発泡体 に関する公開一覧

発泡体」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「発泡体」の詳細情報や、「発泡体」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「発泡体」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(61,332件中)1/3,067ページ目

  1. 【課題】振動吸収性が向上するクッション材と、当該クッション材を容易に得ることができる、クッション材の製造方法と、を提供する。【解決手段】クッション材1は、表層部20が通気制御表層部21と通気非制御表層部22とによって形成されている発泡体2と、通気非制御表層部22を被覆している被覆材3と、を備えている。クッション材の製造方法は、クッション材1を得るための、クッション材の...

    クッション材およびクッション材の製造方法

  2. 【課題】効率よくキャビテーションの発生を抑制できる羽根車、水力機械、液体流路形成部品の提供。【解決手段】羽根車1は、ブレード2と、ブレード2のキャビテーションが発生する部分を局所的に冷却する冷却装置10と、を備える。

    羽根車、水力機械、液体流路形成部品

  3. 【課題】分離効率の低下を抑制することができる分離膜シート、分離膜エレメント、分離膜モジュール、及び分離装置を提供する。【解決手段】特定のガス成分を選択的に透過する分離膜シートは、第1多孔層と、第1多孔層上に積層される分離機能層と、第1多孔層の分離機能層とは反対側に積層される第2多孔層とを有する。分離機能層は、無孔質の樹脂組成物層であり、第1多孔層と第2多孔層とは互いに...

    分離膜シート、分離膜エレメント、分離膜モジュール、及び分離装置

  4. 【課題】分離効率の低下を抑制することができるガス分離方法及びガス分離装置を提供する。【解決手段】特定のガス成分を選択的に透過する分離膜シートを用いたガス分離方法である。分離膜シートは、第1多孔層と、第1多孔層上に積層される分離機能層と、第1多孔層の前記分離機能層とは反対側に積層される第2多孔層とを有する。分離機能層は、無孔質の樹脂組成物層であり、第1多孔層と第2多孔層...

    ガス分離方法及びガス分離装置

  5. 【課題】一方向(伸張し易い方向)の引張強さに優れている、伸縮性繊維シートに関する。【解決手段】一方向へ配向した捲縮繊維を含有する繊維層を備えた、伸縮性繊維シートであって、前記繊維層は、前記一方向と垂直を成す方向に前記繊維層を横断して連続的に存在する繊維固定部分を複数備えている伸縮性繊維シートにおいて、「隣り合う前記繊維固定部分間の最短距離の長さが、前記捲縮繊維のみかけ...

    伸縮性繊維シート

  6. 【課題】繊維径の細さとイオン交換能を両立可能な、産業資材用途に広く活用可能な繊維シートの提供を目的とする。【解決手段】本願出願人は検討の結果、スルホ基を有するフッ素系樹脂と無水マレイン酸コポリマーおよび/またはマレイン酸コポリマーとを含有した繊維を含んでいる、繊維シートによって、例えば、ナフィオンなどのスルホ基を有するフッ素系樹脂とポリエチレンオキシドとを含有した繊維...

  7. 【課題】耐熱性に優れ、しかも粘着力が良好な粘着剤組成物及び耐久性に優れた粘着フィルムを提供することと、重金属を含まず、臭気や着色、既存の設備で生産可能な汎用性の高い方法で上述する粘着剤組成物を提供する。【解決手段】本発明に係る粘着剤組成物は、架橋性官能基を有さないエチレン性不飽和単量体、及び架橋性官能基を有するエチレン性不飽和単量体を共重合してなる、有機ヨウ素系リビン...

  8. 【課題】印字体の成形時の寸法誤差や、長期間使用後のヘタリ等により連結した複数の印字体間に段差が生じても、印影に濃淡や滲みが発生するのを防止することができる連結式印判を提供する。【解決手段】多孔質の印字体3を有する複数の印判1、1同士を連結可能とした連結式印判であって、前記印字体3の背面にクッション体4を配し、このクッション体4の硬度を前記印字体3の硬度よりも低くした。...

    連結式印判

  9. 【課題】バッテリーに円滑に装着できるバッテリーカバーを提供する。【解決手段】 バッテリーカバー1は、バッテリー100の側面S3を覆う側壁2を備える。側壁2は、バッテリー100の側面S3と接触する第1表層11と、側壁2の厚み方向において第1表層11に対してバッテリー100の側面S3の反対側に配置される第2表層12と、厚み方向において第1表層11と第2表層12との間に配...

    バッテリーカバー

  10. 【課題】 柔軟性が向上しているとともに表面が平滑化されているカテーテル用チューブを提供する。【解決手段】 本発明にかかるカテーテル用チューブ100は、加熱により膨張する膨張性マイクロカプセルが膨張した独立気泡からなる発泡セル10を内部に有する発泡樹脂からなることを特徴とする。かかる構成を採用することによって、柔軟性の高いカテーテル用チューブを提供することができる。...

