牛胎児血清 に関する公開一覧

牛胎児血清」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「牛胎児血清」の詳細情報や、「牛胎児血清」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「牛胎児血清」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(7,274件中)1/364ページ目

  1. 技術 保存液

    【課題】細胞、組織または器官用保存液の提供。【解決手段】TRPチャネルのアゴニストおよび/またはTRPチャネルのTRPCのアンタゴニストを含む、細胞、組織または器官用保存液を用いる。

    保存液

  2. 【課題】脂肪由来幹細胞由来の骨三次元構造体を製造できる方法を提供する。【解決手段】骨形成能を有する脂肪由来幹細胞シートから得られた骨分化能を有する脂肪由来幹細胞シート由来の細胞塊を融合して、骨三次元構造体を作製することができることを確認した。

    脂肪由来幹細胞シート由来の骨三次元構造体及び該構造体の作製方法

  3. 【課題】新規フザラミン物質若しくはその塩、又はその水和物若しくは溶媒和物、その製造方法、および、医薬組成物に関する。【解決手段】ヒト急性前骨髄性白血病由来細胞株、ヒトT細胞性白血病由来細胞株、およびヒト急性単球性白血病由来細胞株に対して特異的に増殖抑制活性を示す物質として、土壌から分離した糸状菌Fusarium sp. FKI−7550株の培養液から得られる、下記...

  4. 【課題】HDAC阻害作用を有し、神経変性疾患を含む中枢神経疾患等の治療に有用な複素環化合物及びそれを含有する医薬を提供する。【解決手段】本発明は、式(I):[式中、各記号は明細書中で定義した通りである。]で表される化合物またはその塩に関する。

    複素環化合物

  5. 【課題】吸着性能と微粒子発生の抑制を両立できる血液浄化用担体を提供すること。【解決手段】本発明は、海成分と島成分とからなる海島複合繊維を含み、該海島複合繊維の引張応力をA、該島成分の引張応力をBとしたとき、BをAで除した値(B/A)が、1.7〜5.0であり、上記海島複合繊維の表面に、ポリアミン、ポリスルホン酸又はポリカルボン酸を含むリガンドが結合している、血液浄化用担...

  6. 【課題】高いリジン特異的脱メチル化酵素(LSD)1阻害活性、LSD1阻害に対する高い選択性、及び/又は様々な疾患に対する有用な治療効果を有する新規化合物の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物、その立体異性体若しくはそれらの塩、又はそれらの溶媒和物。[Lは単結合、アルキレン等;Aは置換/非置換のシクロアルキル、置換/非置換のヘテロ環等]。

    リジン特異的脱メチル化酵素1阻害活性を有する新規化合物、その製造方法及びその用途

  7. 【課題】多種多様な培養容器でも培地を安定して監視可能にする。【解決手段】培養容器3内の培養液に照明光を照射する照明光源15および集光レンズ17と、複数の微小な反射要素19aが配列されたアレイを有し、照明光源15および集光レンズ17との間に培養容器3を挟んで配置され、培養容器3内の培養液を透過した照明光を反射する再帰性反射部材19と、再帰性反射部材19によって反射された...

    培地モニタリング装置

  8. 【課題】大量に入手し易く、簡素な化学構造であって、損傷を受けたヌクレオチドの除去修復を阻害する活性が強くて、毒性が低く安全性が高いヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有し原発巣の癌細胞のような腫瘍細胞のDNAを損傷させる腫瘍治療のために用いられる増強剤及び抗腫瘍剤の提供。【解決手段】下記ラクトン化合物(1)と、下記ナフトキノン化合物(3)、又はそれの薬学的に許容される...

    ヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有する腫瘍治療の増強剤及び抗腫瘍剤

  9. 【課題】 ヒトを含む様々な動物種において、プライム型多能性幹細胞または体細胞からナイーブ型多能性幹幹細胞を簡便に得る方法を提供する。【解決手段】 プライム型多能性幹細からナイーブ型多能性幹細胞を製造する方法であって、(A)プライム型多能性幹細胞を、βカテニン−P300相互作用阻害剤で処理する、または(B)プライム型多能性幹細胞におけるβカテニンの高次構造を、リジン...

    ナイーブ型多能性幹細胞の製造方法、幹細胞のナイーブ化方法および保存方法

  10. 【課題】肝臓脂肪合成抑制作用を有する成分を含む食品組成物の提供。【解決手段】Ala-Gly、His-Asn、His-Ser、His-Thr、His-Trp、Val-Met、Trp-Glu、Trp-Lys、Tyr-Lys、Tyr-Ser又はTyr-Tyrから選択されるジペプチドを有効成分として含有する、肝臓脂肪合成抑制用食品組成物。

    肝臓脂肪合成抑制用食品組成物

  11. 【課題】肝臓脂肪合成抑制作用を有する成分を含む食品組成物の提供。【解決手段】Val-Ile-Leu、Gly-Ser-Leu、Val-Leu-Gln、His-Ala-Gln、Arg-Ala-Val、Lys-Leu-Gly、Ile-Val-Ile、Lys-Pro-Ile、Leu-Val-Ile、Leu-Arg-Asp、Gln-Glu-Glu、Ser-Gly-Glu、Arg...

