石炭 に関する公開一覧

石炭」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「石炭」の詳細情報や、「石炭」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「石炭」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(10,707件中)1/536ページ目

  1. 【課題】主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエステルを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエステルを含む空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエステルの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエステルを用いた、前記の空気入りタイヤ。

  2. 【課題】主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンテレフタレートから製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンテレフタレートを含む空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンテレフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエチレンテレフタレートを含む、前記の空気入りタイヤ。

  3. 【課題】主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンナフタレートから製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンナフタレートを含む空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンナフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエチレンナフタレートを含む、前記の空気入りタイヤ。

  4. 【課題】カーカス材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンテレフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンテレフタレートを含むカーカス材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンテレフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリ...

  5. 【課題】カーカス材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンナフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンナフタレートを含むカーカス材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンナフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエチレ...

  6. 【課題】ベルト補強材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンテレフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンテレフタレートを含むベルト補強材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンテレフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造された...

  7. 【課題】ベルト補強材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンナフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンナフタレートを含むベルト補強材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンナフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエ...

  8. 【課題】多量の水を使用しなくとも、水封が復旧するまでの時間が短い水封システムと水封の復旧方法を提供する【解決手段】所定の水量を保持して圧力容器内を水封する水封部7を有する水封システムであって、水封システムは、水封部7と、水封部7に常時水封水を補給する補給手段8と、水封部7の水封水が一時的な圧力上昇により消失した際、圧力容器内の圧力上昇を検知する検知手段13と、水封水が...

    水封システムおよび水封の復旧方法

  9. 【課題】簡単な構造により、水封水が消失しにくく、多量の水を使用しなくとも、水封が復旧するまでの時間が短い水封システムと水封の復旧方法を提供する。【解決手段】所定の水量を保持して圧力容器内を水封する水封部7を有する水封システムであって、水封部7は、枝管10を有し、枝管10は、水平に設けられた本管11に接続され、本管11は、水封部7の水量が所定の高さとなる位置になる高さに...

    水封システムおよび水封の復旧方法

  10. 【課題】微粉炭の高炉への供給を継続した状態で微粉炭供給配管の詰まりを解消し、高炉において安定的かつ継続的にバランスのとれた還元反応条件を維持できる、微粉炭吹き込み方法。【解決手段】気流輸送される微粉炭が分配器によって支管に分岐され、羽口を通じて高炉内へ吹き込まれ、ここで支管のそれぞれに支管流量調整弁および支管流量計が設置されている、微粉炭吹き込み方法において、 支管...

    微粉炭吹き込み方法

  11. 【課題】リサイクル材として使用する石炭灰からの有害元素の溶出量を大幅に削減し、環境基準値以下に抑える。【解決手段】本発明にかかる石炭灰の無害化方法は、石炭を燃焼した後に発生する石炭灰を熱処理するに際し、以下に示す(1)〜(3)のいずれかの条件にて、加熱処理を行う。(1)石炭灰中にフッ素のみが存在する場合には、加熱条件を、700℃以上900℃未満の温度にて、60分間以上...

    石炭灰の無害化方法

  12. 【課題】リサイクル材として使用する石炭灰からの有害元素の溶出量を大幅に削減し、環境基準値以下に抑える。【解決手段】本発明にかかる石炭灰の無害化方法は、石炭を燃焼した後に発生する石炭灰を熱処理するに際し、以下に示す(1)〜(3)のいずれかの条件にて、加熱処理を行う。(1)前記石炭灰中にフッ素のみが存在する場合には、加熱条件を、900℃以上1150℃未満の温度にて、2分間...

    石炭灰の無害化方法

  13. 技術 脱硝装置

    【課題】コストの上昇を抑制しつつ、脱硝装置の下流側の機器への酸性硫安の付着堆積の抑制と排ガス中の一酸化炭素の低減とを図る。【課題手段】第1触媒層11は、ガス流通路15に配置され、アンモニアを還元剤として排ガス中の窒素酸化物を還元除去する第1触媒を担持する。第2触媒層12は、第1触媒層11の上流側又は下流側の少なくとも一方のガス流通路15に配置され、一酸化炭素を還元剤と...

