臭化水素酸 に関する公開一覧

臭化水素酸」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「臭化水素酸」の詳細情報や、「臭化水素酸」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「臭化水素酸」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(53,705件中)1/2,686ページ目

  1. 【課題・解決手段】半導体製造装置に搭載されているコーターやベーク炉(キュア炉)、洗浄チャンバーといった特別ではない装置を使用して、基板や層間絶縁膜等の被処理層以外の他の層のダメージや形状変化を抑制しつつ、被処理層を良好に除去できる洗浄組成物と、当該洗浄組成物を用いる洗浄方法と、当該洗浄方法を用いる半導体の製造方法とを提供すること。被処理層を分解可能な成分(A)、及び、...

  2. 【課題・解決手段】式I:CCXXXCXXXXXXXXC(I)(Xはシステイン残基以外の任意のアミノ酸残基を表す。)で示されるアミノ酸配列を含むペプチド、及び式II:CXXXXXXXXXXXC(II)(Xは前記と同様である。)で示されるアミノ酸配列を含むペプチドを含み、かつ、ナマコ綱に属する無脊椎動物における放卵又は放精誘起活性を有するヘテロ二量体ペプチド。

    放卵又は放精を誘起するペプチド

  3. 【課題・解決手段】本発明の目的は、新たな水頭症の予防又は治療用医薬組成物、及び患者への負担の大きくない診断用キットを提供することであり、また、新たな水頭症の予防及び治療方法、並びに患者への負担の軽減された水頭症の診断方法を提供することである。本発明は、Tsukushiタンパク質を含む水頭症の予防又は治療用医薬組成物、Tsukushiタンパク質のアミノ酸置換又は該置換を...

    水頭症の治療用医薬組成物

  4. 【課題・解決手段】3−メチル−2−チオフェンカルボン酸の製造方法を提供する。3−メチルチオフェンをイソシアン酸クロロスルホニルと反応させ、得られた反応生成物を加水分解することを特徴とする、3−メチル−2−チオフェンカルボン酸の製造方法。

  5. 【課題・解決手段】5−{[(3R)−1−アクリロイルピロリジン−3−イル]オキシ}−6−エチル−3−({4−[4−(4−メチルピペラジン−1−イル)ピペリジン−1−イル]フェニル}アミノ)ピラジン−2−カルボキサミド又はその製薬学的に許容される塩を含む安定な医薬組成物を提供する。前記医薬組成物は、塩化カリウム、及び/又は塩化ナトリウムを含み、類縁物質の増加を抑制する。

  6. 【課題・解決手段】本発明は、シスチンおよびグルタミンの少なくとも一つを有効成分として含有する、消化管における吸収低下の改善用組成物、または消化管における吸収の促進用組成物を提供する。本発明の上記組成物は、種々の原因により引き起こされる消化管における吸収の低下、特に、ストレスや運動による消化管における吸収の低下を良好に改善することができ、また、消化管における吸収を促進す...

    消化管における吸収低下の改善用組成物、および消化管における吸収の促進用組成物

  7. 【課題・解決手段】本発明の目的は、ルーメンにおける高い保護性を備え、且つ、消化管における溶出性にも優れる反芻動物用飼料添加組成物を提供することにある。本発明は、(A)融点が50℃より高く90℃より低い硬化植物油及び硬化動物油から選ばれる少なくとも1つ、(B)レシチン、(C)生物学的活性物質、(D)天然植物油及び水を含有し、小角広角X線散乱法によって40℃で15分間保持...

    反芻動物用飼料添加組成物

  8. 【課題・解決手段】本発明の目的は、生物学的活性物質を30重量%以上含有し、分散型であって、ルーメンにおける高い保護性を備え、且つ、消化管における溶出性にも優れる反芻動物用飼料添加組成物を提供することにある。本発明は、(A)融点が50℃より高く90℃より低い硬化植物油及び硬化動物油から選ばれる少なくとも一つ、(B)0.05重量%以上6重量%以下のレシチン、(C)30重量...

    反芻動物用飼料添加組成物

  9. 【課題・解決手段】本発明の課題は、積層体の形成の高速化を達成するとともに、形状精度及び平面性に優れた立体積層造形物を形成することができる金属粉末と、それを用いた粉末焼結積層造形物及びその製造方法を提供することである。本発明の金属粉末は、複数の金属粉末の薄層に、レーザー光を選択的に照射して、当該複数の金属粉末を焼結又は溶融結合して造形物層を形成し、当該造形物層を積層する...

    金属粉末、粉末焼結積層造形物及びその製造方法

  10. 【課題】N,N’−ビス(1−アダマンチル)イミダゾリウム塩を代替することができるイミダゾリウム塩及びその製造方法の提供。イミダゾリウム塩を用いたゼオライトの製造方法の提供。【解決手段】一般式(1)で表されるイミダゾリウム塩。(式中、R1は1−アダマンチル基を除く炭素数3から12のシクロアルキル基であり、シクロアルキル基は炭素数1から4のアルキル基で置換されていてもよい...

