胆管系 に関する公開一覧

胆管系」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「胆管系」の詳細情報や、「胆管系」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「胆管系」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(526件中)6/27ページ目

  1. 【課題・解決手段】c−kitタンパク質キナーゼまたは何らかの変異を有するc−kitタンパク質キナーゼ変異体に対して活性な化合物、ならびにかかる化合物の製造方法およびc−kitタンパク質キナーゼまたはc−kitタンパク質キナーゼ変異体の異常活性に付随する疾患および症状を治療するための使用方法を記載する。

    キナーゼをモジュレートするための化合物および方法、ならびにその指標

  2. 【課題・解決手段】本発明は、一部は、β−ラクタマーゼの組成物および、例えば、クロストリジウム・ディフィシレ感染症(CDI)などの消化管(GI管)障害においてこれらの酵素を使う方法に関する。

    治療用として改善された特性を有するβ−ラクタマーゼ

  3. 技術 組合せ

    【課題・解決手段】本発明は、N−(3,5−ジメトキシフェニル)−N’−(1−メチルエチル)−N−[3−(1−メチル−1H−ピラゾール−4−イル)キノキサリン−6−イル]エタン−1,2−ジアミンまたはその薬学的に許容可能な塩もしくはその溶媒和物、およびN−(2−フルオロ−3,5−ジメトキシフェニル)−N−(1H−イミダゾール−2−イルメチル)−3−(1−メチル−1H−ピ...

    組合せ

  4. 【課題・解決手段】本発明は、FGFR阻害剤とIGF1R阻害剤の組合せに関する。前記組合せは、増殖性障害の治療、特に、癌の治療において使用するためのものである。前記FGFR阻害剤およびIGFR阻害剤は、同時、個別または逐次に投与することができる。本発明はさらに、薬学的に許容可能な担体と本発明による組合せとを含んでなる医薬組成物に関する。

    FGFR阻害剤とIGF1R阻害剤の組合せ

  5. 【課題・解決手段】PI3キナーゼ活性を含むキナーゼ活性を調節する化合物及び医薬組成物、並びに化合物、医薬組成物、及びPI3キナーゼ活性を含むキナーゼ活性と関連する疾患及び状態の治療方法が、本明細書に記載されている。

    PI3K−ガンマ媒介障害の治療で使用するための複素環式化合物

  6. 【課題・解決手段】胆汁うっ滞又は線維性肝疾患などの肝疾患又は肝障害を検出し、阻害し、治療し、及び/又は予防するための組成物及び方法が提供される。

    肝傷害を治療するための組成物及び方法

  7. 【課題・解決手段】本発明は、分化のための凝集多能性幹細胞集団を調製する方法を提供する。特に、本発明は、懸濁培養を使用して、多能性細胞をβ細胞、心細胞、及び神経細胞系統に分化させる方法を開示する。この方法は、これらの集団の分化の前に、凝集細胞集団を調製することを伴う。

    膵内分泌細胞への分化のためのヒト多能性幹細胞の懸濁及び集団化

  8. 【課題】肝細胞移植の生着や効果を上げるために、肝芽細胞のように移植細胞の高機能化を図れば、門脈への投与は塞栓のリスクが高まり臨床では危険である。本来、肝臓は肝動脈を介した高圧系と門脈を介した低圧系で維持されており、 特に後者が肝細胞の増殖に必要である。試験管内で新に作製した肝組織を前述の2系統の血管吻合なしに移植すると、毛細血管である動脈系が流入して、移植組織が育たな...

  9. 【課題・解決手段】本発明は膵炎を治療するための薬剤の製造におけるIL−22二量体の使用に関する。IL−22単量体と比較して、IL−22二量体は、より良好な治療効果を有する。

    膵炎を治療するための薬剤の製造におけるIL−22二量体の使用

  10. 【課題・解決手段】拡張可能な医療用バルーンは、第一曲げ弾性率を有するポリマー材料で形成された内層(12)と、第二曲げ弾性率を有する材料で形成された中間層(14)と、第三曲げ弾性率を有する材料で形成された外層(16)とを含む。内層及び外層の曲げ弾性率は3,400atm〜約5,440atm(50,000psi〜約80,000psi、345MPa〜約552MPa)であり、中...

    耐高圧引裂性バルーン

  11. 【課題・解決手段】第1および第2の医療用内視鏡を含むデュアル医療用内視鏡システムを構成でき、第1の内視鏡は付属チャンネルを含み、それに対するアクセスを近位装着ポートがもたらし、および第2の内視鏡は、近位装着ポートにしっかりとかつ取り外し可能に取り付けられるハンドル本体を含む。第2の内視鏡とし得る内視鏡が、遠位端視覚化要素を備える細長い操作可能なシャフト、およびシャフト...

