濃縮物 に関する公開一覧

濃縮物」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「濃縮物」の詳細情報や、「濃縮物」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「濃縮物」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(45,100件中)1/2,255ページ目

  1. 【課題】喫食時(茹で後)の糖質が、一般的な茹でスパゲッティよりも低減され、独特の粉っぽさが低減された食感を有し、かつ、乾パスタの標準的な茹で時間で調理できる低糖質パスタを提供することを課題とする。【解決手段】穀粉、難消化性澱粉、普通小麦由来のバイタルグルテン及びアルギン酸エステルからなる粉原料を使用した乾パスタであって、粉原料100質量部に対し、難消化性澱粉の配合量(...

    低糖質パスタ

  2. 【課題】新規な骨代謝改善剤を提供する。【解決手段】バガスの分解抽出物を有効成分として含有する、骨代謝改善剤。

    骨代謝改善剤

  3. 【課題】コショウ科コショウ属植物抽出物に含まれるピペリン類化合物を高精度に定量する方法を提供する。【解決手段】コショウ科コショウ属植物抽出物に含まれる第1〜第n(n≧2)ピペリン類化合物を定量する方法は、各ピペリン類化合物と内部標準物質とを含むNMR試料溶液をNMRで処理することで得られるNMRスペクトルから、各ピペリン類化合物の純度を算出する工程と、純度が算出された...

    コショウ科コショウ属植物抽出物中のピペリン類化合物の定量方法

  4. 【課題】中性領域で長期間緑色を保持することが可能な容器詰青汁飲料等の提供。【解決手段】容器詰青汁飲料であって、pHが5.0〜8.0であり、クロロフィルを1〜25mg/100g、ポリフェノールを1〜200mg/100g含有する、容器詰青汁飲料。更にクエン酸を0.01〜0.10mg/100g含有し、pHが6.0〜7.5であり、糖度が1.5〜5.5であって、青汁飲料の原料が...

  5. 【課題】長期間緑色を保持することが可能な容器詰青汁含有ゼリー飲料等の提供。【解決手段】容器詰青汁含有ゼリー飲料であって、ゼリー強度が1000g/cm2以上の寒天を0.05〜2.0質量%含む、容器詰青汁含有ゼリー飲料。更にゼリー強度が1000g/cm2未満の水溶性食物繊維を含む、前記容器詰青汁含有ゼリー飲料。pHが3.0〜5.0であり、糖度が10〜18である、前記容器詰...

  6. 【課題】緑色植物に由来する香味の強さが良好な容器詰青汁飲料の提供。【解決手段】pHが2.5〜5.5であり、クロロフィルを0.5〜20mg/100g含有する、容器詰青汁飲料。更に、ポリフェノールを2.0〜180mg/100g含有することが好ましい。青汁飲料の原料として、大麦若葉が使用できる。更に果実由来の原料を含むことができ、糖度が7〜15とし、クエン酸を5〜150mg...

  7. 【課題・解決手段】本願発明は、血液凝固第VIII因子(FVIII)の免疫原性を低減する際の使用のための、第VIII因子(FVIII)に結合可能なトランケート型フォン・ウィルブランド因子(VWF)を含む組換えポリペプチドに関するものであり、ここでは、前記組換えポリペプチドおよび血液凝固第VIII因子(FVIII)タンパク質は、血液凝固障害を患う対象に共投与される。本発明...

    トランケート型VWFによるFVIIIの免疫原性の調節

  8. 【課題・解決手段】核酸誘導型ヌクレアーゼ、ガイド核酸及びターゲティング可能なヌクレアーゼシステム並びに使用方法が本明細書に開示される。操作された天然に存在しない核酸誘導型ヌクレアーゼ、ガイド核酸及びターゲティング可能なヌクレアーゼシステム並びに使用方法が本明細書に開示される。ターゲティング可能なヌクレアーゼシステムは、再帰的な遺伝子編集方法及び追跡可能な遺伝子編集方法...

    核酸誘導型ヌクレアーゼ

  9. 【課題・解決手段】ラムダ軽鎖を有する親キメラFabに由来する安定化したキメラFabが本明細書において提供される。安定化したキメラFabは、CH1配列及びVH配列を有する、親キメラFab由来の免疫グロブリン重鎖ポリペプチド構築物と、ならびにVラムダ−Cカッパキメラ軽鎖構築物とを含む。キメラ軽鎖構築物のVラムダ配列は、親キメラFabのものに相当し、親キメラFabと比較して...

    安定化したキメラFab

  10. 【課題・解決手段】本明細書に記載されるのは、グリコシル化タンパク質をインビトロ及びインビボで産生する組成物及び方法である。該方法は、宿主細胞を用いてグリコシル化タンパク質を産生することを含む。また本明細書に記載されるのは、そのような方法を用いて産生されるグリコシル化タンパク質及びその使用である。

    改変されかつ完全に機能カスタマイズされた糖タンパク質

  11. 【課題・解決手段】本発明は、新規タンパク質細孔および分析物検出および特徴付けにおけるそれらの用途に関する。本発明は、CsgG様の細孔および修飾CsgFペプチドまたはその相同体もしくは突然変異体によって形成された単離された細孔複合体に特に関連し、それによってナノ細孔内に追加のチャネル収縮部またはリーダーヘッドを組み込む。本発明はさらに、膜貫通細孔複合体および細孔複合体の...

