1〜20件を表示(3,171件中)1/159ページ目

  1. 【課題】栄養素含有量を最適化する栄養組成物および栄養処方物を提供する。食事組成物および特定の範囲内で有益な効果を有する栄養素レベルを最適化する目的にかかる組成物を合わせる方法を提供する。【解決手段】ファイトケミカル、抗酸化剤、ビタミン、ミネラル、脂質、タンパク質、炭水化物、プロバイオティクス、プレバイオティクス、微生物、および繊維由来の至適レベルの栄養素を含む食品を含...

  2. 【課題】神経変性障害を引き起こすことが知られる、または推定される、病理学的タンパク質コンフォマーを標的とする追加の治療剤を提供する。【解決手段】ヒトTauに結合する単離抗体であって、モノマーTau、オリゴマーTau、非リン酸化Tau、及びリン酸化Tauに結合する、抗体。抗体は、成熟ヒトTauのアミノ酸2〜24内のエピトープに結合する。また、抗体は、モノクローナル抗体、...

    抗TAU抗体及び使用方法

  3. 【課題】細胞シグナリングおよび/または細胞活性をモジュレートする薬剤を提供する。【解決手段】本明細書において、成長因子レベルおよび/または活性をモジュレートするのに有用なタンパク質、抗体、アッセイおよび方法が提供される。一部の実施形態において、このような成長因子は、タンパク質のTGF−βスーパーファミリーのメンバーである。

    成長因子モジュレーションのための組成物および方法

  4. 【課題】好酸球性食道炎(EoE)の治療のための医薬組成物を提供する。【解決手段】抗インターロイキン−13(IL−13)抗体であって、前記抗IL−13抗体又はその抗原結合部分は、2つの可変ドメインを含み、一方の可変ドメインは、重鎖CDR:CDR1−H1、CDR−H2、及びCDR−H3を含み、他方の可変ドメインは、軽鎖CDR:CDR−L1、CDR−L2、及びCDR−L3を...

    抗IL−13抗体を使用する、IL−13活性が有害である疾患の治療方法

  5. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  6. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  7. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  8. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  9. 【課題】化合物、その組成物、およびそれらを使用する方法を提供すること【解決手段】本発明は、化合物、その組成物、およびそれらを使用する方法を提供する。本発明は、セストリン−GATOR2相互作用をモジュレートし、これにより間接的に、mTORC1活性を選択的にモジュレートするために有用な化合物および方法に関する。本発明はまた、本発明の化合物を含む薬学的に許容される組成物およ...

  10. 【課題】造血幹細胞移植を受けた患者における急性骨髄性白血病(AML)の処置のための方法を提供する。【解決手段】ヒトCD33に特異的に結合する結合タンパク質、とりわけ、ヒトCD33とヒトCD3に特異的に結合する二重特異性結合タンパク質、さらに、CD33とCD3に結合する二重特異性タンデムダイアボディ、ならびに、急性骨髄性白血病(AML)などのCD33+癌、疾患、および状...

    二重特異性CD33およびCD3結合タンパク質を使用する方法

  11. 【課題】前立腺癌を治療または予防する方法を提供する。【解決手段】方法は、前立腺癌を有している患者に、式(I)のTORキナーゼ阻害剤の有効量を投与することを包含している。式中、X、YおよびZは独立して、NまたはCR3であり;−A−B−Q−はともに、−CHR4C(O)NH−等を形成しており;Lは、直接結合、NHまたはOであり;R1、R2、R3は、H、置換/非置換のC1−8...

    TORキナーゼ阻害剤を用いた癌の治療

  12. 【課題】抗ウイルス又は抗細菌応答、特に、I型IFN、IL-18、及びIL-1βの産生を誘導することができるオリゴヌクレオチド、並びにそれらのインビトロ使用だけでなく治療的使用の提供。【解決手段】脊椎動物におけるウイルス感染、細菌感染、寄生虫感染、腫瘍、多発性硬化症、アレルギー、自己免疫疾患、免疫抑制、及び免疫不全から選択される疾患及び/又は障害を予防及び/又は処置する...