    肝臓脂肪合成抑制用食品組成物

  12. 【課題】光増感剤およびその誘導体、使用を提供する。【解決手段】係る光増感剤は、一般式Iの構造を有する「ただし、XはSまたはSeであり、Yは有機または無機イオンであり、R1およびR2はそれぞれ独立してH、アルキル基、アルコキシ基、アミド基、アルキルアジド基などであり、R3はH、アルキル基、アルコキシ基、アミノ基、スルホニル基、ヒドロキシ基およびカルボキシ基から選択される...

    光増感剤、その誘導体および用途

  13. 【課題】多能性幹細胞から、網膜細胞又は網膜組織を製造する方法。【解決手段】下記工程(1)及び(2)を含む、Oct3/4陽性細胞、並びに、Sox2、Sox1、Pax6及びOtx2からなる群から選択される1以上を発現する細胞を含む細胞凝集体の製造方法;(1)ヒト多能性幹細胞を、フィーダー細胞非存在下で、未分化維持因子を含む培地で培養する第一工程、(2)第一工程で得られた多...

    網膜組織の製造方法

  14. 【課題】 冷却処理による培養細胞の回収を高回収率で可能にする方法を提供すること。【解決手段】 水に対する下限臨界溶解温度(LCST)が0℃〜50℃の範囲にある温度応答性重合体とHLB値(グリフィン法)が7以上20以下の範囲にある親水性重合体とHLB値(グリフィン法)が0以上7未満の疎水性重合体を含む温度応答性ブロック共重合体が被覆された培養基材を用いた接着細胞の培...

  15. 【課題】抗原の細胞内への取込が促進されるとともに、1分子の抗体が結合できる抗原の数を増加させることが可能になり、抗体の投与により血漿中の抗原減少を促進するとともに、抗体の薬物動態を長くすることが可能となる、抗原結合分子、抗原結合分子を含む医薬組成物、及びそれらの製造方法の提供。【解決手段】糖鎖受容体結合ドメインを含み、血漿中でのpHにおける抗原結合活性と比較して早期エ...

    糖鎖受容体結合ドメインを含む抗原の血漿中からの消失を促進する抗原結合分子

  16. 【課題】抗ウイルス作用、特にHIV複製阻害活性を有する新規化合物およびそれを含有する医薬、特に抗HIV薬を提供する。【解決手段】式(I)の化合物。(式中、A3は、CR3A、CR3AR3B、NまたはNR3C;R3A、R3B、R4AおよびR4Bは、独立して、水素、ハロゲン、シアノ、置換・非置換のアルキル、置換・非置換のアルキニル、または置換・非置換の非芳香族炭素環式基;R...

  17. 【課題】分子標的剤と呼ばれる細胞中の信号伝達経路に作用する薬剤が開発されている。しかし、その副作用は患者にとっては負担が軽いとはいえない。したがって、副作用が少なく、癌細胞の増殖抑制効果の大きな物質は、健康食品や医薬組成物として依然として要望されている。【解決手段】メロンスプラウトのヘキサン抽出画分には、特異的に癌細胞の細胞増殖を阻害する効果があり、これら主成分とする...

    メロンスプラウト由来物質を主成分とする加工食品および医薬組成物

  18. 【課題】 遺伝子修復作用を呈するポリフェノール誘導体を提供する。【解決手段】 ポリフェノール誘導体とはポリフェノール、ピリジンのカルボン酸体及びグリセリンから構成される両親媒性化合物である。この製造方法はコケモモと大豆をヒト皮膚常在菌であるスタフィロコッカス エピデルミスを添加して発酵させて発酵液として得られ、さらにダイヤイオンHP−20で精製する工程からなる。...

  19. 【課題】認知症等のような脳神経疾患の予防、改善等に寄与しうる有用な機能や作用(神経細胞死抑制作用)を有する組成物を提供すること。【解決手段】ヤマブシタケ由来原料の乳酸発酵成分、大豆の乳酸発酵成分、イチョウ葉由来原料の乳酸発酵成分及び植物性乳酸菌の生菌をその有効成分として含み、神経細胞の活性酸素による細胞死を抑制する、神経細胞死抑制用組成物。

    神経細胞死抑制、血管内皮細胞障害抑制、神経栄養因子産生促進、抗血栓因子産生促進または認知機能障害抑制のための組成物

  20. 【課題】インビトロで培養した細胞を含む培地に溶出した培養基材由来の高分子化合物を定量する方法を提供すること。【解決手段】インビトロで培養した細胞を含む培地に溶出した1μg/mL以上10mg/mL以下の培養基材由来の高分子化合物を、有機溶媒を用いて高分子化合物を抽出する工程、サイズ排除クロマトグラフィーを用いて高分子化合物を分離する工程、高分子化合物由来の検出強度から高...

    溶出物試験方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 457