空頭 に関する公開一覧

空頭」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「空頭」の詳細情報や、「空頭」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「空頭」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(226件中)3/12ページ目

  1. 【課題】スーパーコンピュータなどが設置されたマシンルーム内のネットワークに空間光通信を適用する場合に、適切な通信が行えるようにする。【解決手段】マシンルームなどに配置された複数の情報処理装置の間を、伝送路で接続することで形成される情報処理装置用ネットワークシステムにおいて、伝送路の一部又は全てを、複数の空間光通信端末を使用した空間光無線通信で構成する。そして、その複数...

    情報処理装置用ネットワークシステム

  2. 【課題】伸縮により吊下物の吊り下げ位置の変化をなくし、ワイヤの取り出し位置の移動に伴って生じる吊下物の位置制御の煩雑性を解消することができるテレスコブームを提供する。【解決手段】テレスコブームは、吊下物に接続されたワイヤWRが掛けられた第1ワイヤシーブ16Rを先端近傍に有する第1アーム11と、前記第1アーム11に沿って進退可能に設けられ、前記ワイヤの先端が取り出される...

    テレスコブーム及びクレーン装置

  3. 【課題】鉛直軸周りの回転位置を調整可能にベースマシーンのブームから吊り下げられた掘削機本体の設計の自由度を高めることを目的とする。【解決手段】ベースマシーン30のブーム31に設置されたトップシーブ43からワイヤロープ32で吊り下げられた掘削機本体20を、ベースマシーン30に設置されたウインチ35で昇降させる地中連続壁用の掘削機10であって、トップシーブ43をブーム31...

    地中連続壁用の掘削機

  4. 【課題】空頭制限がある場所にて、鋼管杭の施工を効率的に行う。【解決手段】鋼管を鉛直方向に地盤に圧入する鋼管圧入装置7の移動装置6は、左右一対の走行レール61と、鋼管圧入装置7の左右両側に着脱可能に取り付けられて、走行レール61上を転動可能な車輪を有する走行ユニット62と、鋼管圧入装置7の前後左右に4個取り付けられた昇降ジャッキ63とを備える。左右一対の走行レール61は...

    鋼管圧入装置の移動装置、及び、鋼管圧入装置の設置方法

  5. 【課題】空頭が制限されている施工現場において、限られた空間を有効に利用し、しかも作業を効率よく行うことができる鉄筋籠の建て込み装置及び建て込み方法を提供する。【解決手段】昇降装置1は、1対のベース2と、ベース2上に間隔を置いて各1対設けられたポスト6とを備え、ポスト6には鉛直方向に昇降する矩形の可動フレーム10が設けられ、可動フレーム10には可動フレーム10の内方に突...

    鉄筋籠の建て込み装置及び建て込み方法

  6. 【課題】空頭が極度に制限された施工現場において、小型の掘削装置によりそのベースの外形寸法よりも大径の穴の掘削を可能とし、また掘削終了後のビットの回収も容易に行うことができるようにする。【解決手段】掘削穴52を横切るように互いに間隔をおいてほぼ平行に設置される1対の梁部材2,2と、梁部材2,2間を連結するように互いに間隔を置いてほぼ平行に設けられた1対の連結部材3,3と...

    超低空頭掘削装置の支持架台及びビットの回収方法

  7. 【課題】鋼管杭を保持する杭保持筒の軽量化を図る。鋼管杭の係合突起を1箇所にして溶接作業の工数を削減し、低空頭杭打ち作業を効率よく行えるようにする。【解決手段】回転駆動装置19の出力筒22の両端部に装着する上部杭係合筒25と下部杭係合筒26と、出力筒22内に配置し、上下の杭係合筒間を接続するガイドパイプ27とを備える。ガイドパイプ27は、鋼管杭23が挿通可能な内径を有し...

    杭打機及び鋼管杭の施工方法

  8. 【課題】駅プラットホーム下などの空頭が極度に制限された施工現場において、ホーム上のスペースに影響を与えることがなく杭穴施工をすることができる超低空頭掘削装置及びその掘削反力の取得方法を提供する。【解決手段】スキッドベース1と、スキッドベース1に支持され、その前後方向に相対スライドするマストフレーム2と、マストフレーム2に立設されたマスト3と、マストに形成されたガイドに...

    超低空頭掘削装置、それに使用するケリーロッド、その掘削反力取得方法及びその移動装置

  9. 技術 杭打機

    【課題】リーダの長さに対して作業装置の昇降ストロークを十分に得ることができ、空頭高さが低い場所での作業を効率よく行える杭打機を提供する。【解決手段】リーダ16を、ベースマシン15に装着する基本リーダ16aと、基本リーダ16aの上端部に取り付ける上部リーダ16bと、基本リーダ16aの下端部に取り付ける下部リーダ16cとで形成する。上部リーダ16bと下部リーダ16cに、基...

    杭打機

  10. 技術 耐火屋根

    【課題】防水屋根を利用した防火区画を、容易かつ低コストで施工できる耐火屋根を提供する。【解決手段】耐火屋根は、断熱材22で覆われた鋼材21からなり、高架橋の橋桁下方の空間内に、水平、かつ所定間隔を空けて互いに並行となるように配置された複数の鉄骨躯体等2と、下面に複数の穴が軸方向に沿って所定間隔を空けて複数形成された棒状をなし、複数の鉄骨躯体等2の下に、鉄骨躯体等2と直...

