真核細胞 に関する公開一覧

真核細胞」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「真核細胞」の詳細情報や、「真核細胞」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「真核細胞」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(33,922件中)1/1,697ページ目

  1. 【課題】生物学的な方法により脂肪族アルコールを製造する技術を提供する。【解決手段】Reinekea sp. 1−4株(NITE P−02620)又はその変異株、及び前記微生物を用いた脂肪族アルコールの製造方法。また、前記微生物株が有するポリヌクレオチド及び、前記ポリヌクレオチドを含む細胞を用いた脂肪族アルコールの製造方法。

    脂肪族アルコール合成細菌及び脂肪族アルコールの製造方法

  2. 【課題】過敏性膀胱疾患の診断のためのバイオマーカー及びこれを利用した薬剤スクリーニング方法を提供する。【解決手段】本願発明のバイオマーカーは、正常個体群と区別して、過敏性膀胱疾患(OAB)の発症を効率的に検出又は診断することができる効果がある。特に尿に放出されるOAB特異的タンパク質マーカーを通じて非侵襲的な方法で簡単かつ迅速にOABの診断が可能である。さらに、当該バ...

    過敏性膀胱疾患の診断のためのバイオマーカー及びこれを利用した薬剤のスクリーニング方法

  3. 【課題】細菌汚染を検出するための組成物、反応混合物、キット、及び、システムの提供。【解決手段】少なくとも8種の細菌種のいずれかによる血小板試料の細菌汚染を検出する方法であって、約800塩基以下のアンプリコンを生じる条件下で、前記試料又はその一部分を核酸増幅反応に供するステップであって、前記反応混合物が、単一のプライマー対及び単一の検出可能プローブを含み、前記プライマー...

    細菌汚染を検出するための方法および組成物

  4. 【課題】対象における癌を処置するための同時投与、分離投与、又は順次投与用に適合させた組合せ医薬組成物の提供。【解決手段】a)(i)インターロイキン15又はその誘導体のアミノ酸配列を含むポリペプチド、及びii)IL−15Rαのスシドメイン若しくはその誘導体のアミノ酸配列を含むポリペプチド、を含むコンジュゲート;それをコードするポリヌクレオチド、又はそのようなポリヌクレオ...

    組合せ医薬組成物

  5. 【課題】RNA干渉を利用してヒトGST−πの発現を調節する化合物の提供。【解決手段】センス鎖及びアンチセンス鎖を含むGST−πの発現を阻害する核酸分子であって、前記鎖が二重鎖領域を形成し、前記アンチセンス鎖は特定の配列からなるヌクレオチド配列又は修飾を有する当該ヌクレオチド鎖を含み、前記センス鎖は特定の配列からなるヌクレオチド配列又は修飾を有する当該ヌクレオチド鎖を含...

    GST−π遺伝子を調節するためのRNA干渉剤

  6. 【課題】癌幹細胞又は腫瘍始原細胞の増殖を阻害し、癌細胞に対する化学療法剤又は放射線治療の生物学的効果を増強し、及び/又は癌の再発を予防するための組成物及び方法の提供。【解決手段】癌幹細胞(CSC)の増殖、生残、又は生存を阻害する方法であって、CSCと増殖、生残、又は生存−阻害量のリジン特異的デメチラーゼ(LSD)阻害剤を接触させることを含む方法。

    癌幹細胞を調節するための方法および組成物

  7. 【課題】新規siRNAおよびshRNAナノカプセルおよび送達方法の提供。【解決手段】本発明は、本発明は、実用的な治療的適用のための低毒性および長い細胞内半減期であるRNAi送達プラットホームを提供する。

    単一のsiRNAおよびshRNAナノカプセルに基づいた新規RNAi分子送達プラットホーム

  8. 【課題】真核細胞生物で高発現する化学合成遺伝子を取得することを目的として、“使用頻度の高いコドンのみを選択的に使用し、かつGC含量が60%以上”である遺伝子設計法が高発現タンパク質の一般的ルールとなり得るか否かの検証を行なった。【解決手段】本発明は、目的タンパク質遺伝子の塩基配列を、ヒト細胞で使用頻度の高いコドンのみを選択し、かつGC含量が60%以上になるよう改変する...

  9. 【課題】ブタCD4を種特異的に認識するモノクローナル抗体を提供すること。【解決手段】ブタCD4Bを認識し、ヒト末梢血、マウス末梢血及びコモンマーモセット末梢血を認識しない、モノクローナル抗体。

    ブタCD4を認識するモノクローナル抗体

  10. 【課題】エンドリボヌクレアーゼと、結合により前記活性を抑制する阻害物質等を提供する。【解決手段】特定な配列からなるアミノ酸配列、または該配列において0〜10個のアミノ酸残基の欠失、付加、挿入もしくは置換の少なくとも1つを有するアミノ酸配列で示されるエンドリボヌクレアーゼである。RNAに含まれる5’−UGG−3’配列を認識し、当該配列の1番目の塩基の3’側のリン酸ジエス...

