に関する公開一覧

」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「」の詳細情報や、「」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「茎」の意味・用法はこちら

121〜140件を表示(16,728件中)7/837ページ目

  1. 【課題】 繊維芽細胞の保護及び血流の改善を同時に図ることにより、より高い美肌効果を奏する美容組成物を提供すること。【解決手段】 松樹皮抽出物と、長命草、黒ショウガ、及びココヤシから選ばれる少なくとも1種の植物素材などの特定の成分とを有効成分として含有することを特徴とする美容組成物である。

    美容組成物

  2. 【課題】本発明は、キャベツの常在菌を利用したキャベツ発酵物の製造方法を提供すること。【解決手段】キャベツ発酵物の製造方法は、加熱処理が加えられていない生キャベツをペースト状に加工し、発酵させて発酵物を得る第1発酵工程ST10と、発酵物を搾汁して培地を得る搾汁工程ST20と、培地を更に発酵させる第2発酵工程ST30と、を備える。

    キャベツ発酵物の製造方法

  3. 【課題】動植物の本来の香気をより効率良く捕集でき、かつ、ナチュラル感のある芳香液を得られる香気捕集システムの提供。【解決手段】加湿気体発生部2、動植物原材料収納部3および香気成分捕集部5をこの順で有し、動植物原材料収納部3が加湿気体発生部2および香気成分捕集部5と連通し、加湿気体発生部2が加湿された空気または不活性ガスである加湿気体12を発生させ、香気成分捕集部5が吸...

    香気捕集システム、香気捕集方法、芳香液、芳香組成物および調合香料

  4. 【課題】従来技術では防除困難なまたは防除不可能な有害生物を効率的に防除するための、新たな有害生物防除剤組成物及び防除方法を提供すること。【解決手段】第一の有効成分として1−4−ヒドロキシ−1−メチル−3−[4−(トリフルオロメチル)−2−ピリジル]イミダゾリジン−2−オン、またはその塩と、第二の有効成分から選択される1種または2種以上の化合物とを有効成分とする有害生物...

  5. 【課題】従来技術では防除困難なまたは防除不可能な有害生物を効率的に防除するための、新たな有害生物防除剤組成物及び防除方法を提供すること。【解決手段】第一の有効成分として3−{2−クロロ−4−フルオロ−5−[3−メチル−2,6−ジオキソ−4−(トリフルオロメチル)−1,2,3,6−テトラヒドロピリミジン−1−イル]フェノキシ}−2−(エトキシカルボニル)メトキシピリジン...

  6. 【課題】 ノグルミ抽出物と、特定の成分を併用することにより、相乗的に高いシワの予防、改善効果を発揮する皮膚外用剤を提供することを課題とする。【解決手段】 イワベンケイ抽出物、ツボクサ抽出物、ダイズ抽出物、ホホバ抽出物、ビルベリー抽出物、セイヨウナシ抽出物及びレチノール誘導体から選択される1種又は2種以上と、ノグルミ抽出物を含有する皮膚外用剤を提供する。

  7. 【課題】 特定の植物抽出物を併用することにより、レチノール関連遺伝子の発現が相乗的に向上し、高いしわ改善効果を発揮する皮膚外用剤を提供することを課題とする。【解決手段】下記(A)〜(G)の植物抽出物を含有する皮膚外用剤を提供する。(A)イワベンケイ抽出物(B)ノグルミ抽出物(C)ツボクサ抽出物(D)ダイズ抽出物(E)ホホバ抽出物(F)ビルベリー抽出物(G)セイヨウナシ抽出物。

  8. 技術 美容方法

    【課題】 化粧料を用いて、高いしわ改善効果を発揮する美容方法(医療行為を除く)を提供することを課題とする。【解決手段】 下記(A)〜(G)の植物抽出物を含有する化粧料を、顔面に塗布しながらマッサージするステップを含む、肌のシワを改善する美容方法(医療行為を除く)。(A)イワベンケイ抽出物(B)ノグルミ抽出物(C)ツボクサ抽出物(D)ダイズ抽出物(E)ホホバ抽出物(...

  9. 技術 美容方法

    【課題】 化粧料を用いて、高いしわ改善効果を発揮する美容方法(医療行為を除く)を提供することを課題とする。【解決手段】 イワベンケイ抽出物、ツボクサ抽出物、ダイズ抽出物、ホホバ抽出物、ビルベリー抽出物、セイヨウナシ抽出物及びレチノール誘導体から選択される1種又は2種以上と、ノグルミ抽出物を含有する化粧料を、顔面に塗布しながらマッサージするステップを含む、肌のシワを...

