無為 に関する公開一覧

無為」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「無為」の詳細情報や、「無為」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「無為」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,437件中)1/72ページ目

  1. 【課題】粉体供給装置が備えるフィーダのチューニングに伴う手間及び工数を削減し、チューニングにより廃棄され無駄となる粉体の量を減らす。【解決手段】貯留している粉体を吐出するフィーダを備える粉体供給装置と、フィーダが吐出する粉体の供給を受ける充填装置を備え同充填装置が充填する粉体を用いた後工程の処理を実施する機器とを具備する処理システムにあって、充填装置による粉体の充填及...

    粉体を用いる処理システム及びその制御方法

  2. 【課題】混合気への点火における放電回数の制御とEGRガスの還流量の制御とを両立させ最適化する。【解決手段】EGR装置が付帯する火花点火式内燃機関を制御するものであって、マルチ点火許可条件が成立していることを条件としてマルチ点火を実行し、さもなくば一回点火を実行することとし、EGRガス量を増量することが許される場合における内燃機関の運転領域とEGRバルブの開度との関係を...

    内燃機関の制御装置

  3. 【課題】 フェライト系磁性材料よりも高い透磁率を有し、金属系磁性材料よりも電気抵抗率が高いために渦電流損失などの問題点を解決する、新しい高周波用複合磁性材料とその製造方法を提供する。【解決手段】 粒形状を調整した窒化物系磁性材料(希土類−鉄−窒素系磁性材料)に、円形度の高い鉄粉やナノセラミックス粒子を配合し、さらに、溶解性パラメータの高いセグメントを有した樹脂を用...

  4. 技術 記録装置

    【課題】簡易な構成によって搬送ベルトの厚みの変動に応じてインクの吐出タイミングを変化させることにより、装置の大型化や高コスト化を招くことなく良好な画像を形成すること。【解決手段】記録装置101は、回動して記録媒体Pを搬送する無端状の搬送ベルト303と、搬送ベルト303により搬送される記録媒体Pに対してインクを吐出して記録を行う記録ヘッド200と、搬送ベルト303の回動...

    記録装置

  5. 【課題】 アプリケーションソフトウェアを用いて所望の目的を達成するためのユーザの負担を軽減させるための技術を提供すること。【解決手段】 アプリケーションソフトウェアに対して入力された指示を取得する。アプリケーションソフトウェアを実行したことで表示される画面が表すシーンを表すシーン情報を取得する。指示とシーン情報とに基づいてコマンドファイルを取得する。コマンドファイ...

    情報処理装置、情報処理方法、コンピュータプログラム

  6. 【課題・解決手段】本発明は、タンパク質の調節かつ制御された発現のための組成物及び方法に関する。対象における抗がん免疫応答を誘導するための方法もまた、提供される。本発明は、免疫療法のための組成物及び方法を提供する。本組成物は、細胞または対象における抗がん免疫応答を誘導する調節可能なシステム及び薬剤に関する。調節可能なシステム及び薬剤は、少なくとも1つの刺激に応答する少な...

    免疫療法のためのPDE5組成物及び方法

  7. 【課題・解決手段】本発明は、タウ凝集阻害剤の分野に関する。より具体的には、本発明は、抗アミロイド治療薬に関する。より具体的には、本発明は、ある特定のペプチドで凝集関連状態または疾患を治療する薬学的組成物および方法を提供する。本発明は、タウタンパク質の凝集を阻害する活性を呈するペプチドを提供する。本出願は、例えば、タウまたはタウ原線維と結合するペプチドに関する。本発明は...

    タウ凝集阻害剤

  8. 技術 遊技機

    【課題】複雑・高度な音声演出を円滑に可能な遊技機を提供する。【解決手段】所定のスイッチ信号に基づいて抽選処理が実行されると共に、一連の変動演出において、必要時には、抽選結果を所定の信頼度で不確定に予告する予告演出が実行されるよう構成される。音声演出の背景音は、専用チャンネルCH0,CH1で再生され、再生された背景音の再生音量は、多段階に設定可能に構成され、前記予告演出...

    遊技機

  9. 【課題】気分障害、不安障害、および意欲低下障害のための新規治療薬を提供する。【解決手段】ペプチドまたはその塩である化合物であって、前記ペプチドが:a.5〜12アミノ酸長であり;b.アミノ酸配列LSSTQAQQSX1由来の少なくとも5個の連続したアミノ酸を含むアミノ酸配列を有し;およびc.アミノ酸配列LSSTQAQQSY、LSSTQAQQS、LSSTQAQQSWまたはL...

    精神疾患を治療するためのペプチドおよびペプチドコンジュゲート

  10. 【課題】アルツハイマー病におけるタウオパチーを診断、モニタリング、予防及び治療する有効な手段を提供する。【解決手段】微小管結合タンパク質タウに特異的に結合する抗体及び抗原結合断片で、正常ヒト脳組織内のタウを検出し、又はヒトアルツハイマー病及び進行性核上性麻痺脳組織内のタウ沈着物を検出する抗タウ抗体、及びその抗原結合断片を開示する。また、開示する抗タウ抗体、及びその抗原...

