点火コイル に関する公開一覧

点火コイル」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「点火コイル」の詳細情報や、「点火コイル」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「点火コイル」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(602件中)1/31ページ目

  1. 技術 点火装置

    【課題】燃費の向上が図られる点火装置を提供すること。【解決手段】本実施形態の点火装置1は、内燃機関用の点火装置であって、点火プラグ2、運転情報取得部4及び点火制御部5を備える。点火プラグ2は、副室21と副室21から主燃焼室3に向けて火炎を噴出させる噴孔22とを有する。運転情報取得部4は、内燃機関の運転状態に関する運転情報を取得する。点火制御部5は、運転情報取得部4が取...

    点火装置

  2. 【課題】ハイブリッド車両にあって、運転者がブレーキペダルを踏むタイミングで内燃機関が起動することを抑制する。【解決手段】内燃機関の回転が停止した状態で走行している状況下で、内燃機関に付帯するブレーキブースタに蓄えている負圧が閾値を下回ったときに、モータリング用電動機により内燃機関を回転させるモータリングまたは内燃機関に燃料を供給してこれを始動し回転させるファイアリング...

    ハイブリッド車両の制御装置

  3. 【課題】車両に搭載された内燃機関の回転数のフィードバック制御中に生じるハンチングを抑制ないし緩和する。【解決手段】内燃機関の回転数を目標回転数に収束させるフィードバック制御を実施している際、内燃機関の出力軸と車両の駆動輪との間に介在するクラッチを切断状態から接続状態に切り換えるとき、またはクラッチを接続状態から切断状態に切り換えるときに、トルクコンバータのタービンの回...

    車両の制御装置

  4. 【課題】車両に搭載された内燃機関の経年変化や個体差による影響を吸収し、モータリング中に発生する吸気負圧の大きさを精度よく制御する。【解決手段】発電機に発電のための駆動力を供給できる、または駆動輪に走行のための駆動力を供給できる内燃機関と、前記内燃機関に当該内燃機関を回転させるための駆動力を供給できる電動機とを具備する車両を制御するものであって、前記電動機により前記内燃...

    車両の制御装置

  5. 【課題】運転者の操作によらず自動的にクラッチの締結を緩めてクラッチの入力側を出力側に対して滑らせる減圧スリップ制御中のエンジン回転数の吹き上がりを適切に抑止する。【解決手段】車速が0または0に近い所定値以下であるときに、内燃機関の出力軸と車両の駆動輪との間に介在するクラッチにおける入力側を出力側に対して相対的に滑らせるものであり、その滑りが過剰となってエンジン回転数の...

    車両の制御装置

  6. 【課題】ハイブリッド車両にあって、ブレーキブースタに蓄える負圧の確保と車両の加速性能との両立を図る。【解決手段】ブレーキブースタに蓄えている負圧が下限閾値を下回ったときに、モータリング用電動機により内燃機関を回転させるモータリングまたは内燃機関に燃料を供給してこれを始動し回転させるファイアリングを行い、ブレーキブースタに蓄えている負圧が下限閾値よりも高い上限閾値以上に...

    ハイブリッド車両の制御装置

  7. 【課題】車載の内燃機関の排気通路に装着された触媒のダイアグノーシスの精度の向上を図る。【解決手段】車両に搭載された内燃機関の排気通路に装着されている排気ガス浄化用の触媒の酸素吸蔵能力を推定し、その酸素吸蔵能力が閾値以上であるか否かを判定することで触媒が劣化しているかどうかを診断するものであって、車両が所在する場所の降雨または降雪の有無に応じて、前記閾値と比較するべき前...

    車両の制御装置

  8. 【課題】ハイブリッド車両にあって、運転者がブレーキペダルを踏むのを止めたタイミングで内燃機関が起動することを抑制する。【解決手段】ブレーキブースタに蓄えている負圧が下限閾値を下回ったときに、モータリング用電動機により内燃機関を回転させるモータリングまたは内燃機関に燃料を供給してこれを始動し回転させるファイアリングを行うものであり、運転者によりブレーキペダルが踏まれた段...

    ハイブリッド車両の制御装置

  9. 【課題】ハイブリッド車両にあって、速やかなる加速を要求する運転者の意思に合致したレスポンスを実現する。【解決手段】走行用電動機が駆動輪を駆動して力行し、かつ車載の蓄電装置が出力可能な電力が力行のために走行用電動機が消費する電力を上回っている状況下において、蓄電装置に蓄えている電荷量が閾値以上であるならば内燃機関をファイアリングしつつこれをアイドル運転またはアイドル運転...

    ハイブリッド車両の制御装置

  10. 【課題】エンジンユニットの大型化を抑制しつつ、エンジンユニットを安定して始動させる。【解決手段】エンジン制御装置11は、クランクシャフト31が始動用逆転を行うように駆動源22を制御し、クランクシャフト31が始動用逆転を行う前に、逆転前正転を行うように駆動源22を制御する。エンジン制御装置11は、クランクシャフト31が逆転前正転を行っておりかつ燃焼室34の容積が増加しつ...