    エンドリボヌクレアーゼ、およびその阻害物質

  11. 【課題】マイクロRNAの1以上の標的遺伝子の発現をモジュレートするための手段の提供。【解決手段】マイクロRNAの一次転写産物の配列中に含まれるヌクレオチド配列によりコードされるマイクロペプチド及び遺伝子発現をモジュレートするためのその使用。

    マイクロペプチド及び遺伝子発現をモジュレートするためのその使用

  12. 【課題】様々な腫瘍組織にて確認されているクローディン18.2(CLDN18.2)に対する抗体で、CLDN18.1を認識しない抗体を提供する。【解決手段】CLDN18.2およびCLDN18.1で同一の配列であるC末端部内に位置する特定のエピトープに対する抗体であり、非癌性肺細胞を標的としない抗体を開示する。これは、たとえば癌の診断、及び/又は癌細胞がCLDN18.2を発...

    癌診断に有用なクローディン18.2に対する抗体

  13. 【課題】安全性が高く、かつ広範囲の細胞に対して効率よく遺伝子を導入できるiPS細胞の作製方法を提供する。【解決手段】iPS細胞の作製方法は、1もしくは数個のアミノ酸が置換、欠失もしくは付加されたM遺伝子および1もしくは数個のアミノ酸が置換、欠失もしくは付加されたH遺伝子を含み、F遺伝子を欠損している、第1の分節されたゲノムと第2の分節されたゲノムとに分節された麻疹ウイ...

    iPS細胞の作製方法

  14. 【課題】人工ヌクレアーゼが、結合部位が5bpまたは6bp以外の長さだけ離れている内因性ゲノム配列を切断し得る、標的化された改変を可能にする方法および組成物を提供する。【解決手段】DNA結合ドメインと切断ドメインとを連結することにより、ヌクレアーゼ、例えば、従来のリンカーと比べて標的部位の間隙(ギャップ)の優先度が変更されたヌクレアーゼを形成するための組成物が、本明細書...

    DNA結合ドメインと切断ドメインとを連結するための組成物

  15. 【課題】動態的に調節されたプロセスによる人工多能性幹細胞(iPSC)の作製に、操作された再プログラム化因子(複数可)を使用するための新規方法および組成物を提供すること。【解決手段】具体的には、本開示は、様々な種類の細胞の再プログラム化に最適化された、従来の再プログラム化因子とトランス活性化ドメインの融合体を含む、再プログラム化因子の組合せの確立に関する。より具体的には...

    合成メッセンジャーRNAによるヒト人工多能性幹細胞のフィーダーフリー誘導

  16. 【課題】配置した細胞の生存率が高い細胞組織体の製造方法の提供。【解決手段】細胞接着性材料からなる細胞接着部を、細胞非接着性面を有する基板上における所定の位置に所定の形状で形成する細胞接着部の形成工程と、少なくとも細胞及び細胞乾燥抑制剤を含有する細胞懸濁液を液滴として、前記細胞接着部へ吐出して前記細胞を配置する細胞の配置工程と、を含む細胞組織体の製造方法である。

    細胞組織体の製造方法、製造装置、及び製造プログラム

  17. 【課題】粒子を懸濁させるために必要となる液の量を少なくできるとともに、複雑な画像処理を行うことなく、吐出した液滴に含まれる粒子の数を算出できる吐出装置を提供する。【解決手段】光の照射を受けて発光を生ずる発光粒子を含む液滴を吐出する液滴吐出手段と、前記液滴吐出手段が吐出した前記液滴に対して前記光を照射する光照射手段と、前記液滴に含まれる前記発光粒子が、前記光照射手段が照...

    吐出装置および吐出方法

  18. 【課題】FcRnに対する抗体、それを含む医薬組成物、その使用の提供。【解決手段】重鎖(HC)免疫グロブリン可変ドメイン配列及び軽鎖(LC)免疫グロブリン可変ドメイン配列を含む単離抗体であって、重鎖及び軽鎖免疫グロブリン可変ドメイン配列が、ヒトFcRnに結合する抗原結合部位を形成する。

    FcRnに対する抗体及びその使用

  19. 【課題】クラミジア種(Chlamydia sp.)の外膜タンパク質の表面露出領域の免疫原性断片の反復単位からなるポリペプチド、並びにこれらの融合タンパク質を含む医薬組成物及びワクチンの提供。【解決手段】クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)(Ct)による感染症の治療又は予防のための医薬組成物の製造における、a)クラミジア種の血清型に...

    クラミジア種(Chlamydia  sp.)に対するワクチン

  20. 【課題】セリアックスプルーを治療するための組成物の提供。【解決手段】酵素クマモリシン‐Asから設計された特定のアミノ酸配列を有するプロテアーゼに少なくとも75%同一のアミノ酸配列を含んでなるポリペプチドであって、(a)pH4でPQPQLPペプチドを分解し;(b)残基278はSerであり、残基78はGluであり、残基82はAspであり;かつ(c)残基73、102、103...

    セリアックスプルー病を治療するための組成物および方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1697