    5’リン酸オリゴヌクレオチドの構造および使用

  13. 【課題】インターロイキン6受容体(抗IL-6R抗体)を結合する抗体で、関節リウマチ等のIL-6媒介疾患を治療する方法の提供。【解決手段】トシリズマブを含む、患者における関節リウマチを治療するための医薬であって、トシリズマブは毎週又は2週ごとに1用量あたり162mgの固定用量として皮下投与される、医薬。関節リウマチを治療する追加の薬物をさらに含み、該追加の薬物は非生物学...

    皮下投与される抗IL−6受容体抗体

  14. 【課題】CD123(IL−3Rα)発現血液がんのための新たな、改善された処置を提供する。【解決手段】CD123に免疫特異的に結合する抗体及びその抗原結合フラグメント、CD123特異性抗体又は抗原結合フラグメントをコード可能な関連するポリヌクレオチド、提供された抗体又は抗原結合フラグメントを発現している細胞及び関連するベクター、並びに検出可能に標識された抗体又は抗原結合...

    CD123結合剤及びその使用

  15. 【課題】コエンザイムQ10など疎水性活性薬剤の、非経口投与に好適な製剤を提供する。【解決手段】水溶液;分散されて粒子のコロイド状ナノ分散液を形成する疎水性活性薬剤;ならびに分散安定化剤およびオプソニン化低減剤のうちいずれか1種類を含む、被験体への静脈内投与に好適な治療用製剤であって、活性薬剤のコロイド状ナノ分散液が、200nm未満の平均サイズを有するナノ分散粒子に分散...

    コエンザイムQ10(CoQ10)の静脈内投与用製剤およびその使用方法

  16. 【課題】他のCD4+細胞集団の増殖を刺激することなく、CD4+CD25hiT制御性細胞(Treg)が濃縮された組成物の調製方法、及び前記組成物を用いて免疫学的疾患等を治療する方法、並びに、リンパ球が濃縮され、かつTregが枯渇された組成物の調製方法、及び前記組成物を用いて増殖性疾患等を治療する方法を提供する。【解決手段】Tリンパ球を含むヒト細胞の集団を、腫瘍壊死因子受...

    T制御性細胞の増殖または枯渇方法

  17. 【課題】5’キャップ付RNAを合成するための組成物および方法を提供する。【解決手段】開始キャップ付オリゴヌクレオチドプライマーが、一般形態m7Gppp[N2’Ome]n[N]m(式中、m7Gは、N7−メチル化グアノシンまたは任意のグアノシン類似体であり、Nは、任意の天然、修飾または非天然ヌクレオシドであり、「n」は、0〜4の任意の整数であり得、「m」は、1〜9の任意の...

    5’キャップ付RNAを合成するための組成物および方法

  18. 【課題】急性骨髄性白血病で産生される骨髄芽球又はびまん性大細胞型B細胞リンパ腫で産生されるリンパ球を含む細胞において、アポトーシスを誘導するためのインビトロでの方法、医薬組成物及びキットを提供する。【解決手段】リツキシマブ、ベンダムスチン、ボルテゾミブ、イブルチニブ、イデラリシブ、レナリドマイド、ビラブレシブ、ビミラリシブ、セリネクソール、ベネトクラクス及びビンクリス...

    インドリノン化合物の使用

  19. 【課題】眼血管疾患を処置するため、ガンを処置するため、及びANG2とTie2レセプターとの間の相互作用を阻害するための医薬等に用いられる、ヒトアンジオポエチン−2(ANG2)抗体、並びにその使用方法を提供する。【解決手段】ヒトANG2に特異的に結合する抗体であって特定のアミノ酸配列を含むHVR−H1、HVR−H2、及びHVR−H3を含む抗体、並びに該抗体及び場合により...

  20. 【課題・解決手段】本願は、転写因子の異所性発現に依存することなく、内因性遺伝子座を標的とし、再構築することにより、成体の体細胞を人工多能性幹細胞に再プログラミングするための方法および組成物に関する。

    CRISPR活性化による人工多能性細胞の生成

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 159