獲得免疫 に関する公開一覧

獲得免疫」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「獲得免疫」の詳細情報や、「獲得免疫」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「獲得免疫」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,539件中)1/77ページ目

  1. 【課題】大きなペプチドパネルを合成および結合させる必要性を排除する治療薬の必要性が存在する。【解決手段】本発明は、ペプチドを結合させた生分解性ポリ(ラクチド−co−グリコリド)(PLG)粒子を含む組成物を提供する。特に、粒子の表面にペプチド分子を結合させるためにPLG粒子が表面官能化される(例えば、免疫学的寛容の誘発において使用するため)。

    ペプチドコンジュゲート粒子

  2. 【課題】改変赤血球凝集素を含むウイルス様粒子(VLP)を植物において生成する方法の提供。【解決手段】植物において活性であって、改変インフルエンザ赤血球凝集素(HA)タンパク質をコードするヌクレオチド配列に作動可能に連結した調節領域を含む核酸を、植物または植物の一部分に導入するステップを含み、改変HAタンパク質は、改変タンパク質分解性ループを含む。その後、核酸の発現を可...

    植物におけるインフルエンザウイルス様粒子の生成

  3. 【課題】オプソニンの糖鎖認識ドメイン、基質結合ドメイン、および該認識ドメインを固体表面結合ドメインに連結させるフレキシブルペプチドドメインを含む組換えオプソニンの提供。【解決手段】マンノース結合レクチン(MBL)の糖鎖認識ドメイン及びネック領域を含み、該糖鎖認識ドメインが微生物の表面に存在する少なくとも1つの糖鎖に結合する、分子であって、マンナン結合レクチン関連セリン...

    病原体の検出および治療のための改変オプソニン

  4. 【課題】呼吸器合胞体ウイルス(RSV)に使用可能なワクチンの提供。【解決手段】精製した呼吸器合胞体ウイルス(RSV)株L19(RSV-L19)を含むワクチン組成物。好ましくは、RSV-L19ウイルスがウイルス粒子に随伴する融合(F)および糖タンパク質(G)構造タンパク質の過剰生産者である、ワクチン組成物。さらに好ましくは、RSV-L19ウイルスが弱毒化ヒト呼吸器合胞体...

    ヒト呼吸器合胞体ウイルスワクチン

  5. 【課題】ニパウイルス又はヘンドラウイルスによって引き起こされる感染又は疾患を予防するためのワクチン又は治療薬の提供。【解決手段】ヘンドラ及び/又はニパウイルスG糖タンパク質と免疫刺激複合体(ISC)と少なくとも1種の賦形剤とを、ヘンドラ及び/又はニパウイルスに感受性のある対象への投与後に該ヘンドラ及び/又はニパウイルスに対する免疫防御を誘発するのに有効な量で含むワクチ...

    ヘンドラ及びニパウイルスG糖タンパク質免疫原性組成物

  6. 【課題】抗原特異的免疫細胞治療の実用化を実現するため、簡便性と安全性を兼ね備え、しかも低コストで効率よく大量に抗原特異的免疫細胞を好適に調製可能とする。【解決手段】細胞培養部となる凹部4が容器内壁面の一面に複数個凹設された培養容器1を用いて、凹部4に細胞を沈降させて目的細胞を調製する。

    細胞調製方法、及び細胞培養容器

  7. 【課題・解決手段】ある特定の実施形態では、HER2/neu抗原又はエピトープなどの腫瘍抗原に対する免疫応答を発生させるための方法及び組成物が提供される。特定の実施形態では、アデノウイルスに対して既存の免疫を有する個体のワクチン接種を可能にする、HER2/neu抗原又はエピトープなどの腫瘍抗原をコードする核酸配列を含有する組換えアデノウイルス系ベクターワクチンを構築し産...

    HER2/NEUを含む、腫瘍ワクチン接種及び免疫療法のための組成物及び方法

  8. 【課題・解決手段】第1の微細加工デバイスから第2の微細加工デバイスへ材料を転送する方法を提供する。少なくとも1つの磁性粒子が、第1の微細加工デバイスの少なくとも1つのマイクロウェルに装填され、そこで複数の細胞が培養される。第2の微細加工デバイスは、第1のマイクロウェルアレイの少なくとも1つのマイクロウェルが第2のマイクロウェルアレイの少なくとも1つのマイクロウェルと整...

    磁性粒子を用いたハイスループット微生物学適用高分解能システム、キット、装置および方法

  9. 【課題・解決手段】媒体を選択する方法が提供される。方法は、複数のマイクロウェルを含む微細加工デバイスを得るステップ、複数のマイクロウェルのそれぞれのマイクロウェルが媒体を含み、複数のマイクロウェルが複数の異なる媒体を含むように、複数の異なる媒体を複数のマイクロウェルに装填するステップ、試料から少なくとも1つの細胞を複数のマイクロウェルのそれぞれのマイクロウェルに充填す...

    ハイスループット微生物学適用高分解能システム、キット、装置、並びに結合的な媒体戦略を使用する方法

  10. 【課題】注入の際に前核が視覚的に観察できない動物のゲノムへの核酸分子の組み込みを可能にする、動物の標的化ゲノム編集の方法の提供。【解決手段】目的の核酸分子及び標的座位切断部位に隣接する配列を含む1本鎖オリゴヌクレオチド又は2本鎖核酸分子を含む組成物が、ヌクレアーゼ及びヌクレアーゼを標的座位に標的化するガイド核酸分子と共に動物の接合体に注入される。組成物は、受精後、核形...