    脱硝装置

  14. 【課題】低い動力で、製鉄所で副生された副生ガスの燃焼排ガスから二酸化炭素を効率的に回収するとともに、副生ガスを用いて効率的に発電することができるガスタービン複合発電システムおよびガスタービン複合発電方法を提供する。【解決手段】本発明のガスタービン複合発電システム10は、製鉄所で副生された副生ガスから窒素を分離する分離手段20と、窒素を分離した後の副生ガスを燃焼させる燃...

    ガスタービン複合発電システム、ガスタービン複合発電方法

  15. 【課題】セル性能を維持する。【解決手段】二酸化炭素電解装置は、二酸化炭素を含む第1の物質を還元して炭素化合物を含む第1の生成物を生成するためのカソードと、カソードに面し、二酸化炭素を含む気体が流れるカソード流路と、水または水酸化物を含む第2の物質を酸化して酸素を含む第2の生成物を生成するためのアノードと、アノードに面し、水または水酸化物を含む電解溶液が流れるアノード流...

    二酸化炭素電解装置

  16. 【課題】作業車両の稼働情報を蓄積する段階で評価対象とする稼働情報を抽出することができる端末を提供する。【解決手段】端末は、表示部と、作業車両の走行経路を含む地図に関する地図情報を絶対位置情報に関連付けて記憶する地図情報記憶部と、前記表示部に前記地図を表示させる表示制御部と、前記作業車両の稼働情報の取得を開始する取得開始位置を前記地図上で示す第1の指示情報、及び前記稼働...

    端末、稼働情報取得システム、稼働情報取得方法、及びプログラム

  17. 【課題】蒸気プラントにおいて運転効率の最適化を支援する。【解決手段】火力発電プラント10のプラント制御装置68は、所与の設定値に基づいてボイラの運転制御を行なう。運転支援装置70は、損耗量演算部82が火力発電プラント10で蒸気管路を構成する設備機器ごとに保守が必要となるまでの稼動時間とする余寿命を演算し、保守演算部84及び運転費演算部86において、余寿命と保守費とから...

    運転支援方法、運転支援装置及び運転支援プログラム

  18. 【課題】長時間にわたってセル性能を維持する。【解決手段】二酸化炭素電解装置は、カソードと、アノードと、カソード流路と、アノード流路と、セパレータとを備える電解セルと、カソード流路に二酸化炭素を供給する二酸化炭素供給部と、アノード流路に水を含む電解溶液を供給する溶液供給部と、アノード流路およびカソード流路の少なくとも一方から排出される水を含む液体の単位時間当たりの排出量...

    二酸化炭素電解装置および二酸化炭素電解方法

  19. 【課題】簡易なシステムでローラの異常の有無を人の聴覚に頼ることなく定量的に検出でき、且つ点検作業員の負担軽減を図り得るベルトコンベヤの異常検出装置を提供する。【解決手段】ローラ104の運転音を録音して送信する集音器300と、集音器300をローラ104の配設箇所に沿って移動させる移動機構400と、移動機構400によりローラ104の配設箇所に沿って移動する集音器300で録...

    ベルトコンベヤの異常検出装置

  20. 【課題】ベルトコンベヤの運転を継続した状態で、ベルトの損傷を人の感覚に頼ることなく定量的に精度良く検出でき、且つ点検作業員の負担軽減を図り得るベルトコンベヤのベルト損傷監視システムを提供する。【解決手段】運転中のベルト103の表面の幅方向に光を照射し反射波を受信してその時間を計測する光学センサ200と、光学センサ200で計測された時間に基づきベルト103の表面の幅方向...

    ベルトコンベヤのベルト損傷監視システム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 536