皮膚移植片 に関する公開一覧

皮膚移植片」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「皮膚移植片」の詳細情報や、「皮膚移植片」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「皮膚移植片」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(1,580件中)5/79ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ペプチドに結合した生分解性ポリ(ラクチド−コ−グリコリド)(PLG)粒子を含む組成物を提供する。具体的には、PLG粒子は表面機能化されており、粒子の表面へのペプチド分子の結合が可能である(例えば、免疫寛容の惹起誘導に用いるため)。

    ペプチドコンジュゲート粒子

  2. 【課題】プロテインキナーゼ調節物質としての新規な化合物、及びそれらを含む医薬組成物の提供。【解決手段】下記式であらわされる、イミダゾ[4,5-B]ピリジン化合物、及びトリアゾロ[4,5-B]ピリジン化合物、及びこれらを含む、免疫障害、心血管疾患及び炎症性疾患等のプロテインキナーゼ調節に関わる疾患の治療に有効な医薬組成物。[式中、R1及びR2はH等を、XはN等を、Cy1...

  3. 【課題・解決手段】本発明は、蛋白質キナーゼ阻害剤の使用に関し、より具体的には、蛋白質キナーゼであるc−Junアミノ末端キナーゼの阻害剤、JNK阻害剤配列、キメラペプチド、またはこれらをコードする核酸のほか、これらを含有する薬剤組成物の、JNKシグナル伝達に強く関連する多様な疾患または障害を処置するための使用に関する。被験体におけるJNKシグナル伝達に強く関連する種々の...

    種々の疾患を処置するためのJNKシグナル伝達経路の新規の細胞透過性ペプチド阻害剤の使用

  4. 【課題】新規な減圧治療装置を提供する。【解決手段】ハウジング120、ポンプを通る流路、流路と連通する弁、ハウジング内又はそれによって支持されるポンプ、ポンプと連通する一方向フロー弁を備える減圧創傷治療用ポンプアセンブリ104を備える。アセンブリは流路と連通する圧力センサ及びハウジングによって支持されるスイッチ又はボタンを有することができ、スイッチ又はボタン122がユー...

    減圧治療装置及びその使用方法

  5. 【課題・解決手段】構造的および機能的に関連した単離されたヘパラン硫酸の新規クラスが開示されている。この新規クラスのヘパラン硫酸は、FGF2を結合して、かつ幹細胞の多能性/多分化能を維持しながらその増殖を促進することが見出されている。

    ヘパラン硫酸

  6. 【課題・解決手段】創傷を治療するためのシステムは、補助的な創傷治癒装置と、複数の第1のリザーバと複数の第2のリザーバとを備える基体と、を含む。複数の第1のリザーバの選択されたものは還元剤を含み、複数の第1のリザーバの選択されたものの第1のリザーバ表面は第1の基体表面に近接する。複数の第2のリザーバの選択されたものは酸化剤を含み、複数の第2のリザーバの選択されたものの第...

    拡張可能な創傷被覆材

  7. 【課題・解決手段】本発明は、幹細胞の集団と共移植された創傷治癒スカフォールドに関し、ここで前記幹細胞の集団は、ABCB5+幹細胞である。スカフォールドは、例えばコラーゲングリコサミノグリカンスカフォールドである。

    創傷治癒および組織工学

  8. 【課題・解決手段】本出願は、細胞毒性および/または低下した免疫原性を示す改質された毒素の組成物に関する。改質が少なくとも1つのT細胞エピトープの少なくとも1つのアミノ酸残基にある改質されたジフテリア毒素に由来するポリペプチド担毒体も提供される。別の態様は、改質されたジフテリア毒素と、細胞結合部分である非ジフテリア毒素フラグメントとを含む融合タンパク質に関する。別の態様...

    改質された毒素

  9. 【課題・解決手段】本発明は、概して、皮膚移植片を採取するための装置に関する。本発明は、疱を切り取る部材を組み込んだ疱隆起装置を提供する。皮膚は人体の最大の器官であり、ヒトの全体重の約16%を占める。皮膚は環境との境界面を形成するため、生体防御において重要な機能を果たし、病原体および他の環境物質からの解剖学的障壁の役目を務める。

    微小疱皮膚移植

  10. 【課題・解決手段】本明細書で提供される内容は、皮膚の創傷における瘢痕形成を阻害するまたは軽減するための方法であって、前記創傷中または前記創傷に近接するSDF−1の濃度を上昇させることによる方法に関する。本明細書で述べるように、SDF−1タンパク質またはSDF−1発現ベクターは、治療有効量のSDF−1タンパク質またはSDF−1発現ベクターを提供することによって創傷または...

