に関する公開一覧

」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「」の詳細情報や、「」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「茎」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(33,233件中)2/1,662ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、フルフラールの製造中に得られる水性廃液流を処理する方法に関する。有機溶媒、フルフラール及び水を含有する水性廃液流を共沸蒸留に付して、留出物流並びにバイオメタン化によってさらに減少させ得る低BOD及びCOD値を有する処理された廃液流を得る。

    水性廃液を処理する方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、紅茶製品を製造するための方法であって、5質量%未満の含水量を有する紅茶を提供する工程と、その後この紅茶出発原料を100℃〜170℃の温度の加熱表面と2〜25分の持続期間の間、接触させることにより、それを熱処理工程に供する工程とを含む、方法に関する。また、本発明は、この方法により得ることができる紅茶製品に関する。

  3. 【課題・解決手段】電子ベイピング装置(60)用のカートリッジ(70)であって、発生した蒸気を形成するように構成される気化器組立品(22)と、気化器組立品(22)に結合される香味組立品(24)であって、発生した蒸気への風味剤の溶出を機械的に制御して、香味付きの蒸気を形成するように構成される香味組立品(24)と、を備える、カートリッジ(70)が提供される。香味組立品(24...

    機械的に調節可能なeベイピング装置の香味組立品

  4. 【課題・解決手段】エアロゾル形成基体を受けるための電気的に作動するエアロゾル発生システムは、1つ以上の電気エアロゾル発生要素(134)と、1つ以上の電気エアロゾル発生要素に電力を供給するための1つ以上のハイブリッドコンデンサ(126)と、1つ以上のハイブリッドコンデンサに電力を供給して、1つ以上のハイブリッドコンデンサを充電するための電圧源と、を備える。

    再充電可能電源を備えた電気的に作動するエアロゾル発生システム

  5. 【課題・解決手段】本発明は、核酸を標的化する系、方法、及び組成物を提供する。詳細には、本発明は、新規RNAターゲティングCRISPRエフェクタータンパク質と、少なくとも1つのガイドRNAのようなターゲティング核酸成分とを含む天然に存在しない又はエンジニアリングされたRNAターゲティング系を提供する。かかる系の作製及び使用方法並びに使用、方法、及び組成物並びにかかる方法...

    VI型CRISPRオルソログ及び系

  6. 【課題・解決手段】本開示は、Lip1遺伝子の1つ以上で見出される一連の独立した人為的非トランスジェニック変異、それらLip1遺伝子の1つ以上でこれら変異を有する植物、およびプールしたおよび/または個々の植物をスクリーニングすることによってLip1の同様なおよび/または追加的な変異を作出および見出す方法に関する。本明細書に開示する植物は、外来核酸をそれらのゲノム内に含む...

    減少したリパーゼ1活性を有する植物

  7. 【課題・解決手段】本発明は、植物における窒素の使用効率及び/又は窒素利用効率を増加させる方法であって、植物中のエチレン依存性重力屈性欠損型のイエローグリーンタンパク質(EGY, ethylene-dependent gravitropism-deficient and yellow green protein)の活性又は発現を増加させることにより、前記植物を改変するス...

    植物における窒素の使用効率及び/又は窒素利用効率を増加させる方法

  8. 【課題・解決手段】嗅ぎタバコ容器(100)をシーリングするためのシーリングラベル(1)は、構造層(2)を含んでなり、長さ方向(L)に延びる第1および第2のサイドエッジ(3、4)と、幅方向(W)に延びる第1および第2のエンドエッジ(5、6)と、を有する。シーリングラベル(1)は、幅方向(W)において、容器蓋貼り付け領域(11)と、容器ベース貼り付け領域(12)と、容器蓋...

    シーリングラベルおよびシーリングラベル付き嗅ぎタバコ容器

  9. 【課題・解決手段】エアロゾル発生システムのための流体透過性ヒーター組立品(1)は、基部を通る開口部(100)を備える基部(10)を備え、前記開口部の上に配置される導電性フィラメント配列(11)を備える。基部は、基部上に配置される固体エアロゾル形成基体(14)を備える。カトマイザーカートリッジ(2)は、エアロゾル形成液体を貯蔵するためのカートリッジ本体内の貯蔵部を備える...

