生石灰 に関する公開一覧

生石灰」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「生石灰」の詳細情報や、「生石灰」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「生石灰」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(14,517件中)1/726ページ目

  1. 【課題】本発明の課題は、無機粒子と繊維との複合繊維を含む難燃材料を提供することである。【解決手段】本発明によって、(a)難燃性無機粒子と繊維との複合繊維と(b)水酸化アルミニウムとを含有する難燃材料が提供される。

    複合繊維を含む難燃材料およびその製造方法

  2. 【課題】アルカリ性の建設汚泥を確実に中性化し、かつ再泥化しない高品質な中性再生土を効率的に製造する中性再生土製造システムおよび中性再生土製造方法を提供する。【解決手段】建設汚泥にアルカリ性改質固化材を添加して混合し改質固化処理土を生成する改質固化処理エリアと、前記改質固化処理土を半固体状になった段階でほぐすことで細粒化させたほぐし造粒土を生成するほぐし造粒手段と、熱せ...

    二酸化炭素の固定化技術による中性再生土製造システムおよび中性再生土製造方法

  3. 【課題】従来技術では防除困難なまたは防除不可能な有害生物を効率的に防除するための新たな技術の提供。【解決手段】第一の有効成分として、化合物(A-3)等の化合物(A)の群、若しくはそれらの塩から選択される1種または2種以上の化合物と、第二の有効成分として、イソプロチオラン(B-1)、塩基性硫酸銅(B-2)等の化合物(B)の群、若しくはそれらの塩から選択される1種または2...

  4. 【課題】フッ素ゴム層とポリマー層とが十分な接着強度で接着しており、なおかつ、フッ素ゴムを架橋させる際のフッ素ゴム層の収縮を抑制することができる積層体を提供すること。【解決手段】フッ素ゴム層とポリマー層とを備える積層体であって、前記フッ素ゴム層が、フッ素ゴム、塩基性の多官能化合物、および、ポリテトラフルオロエチレンを含有するフッ素ゴム組成物から形成されており、前記ポリテ...

    積層体および押出成形品

  5. 【課題】カーボン濃度が0.08〜0.25質量%の中炭素鋼の連続鋳造において、鋳片表面の割れの抑制と、凝固シェルとモールドの間の潤滑とをより高度に両立することができるモールドパウダーを提供する。【解決手段】モールドパウダーは、SiO2とCaOを主成分として含み、CaOのSiO2に対する質量比(CaO/SiO2)が1.1以上2.5以下であり、K2Oの含有量は1.0〜10....

  6. 【課題】環境湿度によらず、安定して正確な経過時間を示すことが可能なタイムインジケーターおよびタイムインジケーター付外用貼付剤を提供する。【解決手段】、基材1と、基材の一方の面に配置されたインジケーター層2と、インジケーター層に隣接して配置された吸湿層3と、を有し、インジケーター層が、水酸化カルシウム、指示染料、およびバインダー樹脂を含み、指示染料は、アルカリ性領域から...

    タイムインジケーターおよびタイムインジケーター付外用貼付剤

  7. 【課題】二酸化炭素を吸収した時間履歴に応じて色調が変化するタイムインジケーターに好適に用いられる包装体を提供する。【解決手段】二酸化炭素および水と反応し、二酸化炭素を吸収した時間履歴に応じて色調が変化するタイムインジケーターに用いられるタイムインジケーター用包装体1Aであって、少なくとも吸湿性積層フィルム10を有し、ガスバリア性を有しており、上記吸湿性積層フィルムが、...

    タイムインジケーター用包装体

  8. 【課題】密閉容器内の湿度を低下させることが可能なモールド型静止誘導機器を提供する。【解決手段】モールド型静止誘導機器は、内部に変圧器本体を収納し、空気を封入する密閉容器と、前記空気を冷却する熱交換器と、前記密閉容器と前記熱交換器とを、上部で接続する上配管、及び下部で接続する下配管と、前記上配管に設けられた吸湿部と、を備え、前記空気は、前記密閉容器、前記上配管、前記熱交...

    モールド型静止誘導機器

  9. 【課題】焼結時に発生するNOxを低位維持するために、振動造粒プロセスを安定的に連続稼働させることが可能な、焼結原料の事前造粒方法を提供する。【解決手段】本発明に係る焼結原料の事前造粒方法では、凝結材と、該凝結材に対して3質量%以上(外数)の生石灰及び/又は消石灰とを、1軸又は複数軸の撹拌羽根を有する混練機10に装入し、混練機10に装入する原料の総量に対する水分の割合(...

    焼結原料の事前造粒方法

  10. 【課題】焼結生産性を高位維持するために、振動造粒プロセスを安定的に連続稼働させることが可能な、焼結原料の事前造粒方法を提供する。【解決手段】本発明に係る焼結原料の事前造粒方法は、粉鉱石と、該粉鉱石に対して3質量%以上(外数)の生石灰及び/又は消石灰とを、1軸又は複数軸の撹拌羽根を有する混練機10に装入し、混練機10に装入する原料の総量に対する水分の割合(内数)を8質量...

