空頭 に関する公開一覧

空頭」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「空頭」の詳細情報や、「空頭」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「空頭」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(228件中)5/12ページ目

  1. 【課題】 シェルを開閉させるための開閉機構の一部をフレームの外側に配置してフレームの全長を短くすることによって、低空での掘削作業を容易にするとともに、全長の短くなったフレームの側面にウエイト部材を設けることによって、堀削力を高めることのできるハンマーグラブを提供することである。【解決手段】 先端に掘削刃を有する少なくとも一対のシェル52と、下方に前記シェル52が開...

    ハンマーグラブ

  2. 【課題】杭打機の基本構成を大きく変更することなく、リーダの長さを短くして空頭高さ制限が厳しい場所でも掘削作業を行うことが可能な杭打機のロッドドライブ着脱方法を提供する。【解決手段】杭打機11のリーダ17に昇降可能に設けられた回転駆動装置19に、上端にスイベルジョイント26を取り付けたロッドドライブ24を装着し、該ロッドドライブの下端に掘削ロッド27を連結して掘削作業を...

    杭打機のロッドドライブ着脱方法

  3. 技術 耐火屋根

    【課題】防水屋根を利用した防火区画を、容易かつ低コストで施工できる耐火屋根を提供する。【解決手段】耐火屋根は、断熱材22で覆われた鋼材21からなり、高架橋の橋桁下方の空間内に、水平、かつ所定間隔を空けて互いに並行となるように配置された複数の鉄骨躯体等2と、下面に複数の穴が軸方向に沿って所定間隔を空けて複数形成された棒状をなし、複数の鉄骨躯体等2の下に、鉄骨躯体等2と直...

    耐火屋根

  4. 【課題】地盤の坑内に挿入された下側の鋼管柱とその上側の鋼管柱とをネジ式機械式継手により十分な接合強度をもって接合することができ、低空頭の条件下での使用に適した鋼管柱の接合装置を提供する。【解決手段】下側の鋼管柱1を回り止めした状態で保持する保持装置20と、上側の鋼管柱1を保持して回転させる締結装置40とを備える。締結装置40は、保持装置20の上に配され上側の鋼管柱1が...

    鋼管柱の接合装置

  5. 【課題】狭隘な敷地で拡径部を有する孔を掘削できる方法を提供する。【解決手段】場所打ち杭を構築するための孔を掘削する削孔方法であって、高圧噴射ノズル54を有するロッド52を地盤に挿入して回転させながら高圧噴射ノズル54から安定液と圧縮空気とを横方向に噴射させることにより、地盤を削孔する。

    削孔方法及び場所打ち杭の構築方法

  6. 【課題】低空頭の環境における浚渫作業において、既設構造物に対する重機の作業機の接触を確実に防止しつつ、施工能力の向上を図る。【解決手段】浚渫作業システム10は、作業台船12、重機14、接近検出手段20、動作制限手段26、制御手段30等を備え、橋桁や橋脚等を接触警戒対象物に設定する。そして、接近検出手段20により、重機14の作業機16が接触警戒対象物に接近したことを検出...

    浚渫作業システム及び浚渫作業方法

  7. 【課題】空頭制限がある場所にて、ケーシングの圧入に並行して掘削孔を形成する。【解決手段】リバースロッド103’の継ぎ足し及びケーシング圧入装置9へのケーシング10’の供給時には、まず、スイベルヘッド6より回転掘削装置7を分離させて、ベースマシン本体22を左に90°旋回させる。次にスイベルヘッド6に新たなリバースロッド103’の上端部を連結する。次にフレーム4を傾斜状態...

    ケーシング供給方法、及び、掘削孔の形成方法

  8. 【課題】狭隘部においても連続地中壁用の掘削孔を効率的に掘削可能としつつも、掘削孔の捻れや孔曲りが起きにくく、さらに、ビット刃先を小口径から大口径まで取り替えて掘削することができる多軸掘削機を提供する。【解決手段】この多軸掘削機1は、地上で回転不能に支持されるロッド10の下端に固着される本体部20と、その本体部20に自転自在に枢支されたセンタービット53および複数のサイ...

    多軸掘削機およびこれを備える掘削設備並びに掘削方法

  9. 【課題】一体の間隔において、鋼管Aの接続作業を最小限にして効率的に鋼管Aを圧入できるジャッキ1を提供する。【解決手段】圧入予定の鋼管Aの内径よりも小さい外径のシリンダーケース11と、シリンダーケース11の一方から出入りするピストン12を備える。シリンダーケース11のピストン12が出入りする側の外周には、シリンダーケース11の軸心から放射方向に向けた円盤状、ブロック状の...

    鋼管内に設置するジャッキ

  10. 【課題】施工コストや環境負荷や工期の延長を抑制したうえで杭の軸力を効率よく増大させることができる杭構造および杭の構築方法を提供する。【解決手段】平断面の形状が矩形状である軸部12と、地盤の支持層において軸部12の底部が拡大した平断面の形状が円状の拡底部14とを備え、拡底部14は、軸部12の底部における全周に亘って側方に拡大するように構成されていることを特徴とする。軸部...

