環状グアノシン一リン酸 に関する公開一覧

環状グアノシン一リン酸」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「環状グアノシン一リン酸」の詳細情報や、「環状グアノシン一リン酸」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「環状グアノシン一リン酸」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(668件中)1/34ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、新規5−(カルボキサミド)−1−ピリジニル−1,2,4−トリアゾール誘導体、そのような化合物の製造方法、そのような化合物を含有する医薬組成物、ならびに疾患の治療および/または予防のための、特に、腎臓および心血管疾患の治療および/または予防のためのそのような化合物または組成物の使用に関する。

  2. 【課題・解決手段】本発明は、免疫原性環状ジヌクレオチドを含むウイルス様粒子を調製する方法及びがんを治療するためのその使用に関する。

    環状ジヌクレオチドを含むウイルス粒子を調製する方法及びがんを治療するための前記粒子の使用

  3. 【課題・解決手段】本発明は、キャリアがCNP部分の環部分に共有結合的に及び可逆的に結合しているCNPプロドラッグ、そのようなCNPプロドラッグを含む医薬組成物、それらの使用、及び本発明のCNPプロドラッグにより治療可能な疾患の治療方法に関するものである。

    環部分にキャリア結合を有するCNPプロドラッグ

  4. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、細胞溶解素A(ClyA)の修飾または変異形態、およびそれを含む組成物に関する。特に、ClyAの修飾または変異形態は、低いまたは生理学的イオン強度で、修飾または変異ClyAナノポアを通じた、標的の負に荷電した分子またはポリマーの効率的な捕捉および/または移行を可能にする。したがって、ClyAの修飾または変異形態および組成物を...

    修飾ナノポア、それを含む組成物およびその使用

  5. 【課題・解決手段】本発明は、CNP部分−D;及び可逆的プロドラッグリンカー部分−L1−に結合しているキャリア部分−Z(可逆的プロドラッグリンカー部分−L1−は、共有結合的に及び可逆的に−Dに結合している。)を含むCNPプロドラッグ若しくはそれの製薬上許容される塩[−L2−は、化学結合又はスペーサーであり;−Zは少なくとも10kDaの分子量を有するポリマーである。]に関...

    大型のキャリアー部分を有するCNPプロドラッグ

  6. 【課題・解決手段】本発明は、in vitro NEP分解アッセイにおいて対応する放出されたCNP作動薬より少なくとも5倍長い分解半減期を有する徐放CNP作動薬、前記徐放CNP作動薬を含む医薬組成物、それらの使用及び治療方法に関するものである。

    増加したNEP安定性を有する徐放CNP作動薬

  7. 【課題・解決手段】本発明は、活性化可能なプロモーター、並びに前記活性化可能なプロモーターを含む発現システム、ベクター、送達システム、反応容器、水性物体及び組成物に関する。本発明は、前記活性化可能なプロモーターを含む水性物体の集合体及びネットワークを含む、組成物も提供する。本発明は、本発明の活性化可能なプロモーターを使用した、転写産物の発現方法及びポリペプチドの発現方法...

    改良されたプロモーター及び組成物

  8. 技術 新規使用

    【課題】CNS疾患、障害および/または損傷の処置および/または予防法の提供。【解決手段】CNS疾患、障害および/または損傷の予防および/または処置のための方法であって、PDE1阻害剤の有効量を対象に投与することを含み、ここで、PDE1阻害剤の投与が対象の細胞内cAMPレベルを調節する、方法。

  9. 【課題・解決手段】本開示は、骨関節炎を処置し、骨関節炎の1つまたは複数の症候を改善し、かつ骨関節炎成分を有する障害を処置するための、C型ナトリウム利尿ペプチド(CNP)の変異体の使用に関する。

    骨関節炎を処置するためのC型ナトリウム利尿ペプチド変異体の使用

  10. 【課題・解決手段】本発明は、式IのPDE4B阻害剤:(I)または薬学的に許容できるその塩[式中、置換基R1、R2、R3およびR4は、本明細書において定義されている通りである]を対象とする。本発明は、該化合物を含む医薬組成物、該化合物を使用する治療方法、および該化合物を調製する方法も対象とする。化1】。

    6,7−ジヒドロ−5H−ピラゾロ[5,1−b][1,3]オキサジン−2−カルボキサミド化合物

  11. 【課題】中枢神経系の疾患又は疾病及び代謝性疾患などの種々の疾患又は疾病を治療するのに有用なヘテロアリール化合物の提供。【解決手段】式(I)の化合物、又はその医薬として許容し得る塩若しくは立体異性体を含む、PDE-10阻害剤。