    視覚化装置とハンドルとを装着可能な内視鏡

  12. 【課題・解決手段】本発明のいくつかの態様は、標的遺伝子の発現を活性化又は増大するための一本鎖オリゴヌクレオチドを提供する。別の態様は、標的遺伝子の発現を活性化又は増大するための一本鎖オリゴヌクレオチドを含む組成物及びキットを提供する。また、前記一本鎖オリゴヌクレオチドを用いて、標的遺伝子の発現を調節する方法も提供される。本発明のさらに別の態様は、標的遺伝子の発現を活性...

  13. 【課題・解決手段】多能性幹細胞から肝細胞及び/又は胆管細胞系細胞を製造する方法であって、(a)長期nodalアゴニスト処理され誘導された内胚葉細胞集団を、FGFアゴニスト及びBMP4アゴニスト及び/又はその活性コンジュゲート及び/又は断片を含む特定化培地と接触させることによって、長期nodalアゴニスト処理され誘導された内胚葉細胞集団を特定化して、肝細胞及び/又は胆管...

    多能性幹細胞から肝細胞及び胆管細胞を作製する方法

  14. 【課題・解決手段】罹患又は機能不全の、膵臓又は肝臓を修復する方法が提供される。本方法は、患者の健康な組織から胆道系幹細胞、肝幹細胞、膵臓幹細胞又はその子孫、委任前駆細胞などの幹細胞および/又は前駆細胞の懸濁液、又は非自己ドナーの胆道系の懸濁液を調製し、治療されるべき臓器の近くの胆管壁に細胞を移植することを含む。移植片は、生体材料と、必要に応じて、生着する細胞の成熟系統...

    胆管壁内への幹細胞移植によって膵臓及び肝臓の疾患を治療する方法

  15. 【課題・解決手段】本明細書に記載する発明は、非胚性幹細胞(例、成体幹細胞)を非胚性組織(例、成体組織又は臓器)から単離する方法に関する。このように様々な組織又は臓器から単離された非胚性幹細胞(例、成体幹細胞)は、インビトロで無限に自己再生又は増殖することができて、多能性であり、その幹細胞が単離される組織又は臓器内で通常見出される様々な分化細胞種へ分化することができる。...

    非胚性幹細胞の単離とその使用

  16. 【課題】肝臓の病変を、かかる病変を有することが疑われる対象において診断する方法を提供する。【解決手段】方法は、肝臓の病変を有することが疑われる対象から体液などの試験試料を得ること、試料中のタンパク質のグリコシル化を定量的に検出すること、次に検出したグリコシル化を、かかるタンパク質のグリコシル化についての参照値と比較することを含む。参照値は、肝臓の病変のない対象および既...

    タンパク質のグリコシル化の評価による肝臓病変の診断

  17. 【課題・解決手段】本発明は、空気−液体界面にて、培養容器中で培養することによって、多能性幹細胞の、PDX1、NKX6.1及びHB9を発現している膵臓内分泌細胞への分化を促進するための、方法、細胞培養系及び分化培地を提供する。本発明はまた、空気−液体界面で培養した細胞のインビトロ成熟化を提供する。

    多能性幹細胞から膵臓内分泌細胞膵臓内分泌細胞への分化のための、空気−液体界面での、ヒト胚性幹細胞の培養

  18. 【課題・解決手段】本発明は、分化のための、凝集した多能性幹細胞クラスタを調製する方法を提供する。

    膵内分泌細胞への分化のためのヒト多能性細胞の懸濁及びクラスタリング

  19. 【課題・解決手段】本発明は、PDX1、NKX6.1及びHB9を発現している膵臓内胚葉細胞への多能性幹細胞の分化を促進するための方法を提供する。特に、本方法は、甲状腺ホルモン(例えばT3)、ALK5阻害剤又は両方で、ステージ4〜ステージ6細胞を培養することを包含する。

    HB9調節物を用いたヒト胚性幹細胞の膵臓内分泌細胞への分化

  20. 【課題・解決手段】本発明は、配列の操作および/または標的配列の活性のための系、方法、および組成物の送達、エンジニアリングおよび最適化を提供する。送達系および送達部位としてターゲティングされる組織または臓器が提供される。また、中の一部がCRISPR複合体の1つ以上の成分をコードするベクターおよびベクター系、ならびにかかるベクターの設計および使用方法も提供される。また、標...

    配列操作および治療適用のための系、方法および組成物の送達、エンジニアリングおよび最適化

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 13