    エンジンシステム

  11. 【課題】オイル上がりやブローバイガスの逆流を抑えつつ内燃機関の燃費を向上させる。【解決手段】気筒休止制御装置(40)は、内燃機関(1)の吸気バルブ(11)と排気バルブ(15)の開閉動作を変更可能な可変動弁機構(41、45)と、内燃機関の運転状態に応じて可変動弁機構を制御するECM(50)と、を備え、複数の気筒のうち一部の気筒で吸気バルブ及び排気バルブを閉状態にして、当...

    気筒休止制御装置

  12. 技術 内燃機関

    【課題】従来の回路構成をそのまま用いても消費電力を抑制しつつフィードバック制御の開始時間を早めることにより排ガスを低減させることができる内燃機関を提供する。【解決手段】排気ポートに設けられた空燃比センサと、前記空燃比センサを加熱するヒータと、前記ヒータに電力供給するリチウムイオン電池とを備える。

    内燃機関

  13. 【課題】水冷式の排気ターボ過給機が付帯する内燃機関の制御において、排気系の部材を保護するための燃料噴射量の増量補正の実行頻度を適正化ないし最適化する。【解決手段】内燃機関の運転領域が排気系の部材の過剰な昇温を招く可能性のある所定の領域に遷移してからディレイ時間が経過したことを条件として、気筒に供給される混合気の空燃比が平常の目標空燃比よりもリッチとなるように燃料噴射量...

    内燃機関の制御装置

  14. 【課題】板厚を小さくしつつカバーの成形性を向上させること。【解決手段】シリンダヘッドカバー10は、扁平な底部11を有し、射出成形に伴い形成された樹脂製のカバーである。シリンダヘッドカバー10は、ゲート痕15と、底部11の内面11aに突設された部位であって、当該部位と隣り合う部分よりも厚肉に形成され、オイルシャワー部20の一部を構成するベース壁部17とを有している。また...

    樹脂製カバー

  15. 【課題】電子式ガバナーが配備されている作業機用エンジンにおいて、既存の制御プログラムを若干改変した簡素な構成のもとで、作業用刃物に至る動力伝達経路に介装された遠心クラッチのストールによる不具合を確実に防止することができる作業機用エンジンの制御装置を提供する。【解決手段】作業用刃物に至る動力伝達経路に遠心クラッチ4が介装されるとともに、作業用回転数及びアイドル回転数を保...

    作業機用エンジンの制御装置

  16. 【課題】一次エネルギーを二次エネルギーへ変換する際のエネルギー損失を抑制することができる点火コイルを提供する。【解決手段】点火コイル1は、一次コイル11及び二次コイル12と、コア2と、磁石体3とを備える。一次コイル11及び二次コイル12は、互いに磁気的に結合している。コア2は、一次コイル11への通電によって生じる磁束が通過する閉磁路を形成する。磁石体3は、閉磁路中に形...

    点火コイル

  17. 【課題】点火コイルが取り付けられるシリンダヘッドカバーの剛性を向上する。【解決手段】シリンダヘッドカバー10は、点火コイルを取り付ける膨出部20を備えている。膨出部20は、設置部としての第1設置部21を有している。膨出部20は、設置部よりも高く膨出しており設置部の周りを囲む塁壁部24を有している。第1設置部21には、点火コイルが挿入される挿入孔としての第1挿入孔31が...

    シリンダヘッドカバー

  18. 【課題】エンジンの暖機運転を適切に実行する。【解決手段】車両に搭載される車両用制御装置であって、エンジンに連結されるモータジェネレータと、モータジェネレータに接続される蓄電体と、エンジン始動後にエンジンの暖機運転を実行する暖機制御部と、モータジェネレータを、蓄電体に電力を供給し且つエンジンに制動トルクを出力する燃焼発電状態と、蓄電体の電力を消費し且つエンジンに制動トル...

    車両用制御装置

  19. 【課題】モータ回転角センサを用いることなく、実角度と推定角度との乖離を抑制できる可変バルブタイミング機構の制御装置及びその制御方法を提供する。【解決手段】可変バルブタイミング機構の制御装置201は、カム角信号CAMに基づいてカムの位相角を検出し、電動モータ12を用いてカムの位相角を制御する。カム角信号が検出されたときに、前回のカム角信号が検出されたときのカムの位相角を...

    可変バルブタイミング機構の制御装置及びその制御方法

  20. 【課題】パワープラントの寸法が拡大することなく、振動を低減できる制振構造を提供する。【解決手段】 駆動力源を含むパワープラント(1)に取り付けられ、裏面に潤滑油が存在するカバー部材(15、16、21)と、マス(51)及び弾性体(52)を含み、カバー部材の表面側に取り付けられるダイナミックダンパ(50)とを備え、ダイナミックダンパ(50)は、カバー部材の表面側であって...

    パワープラントの制振構造

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 31