炭素繊維 に関する公開一覧

炭素繊維」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「炭素繊維」の詳細情報や、「炭素繊維」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「炭素繊維」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(7,697件中)1/385ページ目

  1. 【課題・解決手段】生産性に優れた非水電解液系電気化学素子用負極とその製造方法、および前記負極を有し、充放電サイクル特性に優れたリチウムイオン二次電池とその製造方法を提供する。本発明の非水電解液系電気化学素子用負極は、前記負極合剤層は、Liイオンがドープされてなる負極活物質を少なくとも含有し、かつ水酸基を含有するユニットとカルボキシル基のアルカリ金属塩基を含有するユニッ...

    非水電解液系電気化学素子用負極、その製造方法、リチウムイオン二次電池およびその製造方法

  2. 【課題】フルラップ衝突と斜突との夫々に対するエネルギー吸収を両立すること。【解決手段】基端が車体側の車体骨格部材41に、先端がバンパービーム67に夫々連結され、車幅方向外縁62oが車両前後方向に平行に延び、車幅方向内縁62iが、先端側に対し基端側が車幅方向内側に位置するよう傾斜して延び、車幅外側が開放する開断面形状に形成した、車両前後方向に延びる繊維強化樹脂製の衝撃吸...

    車両の衝撃吸収構造

  3. 【課題】アルミニウム合金もしくはマグネシウム合金と、鋼の異材を、安価なアーク溶接設備を用いて、強固かつ信頼性の高い品質で接合でき、かつ開断面構造にも閉断面構造にも制限無く適用できる、異材接合用アーク溶接法を提供する。【解決手段】異材溶接継手1は、アルミニウム合金もしくはマグネシウム合金製の上板10と、上板10にアーク溶接された、鋼製の下板20と、鋼製の接合補助部材30...

    異材接合用アーク溶接法

  4. 【課題】水溶液電解質を具備するナトリウムイオン二次電池において充電時の水の電気分解を抑制する。【解決手段】正極と、負極と、正極と負極との間に介在するナトリウムイオンを含む水溶液電解質と、水溶液電解質と負極との間に介在するイオン液体とを具備し、負極が、ナトリウムイオンが関与する反応により容量を発現する負極活物質を含み、イオン液体が、疎水性を有する有機カチオンを含み、負極...

    ナトリウムイオン二次電池

  5. 【課題】現場での作業工程を少なくし、かつ、使用する樹脂の品質管理を容易とした、作業効率の向上を図ることができ、また、補強材の剥離を抑制して高い補強効果を得ることのできる構造物の補強用積層材料を提供する。【解決手段】構造物100の被補強面に接着して一体化することにより構造物を補強する補強用積層材料10であって、繊維強化複合材11と、繊維強化複合材11の構造物への接着側の...

    構造物の補強用積層材料、補強方法及び補強構造体

  6. 【課題】水害等によりタンクが水に浸った場合であっても、タンクの基台からの脱落、漂流を比較的簡便に防止できるタンクの保持構造を提供する。【解決手段】水害時に浸かり得る地域に、且つ基台6に載せて設置されたタンク1を水に浸かった場合に保持するための構造Aであって、基台6の側面6aからタンク1の側面1eまで樹脂材を用いて貼設されるとともに、基台6の側面6aに貼設される基台側面...

    タンクの保持構造

  7. 【課題】耐火性及び機械強度に優れた物体を提供すること。【解決手段】中空部に難燃性ポリウレタン発泡体を充填した物体。

    難燃性ポリウレタン発泡体を充填した物体

  8. 【課題】水害等によりタンクが水に浸った場合であっても、タンクの基台からの脱落、漂流を比較的簡便に防止できるタンクの保持構造を提供する。【解決手段】水害時に浸かり得る地域に設置されたタンク1を水に浸かった場合に保持するための構造Aであって、繊維シートと樹脂材の複合材料であり、タンク1の側面1eにタンク1を囲繞するように設けられる繊維強化プラスチック2と、タンク1を囲繞す...

    タンクの保持構造

  9. 技術 送電線

    【課題】カーボンコンポジットを含む中心部の損傷に係る危険性を送電線の外観から検知することができる技術を提供する。【解決手段】カーボンコンポジットを含む中心部と、中心部の外周を覆うように複数の外部素線を撚り合わせて設けられる外部撚線層と、を有する送電線であって、中心部は、複数の外部素線と異なる色を呈し、常温で流動性を有する着色剤を、内部に保持する着色剤保持管を有し、着色...

    送電線

  10. 【課題】引張荷重下において延性的な挙動を示し、成形体の破断が防止されたオレフィン系樹脂組成物を提供すること。【解決手段】メルトマスフローレートが10〜200g/10minの第一のオレフィン系樹脂と、メルトマスフローレートが0.2〜5g/10minの第二のオレフィン系樹脂と、有機繊維とを含有し、 前記第一のオレフィン系樹脂と前記第二のオレフィン系樹脂の質量比が20:8...

    有機繊維強化樹脂組成物及びその製造方法

  11. 【課題】成形時のガス抜き性および硬質ウレタンフォーム層と面材の接着性に優れ、更に高い断熱性能を長期に亘って保持することが可能な硬質ウレタンフォーム断熱ボード及びその製造方法の提供。【解決手段】硬質ウレタンフォーム層9の一方の面に第一の透湿性面材3および第一の非透湿性面材13が積層され、硬質ウレタンフォーム層の他方の面に第二の透湿性面材4および第二の非透湿性面材14が積...