    瘢痕形成を軽減するためのSDF−1の使用

  11. 【課題・解決手段】トリペプチドエポキシケトンプロテアーゼ阻害剤、それらの調製方法、関連する薬学的組成物、ならびにそれらの使用方法が、本明細書に提供される。例えば、式(X)の化合物、及びその薬学的に許容される塩、ならびにそれらを含む組成物が、本明細書に提供される。本明細書に提供される化合物及び組成物は、例えば、炎症性疾患及び神経変性疾患を含む疾患の治療において使用され得る。

    トリペプチドエポキシケトンプロテアーゼ阻害剤

  12. 【課題・解決手段】臓器の保存液や灌流液のために使用できる組成物を提供する。あるいは、正常細胞の生存を延ばす組成物、及び/又は、がん細胞の生存を抑制する組成物を提供する。一又は複数の実施形態において、AMPK(AMP活性化プロテインキナーゼ)のリン酸化を亢進する化合物を有効成分とする組成物。該組成物は、細胞(とりわけ、正常細胞)の生存を延ばすことができる組成物である。ま...

    AMPKのリン酸化を亢進する化合物を有効成分とする組成物

  13. 【課題・解決手段】液体の治療溶液を噴霧するためのシステムおよび方法はシリンジ取り付け装置と手持ち式装置とを備える。シリンジ取り付け装置は、液体の治療溶液を含むシリンジを固定するように構成され得る。手持ち式装置は、治療溶液をシリンジから分配するように構成される移動可能スライド部を有し得る。噴霧沈着システムは、シリンジ取り付け装置の少なくとも一部分と手持ち式装置との間に不...

    細胞噴霧のためのモジュール式装置

  14. 【課題・解決手段】異常なキナーゼ活性と関連する障害を処置する方法であって、キナーゼが、IRAK3、GAK、TEC、PTK2B(PYK2)、AURKA、RPS6KAKRSK3)、MAPK9(JNK2)、BTK、PTK2又はAKT2であり、式(I):標的タンパク質バインダー-リンカー-IAPバインダー(I)の化合物を用いて前記キナーゼを分解する工程を含む、方法。

  15. 【課題・解決手段】創傷パッキングを用いて創傷を治療するための方法が論じられる。創傷パッキングは任意の適した構成要素を含むことができるが、ある場合には、創傷パッキングは、一群の多能性細胞(例えば、骨髄からの細胞、羊膜組織、羊水、幹細胞など)、血漿(例えば、濃縮血漿及び/又は多血小板血漿)、及び、コラーゲン(例えば、天然コラーゲン及び/又は組織化された再構成コラーゲン)を...

    創傷パッキングを用いて創傷を治療するためのシステム及び方法

  16. 【課題・解決手段】肺障害および/または肺傷害の処置のためのヒト羊水の製剤およびその使用法が、開発された。その製剤は、慢性閉塞性肺障害(COPD)、喘息、肺気腫、気管支拡張症、慢性気管支炎、間質性肺疾患、α−1アンチトリプシン肺気腫を含む肺障害の処置のために、ならびに急性肺傷害の処置のために、肺への局所送達に適する。特異的に製剤化された、希釈した滅菌脱細胞化ヒト羊水を肺...

  17. 【課題・解決手段】一実施形態は、医療用製品を作製するための方法であって、当該医療用製品を得るために、ナノフィブリルセルロースの水性分散液を提供することと、ガーゼの層を提供することと、ナノフィブリルセルロースの水性分散液をガーゼに含浸させることと、含浸させたガーゼを脱水することとを含む方法を提供する。一実施形態は、ナノフィブリルセルロースを含浸させたガーゼの層を含む医療...

    ナノフィブリルセルロースを含む医療用製品の製造方法、および医療用製品

  18. 【課題・解決手段】開示された実施形態は、創傷治療の装置及び方法に関する。いくつかの実施形態では、創傷被覆材及び陰圧源が、創傷被覆材及び陰圧源を同時に患者の創傷に適用する、不可欠な、又は一体化した創傷被覆材構造の一部であるよう、陰圧源が創傷被覆材装置内に組み込まれる。陰圧源及び/又は電子構成要素は、創傷被覆材の創傷接触層とカバー層との間に配置され得る。構成要素は、創傷滲...

    流体浸入阻止構成要素を有する一体化された陰圧源を用いた創傷被覆材及び使用方法

  19. 【課題・解決手段】本発明は、化合物、前記化合物を含有する、組成物、組み合わせ、及び医薬、並びにそれらの製造法に関する。本発明はまた、前記化合物、組み合わせ、組成物、及び医薬の使用、例えばRIP2キナーゼの分解などのRIP2キナーゼの活性阻害剤としての使用、特に炎症性疾患又は状態の処置のための、RIP2キナーゼが介在する疾患及び状態の処置にも関する。

  20. 【課題・解決手段】陰圧創傷療法システムおよびそのシステムを動作する方法の実施形態が開示されている。一部の実施形態では、システムは、陰圧源、センサおよびコントローラを含む。陰圧源は、流体流路を介して創傷被覆材に陰圧を与えることができる。センサは、流体流路内の圧力を監視することができる。コントローラは、陰圧源が圧力範囲内に流体流路内の陰圧を維持する間、混沌とした状態よりも...

    陰圧創傷療法システムにおける自動化創傷結合検出

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 79