    微小管結合タンパク質タウに特異的に結合する抗体及び抗原結合断片

  11. 【課題】散布対象領域の中の所望の領域(区域、位置、場所)に所望の散布量で散布物の散布を可能とする散布処理装置を提供する。【解決手段】航空機1に搭載されて所定の散布物を散布する散布機2を制御可能な散布処理装置3aであって、散布対象領域に設定された複数の区域の各区域の位置情報と、各区域における所定の散布物の散布量を表す散布量情報とを互いに対応付けた散布量マップ情報を記憶す...

    散布処理装置

  12. 技術 遊技機

    【課題】斬新な音声演出を誤動作なく円滑に実現可能な遊技機を提供する。【解決手段】音声プロセッサ42の音声制御レジスタに動作パラメータを設定して再生チャンネルCHnの動作を制御して音声演出を実現する演出制御部22を設ける。音声演出に使用される可能性のある音声プロセッサ42の全再生チャンネルCHnについて、その再生音量を規定値に設定するリフレッシュ処理を設け、変動演出に対...

    遊技機

  13. 【課題】火花点火式内燃機関における点火のためにエネルギを効率的に利用しながら良好な着火燃焼を実現する。【解決手段】点火コイルに通電後その通電を遮断することで生じる誘導電圧を点火プラグの電極に印加しその電極間に放電を惹起する火花点火式内燃機関の制御装置であって、一つの気筒の一度のサイクル中に点火を目的として二回以上の放電を実行するものであり、その一回目の放電が持続してい...

    内燃機関の制御装置

  14. 【課題】内燃機関においてマルチ点火を実施するにあたり、二回目以降の放電を惹起する準備として点火コイルに通電する時間の長さを適正化ないし最適化する。【解決手段】点火コイルに通電後その通電を遮断することで生じる誘導電圧を点火プラグの電極に印加しその電極間に放電を惹起する火花点火式内燃機関を制御する制御装置であって、一つの気筒の一度のサイクル中に点火を目的として二回以上の放...

    内燃機関の制御装置

  15. 【課題】火花点火式内燃機関において、マルチ点火を実施する際の放電の実行回数を適正化し、不適切なアフタファイヤまたはバックファイヤを抑止しながら良好な着火燃焼を実現する。する。【解決手段】点火コイルに通電後その通電を遮断することで生じる誘導電圧を点火プラグの電極に印加しその電極間に放電を惹起する火花点火式内燃機関を制御する制御装置であって、一つの気筒の一度のサイクル中に...

    内燃機関の制御装置

  16. 【課題】火花点火式内燃機関において、マルチ点火を実施する際の放電の実行回数を適正化し、点火コイルの損傷を抑止しながら良好な着火燃焼を実現する。【解決手段】点火コイルに通電後その通電を遮断することで生じる誘導電圧を点火プラグの電極に印加しその電極間に放電を惹起する火花点火式内燃機関を制御する制御装置であって、一つの気筒の一度のサイクル中に点火を目的として二回以上の放電を...

    内燃機関の制御装置

  17. 【課題】火花点火式内燃機関において、必要なときに限定してマルチ点火を実施し、またマルチ点火における放電の実行回数を適正化して、エネルギを効率的に利用しながら良好な着火燃焼を実現する。【解決手段】点火コイルに通電後その通電を遮断することで生じる誘導電圧を点火プラグの電極に印加しその電極間に放電を惹起する火花点火式内燃機関を制御する制御装置であって、一つの気筒の一度のサイ...

    内燃機関の制御装置

  18. 技術 遊技機

    【課題】斬新な音声演出を容易に実現できる遊技機を提供する。【解決手段】音声信号を再生する複数M個の再生チャンネルには、各々、複数N個のスピーカへの出力音量を纏めて制御可能な第一ボリュームV1と、複数N個のスピーカの一部である最大4個の演出スピーカへの音量を纏めて制御可能な第二ボリュームV2と、第二ボリュームが関与しない他のスピーカへの音量を制御可能な第三ボリュームV3...

    遊技機

  19. 【課題】アルツハイマー病又は他のタウオパシーを治療、予防、及び診断するための方法及び組成物の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列からなる免疫原性タウペプチド、又は前記免疫原性タウペプチドのエピトープを特異的に認識する1つ以上の抗体で、免疫原性タウペプチドでの免疫によって誘導された抗体、又は、そのようにして誘導された抗体に由来する抗体を含む組成物。前記免疫原性タウペプチ...

    病理学的タウタンパク質の免疫学的標的化方法

  20. 【課題】本発明は、概して、血管芽細胞から誘導された間葉系間質細胞(MSC)の新規な調製物、及びこのようなMSCを使用して病態を治療する方法に関する。【解決手段】本発明の方法は、効力を保持している若々しい表現型を有する相当数のMSCを産生し、これは病態の治療に有用である。例えば、哺乳動物患者における使用に好適な医薬調製物であって、少なくとも106個の間葉系間質細胞と薬学...

    間葉系間質細胞及びその関連用途

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 56