    硬質ウレタンフォーム断熱ボードの製造方法および硬質ウレタンフォーム断熱ボード

  12. 【課題】金属部材と繊維強化樹脂材料とが強固に接合された、低コストで一体加工が可能な、金属−熱可塑性繊維強化樹脂材料複合体の加工方法を提供すること。【解決手段】熱可塑性樹脂を含有するマトリクス樹脂及び強化繊維材料を有する繊維強化樹脂材料が、少なくとも一方の面に配置された金属板を、繊維強化樹脂材料単独では形状を保持できない所定の温度に加熱した後、所定の形状を有する金型を介...

    金属—熱可塑性繊維強化樹脂材料複合部材の加工方法、金属—熱可塑性繊維強化樹脂材料複合部材及び自動車用部品。

  13. 【課題】配向性を有するカーボンナノチューブ複合体の製造を容易とする。【解決手段】カーボンナノチューブ複合体の製造方法は、水溶性高分子の溶液に金属が混合された混合液を準備する工程(ステップS11)と、所定の方向に沿って延びるカーボンナノチューブの集合であるカーボンナノチューブ集合体を準備する工程(ステップS13)と、カーボンナノチューブ集合体に混合液を含浸させて中間体を...

    カーボンナノチューブ複合体の製造方法および多孔質金属材料の製造方法

  14. 【課題】FRP製のシャフトを装着したゴルフクラブで構築され、全ての番手のゴルフクラブで効果的に低重心が達成されるゴルフクラブセットを提供する。【解決手段】本発明は、ヘッドに繊維強化樹脂製のシャフトを装着したゴルフクラブを複数本セット化したゴルフクラブセットにおいて、セットを構築する各ゴルフクラブのシャフトの先端から200mmの範囲L2内に重量体を配設すると共に、高番手...

    ゴルフクラブセット

  15. 【課題】電池の内部抵抗が低く、出力特性に優れるリチウム金属複合酸化物、該リチウム金属複合酸化物を用いたリチウム二次電池用正極活物質、正極及びリチウム二次電池の提供。【解決手段】リチウムイオンをドープ・脱ドープ可能なリチウム金属複合酸化物であって、少なくともニッケルを含み、下記要件(1)〜(3)をすべて満たすことを特徴とするリチウム金属複合酸化物。(1)BET比表面積が...

    リチウム金属複合酸化物、リチウム二次電池用正極活物質、正極及びリチウム二次電池

  16. 【課題】 優れた圧縮物性を発現する炭素繊維強化樹脂材料が求められていた。【解決手段】 以下に記載する(A)成分と(B)成分を含む炭素繊維強化樹脂材料であって、前記(A)成分中の結晶性樹脂の融解時の下記結晶化度χcが40%以上であり、かつ下記再結晶化率が70%未満である炭素繊維強化樹脂材料。(A)成分:結晶性樹脂を5重量パーセント以上含む樹脂組成物 (B)成分:炭...

  17. 【課題】 成形体の吸水時の剛性、強度の低下が極めて小さく、且つ、吸水後の寸法変化が極めて小さい炭素繊維含有樹脂ペレットが求められていた。【解決手段】 半芳香族ポリアミドを含有するポリアミド樹脂(A)を50〜80質量%、炭素繊維(B)を20〜50質量%含有する炭素繊維含有樹脂ペレットであって、前記ポリアミド樹脂(A)が、下記試験方法1で求められるMD方向とTD方向の...

  18. 【課題】基板の毛羽立ちを抑えたスジ加工を施した下地下塗り層と木質感を向上させた上塗り層を備え、かつ、優れた不燃性能を有する窯業系化粧板およびその製造方法の提供。【解決手段】窯業系基板の少なくとも片側の表面に、シーラー層、下塗り層、着色層、印刷層および上塗り層をこの順で形成する窯業系化粧板の製造方法であって、前記下塗り層は、下塗り塗料を塗布して硬化させた表面を前記窯業系...

    窯業系化粧板およびその製造方法

  19. 【課題】生産性を向上させるために、太幅のテープを用いつつ、内側と外側の周長差を起因とするシワを生じさせない積層体およびその製造方法を提供する。【解決手段】一方向プリプレグ基材を用いた積層体の製造方法であって、少なくとも(a)切込手段により部分的な切込を設けられた一方向プリプレグ基材を変形させる変形工程、(b)前記一方向プリプレグ基材を積層する積層工程、(c)必要な長さ...

    積層体およびその製造方法

  20. 【課題】任意の樹脂材料の樹脂ブロックを製造できる装置を提供する。【解決手段】樹脂ブロック形成空間150に供給された樹脂ペレット7をヒーターユニット300により加熱溶融及び冷却凝固し、樹脂層を形成する。樹脂層の形成ごとに、昇降ユニット200の昇降機構230が底面プレート215を下降させるので、樹脂ブロック形成空間150で形成された樹脂層は、順次積層され、サイズの大きな樹...

    樹脂ブロック製造装置、樹脂ブロック製造方法及び樹脂ブロック

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 5674