    エアロゾル発生システム用の流体透過性ヒーター組立品及びカトマイザーカートリッジ

  10. 【課題・解決手段】本発明は、乾燥抽出物の重量に対して0.2重量%未満のシリマリンを含んでなるマリアアザミ(L.)ガエルトン抽出物、ならびにそれを含有する医薬組成物および化粧用組成物、その調製方法および医薬品、特に座瘡、脂漏症、脂漏性皮膚炎および/または酒さの処置におけるその使用に関する。

    新規なマリアアザミ痩果抽出物および皮膚科学およびデルモコスメティクスにおけるその使用

  11. 【課題・解決手段】本発明は、キシラナーゼ変異体、この変異体をコードするポリヌクレオチド;このポリヌクレオチドを含む核酸コンストラクト、ベクター、および宿主細胞;このキシラナーゼ変異体を含む組成物およびこの変異体の使用方法に関する。

    キシラナーゼ変異体およびそれをコードするポリヌクレオチド

  12. 【課題・解決手段】水耕栽培システムにおいて植物成長条件を制御するシステム(10、11)であって、植物成長基質の少なくとも1つの特性を測定する少なくとも1つの検出器(7、1101)、第1のデータ処理手段(9、1103)と第2のデータ処理手段(9、12、1107)、及びデータ記憶手段(1120)を含み、前記少なくとも1つの検出器(7、1101)は、植物成長基質の1つ以上の...

    植物の成長制御システム

  13. 【課題・解決手段】伝統的な植物育種アプローチにおいては、化学的突然変異誘発を利用して、植物のゲノム中にランダムに、すなわち、ヌクレオチド変化の部位を制御する可能性なく、ヌクレオチド置換を導入する場合がある。ゲノムの複雑度のために、これが所定のヌクレオチド置換を見出すようになる場合の統計的確率は、極めて低い。しかしながら、本発明は、デジタルポリメラーゼ連鎖反応(dPCR...

    プーリング及び分割アプローチを適用することによって生物の集団内の突然変異体をスクリーニングする方法

  14. 【課題】炭の有効利用を目的とした、汎用性の高い炭含有飲食用組成物の提供。【解決手段】炭と、スグリ、黒大豆、黒酢、高麗人参又は大麦若葉からなる群より選ばれる少なくとも1種を含むことを特徴とする飲食用組成物。

    飲食用組成物

  15. 【課題】ユーザーの経験に基づく直感による施肥を簡便に実現させる。【解決手段】施肥対象圃場の施肥量を算出する施肥設計装置100であって、前記圃場の生育力を示すデータである生育データまたは前記圃場の土壌が持つ植物の生育力を示すデータである土壌データのうち少なくとも一つと、前記圃場の位置座標情報である位置データを受け付けるデータベース受付部101と、利用者が指定する任意の位...

    施肥設計装置、農業用機具、施肥設計方法および施肥設計用プログラム

  16. 【課題】生の植物、例えば葉や根茎中に含まれる機能性成分を効率的に増加させるマイクロ波照射方法、および特有の機能性成分が増加した生葉や根茎を提供する。【解決手段】生葉や根茎の内部温度を10〜50℃、好ましくは30〜50℃に制御しながら、1〜100W、好ましくは最大約50Wのマイクロ波を照射することにより、生葉や根茎内の酵素を活性化して、生葉や根茎に特有の特定の機能性成分...

    生の植物の特有の機能性成分を増加させるマイクロ波照射方法およびそのための装置

  17. 【課題】無傷の細胞壁を有する植物細胞に官能化直鎖核酸カセット分子を非侵襲的に送達するためのナノ粒子を用いた方法の提供。【解決手段】細胞壁を有する植物細胞に対象とする官能化直鎖核酸カセット分子を導入する方法であって、細胞壁を有する植物細胞を提供する工程;対象とする官能化直鎖核酸カセット分子でナノ粒子を被覆する工程;細胞壁を有する前記植物細胞と前記被覆されたナノ粒子とを互...

    官能化直鎖DNAカセットの製造および植物における量子ドット/ナノ粒子媒介送達

  18. 【課題】相同組換え(遺伝子標的化)を介して染色体を改変する材料及び方法の提供。【解決手段】キサントモナス属中の植物病原細菌の転写活性化因子様(TAL)エフェクターのRVDとその標的部位中のヌクレオチドとが一部の縮重を伴って1個のRVD対1個のヌクレオチドが対応していることを応用し、II型制限エンドヌクレアーゼFokI等を融合させた転写活性化因子様エフェクターヌクレアー...

    TALエフェクターに媒介されるDNA修飾

  19. 【課題】除草剤耐性植物および種子の提供。【解決手段】特定の変異を有するアセトヒドロキシ酸シンターゼ(AHAS)を発現する非トランスジェニック除草剤耐性植物、該非トランスジェニック除草剤耐性植物の種子、および、該非トランスジェニック除草剤耐性植物の細胞。

    アブラナ属の変異アセトヒドロキシ酸シンターゼ遺伝子

  20. 【課題】本発明の目的は、副作用の問題がなく、長期的かつ持続的な摂取が可能である、UCP1発現促進作用及び/又は褐色脂肪細胞分化促進作用を示す組成物を提供することにある。【解決手段】上記目的は、黒生姜(Kaempferia parviflora)と、オリゴ糖及びアミノ酸からなる群から選ばれる少なくとも1種類の成分とを含有し、かつ、UCP1発現促進作用及び/又は褐色脂肪...

    黒生姜含有組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 1662