    イミダゾリウム塩及びその製造方法

  11. 【課題】軽量性、放熱特性、電磁波シールド性および機械的強度のバランスに優れた筐体を実現できるとともに、反りが抑制された金属樹脂接合板を提供する。【解決手段】金属樹脂接合板は、電子部品を収容する筐体に用いられる金属樹脂接合板であって、筐体壁を形成するための板状の金属部材と、金属部材の第1面11Aに接合された第1樹脂部材17Aと、金属部材の第1面11Aとは反対側の第2面1...

    金属樹脂接合板、筐体および電子装置

  12. 【課題】生理活性を有する化合物又はその薬理学上許容される塩、その光学活性体、及び生理活性を有する化合物を含む医薬組成物、並びに、生理活性を有する化合物を製造する方法を提供すること【解決手段】下記一般式(1)で示される構造を有する化合物又はその薬理学上許容される塩を提供する。[上記一般式(1)中、R1及びR2はアルキル基、アルコキシル基、又はアリール基を示し、R1とR2...

  13. 技術 電子装置

    【課題】複数の電子部品を高い自由度をもって配置させることが可能な電子装置を提供する。【解決手段】金属樹脂接合板22は、板510、板520、板530、板540及び板550を有している。板510、板520、板530、板540及び板550は、それぞれ、面512、面522、面532、面542及び面552を有している。第1電子部品30aは、板510の面512上に搭載されている。...

    電子装置

  14. 【課題】γ-Glu-Val-Glyを生成するのに適したグルタチオン合成酵素(GSHB)の変異体、及びそれを用いたγ-Glu-Val-Glyの製造法を提供する。【解決手段】野生型グルタチオン合成酵素において特定の1つまたはそれ以上のアミノ酸残基に相当するアミノ酸残基に変異を有し、且つ、γ−グルタミルバリルグリシン合成酵素活性を有する、変異型グルタチオン合成酵素遺伝子をエ...

    変異型グルタチオン合成酵素、及び、γ−グルタミルバリルグリシンの製造法

  15. 【課題】軽量であり、かつ、電子機器用の筐体としての十分な電磁波シールド機能および機械的強度を有しており、かつ放熱性が高い板材、筐体、及び電子装置を提供する。【解決手段】電子機器用筐体100は、金属製の底板201と、金属製の側板202と、熱交換部材400とを備える。少なくとも底板201および側板202からなる金属部材(M)において、金属部材(M)の表面の少なくとも一部に...

    板材、筐体、及び電子装置

  16. 【課題】軽量であり、かつ、電子機器用の筐体としての十分な電磁波シールド機能および機械的強度を有しており、かつ放熱性が高い板材、筐体、及び電子装置を提供する【解決手段】電子機器用筐体100は、金属製の底板201と、金属製の側板202と、熱交換部材400とを備える。少なくとも底板201および側板202からなる金属部材(M)において、金属部材(M)の表面の少なくとも一部に熱...

    板材、筐体、及び電子装置

  17. 【課題】糖尿病治療薬等として有用なテネリグリプチン及びその合成中間体の工業的に有利な製造方法の提供。【解決手段】下記縮合反応を用いる、式(2a)に代表されるチアゾリジン誘導体の製造方法。式(2a)で表される化合物は、テネリグリプチンの製造中間体として有用である。(DIPEAはN,N−ジイソプロピルエチルアミンを表す。)。

  18. 【課題】目視によりアニオン種の識別及び定量が可能な比色蛍光検出型アニオンセンサーを提供する。【解決手段】一方向巻きのらせん構造を有する下記式で表わされる光学活性ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物又はその塩、或いはその溶媒和物を含有する。式中、*は不斉炭素原子を示し、nは10以上の整数を示す。R,R’及びR’’は全て異なる基を示す。

    比色蛍光検出型アニオンセンサー

  19. 【課題】本発明は、湿式プロセスが適用可能であり、耐熱性、溶解性及びエッチング耐性に優れるフォトレジスト及びフォトレジスト用下層膜を形成するために有用な化合物等を提供することを課題とする。【解決手段】下記式(1)で表される、化合物。化1】。

  20. 【課題】ヘム鉄を選択的かつ高感度で検出することができる化合物及び該化合物を含有する蛍光プローブの提供。【解決手段】下式の化合物又はその塩。(R1は、カルボキシル基、カルボン酸エステル基、又はカルボン酸アミド基;R2及びR3は、同一又は異なるアルキル基、或いは、R2及びR3は、互いに結合して隣接するN−オキシドの窒素原子(N)と共に環を形成;R4は、カルボキシル基、カル...

    蛍光プローブ

    • 公開日:2019/09/05
    • 出願人: 岐阜市
    • 発明者: 永澤秀子 、...
    • 公開番号:2019-147776号
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2686