に関する公開一覧

」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「」の詳細情報や、「」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「肺」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(25,074件中)1/1,254ページ目

  1. 【課題】悪性中皮腫を鑑別するためのバイオマーカー、及び悪性中皮腫の鑑別方法を提供することである。【解決手段】クローディン15(CLDN15)遺伝子又はCLDN15タンパク質からなる、悪性中皮腫を鑑別するためのバイオマーカーを提供する。

    悪性中皮腫鑑別方法、及び悪性中皮腫鑑別用抗CLDN15抗体

  2. 【課題】気管支断端に留まり、瘻孔の閉鎖を促進することで、気管支断端瘻を効果的に治療することができる気管支断端瘻治療用細胞構造体を提供すること。【解決手段】間葉系幹細胞を含むスフェロイドが融合して固形化されている気管支断端瘻治療用細胞構造体とする。

    気管支断端瘻治療用細胞構造体とその製造方法

  3. 【課題】治療の進み具合を推定することが可能な情報処理装置等を提供すること。【解決手段】情報処理装置1は、放射性医薬品合成装置または用時調製用製剤で放射性核種を標識した第1薬剤が投与された被検体を、陽電子放射断層撮影装置2を用いて撮影した診断画像を取得する第1取得部と、前記第1取得部が取得した診断画像を入力した場合に病変推定情報を出力する第1学習モデルと、前記第1学習モ...

    情報処理装置、プログラム及び情報処理方法

  4. 【課題】レシピエントへの臓器の移植時に、臓器の温度上昇をより抑制でき、かつ、執刀者の作業の妨げにもなりにくい医療器具を提供する。【解決手段】この臓器収容容器1は、伸縮性を有し、開口30を有する袋状の胴部20を有する。無負荷状態において、開口30の最大幅D4は、胴部20の最大幅D1よりも小さい。開口30は、開口30最大幅が胴部20の最大幅D4よりも大きい状態まで伸張可能...

    臓器収容容器

  5. 【課題】味覚に影響を与えるために匂い提示を行う際に、従来の装置では吸気時でしか食物自体の匂い提示をすることができず、呼気時における食物を食べた際のフレバーリリースによる口からの匂いは提示できずにいた。そのため、吸気時にのみ匂い提示を行っても嗅覚の知覚は低く、味覚への影響も乏しいままであった。【解決手段】鼻孔栓2を移動自在に外嵌した可撓性管1を被験者Pの鼻孔3に装着し中...

    匂い物質提示装置

  6. 【課題】 一般患者に対して、呼吸モニタリングや心拍出量の計測をする。【解決手段】 生体計測装置の一態様は、生体に装着される少なくとも二つの電極と、二つの電極の間に交流電流を流す電源と、二つの電極を結ぶ線を挟むように配置され、生体のインピーダンスの変化にともなう交流電流の変化に関する磁場を検出する少なくとも二つのコイルと、二つのコイルで検出した磁場に関する信号を加算...

    生体計測装置

  7. 【課題】連続値と離散値を適切に組み合わせて推論精度の向上を支援する診断支援装置、診断支援システム、診断支援方法及びプログラムを提供する。【解決手段】診断支援装置100は、医用画像を取得する取得手段と、医用画像を用いた機械学習により作成された分類モデルを用いて、取得された医用画像から所見情報を導出する所見導出手段と、導出された所見情報における所見項目の確からしさを表す値...

    診断支援装置、診断支援システム、診断支援方法およびプログラム

  8. 【課題】カテーテルシステムを提供すること。【解決手段】展開された状態に作動可能であり、カテーテル本体と、カテーテルの管腔内に少なくとも部分的に位置付けられた拡張器と、を含む、カテーテルシステム。拡張器の遠位端は、カテーテル本体の遠位先端部に解放可能に接続され得る。拡張器は、遠位先端部を拡大及び反転させ、展開された状態の漏斗形状を形成するように後退可能であってもよい。

    拡大可能な口腔カテーテル

  9. 【課題】プローブ装置を提供すること。【解決手段】一実施形態では、プローブ装置は、遠位端部を有するシャフトと、フェライトのばらばらな粉状顆粒が入った管であって、シャフトの遠位端部に固定されている、管と、管の周囲に配設されているコイルと、外部から印加された磁場によりコイルにわたって発生した信号を読み取るようコイルに接続した電線と、を含む。

    コイルを備える極狭プローブ

  10. 【課題】免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体(MHC)の分子と結...

    NHLおよびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドの組み合わせ

  11. 【課題】免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体(MHC)の分子と結...

    NHLおよびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドの組み合わせ

  12. 【課題】バレット食道を有する被験体における胃食道接合部の前悪性病変における腫瘍進行を検出するために前記被験体におけるHER3の過剰発現を検出するためのバイオマーカーを提供する。【解決手段】抗HER3CD4+Th1免疫応答の喪失を検出する方法で1以上のHER3MHCクラスII免疫原性ペプチドで前記哺乳動物に由来する末梢血単核細胞をパルスし、それによって生じる免疫応答をI...

    免疫に基づく療法のための、免疫原性MHCクラスIIペプチドの同定

  13. 【課題】トロンボキサン受容体アンタゴニストを提供すること【解決手段】本発明はトロンボキサン(TX)A2受容体又はTプロスタノイド受容体(TP)アンタゴニストとして作用する新規化学的実体並びにトロンボキサン(TX)A及びエンドペルオキシドプロスタグランジン(PG)G2/PGH2、20−ヒドロキシエイコサテトラエン酸(20−HETE)及び遊離ラジカル由来のイソプロスタン(...

    トロンボキサン受容体アンタゴニスト

  14. 【課題】ハンチントン病を治療又は改善するための化合物、その形態、及び医薬組成物並びに該化合物、その形態、又は医薬組成物の使用方法の提供。【解決手段】 ハンチントン病を治療又は改善するための式(I)の置換単環式ヘテロアリール化合物、その形態、及び医薬組成物並びに該化合物、その形態、又は組成物の使用方法の提供。(I)。

  15. 【課題】一連の選択工程を通じた、疾患特異的免疫原性ペプチドを同定する方法を提供する。【解決手段】a)各変異体コード配列が基準試料と比較して配列の差異を有する、個体における疾患組織の変異体コード配列のセットを提供すること、及びb)変異体コード配列のセットから免疫原性変異体コード配列を選択することを含み、選択する工程が、変異体コード配列によりコードされる変異アミノ酸を含む...

    免疫原性変異体ペプチドスクリーニングプラットフォーム

  16. 【課題】呼吸圧治療法用などの準拠管理ツールを提供する。【解決手段】一部のバージョンでは、呼吸圧治療システムは、データサーバーのプロセッサなど、コンピューティング装置および/または呼吸圧治療機器と通信するように構成された、1つ以上のプロセッサを含み得る。該呼吸圧治療機器は、セッションで呼吸圧治療を患者に与えるように構成され得る。該コンピューティング装置は、患者に紐付いて...

    呼吸圧治療システム

  17. 【課題】癌および他の増殖性疾患などの疾患の治療および予防のための新規な化合物を提供する。【解決手段】式(I)等の化合物、またはその薬学的に許容される塩。[原子1と原子2の間の結合は一重結合又は二重結合;X2は-CH2-又は-O-であり;R3、R4、R3'、R4'、R5及びR5'はH、ヒドロキシ等;R6及びR6'はH、アルキル等;nは0、1、又は2。]。

    HSP90阻害物質およびHSP70誘導物質としての修飾エーテル基を有するビフェニルアミド

  18. 【課題】翻訳モジュールを介して互いに通信する第1の医療機器および第2の医療機器を備える生理学的監視システムを提供する。【解決手段】第1の医療機器は、第1の医療機器から別個の翻訳モジュールに生理学的パラメータデータを渡し、第1の医療機器で翻訳モジュールから翻訳済みのパラメータデータを受信することができる。翻訳済みのパラメータデータは、第1の医療機器による表示のため処理さ...

    医療監視データを表示するシステム

  19. 【課題】光学素子(またはキャップ)を提供する。【解決手段】部分的には、本発明は光学キャップに関する。本キャップは、該キャップの外に光を向け、合焦させるよう構成された少なくとも一つのレンズ化された表面をもつ。本キャップは、光ファイバーにかぶせて配置される。光放射はファイバー中を進み、本キャップの一つまたは複数の光学表面と相互作用し、その結果、キャップの外側のある距離のと...

    光ファイバー・ビーム整形のための小型光学素子

  20. 【課題】膵臓癌、膀胱癌、結腸直腸癌等の癌及び/又は腫瘍の治療に有効な新規化合物の提供。【解決手段】腫瘍の治療における使用のための下記式(I)で表される化合物(RX−3117)。前記化合物は、治療を必要とする対象に、約300〜2,000mg/日の投薬量で経口投与されることが好ましい。

    フルオロシクロペンテニルシトシンの使用および調製のプロセス

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1254