石炭 に関する公開一覧

石炭」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「石炭」の詳細情報や、「石炭」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「石炭」の意味・用法はこちら

161〜180件を表示(43,435件中)9/2,172ページ目

  1. 【課題】コークスの品質管理における適切なサンプリング条件及び品質試験条件を決定する。【解決手段】コークスの強度管理方法であって、同一ロット内のコークスをサンプリングして多重サンプルを調製し、複数の試料を生成するサンプリング工程と、採取された試料に対してコークス強度試験を実施し、コークス強度を測定するコークス強度測定工程と、コークス強度のロット内ばらつき、及び、ロット内...

    コークスの強度管理方法

  2. 【課題】移動機が走行可能な管理対象エリアにおいて、当該管理対象エリアを区画した区画エリア間の人の入退場を適切に管理する。【解決手段】装炭車30が走行可能な管理対象エリアAにおいて、当該管理対象エリアAを区画した区画エリアA1〜A3への作業者の入退場を管理する入退場管理システム100は、区画エリアA1に異なる種類の磁場E11、E12を発生させる磁場発生装置111、112...

    入退場管理システム及び入退場管理方法

  3. 【課題】 原料フライアッシュを加熱し、未燃カーボンを燃焼除去して未燃カーボン含有量の少ない改質フライアッシュを製造する方法において、未燃カーボンを十分に燃焼除去するためには、燃焼に必要な空気(酸素)が十分量存在する環境下において500〜1000℃程度で加熱する必要がある。フライアッシュと多量の空気を前記温度まで昇温させるためには多大なエネルギーを要し、より効率的に未...

    改質フライアッシュの製造方法

  4. 【課題】感光波長域を広げることができる新規構造の増感色素を提供し、さらに該増感色素を、効率よく電流を取り出すことができる光電変換用増感色素組成物として用いた、光電変換特性が良好な光電変換素子ならびに色素増感太陽電池を提供すること。【解決手段】下記式(A−1)などで表される増感色素。

    増感色素、光電変換用増感色素組成物およびそれを用いた光電変換素子ならびに色素増感太陽電池

  5. 【課題】太陽電池用蒸着装備及び装備を用いた蒸着方法を提供する。【解決手段】太陽電池用蒸着装備は、複数のシリコンウエハ110が垂直に配置される内部空間を備えるチャンバ10と、シリコン蒸着ガスと不純物ガスが混合された混合ガスを前記複数のウェハの側部に注入するためのシャワーノズル40を含む。シャワーノズル40は、複数のウェハ110の両側側部に形成されることができる。シャワー...

    太陽電池用蒸着装備及びこれを用いた蒸着方法

  6. 【課題】層間の接続が堅固であり、耐熱・耐湿性及び耐老化性が優れ、且つコストが安価である太陽電池のバックシートを提供する。【解決手段】順次に積層された耐候層14、第1接続層16、構造補強層18、第2接続層24及び反射層22を備え、耐候層14は、2軸延伸PA耐候性フィルムであり、又は、ポリアミド、熱安定剤、紫外線安定剤及び無機材料から作製され、構造補強層18は、ポリプロピ...

    耐熱・耐湿性を有する太陽電池のバックシート及びその製造方法

  7. 【課題】ダストの付着によって脱硝触媒が閉塞することを防止し、脱硝触媒を長寿命化することができ、安全に運転することができる脱硝装置および脱硝方法、並びに、脱硝装置を備えた排気ガス処理設備および排気ガス処理方法を提供する。【解決手段】本発明の脱硝装置10は、煙道100に設置され、煙道100を流れる排気ガス中の窒素酸化物を還元して、窒素と水に分解する脱硝触媒40を備え、脱硝...

    脱硝装置および脱硝方法、排気ガス処理設備および排気ガス処理方法

  8. 【課題】プラント全体のエネルギー効率を向上させることができることを目的とする。【解決手段】石炭ガス化複合発電設備は、復水器73で凝縮した給水を排熱回収ボイラに供給する給水供給ライン72と、給水を流通させる復水ポンプ39及び中圧給水ポンプ40と、排熱回収ボイラに供給する給水の流量を調整する給調弁と、蒸気タービンをバイパスして復水器73に蒸気を供給するタービンバイパスライ...

    複合発電プラント及び複合発電プラントの制御方法

  9. 【課題】焼嵌めの際に硬化部に亀裂が伝播し難くすることで、硬化部を損傷し難くすることを目的とする。【解決手段】粉砕ローラの製造方法は、粉砕機のハウジングに対して回転自在に支持されるジャーナルハウジングと、円環状の基部25及び基部25の外周面に設けられて基部25よりも熱膨張係数が小さい硬化部26を有する円環状のローラ部24と、を備えた粉砕ローラの製造方法であって、ローラ部...

    粉砕ローラの製造方法及び昇温装置

  10. 【課題】流動材を含むガスが流通する領域において、設置状態や運転状態に依らずに耐熱材間の隙間に流動材が堆積することを防止でき、耐火材同士の熱伸びの拘束を避けることができる壁面構造およびその組み付け方法を提供する。【解決手段】鋼板と、鋼板上の面に配置された断熱材と、断熱材上の面に互いに間隔を空けて配置された複数の耐火材46と、耐火材46に接して流動材を含むガスが流通する領...