    大型家畜の接合体における標的化ゲノム編集

  11. 【課題】Fc領域に改変によって、抗原結合分子の薬物動態が改善され、抗原結合分子の免疫応答が低減されたFc領域の提供。【解決手段】抗原結合分子のFc領域をpH中性域の条件下で二分子のFcRnおよび活性型Fcγレセプターの四者を含むヘテロ複合体を形成しないFc領域に改変することによって、抗原結合分子の薬物動態が改善され、抗原結合分子の免疫応答が低減されることを見出した。ま...

    抗原結合分子の血漿中滞留性と免疫原性を改変する方法

  12. 【課題】幹細胞よりナチュラルキラー細胞を発生させる方法を提供すること。【解決手段】多能性幹細胞よりNK細胞を作製するための方法であって、第1無血清培地の中で多能性幹細胞を培養すること、未分化幹細胞を凝集させて造血前駆細胞の作製のために培養される胚様体を形成すること、および無血清培地の中でそれらの前駆細胞を培養してNK細胞を作製することを含む方法。そのようなNK細胞を、...

    幹細胞よりナチュラルキラー細胞を発生させる方法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、抗TIM−3抗体および抗体組成物ならびに患者における免疫増強のための、例えば、癌の処置のための、それらの使用に関する。

    抗TIM−3抗体および組成物

  14. 【課題・解決手段】本開示は、がんの治療のための核酸(例えば、mRNA)併用療法の使用に関する。本開示は、組成物、ならびにそれらの調製、製造及び治療上の使用の方法を提供し、それらの組成物は、少なくとも2つのポリヌクレオチド(例えば、mRNA)を組み合わせて含み、少なくとも2つのポリヌクレオチドは、(i)免疫応答プライマー(例えば、IL23)をコードするポリヌクレオチド、...

    がんの治療のためのmRNA併用療法

  15. 【課題・解決手段】キメラポリオウイルスは、抗原提示細胞を活性化することができる。この抗原提示細胞の活性化は、in vitro、ex vivo、又はin vivoであってもよい。活性化抗原提示細胞は、単独で、又は抗原若しくはワクチンと共に投与され得る。活性化抗原提示細胞は、in vitro又はex vivoで抗原担持して、抗原担持活性化抗原提示細胞を形成し得る...

    キメラポリオウイルスで抗原提示細胞を活性化するための組成物及び方法

  16. 【課題】DNA修復阻害剤を使用してヌクレアーゼ媒介性ゲノム修飾を増加させるための方法および組成物を提供すること。【解決手段】一局面において、細胞における標的化されたゲノム破壊のための方法が提供され、上記方法は:少なくとも1種のヌクレアーゼを上記細胞に投与するステップであって、上記ヌクレアーゼが、上記細胞における内因性ゲノム配列を開裂する、ステップと、典型的または代替的...

    ヌクレアーゼ媒介性遺伝子破壊を増強するための方法および組成物

  17. 【課題・解決手段】本発明は、固形癌に罹患した患者をクラス分けするための方法、特に固形癌に罹患した患者の生存時間の予後診断のための方法、および/または固形癌に罹患した患者の抗腫瘍治療に対する応答性を検査するための方法に関する。該方法は、複数の免疫応答マーカーを定量化し、参照分布と比較して、値が対応する分布のパーセンタイルを決定することに基づく。異なるマーカーの決定パーセ...

    固形腫瘍を有する患者をクラス分けするための方法

  18. 【課題・解決手段】本開示は、ヒトインターロイキン−12(IL12)、その機能的断片、およびIL12を含む融合タンパク質をコードする連結したヌクレオシドのオープンリーディングフレームを含むポリヌクレオチドに関する。一部の実施形態では、オープンリーディングフレームは、配列最適化されている。特定の実施形態では、本開示は、ヒトIL12のポリペプチド配列をコードするヌクレオチド...

    インターロイキン−12(IL12)をコードするポリヌクレオチドおよびその使用

  19. 【課題・解決手段】本発明者らは、BALB/cマウスにおいて転移性4T1乳房腫瘍モデルを開発した。本発明者らは、バロプロ酸(VPA)との組み合わせにおける異種胚性幹細胞を用いたワクチン接種によって、乳癌に対してより高い抗腫瘍応答が生成され、転移発生が阻害されることを示した。本発明者らは、これらの応答が、ESC又はiPSCの単独使用と比較して、治療レジメンにおけるバルプロ...

    癌を処置するための方法及び組成物

  20. 【課題】がんを治療するための、C1ORF32特異的抗体、該抗体のフラグメント、ならびに、該抗体を含む代替足場、複合体および組成物の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列を有するC1ORF32ポリペプチドのいずれか1つ、ならびに/または、そのフラグメントおよび/もしくはエピトープに特異的に結合する抗原結合部位を含む、各種のがんの治療に適したモノクローナル抗体、ポリクローナ...

    C1ORF32抗体およびがんの治療のためのその使用

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 77