    杭構造及び杭の構築方法

  11. 【課題】杭基礎式タンクの施工作業を並行作業可能なものとし、以て工期を従来工法よりも短縮する。【解決手段】複数の杭を地中に打設して基礎を構築し、該基礎上にスラブ、側壁及び屋根を構築する杭基礎式タンクの施工方法であって、少なくとも側壁下に位置する地中に初期杭を打設する第1工程と、屋根を構築する第2工程と、屋根を上方に持ち上げて当該屋根下に側壁の最上段部分を連設する第3工程...

    杭基礎式タンクの施工方法

  12. 【課題】鋼板下面にU型リブを備えた鋼床版の補強工法であって、道路橋床版の下面作業を行うことなく、工期を短縮し、コスト・安全性の面からも有利な鋼床版の補強方法を提供する。【解決手段】鋼板1の上面に、プライマー4aを塗布し硬化させる。つぎに、該プライマー4aの上に含浸接着樹脂を使用して連続繊維補強材層4bを必要層数分だけ積層・接着して連続繊維補強材を形成し、次に該連続繊維...

    鋼床版の補強方法

  13. 【課題】下部構造の地上部分のみならず地下部分も合わせて耐震補強する。【解決手段】本発明に係る高架橋の耐震補強構造1は、地上部分であるラーメン架構4と該ラーメン架構を支持する地下部分の基礎構造5とで形成してなる高架橋の下部構造3を耐震補強の対象としたものであり、基礎構造5は、高架橋の橋軸方向に沿って対向配置された一対の基礎梁6,6と、該一対の基礎梁にほぼ直交するように配...

    高架橋の耐震補強構造

  14. 【課題】一般的な液圧シリンダを用いて回転駆動装置の比較的大きな昇降ストロークが得られ、もって構成の簡略化と昇降速度の均一化が図れる杭打機のリーダ装置を提供する。【解決手段】ベースマシンに取付けられる前面開口型のリーダ9と、このリーダ9内に昇降可能に収容された可動フレーム15と、この可動フレーム15にチューブが連結されると共に、ピストンロッドがそれぞれ上下逆向きに取付け...

    杭打機のリーダ装置

  15. 【課題】低空頭で狭隘な施工条件下あっても確実に断面力を伝達でき、施工の容易な籠体および籠体を用いた杭と柱部材の接続方法、構造を提供する。【解決手段】籠体1は円筒形状を有しており、軸筋であるストランド3および複数のストランド3を囲むように配置されたリング状の帯鉄筋5からなる。また、籠体1は帯鉄筋の平面から構成される面積が徐々に変化している。即ち、籠体1は断面形状が徐々に...

    籠体および籠体を用いた杭と柱部材の接続方法、構造

  16. 【課題】駅舎の増改築において、施工機械の占有面積を極力小さくして、列車や乗客の邪魔にならないようにして迅速に施工する。【解決手段】プラットホーム10に開口1を形成し、地盤面にスタンドパイプ3を設置し、駆動装置5を設置する。傾倒式リーダ42を有するリバースサーキュレーション掘削機4を設置し、天井81を有する囲い8を設置する。リバースサーキュレーションホース6を連結して掘...

    低空頭空間における穴の掘削方法

  17. 【課題】鋼管杭内部に取り込まれた掘削土砂と固化材との撹拌・混合が確実になされて所定の支持力を得ることができる鋼管杭を提供する。【解決手段】切削ビット2が先端に固定され、内部に配置された掘削液及び固化材の送給管7が、切削ビット2に設けられた注入口5と連通するように該ビットに連結され、地盤に回転圧入される鋼管杭1であって、該鋼管杭の内部にその内周に沿って下方に延びるように...

    鋼管杭及びその根固め工法

  18. 【課題】 液状化地盤を広範囲に地盤改良せずとも構造物の倒壊を防止する。【解決手段】本発明に係るに係る基礎構造1は、構造物としての高架橋2の一部を構成する直接基礎構造体としてのフーチング3と、液状化地盤4内に構築されたボックス状構造体5とから構成してあるとともに、該ボックス状構造体は、その上方周縁6がフーチング3の下方周縁7に沿って隣接されるよう、フーチング3に対...

    基礎構造及びその構築方法

  19. 【課題】簡単な装置構成で低空頭杭打ち作業を安定して行える杭打機及びこの杭打機を使用した鋼管杭の施工方法を提供する。【解決手段】 上部旋回体14の前部に設けたフロントブラケット15をベースマシン前後方向の支軸により回動可能に設けるとともに、フロントブラケットを支軸を中心として回動させる側部油圧シリンダを設ける。側部油圧シリンダを作動させてフロントブラケットを支軸を中心...

    杭打機及び鋼管杭の施工方法

  20. 【課題】 圧入式杭打抜機に比して格段に打設力(杭を地中に貫入させる能力)が大きい振動式杭打抜機であって、しかも圧入式杭打抜機と同程度に低空頭(頭上障害物の存在等によって作業空間の高さが制約されることに順応し得る特性)の杭打設技術を提供する。【解決手段】 垂直に支持されている杭2を貫通せしめ、かつ、該杭の中心線上に重心を位置せしめた起振ユニット13の下方に、杭打抜用...

    登攀機能を備えた振動式杭打抜機および登攀工程を有する振動式杭打方法。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 12