膜タンパク質 に関する公開一覧

膜タンパク質」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「膜タンパク質」の詳細情報や、「膜タンパク質」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「膜タンパク質」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(12,436件中)4/622ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、例えば、キネシン紡錘体タンパク質阻害剤などの細胞毒性活性剤が、レグマインによって開裂可能な基によってマスクされていることで、活性剤を放出する、一般式(Ia)の新規なプロドラッグ又は複合体に関するものである。本発明はさらに、疾患の治療及び/又は予防のための前記プロドラッグ又は複合体の使用、並びに例えばがんなどの特定の過剰増殖性疾患及び/又は血...

    酵素開裂基を有する細胞毒性活性剤のプロドラッグ

  2. 【課題・解決手段】本発明は、腫瘍周皮細胞及び腫瘍間質の細胞に特徴的な細胞表面抗原であるエンドシアリンを特異的に認識し、結合する抗体の生成に関する。当該抗体は、エンドシアリン発現細胞において内在化され、PDGFに刺激されたヒトの周皮細胞におけるMAPKの活性化を阻害する能力を有する。当該抗体は、既知のエンドシアリン相互作用物質であるLGALS3BPによって誘導される血管...

    エンドシアリン結合抗体

  3. 【課題】癌細胞または感染性物質に対する内因性免疫応答を増強するFc融合タンパク質の治療効果を増強する方法の提供。【解決手段】癌又は感染性物質により生じた疾患に罹患した対象のT細胞の標的、例えばリガンドの共阻害又は強刺激レセプターと特異的に結合することにより、免疫調節標的の活性を変化させるFc融合タンパク質の、活性化Fcレセプター(FcR)に対する該Fc領域の結合を増強...

    免疫調節Fc融合タンパク質の抗癌活性の増強

  4. 【解決手段】本発明は、重鎖及び軽鎖を含む抗体又はその抗原結合フラグメントであって、重鎖相補性決定領域1乃至3が夫々、配列番号1乃至3のアミノ酸配列を有し、軽鎖相補性決定領域1乃至3が夫々、配列番号4乃至6のアミノ酸配列を有する、モノクローナル抗体又はその抗原結合フラグメントに関する。また、本発明は、抗体又はその抗原結合フラグメントを含む抗癌治療剤に関する。

  5. 【課題】 試料中に含まれる目的細胞および夾雑細胞を正確に標識することで、当該目的細胞を高精度に検出する方法を提供すること。【解決手段】 試料中に含まれる目的細胞および夾雑細胞を85%(v/v)から98%(v/v)のエタノール処理により膜透過し、当該目的細胞および当該夾雑細胞にそれぞれ特異的に有するタンパク質を認識する物質で標識後、前記標識の有無に基づき前記目的細胞...

    目的細胞の検出方法

  6. 【課題】野生型アペリン−13と比較して増加した安定性を有するAPJ受容体アゴニスト類似体、及び該アゴニスト類似体の使用方法の提供。【解決手段】APJ受容体アゴニスト類似体のN末端またはC末端で半減期を延長する基によって修飾(例えばN末端のピログルタミン酸化や任意の他の場所でのPEG化等)され、かつ少なくとも1個のアミノ酸が非標準アミノ酸によって置換されたAPJアゴニス...

    APJ受容体アゴニストおよびその使用

  7. 【課題】がんのようなB7−H4付随状態を診断及び治療するための、B7−H4を標的にする薬剤、並びにその使用方法の提供。【解決手段】B7−H4に結合する単離抗体およびヒト化抗体。抗B7−H4抗体と細胞傷害剤とを含むイムノコンジュゲート。B7−H4陽性のがんを有する個体を治療する方法。B7−H4陽性細胞の増殖を阻害する方法。生体試料においてヒトB7−H4を検出する方法。B...

    抗B7−H4抗体及びイムノコンジュゲート

  8. 【課題】幹細胞がリンパ組織に存在する胚中心に結合することを妨げることを含む、幹細胞が器官および組織に結合することを阻害する方法および組成物の提供。【解決手段】癌治療、非骨髄破壊的治療、または骨髄破壊的治療は、化学療法、放射線、またはその組合せを含み、組成物は、幹細胞の投与の後ではなく幹細胞の投与の前または幹細胞の投与と一緒に投与され、組成物は、幹細胞が活性胚中心に結合...