    耐火屋根

  11. 【課題】地盤の坑内に挿入された下側の鋼管柱とその上側の鋼管柱とをネジ式機械式継手により十分な接合強度をもって接合することができ、低空頭の条件下での使用に適した鋼管柱の接合装置を提供する。【解決手段】下側の鋼管柱1を回り止めした状態で保持する保持装置20と、上側の鋼管柱1を保持して回転させる締結装置40とを備える。締結装置40は、保持装置20の上に配され上側の鋼管柱1が...

    鋼管柱の接合装置

  12. 【課題】狭隘な敷地で拡径部を有する孔を掘削できる方法を提供する。【解決手段】場所打ち杭を構築するための孔を掘削する削孔方法であって、高圧噴射ノズル54を有するロッド52を地盤に挿入して回転させながら高圧噴射ノズル54から安定液と圧縮空気とを横方向に噴射させることにより、地盤を削孔する。

    削孔方法及び場所打ち杭の構築方法

  13. 【課題】低空頭の環境における浚渫作業において、既設構造物に対する重機の作業機の接触を確実に防止しつつ、施工能力の向上を図る。【解決手段】浚渫作業システム10は、作業台船12、重機14、接近検出手段20、動作制限手段26、制御手段30等を備え、橋桁や橋脚等を接触警戒対象物に設定する。そして、接近検出手段20により、重機14の作業機16が接触警戒対象物に接近したことを検出...

    浚渫作業システム及び浚渫作業方法

  14. 【課題】空頭制限がある場所にて、ケーシングの圧入に並行して掘削孔を形成する。【解決手段】リバースロッド103’の継ぎ足し及びケーシング圧入装置9へのケーシング10’の供給時には、まず、スイベルヘッド6より回転掘削装置7を分離させて、ベースマシン本体22を左に90°旋回させる。次にスイベルヘッド6に新たなリバースロッド103’の上端部を連結する。次にフレーム4を傾斜状態...

    ケーシング供給方法、及び、掘削孔の形成方法

  15. 【課題】狭隘部においても連続地中壁用の掘削孔を効率的に掘削可能としつつも、掘削孔の捻れや孔曲りが起きにくく、さらに、ビット刃先を小口径から大口径まで取り替えて掘削することができる多軸掘削機を提供する。【解決手段】この多軸掘削機1は、地上で回転不能に支持されるロッド10の下端に固着される本体部20と、その本体部20に自転自在に枢支されたセンタービット53および複数のサイ...

    多軸掘削機およびこれを備える掘削設備並びに掘削方法

  16. 【課題】一体の間隔において、鋼管Aの接続作業を最小限にして効率的に鋼管Aを圧入できるジャッキ1を提供する。【解決手段】圧入予定の鋼管Aの内径よりも小さい外径のシリンダーケース11と、シリンダーケース11の一方から出入りするピストン12を備える。シリンダーケース11のピストン12が出入りする側の外周には、シリンダーケース11の軸心から放射方向に向けた円盤状、ブロック状の...

    鋼管内に設置するジャッキ

  17. 【課題】施工コストや環境負荷や工期の延長を抑制したうえで杭の軸力を効率よく増大させることができる杭構造および杭の構築方法を提供する。【解決手段】平断面の形状が矩形状である軸部12と、地盤の支持層において軸部12の底部が拡大した平断面の形状が円状の拡底部14とを備え、拡底部14は、軸部12の底部における全周に亘って側方に拡大するように構成されていることを特徴とする。軸部...

    杭構造及び杭の構築方法

  18. 【課題】杭基礎式タンクの施工作業を並行作業可能なものとし、以て工期を従来工法よりも短縮する。【解決手段】複数の杭を地中に打設して基礎を構築し、該基礎上にスラブ、側壁及び屋根を構築する杭基礎式タンクの施工方法であって、少なくとも側壁下に位置する地中に初期杭を打設する第1工程と、屋根を構築する第2工程と、屋根を上方に持ち上げて当該屋根下に側壁の最上段部分を連設する第3工程...

    杭基礎式タンクの施工方法

  19. 【課題】可及的に低背化できる構成を有し、人の身長より小径のトンネル等の低天井の作業場において好適に用いられ、作業能率の向上が達成できる低空頭作業機を提供する。【解決手段】下部走行体3上に旋回装置5を介して旋回フレーム4を設置し、旋回フレーム4に原動機を含むパワーユニット6を搭載して上部旋回体を構成する。旋回フレーム4の前部に作業用フロント8を取付ける。旋回フレーム8の...

    低空頭作業機

  20. 【課題】送液管を備える削孔ケーシングを、空頭制限のある場所での使用に適すると共に、送液管の設置により削孔効率が低下せず、かつ、軽量化により作業効率が向上するように構成する。【解決手段】中空の二重管構造の中間ケーシングユニット40が継ぎ足されて延長されると共に、各ケーシングユニットに設けられた送液管52、54が継ぎ足されて延長される送液管50を備える削孔ケーシング10で...

    削孔ケーシング、削孔機、及び削孔ケーシングの延長方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 12