皮下注射 に関する公開一覧

皮下注射」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「皮下注射」の詳細情報や、「皮下注射」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「皮下注射」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(43,214件中)1/2,161ページ目

  1. 【課題】新規な育毛剤を提供する。【解決手段】本開示に係る育毛剤は、歯髄幹細胞培養上清と毛乳頭幹細胞培養上清とを含む。前記育毛剤の製造方法も提供される。

    歯髄幹細胞培養上清と毛乳頭幹細胞培養上清とを含む育毛剤およびその製造方法

  2. 【課題】HDAC阻害作用を有し、神経変性疾患を含む中枢神経疾患等の治療に有用な複素環化合物及びそれを含有する医薬を提供する。【解決手段】本発明は、式(I):[式中、各記号は明細書中で定義した通りである。]で表される化合物またはその塩に関する。

    複素環化合物

  3. 【課題・解決手段】標的化して対象ヌクレオチドを送達するために、キャプシドタンパク質によって提示される異種エピトープと、細胞上に発現されるタンパク質とを、特異的に結合する二重特異性抗体などの多重特異性結合分子を用いて、組換えウイルスキャプシドタンパク質/キャプシド/ベクターを、例えば生体内で再標的化するための組成物および方法が、本明細書で提供される。

    遺伝物質をヒト細胞に標的化して導入するための指向性改変組換えウイルスベクターおよびその使用

  4. 【課題・解決手段】本開示は、特に肝実質細胞でのHMGB1発現を低減するのに有用なオリゴヌクレオチド、組成物、及び方法に関する。HMGB1発現を低減するための本開示のオリゴヌクレオチドは、二本鎖であってよく又は一本鎖であってもよく、ヌクレアーゼに対するより強力な耐性及びより低い免疫原性等の特徴向上のために修飾されていてもよい。また、HMGB1発現を低減するための本開示オ...

    HMGB1発現を阻害するための組成物及び方法

  5. 【課題・解決手段】本発明はヒトFAM19A5に特異的に結合する抗体及びこのような抗体を含む組成物を提供する。また、抗FAM19A5抗体を使って線維症及び癌を治療する方法が本発明で提供される。

    抗FAM19A5抗体及びその用途

  6. 【課題・解決手段】本発明は、とりわけ、線維症および/または癌などの疾患の治療に有用な化合物、このような化合物を含有する薬学的製剤、ならびにこれらの化合物と少なくとも1つの追加の治療薬との組み合わせを提供する。

    抗癌/抗線維症化合物

  7. 【課題】アジュバント添加物を含む免疫原性組成物の提供。【解決手段】アジュバント添加物は、特定のアミノ酸配列を有する受容体関連タンパク質(RAP)及び/又はシュードモナス外毒素A(PE)タンパク質を含む。免疫原は、特定のアミノ酸配列を有するブタサーコウイルス2型(PCV2)ウイルス様粒子(VLP)を含む。前記アジュバント添加物を含む免疫原性組成物は、宿主における抗体免疫...

    免疫原性組成物および宿主における免疫応答の増強方法

  8. 【課題】本発明は、優れた抗ウィルス活性(特に抗B型肝炎ウィルス活性)を有する核酸アナログを提供する。【解決手段】下記の式(I):(式中、各記号は本明細書中で定義した通りである)で表される化合物またはその塩。

    抗ウィルス薬

  9. 【課題】糖尿病の治療の際に要求される高血糖の減少効力及び体重増加抑制、低血糖のリスクが減少した糖尿病治療剤を開発すること。【解決手段】本発明は、インスリン及びGLP−1/グルカゴン二重アゴニストを含む糖尿病の予防又は治療用組成物、及び糖尿病の予防又は治療方法に関する。より具体的には、本発明の組成物は、持続型インスリン結合体及び持続型GLP−1/グルカゴン二重アゴニスト...

    インスリン及びGLP−1/グルカゴン二重アゴニストを含む糖尿病治療用組成物

  10. 【課題】薬剤を制御下で適切に高い再現性で投与する実用的な投薬ユニットを提供する。【解決手段】電気加熱要素に熱的に接触している担体材料に塗布された少なくとも1種類の単離された生物活性物質を備えている投薬ユニットであって、電気加熱要素が、活性物質の所定の量を、肺送達する目的で気化させるように構成されている、投薬ユニットは、1回または複数回の使用に対応する量(用量)の生物活...

    単離された物質を気化して吸入する方法および装置

  11. 【課題】Yes関連タンパク質(YAP)シグナリングを標的とすることでTreg細胞の機能、活性、または増殖を調整する、がんの処置方法の提供。【解決手段】ベルテポルフィン、スタチン薬のようなYAP阻害剤および免疫チェックポイント阻害剤、抗腫瘍ワクチンのような免疫治療剤を投与する方法、およびYAP阻害剤と免疫治療剤とを含む治療組成物が提供される。またYAP阻害剤と免疫治療剤...