    焼結原料の事前造粒方法

  11. 【課題】使用済みリチウムイオン電池の加熱処理を比較的効率良く行うことができる、使用済みリチウムイオン電池からの有価物回収方法を提供する。【解決手段】本発明に係る使用済みリチウムイオン電池からの有価物回収方法は、正極及び負極と、前記正極と前記負極との間に配され、かつ有機高分子化合物を含むセパレータとを備え、該セパレータに、有機溶媒を含む電解液を保持させている使用済みリチ...

    使用済みリチウムイオン電池からの有価物回収方法

  12. 【課題】得られるコークスが高強度であり、且つ、高反応性を有するのみならず、さらに、得られるコークスの粒径を向上させることが可能なコークスの製造方法を提供する。【解決手段】石炭にフライアッシュを添加して添加炭を得る工程と、添加炭を乾留する工程とを含むコークスの製造方法である。特に、フライアッシュの種類や粒径分布、および配合炭全体に対する添加量を最適化する。具体的には、添...

    コークスの製造方法

  13. 【課題】生コンクリートスラッジを廃棄処分することなく、セメント原料の一部として用いてセメントを製造する方法を提供することである。【解決手段】ロータリーキルン1とクーラー3を含むセメント製造装置7を用いてセメントを製造する方法であって、ロータリーキルン1の窯前4とクーラー3内のいずれかの位置であって、温度が200〜1,350℃である位置に、生コンクリートスラッジの脱水処...

    セメントの製造方法

  14. 【課題】 溶鋼に真空脱ガス精錬を実施する際に、溶鋼中の水素濃度分析によるコスト増加を招くことなく、真空脱ガス精錬前の溶鋼中の水素濃度を精度良く推定する。【解決手段】 本発明に係る溶鋼中の水素濃度推定方法は、減圧下で溶鋼中の水素を除去する真空脱ガス精錬が溶鋼に施される前の溶鋼中の水素濃度を推定する方法であって、真空脱ガス精錬前の溶鋼中の水素濃度を、真空脱ガス精錬に先...

    溶鋼中の水素濃度推定方法及び溶鋼の真空脱ガス精錬方法

  15. 【課題】食品全体が均一に温まり、出来立てのような状態で賞味することができる発熱式どんぶり弁当を提供する。【解決手段】蓋付きのどんぶり形状の容器に、発熱材と、トレーと、密封された具材と、包装米飯と、が収納されている発熱式どんぶり弁当であって、具材に含まれる水分量が20〜40重量%であり、米飯に含まれる水分量が60.0〜68.0重量%であり、発熱材の総発熱量が27〜35k...

    発熱式どんぶり弁当

  16. 【課題】テトラヒドロほう酸塩の新規な製造方法を提供すること。【解決手段】ほう酸塩及び水素化マグネシウムの混合物を、水素(H)を構成元素として含有するガス雰囲気で350℃以上に加熱する熱処理工程を備える、テトラヒドロほう酸塩の製造方法。

    テトラヒドロほう酸塩の製造方法

  17. 【課題】環境に対する負荷を低減しつつ、低コストで土壌の固化を行い得る技術を提供する。【解決手段】土壌固化材は、石灰と、石膏と、石を破砕して砕石を生産する際に発生する砕石ダスト、石灰ダスト、及び細骨材のうちのいずれか1つと、を含む。

  18. 【課題・解決手段】水溶性製品を製造するためのプロセスであって、水溶性繊維状親連続プライウェブを供給する工程であって、親連続プライウェブが、操作者縁部と駆動縁部との間で横断方向に延在する、供給する工程と、供給する機械方向において親連続プライウェブを切断して、駆動縁部を含む第1の連続プライウェブと、操作者縁部を含む第2の連続プライウェブと、を工程と、操作者縁部及び駆動縁部...

    多プライ繊維状水溶性製品の作製プロセス

  19. 【課題・解決手段】本開示は、表面改質炭酸カルシウムを製造するための方法であって、炭酸カルシウムまたはその前駆体を、親水性サブユニットおよび疎水性サブユニットを含む少なくとも1つの両親媒性コポリマーと接触させるステップを含み、親水性サブユニットが、カルボン酸基またはその塩もしくは誘導体を含む少なくとも1つのエチレン性不飽和化合物に由来し、疎水性サブユニットが、疎水基を含...

    改善された炭酸カルシウム粉末の製造のための表面改質剤としての両親媒性コポリマー

  20. 【課題・解決手段】水溶性製品を製造する方法であって、水溶性繊維性の第1のプライを提供する工程と、当該第1のプライ以外の表面上に形成される水溶性繊維性の第2のプライを提供する工程であって、当該第2のプライが当該第1のプライと分離している、工程と、当該第1のプライ及び当該第2のプライを重ね合わせる工程と、当該第1のプライの第1の部分を当該第2のプライの第2の部分に接合して...

    多プライ繊維性水溶性製品の製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 41