    新規タンパク質細孔

  12. 【課題】改善された凝固組成物の提供。【解決手段】本発明は、病理学試験および他の生物学的アッセイなど、分析物の試験のための高品質の血清試料を作製するための改善された凝固組成物に関する。特に本発明は、高品質の血清試料を作製するための、コロイドなどの安定化剤と組み合わせたプロトロンビン活性化剤の使用に関する。また本発明は、凝固組成物を製造するための関連方法、管、キットならび...

    改善された凝固組成物

  13. 【課題】レバウジオシドX(RebX)を含むステビオールグリコシドの精製方法、RebXを含有する甘味料及び甘味料入り組成物、該組成物を含む飲料、並びに、甘味付与可能な組成物の香味及び/または経時プロファイルを改善する方法の提供。【解決手段】RebXを精製するための方法であって、a.ステビオールグリコシド溶液を、吸着剤樹脂が充填された複数のカラムを含むマルチカラムシステム...

    ステビオールグリコシドの精製方法およびその使用

  14. 【課題】ニンジン含有飲料の酸味低減方法、ニンジン含有飲料及びその製造方法の提供。【解決手段】ニンジン含有飲料の酸味低減方法であって、それを構成するのは、少なくとも、以下の工程である:調整:ここで調整されるのは、ニンジン含有飲料の[A]累積50%粒子径(D50)(μm)、[B]累積90%粒子径(D90)(μm)、[C]遠心沈殿量(%)、[D]pH、及び[E]B型粘度(m...

    ニンジン含有飲料の酸味低減方法、ニンジン含有飲料及びその製造方法

  15. 【課題】乾癬又は乾癬性関節炎の処置法の提供。【解決手段】第一の薬剤、具体的にはモノクローナル抗体、更に具体的には、ウステキヌマブ又はアダリムマブで事前に処置された患者に、抗体A、具体的には、抗IL−23A抗体を投与する工程を含み、該患者のPASIスコア又はsPGAスコアは抗体Aの投与後に改善する、前記方法。

    炎症性疾患の処置法

  16. 【課題】プロタンパク質コンバターゼスブチリシン/ケキシンタイプ9(PCSK9)の発現又は活性が影響を及ぼす疾患又は病態を処置する方法の提供。【解決手段】特異的にhPCSK9(ヒトプロタンパク質コンバターゼスブチリシン/ケキシンタイプ9)に結合する抗体又はその抗原結合フラグメントの治療量をその必要性のある被験者に投与することを含み、ここで患者のどのグループが上記抗体又は...

    被験者の特定のグループを処置する方法において使用するためのPCSK9に対するヒト抗体

  17. 技術 流体容器

    【課題】本発明は、ウイスキー、ビール、および他の蒸留酒等を含むアルコールを以前に収容していた可能性がある木製樽等の、使用済みの流体容器を含む流体容器の再生および/または注入に関する装置および方法またはプロセスを提供する。【解決手段】本発明は、流体を収容するのに適した容器であって、実質的に消毒された内面を備え、上記容器は木質材料を備えており、上記木質材料は、細孔、セル、...

    流体容器

  18. 【課題】免疫系を刺激及び/又は増強する製剤の製造における、有効量のユウリコマ・ロンギフォリア抽出物を含む組成物の使用を提供する。【解決手段】ユウリコマ・ロンギフォリア抽出物が水抽出物又は溶媒抽出物であり、前記ユウリコマ・ロンギフォリア抽出物はユーリコマノン、タンパク質、多糖類及びグリコサポニンを含む有効成分を適量含む。抽出物は、T細胞数を増加させる活性、総体的免疫機能...

    ユウリコマ・ロンギフォリア抽出物並びに免疫系の増強及び/又は刺激におけるその使用

  19. 【課題】優れた花粉除去効果を有する眼科用又は耳鼻科用水性組成物の提供。【解決手段】(A)ワセリンと、2種以上の(B)非イオン界面活性剤とを含む、眼科用又は耳鼻科用水性組成物。前記水性組成物は、眼粘膜又は鼻粘膜に付着した花粉を簡便かつ効果的に除去することができる。

    眼科用又は耳鼻科用水性組成物

  20. 【課題】アルファ−1抗トリプシン融合分子のための組成物、方法および使用を提供すること。【解決手段】本明細書における実施形態は、アルファ−1抗トリプシン融合ポリペプチドまたはそのペプチド誘導体の組成物を報告する。ある実施形態において、組成物および方法は、アルファ−1抗トリプシン療法または治療を必要とする被験体を治療するために、薬学的に許容され得る組成物における使用のため...

    アルファ−1抗トリプシン融合分子のための組成物、方法および使用

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2255