管径 に関する公開一覧

管径」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「管径」の詳細情報や、「管径」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「管径」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(679件中)1/34ページ目

  1. 【課題】長期使用における信頼性を向上することができる、照明カバーの製造方法、並びに照明カバー、照明ランプ及び照明装置を得る。【解決手段】本発明に係る照明カバーの製造方法は、ソーダ石灰ガラスからなるカバー本体の表面の少なくとも一部に、水を付着させる着水工程と、前記カバー本体を加熱し、前記ソーダ石灰ガラスに含まれるナトリウムイオン及びカルシウムイオンの少なくとも一方を、前...

    照明カバーの製造方法、並びに照明カバー、照明ランプ及び照明装置

  2. 【課題】感知フォーリー・カテーテルを提供する。【解決手段】感知フォーリー・カテーテルは、受入れ通路を画定する流体チャンバ2902、及び受入れ通路が排出開口と流体連通するようにカテーテルの排出管腔に流体結合するポート2904を備える。流体チャンバ2902内に位置する圧力感知機構2906は、圧力感知機構を備えることができ、圧力感知機構は、尿等の体液がカテーテルの排出開口に...

    感知フォーリー・カテーテル

  3. 【課題】化学反応系に含まれる物質の温度を非接触かつ高精度に測定できる温度測定装置を提供する。【解決手段】本開示に係る温度測定装置10は、化学反応系20に含まれる物質にパルス状の励起光L1を照射する第1照射部11aと、物質にプローブ光L2を照射する第2照射部11bと、第2照射部11bによって物質に照射されたプローブ光L2を検出する検出部12と、検出部12によって検出され...

    温度測定装置、温度測定システム、及び温度測定方法

  4. 【課題】粘度が高い液体中の溶存気体を効率よく除去できる供給装置、当該供給装置を備えた塗布装置、および供給方法を提供すること。【解決手段】この供給装置30は、高粘度の処理液を供給先22へと供給するための供給装置である。この供給装置30は、処理液を貯留するタンク31と前記供給口320とを流路接続する送液配管32と、送液配管32に下流側から順に介挿されるメインポンプ33、脱...

    供給装置、塗布装置、および供給方法

  5. 【課題】ヒートパイプシステムの運転再開時の始動性を高める。【解決手段】空調装置1は、内燃機関2で発生する排気ガスを排出する排気管3と、排気ガスの熱を回収するヒートパイプシステム4と、を備える。ヒートパイプシステム4は、排気ガスとの熱交換で作動媒体R4を蒸発させる蒸発器44と、蒸発器44で蒸発した作動媒体R4を液化させる凝縮器43と、を有する。凝縮器43で液化した作動媒...

    車両用の空調装置

  6. 【課題】本発明は、触媒を用いて原料化合物としての不飽和炭化水素および/または不飽和アルデヒドを気相接触酸化反応させるプロセスにおいて、構造を簡便にできる反応器、および、その反応器を用いて生産性が向上できる反応方法を提供する。【解決手段】反応器として、触媒層の前半部および後半部それぞれに適した伝熱方式の固定床反応器を用い、原料化合物の転化率が30%以上80%未満までを管...

    反応方法および反応器

  7. 【課題】従来よりも狭いスペースで巻き癖を低減すること。【解決手段】本開示に係る樹脂管10の製造方法は、押出成形によって樹脂の管状体20を形成する成形工程S1と、管状体20を巻取ドラム40の外側に巻き取る巻取工程S4と、を有し、押出成形工程S1と巻取工程S4との間に、管状体20にテンションをかけずに、巻取ドラム40の外径よりも内径が大きい事前巻取ドラム30の内側に管状体...

    樹脂パイプの製造方法

  8. 【課題】テールパイプの開口から排気管内に水等のスプラッシュが浸入することを効果的に防止する。【解決手段】内燃機関10から排出される排気ガスを流通させると共に、排気ガスを下流端の開口24から放出する筒状のパイプ本体部21と、パイプ本体部21の開口24に隣接して設けられると共に、所定の間隔で並行に延設された複数枚のブレード42,52を有するルーバー部40,50とを備えた。

    内燃機関のテールパイプ構造

  9. 【課題】カウンタ面に水を残り難くした洗面カウンタを提供する。【解決手段】カウンタ面12aを有するカウンタ部12を備え、カウンタ部は、カウンタ面を形成する多孔質層を有し、多孔質層は、親水性を有する複数の細孔を有し、カウンタ面上の水を複数の細孔で吸水し、複数の細孔の内部に吸水した水を保持可能とすることを特徴とする洗面カウンタである。また、複数の細孔のメジアン孔径は、200...

    洗面カウンタ

  10. 【課題】処理槽内で処理される基板処理の偏りを抑制する。【解決手段】基板処理装置(100)は、処理槽(110)と、基板保持部(120)と、流体供給部(130)と、制御部(140)とを備える。処理槽(110)は、基板を処理するための処理液を貯留する。基板保持部(120)は、処理槽(110)の処理液内で基板を保持する。流体供給部(130)は、処理槽(110)に流体を供給する...