    カテーテル用チューブ

  11. 【課題】被着体の極性によらず、高極性被着体および低極性被着体のいずれに対しても高い粘着力を有し、かつ初期架橋性に優れ、高いタック性を発現し、剥離時のジッピングを抑制できる粘着層を形成することが可能な粘着剤、および粘着シートを提供すること。【解決手段】アクリル重合体(A)、金属キレート化合物(B)、およびポリオレフィン(C)を含み、前記アクリル重合体(A)を構成するモノ...

  12. 【課題】ポリオレフィン系樹脂からなる構成部材を用いた場合であっても接着性に優れ、さらに過酷な環境下に曝された場合の接着性に優れる、水性分散体を提供する。【解決手段】酸変性ポリプロピレン樹脂(A)と、酸変性ポリエチレン樹脂(B)と、水性媒体とを含有する水性分散体である。水性分散体中の酸変性ポリプロピレン樹脂(A)と酸変性ポリエチレン樹脂(B)との質量比(A/B)が95/...

  13. 【課題】より高レートでの充放電を実現することができる焼結体、蓄電デバイス及び焼結体の製造方法を提供する。【解決手段】焼結体は、リチウムイオンを伝導する焼結体であって、空隙率が20体積%以上60体積%以下であり平均細孔径が7μm以下である多孔層を外面側に有するものである。この焼結体は、母材粒子の平均粒径以上の平均粒径を有し且つ平均粒径10μm未満の造孔材を20体積%以上...

    焼結体、蓄電デバイス及び焼結体の製造方法

  14. 【課題】多量のリン酸カルシウム系粒子が混ざり込むのを防止した細胞培養担体と、その製造方法を提供する。【解決手段】本発明にかかる細胞培養担体は、「熱可塑性樹脂の熱融着によって繊維の表面に前記リン酸カルシウム系粒子が固着している」ことにより、リン酸カルシウム系粒子が細胞培養担体をなす布帛の構成繊維表面に固着しており脱落し難い。そして、表面に熱可塑性樹脂を含有する繊維を含ん...

  15. 【課題】良好な粘着力を有し、油付着面に対する粘着力と非油付着面に対する粘着力の差が小さい粘着組成物、及び粘着シートを提供すること。【解決手段】アクリル系共重合体と、粘着付与樹脂と、硬化剤と、溶剤とを含有する粘着組成物であって、前記アクリル系共重合体が、ドデシル(メタ)アクリレート、及びトリデシル(メタ)アクリレートより選択される1種以上のモノマーを80質量%以上含む共...

  16. 【課題】シースへの継手部材の挿入状態を容易に把握することが可能な点検構造を提供する。【解決手段】硬化したコンクリートからなる本体部11と、本体部11の外部に開口する挿入部15を有し、本体部11内に埋設された中空筒状のシース12と、挿入部15に挿入される継手部材14の有無を点検するための点検孔13と、を備えた点検構造を構成する。

    点検構造、及び、点検構造の形成用治具

  17. 技術 筆記具

    【課題】ペン先の強度を維持した上で、筆記方向を視認することができる視認面積を大幅に向上させたペン先を備えた筆記具を提供する。【解決手段】筆記具本体10から供給されるインクを誘導するペン先20を有する筆記具であって、前記ペン先20は、筆記部40と、該筆記部40に筆記具本体10からのインクを供給するためのインク誘導部を内部に収容した断面の長辺と短辺が異なる保持体30とを少...

    筆記具

  18. 【課題】 初期接着力が低すぎず、加熱後の接着力が高くなりすぎず、かつ、加熱後に被接着物を汚染しにくい再剥離粘着剤組成物を提供する。【解決手段】 前記目的を達成するために、本発明の再剥離粘着剤組成物は、下記成分(A)〜(C)を含むことを特徴とする。(A)炭素数2以下のアルキル基を有する(メタ)アクリル酸アルキルエステルを主成分とするモノマーの重合体である(メタ)アク...

  19. 【課題】耐熱性及び機械的強度に優れた硬化物を得ることができる特定構造を有する(メタ)アリル基含有マレイミド化合物、特定構造を有する水酸基含有マレイミド化合物、及び、特定の樹脂組成物により被覆されたガラス繊維を含有するガラス繊維含有樹脂組成物、及び、前記ガラス繊維含有樹脂組成物を硬化してなる硬化物などを提供する。【解決手段】本発明のガラス繊維含有樹脂組成物は、特定の(メ...

  20. 技術 防振装置

    【課題】通常振動時の乗り心地性能が向上するとともに簡易な作業で製造可能な、防振装置を提供する。【解決手段】防振装置1は、車両のフレーム2を挟み込む、アッパーマウント防振部3およびロアーマウント防振部4を備える。防振部3は、発泡体31と、発泡体31を収納する内部空間ISが形成されているアッパーマウント弾性体32と、を備える。弾性体32には、軸方向視において弾性体32全体...

    防振装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1633