  12. 【課題・解決手段】本発明は、小児ヒト患者において心不全を処置するための方法および医薬組成物であって、アンギオテンシン受容体を遮断する治療剤およびNEP酵素を阻害する治療剤の組合せ、特にサクビトリルおよびバルサルタンの組合せの治療有効量または予防有効量を薬学的に許容される形態およびモル比1:1で前記患者に投与するステップを含む、方法および医薬組成物に関する。

  13. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)、(2S)−3−([1,1'−ビフェニル]−4−イルスルホニル)−N−[(1S)−3−ヒドロキシ−1−フェニルプロピル]−1,3−チアゾリジン−2−カルボキサミドのヒドロキシプロピルチアゾリジンカルボキサミド誘導体のL−バリネートエステル、ならびにその塩及び結晶多形を提供する。本化合物は、プロスタグランジンF受容体(PGF2アルファ...

    ヒドロキシプロピルチアゾリジンカルボキサミド誘導体のL−バリネート及びその塩形態、結晶多形

  14. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)または(II)の化合物と追加の治療剤とを含む薬学的組成物を提供する。式(I)の化合物のHCl塩及び結晶形態も提供される。本化合物は、プロスタグランジンF受容体(PGF2アルファ)を阻害し、したがって、妊娠初期における早期分娩などの障害の処置において有用である。

    ヒドロキシプロピルチアゾリジンカルボキサミド誘導体のアルファ−アミノエステル及びその塩形態、結晶多形

  15. 【課題】胃腸の疾患に対して有効であり、且つ経口投与に適する、グアニル酸シクラーゼ−C(GCC)アゴニストペプチドの新規製剤の提供。【解決手段】(1)少なくとも1つのGCCアゴニストペプチドを含有するコアと、(2)pH依存性ポリマー、膨潤性ポリマー、及び分解性組成物から選択される1つ又は複数の標的化物質と、を含むGCCアゴニスト製剤であって、該GCCアゴニストペプチドは...

    グアニル酸シクラーゼCアゴニストの製剤およびその使用方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、優れたホスホジエステラーゼ10A阻害作用を有し、統合失調症などの治療剤および/または予防剤等として有用な、4−(2,5−ジメチルピリミジン−4−イル)−N−(6−フルオロ−2−フェニル−[1,2,4]トリアゾロ[1,5−a]ピリジン−7−イル)−1−メチル−1H−ピラゾール−5−カルボキサミドのI型結晶、およびII型結晶、それら結晶の製造法...

    ピラゾール誘導体の結晶

  17. 【課題・解決手段】本発明は、式4R(I)の(4R)−4−(4−シアノ−2−メトキシフェニル)−5−エトキシ−2,8−ジメチル−1,4−ジヒドロ−1,6−ナフチリジン−3−カルボキサミドならびに式(I)の(4S)−および(4R)−4−(4−シアノ−2−メトキシフェニル)−5−エトキシ−2,8−ジメチル−1,4−ジヒドロ−1,6−ナフチリジン−3−カルボキサミドの代謝産物...

    (4S)−および(4R)−4−(4−シアノ−2−メトキシフェニル)−5−エトキシ−2,8−ジメチル−1,4−ジヒドロ−1,6−ナフチリジン−3−カルボキサミドの代謝産物の調製方法およびその使用

  18. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の(4S)−4−(4−シアノ−2−メトキシフェニル)−5−エトキシ−2,8−ジメチル−1,4−ジヒドロ−1,6−ナフチリジン−3−カルボキサミドを調製するための新規で改善された方法に関する。

    (4S)−4−(4−シアノ−2−メトキシフェニル)−5−エトキシ−2,8−ジメチル−1,4−ジヒドロ−1,6−ナフチリジン−3−カルボキサミドの調製方法および医薬品有効成分として使用するためのその精製方法

  19. 【課題・解決手段】N−アセチルシステイン(NAC)およびDTTと比較してより有効であるおよび/または粘膜表面からそれほど速やかに吸収されないおよび/または耐容性を一層良く示す粘液溶解化合物が提供される。化合物は、構造(Ia)−(Ib)を包含する式Iの化合物によって示され、構造の可変原子は、本明細書において定義されるとおりである。化1】。

    ジチオール粘液溶解剤の新規なプロドラッグ

  20. 本発明は、PDE1阻害剤としての式(I)【化1】 のイミダゾトリアジノン、ならびに特に神経変性疾患および精神疾患の治療のための薬剤としてのそれらの使用を提供する。

    PDE1阻害剤としてのイミダゾトリアジノン

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 34