    壁面構造およびその組み付け方法

  11. 【課題】触媒反応器内を流れる流体をハニカム構造を有する触媒と効率的に接触させる。【解決手段】一実施形態に係る触媒反応器は、軸方向に延在する流路が複数形成された構造であるハニカム構造を有する触媒を少なくとも一つ含む触媒ユニットと、前記触媒ユニットを収納する反応器筐体と、前記触媒ユニットの外周と前記反応器筐体の内周との間を塞ぐシールプレートと、を備え、前記シールプレートは...

    触媒反応器

  12. 【課題】容器に設ける開口部に制約がある場合において、触媒ユニットを当該容器に出し入れする方法を提供する。【解決手段】一実施形態に係る触媒ユニットの着脱方法は、触媒反応器の反応器筐体に収納される触媒ユニットの着脱方法であって、鉛直方向に延在する円筒形状を呈し、ゲージ圧力で0.2MPa以上の圧力のガスが内部に導入されるように構成されている前記反応器筐体に対して、前記触媒ユ...

    触媒ユニットの着脱方法及び触媒反応器

  13. 【課題】燃料電池の起動時や発電時に、改質部の温度を個別に制御することができる燃料電池モジュール及びプログラムを提供する。【解決手段】燃料電池モジュール100は、筒状の外周壁12によって断熱空間14が形成された筒状部材10と、酸化剤ガスG1が流れる酸化剤ガス流路20と、原燃料G2を気化して原燃料ガスを生成する気化部30と、原燃料ガスから改質ガスG4を生成する改質触媒層4...

    燃料電池モジュール及びプログラム

  14. 【課題】焼結排ガスに含まれるSOxやダストの影響を回避しつつ、バーナーや熱交換器を設置しなくても、焼結排ガス中のCOを触媒燃焼させることで、電気集塵機前の焼結排ガスの温度を酸露点以上とする焼結機を提供する。【解決手段】機長方向に沿って設けられた複数のウィンドボックスを備えるドワイトロイド型の焼結機であって、給鉱側から数えて1/4を超えて3/4よりも手前のウィンドボック...

    焼結機、及び、焼結機の操業方法

  15. 【課題】積港及び揚港において船舶が港に到着するタイミングを平準化した配船計画を作成する配船計画作成装置、方法及びプログラムを提供する。【解決手段】配船計画作成装置100は、スポット契約又は数量運送契約で契約した船舶である未手当船を対象として、立案対象期間における前記対象物の引き取り量に基づいて、積港に到着するタイミングを平準化した積港配船計画を作成する積港配船計画作成...

    配船計画作成装置、方法及びプログラム

  16. 【課題】電池寿命の向上した水活性化電力生成デバイスの提供。【解決手段】切れ目を有するシリコン・スライス130と、第1の水収納要素150と、シリコン・スライスおよび第1の水収納要素により挟まれ、かつ内部空間を有する固定リング140とを備える水活性化電力生成デバイス。シリコン・スライス、固定リング、および第1の水収納要素を貫通する導電性ロッド160をさらに備える。中空の円...

    水活性化電力生成デバイス

  17. 【課題】積地から揚地に物品を輸送する際の船隊ポートフォリオを、フレートと滞船料の適正化を図りながら設計できるようにする。【解決手段】船隊ポートフォリオ設計装置100において、荷揚・滞船時間関係計算部104は、揚地毎の船舶の到着間隔の分布と、揚地毎の1隻あたりの荷揚げに掛かる時間の分布とに基づいて、待ち行列理論を適用して、一定期間での荷揚総量を一定として扱うことで、揚地...

    船隊ポートフォリオ設計装置、方法及びプログラム

  18. 【課題】輸送船を使用して輸送した物品を揚地にて荷揚げする際のヤード待ち滞船時間の期待値を予測できるようにする。【解決手段】ヤード待ち滞船時間予測装置100は、揚地のヤードにおける予測対象期間始在庫量と、予測対象期間に到着する輸送船の荷揚げ量合計(以下、荷揚げ量合計を入荷量と呼ぶ)とを足し合わせた量が、ヤードの容量を上回っていた場合、その超過分を予測対象期間の使用量で割...

    ヤード待ち滞船時間予測装置、方法及びプログラム

  19. 【課題】 複雑な計算を行わなくても、使用予定の原料炭について、基準時から所定時間が経過したときの全膨張率TDtを推定する。【解決手段】 基準時の原料炭及び酸素含有ガスが封入された密閉容器を所定の雰囲気温度で静置して密閉容器内の圧力を測定することにより、圧力低下量ΔPの経時変化を求める。圧力低下量ΔPの経時変化に基づいて、最大圧力低下速度Vpを算出する。最大圧力低下...

    コークス製造用の原料炭の劣化推定方法及びコークスの製造方法

  20. 【課題】比較的低コストで、所望の平均粒径を有するコンクリート用改質フライアッシュを製造するための方法を提供する。【解決手段】本方法は、フライアッシュに水と捕集剤とを加えた原料をミキサー100で攪拌することにより、フライアッシュスラリーを得る攪拌工程と、フライアッシュスラリーを浮遊分離装置200に導入して、未燃カーボンの量が所定量以下まで低減された改質フライアッシュスラ...

    改質フライアッシュの製造方法

  1. 1
  2. ...
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 11
  11. 12
  12. 13
  13. 14
  14. ...
  15. 2172