空頭 に関する公開一覧

空頭」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「空頭」の詳細情報や、「空頭」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「空頭」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(228件中)2/12ページ目

  1. 【課題】 移動に必要な最低限の高さから掘削に不可欠な最低限の高さ以上の範囲で掘削ユニットを水平移動可能に支持することのできるリフト機構を備えることで、掘削場所への移動及び掘削場所での作業を容易にすることのできる低空頭掘削機を提供することである。【解決手段】 走行機構を有するベース部11と、該ベース部11上に設けられるチュービング部12と、該チュービング部12上でハ...

    低空頭掘削機及び低空頭掘削機における水平フレームの高さ位置調整方法

  2. 【課題】玉石などの堅緻で大きな石塊が出現しても掘削して掘削孔を構築することができるドリルヘッド、ドリル掘削機及び掘削孔の構築方法を提供することを目的とする。【解決手段】径方向に延びる4つの掘削翼20と、底面側に突出する掘削ビット23とを備え、掘削翼20を、底面板21と、底面板21に対して回転方向後側Rbに設けられた背面板22とで構成するとともに、底面板21及び背面板2...

    ドリルヘッド、ドリル掘削機及び掘削孔の構築方法

  3. 【課題】輸送前後の各フレームの組立・分解作業の手間を軽減できるチュービング装置の輸送方法を提供する。【解決手段】チュービング装置11は、地上に据え付けるベースフレーム12と、ベースフレーム12の上方に昇降シリンダ13を介して昇降可能に設けるドライブフレーム14と、ドライブフレーム14の上方にチャックシリンダ15を介して昇降可能に設けるチャックフレーム16とを備える。昇...

    チュービング装置の輸送方法

  4. 【課題】ホースドラムを有する杭圧入機において、ホースドラムの起伏操作を省略でき、また、杭の向きにかかわらずホースの取り回しに優れる杭圧入機を提供する。【解決手段】チャック40で把持した杭PDを地盤に圧入する際に杭先端部に流体を供給するホース54を、巻き取り及び繰り出しが可能なホースドラム50を備えた杭圧入機1において、ホースドラム50は、チャック40の前方に移動した位...

    ホースドラムを備えた杭圧入機

  5. 【課題】大きな占有空間を必要とせず、列車走行時の桁の共振を防止/抑止することを可能にする鉄道橋の動的応答低減対策構造を提供する。【解決手段】列車走行時の鉄道橋の桁1の共振を防止するための鉄道橋の動的応答低減対策構造Aであって、列車走行に伴う加振振動数に応じた固有振動数を有する動吸振体2を桁1に一体に取り付けて構成する。また、動吸振体2は動吸振体2の固有振動数を調整する...

    鉄道橋の動的応答低減対策構造

  6. 【課題】空頭高さの測定を容易に行うことができる空頭高さ測定器を実現する。【解決手段】空頭高さ測定器100を、対を成すレールRに跨らせて設置すれば、錘40が垂下する作用によって揺動部材30の姿勢が切り替わり、載置板50の板面51が上方を向き水平になるので、その板面51に載置されたレーザー距離計60は鉛直方向上向きにレーザー光を照射することが可能になって、レーザー距離計6...

    空頭高さ測定器

  7. 【課題】効率的に正確な位置に鉄筋籠を建て込むことが可能な鉄筋籠建込みシステムを提供する。【解決手段】掘削溝Tに鉄筋籠Sを建て込むための鉄筋籠建込みシステム1である。そして、鉄筋籠の建込み位置Pに合わせて設置される門型の櫓部2,2と、鉄筋籠を載せて櫓部の外側からその下を通って建込み位置上に移動させる移動台車部3と、櫓部に支持されて鉄筋籠の吊り下げが可能な建込み装置とを備...

    鉄筋籠建込みシステム

  8. 【課題】沈下箇所に障害物がある場合であっても補強枠を地盤内の所定箇所にスムーズに配置できる支柱補強工法の提供を目的とする。【解決手段】橋脚の周囲に対して間隔を隔てて取り囲むように補強鋼板枠を配置するとともに、第1補強枠の下端部に設けられた刃口を介して補強鋼板枠の下部を地盤内に圧入し、地盤内に圧入した補強鋼板枠と橋脚の周面との間の空隙の角部に充填材を充填して橋脚を補強す...

    支柱補強工法

  9. 【課題】工事費を低減しつつ、短工期で建物を建て替えできる建物建替え方法を提供すること。【解決手段】建物建替え方法は、既存地下躯体2を解体した後に、新設地下躯体を構築する方法である。建物建替え方法は、既存地下躯体2を解体して地下空間21を形成するステップS2と、地下空間21の底面上に掘削機22を配置して、掘削機22を用いて地下空間21の下の地盤に新設の杭24を打設するス...