    腫瘍免疫寛容を破綻させるためのYAPの阻害方法

  12. 【課題】有意な免疫原性を誘導せず、かつ半減期の延長した凝固因子であって、凝固因子が活性化FVII(FVIIa)であるCTP修飾ポリペプチドの提供。【解決手段】第VII凝固因子と、前記凝固因子のカルボキシ末端に結合した3つの絨毛性ゴナドトロピンカルボキシ末端ペプチド(CTP)とからなり、シグナルペプチドを含まないCTP修飾ポリペプチド、該CTP修飾ポリペプチドを含む医薬...

    長時間作用型凝固因子およびその製造方法

  13. 【課題】サイトカインを強力に中和し、したがって炎症性疾患および自己免疫疾患の予防および処置に有用であり得る多重特異性抗体およびその抗原結合断片を提供する。【解決手段】サイトカインにおける少なくとも2つの異なる重複しない部位に対して特異的に結合する、少なくとも2つの異なるドメインを含んでいる多重特異性抗体、またはその抗原結合断片を開示する。また、そのような抗体および抗体...

    多重特異性抗体によるサイトカインの非常に強力な中和およびその利用

  14. 【課題】コンジュゲートされたストレプトコッカス・ニューモニエ(Streptococcus pneumoniae)莢膜糖類抗原(グリココンジュゲート)を含む新規免疫原性組成物の提供。【解決手段】Prevnar、Synflorixおよび/またはPrevnar13中には見出されないストレプトコッカス・ニューモニエ(S.pneumoniae)血清型に由来する少なくとも1つの...

    コンジュゲート化莢膜糖類抗原を含む免疫原性組成物およびその使用

  15. 【課題・解決手段】本発明は、本明細書に記載される化合物または薬学的に許容されるその塩を含有する凍結乾燥医薬組成物を調製する方法を提供する。そのプロセスは、前記化合物をジメチルスルホキシドと、必要に応じて1種または複数種の共溶媒とを含む溶媒に溶解させて溶液を生成するステップと、次いで、溶媒および任意の共溶媒をフリーズドライプロセスによって除去するステップとを含む。本発明...

    薬物化合物およびその精製方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、5'CAP領域、5'非翻訳領域(5'-UTR)、コード領域、3'非翻訳領域(3'-UTR)およびポリアデノシンテール(ポリAテール)を有する、局所的な皮膚低栄養状態の治療に使用するための、線維芽細胞成長因子2(FGF2)および線維芽細胞成長因子7(FGF7)メッセンジャーRNA(mRNA)、およびこのmRNAをそれを必要とするヒト患者に投与...

    局所皮膚低栄養状態の治療

  17. 【課題・解決手段】CD38に対する放射性核種標識モノクローナル抗体を含む医薬組成物、ならびに血液悪性腫瘍を治療する方法、CD38を発現する細胞の成長及び/もしくは増殖を阻害する方法、又はCD38を発現する細胞に関与する疾患もしくは障害を治療する方法が開示される。例示的モノクローナル抗体は、アクチニウム(225Ac)で標識されたダラツムマブを含む。

    血液悪性腫瘍の治療

  18. 態様では、本開示は、化合物(II)【化1】 組成物、及びそれを必要とする患者に化合物及び組成物を投与する方法を提供する。別の態様では、本開示は、癌、たとえば、リンパ性白血病を治療する化合物及び組成物に関する。本開示はさらに、2つのホスホイノシチド3−キナーゼ(PI3K)アイソフォームγ及びδを阻害する化合物、前記化合物を含む医薬組成物、ならびに非ホジキンリンパ腫の治療...

    T細胞急性リンパ芽球性白血病を治療するための化合物、組成及び方法

  19. 【課題・解決手段】少なくとも1つのプログラム死1受容体(Programmed Death 1 receptor、PD−1)アンタゴニストと、インターフェロン遺伝子の刺激因子(Stimulator of Interferon Genes、STING)経路を活性化する少なくとも1つのベンゾ[b]チオフェン化合物とを含む治療的組み合わせが本明細書中に開示される。...

    がんの処置のためのPD−1アンタゴニストおよびベンゾ[b]チオフェンSTINGアゴニストの組み合わせ

  20. 【課題・解決手段】本発明は、特に、癌、特に肺癌の治療に使用するための、(a)第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害剤及び(b)サイクリンDキナーゼ4/6(CDK4/6)阻害剤を含む組合せ製剤に関する。本発明は、癌の治療のための医薬品の調製のためのそのような組合せの使用;癌の治療を必要とする対象に、共同で治療上有効な量の前記組合せを投与することを含む、前記対象の癌を治療す...

    第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害剤とサイクリンDキナーゼ阻害剤の治療用組合せ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2161