    リンパ組織に幹細胞および前駆細胞が結合することを阻害する組成および方法、ならびにリンパ組織の胚中心を再生させるための組成および方法

  9. 【課題】非ica/pgaのポリN−アセチル化グルコサミン(PNAG)陽性病原体による感染症の予防および処置の提供。【解決手段】前記病原体に対して免疫応答を誘導するのに有効な量の、下記式を有する単離された多糖、PNAG特異的抗体またはPNAG特異的抗体断片の投与。[式中、nは少なくとも5であり、Rは−NH−CO−CH3又は−NH2を表す。]。

    多糖組成物およびその使用

  10. 【課題】 抗コネクシン剤としてのフレカイニドの使用。【解決手段】 本発明は、抗コネクシン剤としてのフレカイニドの使用に関する。この抗コネクシン剤は、様々な向精神薬の治療効果を増強するために有利には使用される。より具体的には、本発明は、フレカイニドとモダフィニルとを有するコンビネーションプロダクトを提供する。

    抗コネクシン剤としてのフレカイニドの使用、及び向精神薬の効果を増強する方法

  11. 【課題・解決手段】本発明は、ヒトCTLA4分子に結合するキメラ及びヒト化抗体の組成物、ならびに癌免疫療法における、及び他の免疫療法剤と比較して自己免疫副作用を軽減するための、それらの使用に関する。具体的には、本発明は、CTLA4リガンドB7.1及びB7.2に対するCTLA4遮断活性の増強、エフェクター機能の増強、または膜結合もしくは固定化CTLA4に対する可溶性CTL...

    キメラ及びヒト化抗ヒトCTLA4モノクローナル抗体ならびにその使用

  12. 【課題・解決手段】本発明は、医薬品の分野に関する。より具体的には、本発明は、GFRAL受容体を作動することによる糖尿病または肥満症の治療方法、そのような治療で使用するための化合物、及びそのような化合物を含有する薬学的組成物に関する。本発明はまた、GFRAL受容体を拮抗し、阻害し、中和し、またはブロックすることによる悪液質の治療方法、そのような治療で使用するための化合物...

    GFRAL受容体療法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)(式中、R1からR3およびAは、明細書および請求項に定義されている通りである)の新たなベンゾニトリル誘導体、それらの医薬、それらの治療的使用のための方法、ならびにそれらを含有する医薬組成物に関する。(I)。

    4−シアノ−ベンジルカルバミミドイルカルバメート誘導体およびAOC3阻害剤としてのそれらの使用

  14. 【課題・解決手段】少なくとも1つの腫瘍関連抗原の、複数、例えば2つ以上のエピトープをコードする、ポリヌクレオチドおよびウイルスベクター、特に、アルファウイルスベクター、例えばシンドビスウイルスベクターであって、各エピトープがプロセシング部位または酵素切断部位によって隔てられている、ポリヌクレオチドおよびウイルスベクターが提供される。記載のポリヌクレオチドおよびウイルス...

    抗腫瘍免疫を誘導するための、腫瘍関連抗原の複数のエピトープを発現するウイルスベクター

  15. 【課題・解決手段】本発明は、融合前RSV Fタンパク質またはその免疫学的に活性な部分をコードする新規の核酸分子であって、融合前RSV Fタンパク質は、配列番号1または2のアミノ酸配列を含む、核酸分子に関する。本発明はさらに、呼吸器合胞体ウイルス(RSV)に対するワクチンとしての、核酸分子、または前記核酸分子を含むベクターの使用に関する。

    RSVに対するワクチン

  16. 【課題・解決手段】両性の患者における嚢胞性線維症の治療のための非エストロゲン依存性作用薬としてのタモキシフェンまたはその薬学的に受容可能な塩の使用が開示される。タモキシフェンは、好ましくは吸入経路によって投与される。

    両性の患者における嚢胞性線維症の治療のためのタモキシフェンの使用

  17. 【課題・解決手段】本発明は、がん、感染性疾患、自己免疫疾患、炎症性疾患、および免疫不全症が挙げられるが、これらに限定されない、多くの状態の治療、予防、または緩和のための養子免疫エフェクター細胞療法のための改善された組成物を提供する。より具体的には、本発明は、改善されたキメラ抗原受容体(CAR)T細胞組成物、ならびにその作製方法および使用方法に関する。特定の実施形態にお...

    キメラ抗原受容体T細胞組成物

  18. 【課題・解決手段】本開示は、コドン置き換えテクノロジーを用いることによりコンセンサス核酸配列のプールにおいて構築された合成抗体遺伝子発現ライブラリーに限定されない、抗体ライブラリーを作製する方法に関する。本開示はまた、本開示の方法を利用することにより作製された合成抗体ライブラリー、及び前記抗体ライブラリーの適用に関する。

    合成抗体ライブラリーを作製する方法、前記ライブラリー、及びその適用

  19. 【課題・解決手段】本開示は、少なくとも2つの異なる標的抗原または標的エピトープと同時に結合することができる多重特異性分子に関する。分子は、第1の標的抗原または標的エピトープに結合する少なくとも1つの結合ドメイン分子(BDM)を含み、かかるBDMは異種標的に選択的に結合するよう修飾され、かつ、第2の標的抗原または標的エピトープに結合する、抗体もしくはその抗原結合性断片ま...

    多重特異性分子

  20. 【課題・解決手段】本明細書には、治療上有効な量のトラピジル、その誘導体、代謝産物、プロドラッグ、アナログ、または薬学的に許容可能な塩の投与による、錐体外路症候群、例えば、ジスキネジア、ジストニア、アカシジア、または薬剤性パーキンソニズムの予防または処置のための方法、薬学的な組み合わせ、またはキットが開示される。

    トラピジルを使用する錐体外路症候群の処置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 294