    建物建替え方法

  10. 【課題】昇降可能な作業床を備えた高所作業車において、補修箇所の下方に架線等の支障物が存在していても、補修作業を効率的に行うことができるようにする。【解決手段】高所作業車1が備える作業床4は、床本体41と、床本体41に設けられた手すり44と、を備えている。手すり44は、床本体41の周縁部に沿って複数並ぶように配置されており、それぞれ床本体41に対し着脱可能になっている。

    作業床および高所作業車

  11. 【課題】水平多軸地中連続壁掘削機の設置地盤を掘削することなく空頭が低い施工現場においても設置可能とする。【解決手段】水平多軸地中連続壁掘削機本体1の上部に内外のリング2c、2bが相対的に回転するターンテーブル2を組み込んで内リング2cを掘削機本体1に内蔵させて固定し、このターンテーブル2の中央空間内に動滑車(ランニングブロック)3を間隔を空けて配設して動滑車3とターン...

    低空頭用水平多軸地中連続壁掘削機

  12. 【課題】直流電力を供給する電車線路の架線構造において、重負荷線区にも対応でき、トロリー線を吊架する構成の架高を抑えることができ、さらに、集電性能を向上する。【解決手段】変電所から直流電力を伝送するき電線(11)と、鉄道車両の集電装置へ接触により直流電力を送るトロリー線(13)とを備えた電車線路の架線構造である。そして、き電線(11)よりも電流容量が小さく、且つ、き電線...

    電車線路の架線構造

  13. 【課題】施工性を向上して短い施工期間で止水壁構造体を形成できるようにする。【解決手段】一部が水没した橋脚2の周囲に間隔を介して取り囲むようにリング体8を設置して形成した止水壁構造体70の内側の水を排出して作業場を提供する締切工法であって、水面6上に位置する橋桁部3の部分に設置した昇降装置4と水面6との間の橋脚2の外面に止水壁構造体70の内径よりも小さい外径の足場5を設...

    締切工法および止水壁構造体

  14. 【課題】低空頭下において、立坑構築中における孔壁の崩壊を防止しつつ立坑を容易に構築可能な立坑構築方法を提供する。【解決手段】立坑構築方法であって、複数の地盤改良体3aからなる筒状の地中連続壁体3をその外周面と内周面との間に側壁体2の構築予定領域の外周縁Lが位置するように形成することと、外周縁Lより内側に位置する部分を掘削することと、掘削面Wに沿って側壁体2を形成して立...

    立坑構築方法

  15. 【課題】地中障害物の下方を透かし掘りしつつ、透かし掘りにて発生する掘削残土を、揚泥ポンプにて排土可能な程度に破砕することの可能な透かし掘り用掘削装置を提供する。【解決手段】透かし掘り用掘削機構3と、透かし掘り用掘削機構3と協働して掘削土砂を破砕する破砕補助具4と、これらを支持する支持フレーム2と、を備え、透かし掘り用掘削機構3は、掘削溝10の溝幅方向に回転軸が延在する...

    透かし掘り用掘削装置

  16. 【課題】低空頭かつ狭隘な作業エリアの地中に壁状構造物を構築するにあたり、地盤を掘削する掘削機本体の位置出しを精度よく行うことの可能な地盤掘削機を提供する。【解決手段】掘削機本体2を掘削機本体用走行フレーム5に設置し、掘削機本体用走行フレーム5の上部に、掘削機本体2を吊持するワイヤーが案内されるシーブ8を、平面位置調整装置9を介して設置し、平面位置調整装置9にてシーブ8...

    地盤掘削機

  17. 【課題】液状化による既存構造物の被害を低減できるとともに既存構造物の液状化対策を容易に行うことができる既存構造物の液状化対策方法を提供する。【解決手段】液状化地盤である原地盤Gに構築された既存構造物の液状化対策方法において、既存構造物の基礎部2の周囲および基礎部2の外周近傍の下方の原地盤Gを掘削する掘削工程と、掘削工程で掘削された基礎部2の外周近傍の下方に、透水性を有...

    既存構造物の液状化対策方法

  18. 【課題】可及的に低背化できる構成を有し、人の身長より小径のトンネル等の低天井の作業場において好適に用いられ、作業能率の向上が達成できる低空頭作業機を提供する。【解決手段】下部走行体3上に旋回装置5を介して旋回フレーム4を設置し、旋回フレーム4に原動機を含むパワーユニット6を搭載して上部旋回体を構成する。旋回フレーム4の前部に作業用フロント8を取付ける。旋回フレーム8の...

    低空頭作業機

  19. 技術 掘削機

    【課題】空頭制限がある場所にて、ケーシングの圧入に並行して掘削孔を形成する。【解決手段】掘削機1を構成するベースマシン2にはブーム3の基端部が枢支されている。ブーム3の先端部にはフレーム4の上端部が枢支されている。フレーム4に沿って昇降するスイベルヘッド6は回転掘削装置7の駆動源である。ブーム3の上部とフレーム4の上部とに取り付けられたフレームジャッキ5は、その伸縮に...

    掘削機

  20. 【課題】扉を開閉する際に、吊元側の仕切パネルと扉縁の間にある蝶番の部分など、および戸先側の仕切パネルと扉縁の間にある隙間などで、仕切パネルと扉縁の間に指が挟まれたとしても、重篤な怪我などをしないようにし、全体として極めて安全に構成されたトイレブースまたはシャワーブース用扉の開閉構造を提供すること。【解決手段】扉吊元部と戸先部のそれぞれにおいて袖壁エッジ部材、扉エッジ部...

    トイレブースまたはシャワーブース用扉の開閉構造

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 12