  10. 【課題】Taraxacum属植物の形質転換植物を短期間で効率的に製造する方法の提供。【解決手段】Taraxacum属植物由来の組織片に、標的遺伝子又はそのフラグメント、及び、ハイグロマイシン耐性遺伝子を含むプラスミド含有のアグロバクテリウム・ツメファシエンスを感染させる感染工程、該感染工程で得られた組織片のうち、上記標的遺伝子を獲得した組織片をハイグロマイシンにより選...

    Taraxacum属植物の形質転換植物の製造方法

  11. 【課題】抗酩酊および二日酔い軽減組成物ならびにその調製方法を提供すること。【解決手段】ラディックス・プエラリアエ・ロバタエ(Radix Puerariae lobatae)の全フラバノン抽出物、リゾマ・スミラシス・グラブラエ(Rhizoma Smilacis Glabrae)の全フラバノン抽出物およびアンペロプシス・グロッセデンタタ(Ampelopsis Grosse...

  12. 【課題】ヒト皮膚由来の抗菌ペプチド発現促進剤を提供する。【解決手段】マロニエ抽出物を有効成分とするヒト皮膚由来の抗菌ペプチド発現促進剤。

  13. 【課題】ヒト皮膚由来の抗菌ペプチド発現促進剤を提供する。【解決手段】ホウセンカ抽出物を有効成分とするヒト皮膚由来の抗菌ペプチド発現促進剤。

  14. 【課題】柔らかくて甘く、かつ味にクセのない、さらに収穫量が大きなカリフラワーを有し、かつ従来のカリフラワー品種と比較して生育が早いカリフラワー品種を提供する。【解決手段】従来のカリフラワー品種と同じ条件で栽培した場合、生育が早く、かつ従来のカリフラワー品種の花蕾と比較して、花茎が1.2倍以上長くなることを特徴とする。

    花茎が長いカリフラワー品種

  15. 【課題】多肉植物の種葉を育成する際に雑菌を入りにくくできる植物育成体及び植物育成容器を提供する。【解決手段】植物育成体16は、巻き重なるように渦巻き状に巻回され、前記巻回の隙間18に多肉植物の種葉Sが栽植される、乾燥状態にある可撓性の多孔質マット17を備えて構成される。

    植物育成体及び植物育成容器

  16. 【課題】 本発明は、新規な時差ボケ改善剤を提供することを目的とする。【解決手段】上記課題を解決するための本発明の技術的特徴は以下のとおりである。1.トケイソウ抽出物(ハルミンを含有する物を除く)を含む時差ボケ改善剤。2. 上記1.に記載の時差ボケ改善剤を含有することを特徴とする飲食品用組成物。3.上記1.に記載の時差ボケ改善剤を含有することを特徴とする医薬用組成物。...

    時差ボケ改善剤

  17. 【課題】従来技術では防除困難なまたは防除不可能な有害生物を効率的に防除するための、新たな有害生物防除剤組成物の提供。【解決手段】第一の有効成分として化合物(I)、またはその塩と、第二の有効成分から選択される1種または2種以上の化合物とを有効成分とする有害生物防除剤組成物。化合物(I)は、N−(3−(5−[4−シアノフェノキシ]ピリジン−2−イル)−3,3−ジフルオロ−...

  18. 【課題】癌細胞の増殖を抑制する効果を有し、安全性が高く、安価かつ大量に供給でき、医薬品としてのみならず食品としても有用な癌細胞増殖抑制用組成物であって、新たな有効成分を含有するものを提供する。【解決手段】シイタケ菌糸体培養培地抽出物中に含まれる脂溶性成分を有効成分とすることを特徴とする癌細胞増殖抑制用組成物を提供する。また、シイタケ菌糸体培養培地を熱水抽出し、該抽出物...

    癌細胞増殖抑制用組成物、及びその製造方法

  19. 【課題】イマチニブに対して耐性を有する白血病細胞に対しても増殖抑制効果を示し、イマチニブと併用することによって、白血病細胞の増殖抑制効果を持続できるようにした白血病細胞増殖抑制用組成物を提供する。【解決手段】イマチニブ耐性白血病細胞に対する増殖抑制用組成物であって、シイタケ菌糸体培養培地抽出物又は該抽出物中に含まれる脂溶性成分を有効成分とすることを特徴とする白血病細胞...

    白血病細胞増殖抑制用組成物

  20. 【課題】乳化しようとする油性成分が限定されず、着色、着臭がなく、取り扱いが容易な、新規乳化剤の提供。【解決手段】水添ヒマワリ種子油ポリグリセリル−3エステルズ、水添ヒマワリ種子油グリセリルエステルズ、セテアリルアルコール、ステアロイルラクチレートNaを含有し、小球粒状の外観であることを特徴とする乳化剤。

  1. 1
  2. ...
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. 12
  14. ...
  15. 837