    基板処理装置および基板処理方法

  11. 技術 ヒータ

    【課題】反射膜の反射効率および耐熱性の双方を高める。【解決手段】実施形態のヒータは、発光管と、第1反射膜と、第2反射膜とを具備する。発光管は、筒状であり、光を透過する。第1反射膜は、発光管の外面に設けられ、光を発光管の内部へ反射する。第2反射膜は、第1反射膜を覆うように設けられ、第1反射膜よりも光の反射率が小さい。

    ヒータ

  12. 技術 ヒータ

    【課題】発熱体の長さ方向の全体にわたり要求に応じた照射特性を得る。【解決手段】ヒータ1は、発光管2と、発熱体30と、反射膜100とを具備する。発光管2は、円筒状であり、赤外光を透過する。発熱体30は、発光管2の内部に配置される。発熱体30は、螺旋状に密巻きされた導体が発光管2の長さ方向に延在する。反射膜100は、発光管2の外面に設けられ、少なくとも発光管2の長さ方向の...

    ヒータ

  13. 【課題】使用範囲を広げ、共用性及び性能を向上した、骨錐穴カバー装置を提供する【解決手段】骨錐穴カバー装置Aは、少なくとも上部締め付け部品30と下部締め付け部品50を含んで構成され、上部締め付け部品が第1基部31と第1結合部を備え、下部締め付け部品が少なくとも第2基部51と、第1結合部32に結合される第2結合部52を含み、第2基部が第1アーム511と第2アーム512によ...

    骨錐穴カバー装置

  14. 【課題】 金属水酸化物や金属酸化物を粒子として高い濃度で含有する濃縮スラリーを、スラリーポンプにて送液可能にする方法、装置構成を提供する。【解決手段】 固形成分と液体成分の混合体であるスラリーの送液方法であって、 液体成分と、90%以上が100μm以下の粒度分布を有する粒径が1.4mm以下の粒子のみで構成された固形成分からなり、前記固形成分の濃度が、15質量...

    スラリーの送液方法およびスラリーの輸送装置

  15. 【課題】容易に取り外すことができ、かつ繰り返し利用の可能な蓋部材を備えた注入管および注入管の使用方法を提供する。【解決手段】充填材吐出口12を下端開口部に備える注入管本体1と、注入管本体1の下端外方から充填材吐出口12を塞ぐ蓋部材2と、注入管本体1の外方に位置し、一端が該蓋部材2に固定され、他端が注入管本体1の上端近傍に配置される紐材3と、を備える注入管であって、蓋部...

    注入管および注入管の使用方法

  16. 【課題】ポンプに接続される吸引側チューブおよび吐出側チューブの材質、管厚や管径などの制限を受けることなく、かつこれらのチューブの装着作業の煩わしさを解消することが可能な接続部材を提供する。【解決手段】接続部材5は、ポンプ取付部12と、チューブ接続部10と、流路形成部13とを備える。流路形成部13の吸引路部16および吐出路部17のそれぞれにおける少なくとも一部は、それら...

    接続部材、当該接続部材を備えたポンプ用ケーシングおよび注入装置、ならびに当該接続部材を用いた液体確認方法

  17. 【課題】予期しない部位に高温部品の熱による膨張応力がかかることを抑制可能な燃料電池システムを提供する。【解決手段】燃料電池2及び燃料電池2に燃料を供給する改質器3の少なくとも一方を含む高温部品を収納する筐体1を備える燃料電池システム100が提供される。この燃料電池システム100では、筐体1には一方向のみに変位可能な複数の一軸性マウント9が固定され、筐体1に収納される高...

    燃料電池システム

  18. 【課題】設備負担を抑えつつ、管路の内部に存在する液体を効果的に排出することが可能な液体排出システムおよび液体排出方法の提供。【解決手段】液体排出システム1は、管路PL内に滞留する液体Wを負圧吸引する吸引装置10と、挿入体20とを備えている。挿入体20は、管路PLの内周面との間で間隙Gを形成する外周面を有し、管路PL内を吸引方向に沿って移動自在に構成されている。間隙Gは...

    液体排出システムおよび液体排出方法

  19. 【課題】例えば半径15cmの円筒容器を3000rpmで回転させた場合、外周と中心部との表面の水位差は113mにも達する。3000rpmで廻すことも、又その円筒の中心部と外周との水位差が113mにも達することも(平凡社、世界大百科辞典)驚異である。この現象をインペラーという器具を使って揚水することが今日の大半の遠心、ターボポンプの主流であり、そこには省エネルギーでの揚程...

    はずみ車を応用した揚水ポンプ

  20. 【課題】本発明は、放熱モジュール及びそれを用いる投影装置を提供する。【解決手段】かかる放熱モジュールは、ヒートパイプ、放熱板、第一放熱フィン、及び第二放熱フィンを含み、ヒートパイプは、第一部分、第二部分、並びに第一部分及び第二部分に接続される第三部分を含み、第一部分は、第二部分と平行に設置され、ヒートパイプの第三部分及び複数の発熱素子は、放熱板に接続され、ヒートパイプ...

    放熱モジュール及び投影装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 34