脂溶性第1薬物含有カプセル剤の内部に、表面に防油性基剤コーティング層を含む第2薬物含有固形製剤を含入させた経口用複合製剤は、2種の成分の薬物を同時に投与することができる。ここ...

    脂溶性薬物と防油性基剤がコーティングされた固形製剤とを含む経口用複合製剤

  15. 【課題・解決手段】本発明は配列番号1または配列番号2のアミノ酸配列からなる抗肥満及び/又は抗糖尿病活性を有するペプチドを提供する。本発明のペプチドは脂肪の蓄積を抑制し、脂肪細胞の大きさを減少させ、脂肪分解因子であるpHSL及びAMPK−α1、CGi−58の発現を増加させて、既に蓄積された脂肪を分解することによって、優れる抗肥満効果を示すだけでなく、血糖を効果的に減少さ...

    抗肥満及び抗糖尿病効能を有するペプチド及びその用途

  16. 【課題】ステントとしての使用に適した高分子材料を含む管及びこれを作製する方法を提供する。【解決手段】ステントへの使用に好適な生吸収性高分子管をダイ延伸法の使用により作製する。ダイ延伸法には、固相の配向可能な熱可塑性ポリマーチューブ(4)をマンドレル(1)上及び/又はダイ(3)内に延伸することによって変形するステップであって、マンドレル(1)は先端部及び出口端部を有し、...

    ステントの形成に使用するための管を製造する方法及びこのような管

  17. 【課題・解決手段】本発明は、医薬組成物を提供する。具体的に、第1の成分と第2の成分を含み、第1の成分は、ファルネソイドX受容体アゴニスト及び前駆体、活性代謝物、立体異性体、薬剤学的に許容される塩、エステル系及び溶媒和物から選択される少なくとも一つであり、第2の成分は、NPC1L1受容体阻害剤及び前駆体、活性代謝物、立体異性体、薬剤学的に許容される塩、エステル系及び溶媒...

    医薬組成物及び医薬製剤

  18. 【課題】アピコンプレクサ属原虫に対して作用する一方で宿主細胞への毒性が低い薬剤の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物、その異性体、薬学的に許容されるそれらの塩又はこれらの混合物を有効成分とする抗アピコンプレクサ属原虫感染症の治療及び/又は予防のための薬剤。【効果】前記抗アピコンプレクサ属原虫剤はトキソプラズマ症、マラリア症、クリプトスポリジウム症の予防及び/又は...

    抗原虫作用を持つヒストン脱アセチル化酵素阻害剤

  19. 【課題】アンペロプシンを有効成分とする血管柔軟性の低下予防・改善および動脈硬化改善作用を有する組成物を提供することを課題とする。【解決手段】アンペロプシンを有効成分として含有する血管柔軟性の低下予防・改善および動脈硬化予防・改善用組成物。

    血管柔軟性の低下予防・改善および動脈硬化予防・改善用組成物

  20. 【課題】歯周病菌LPSによる歯周病の進行の抑制に有用な、エンドトキシン活性抑制剤を提供すること。【解決手段】塩化ジステアリルジメチルアンモニウム、モノミリスチン酸デカグリセリル、モノラウリン酸デカグリセリル、テトラデセンスルホン酸ナトリウム、及びポリオキシエチレンオレイルエーテルからなる群から選択される少なくとも1種を有効成分とするエンドトキシン活性抑制剤である。

  1. 1
  2. ...
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13
  11. 14
  12. 15
  13. 16
  14. ...
  15. 1504