澱粉糊 に関する公開一覧

澱粉糊」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「澱粉糊」の詳細情報や、「澱粉糊」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「澱粉糊」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,764件中)1/89ページ目

  1. 【課題】プラスチックを用いずに、耐水性と剛性、及び、生産効率の高い紙製ストロー及びその製造方法を提供する。【解決手段】紙製ストロー10の外面11Aまたは内面11Bとなる、少なくとも一面側に、予め天然由来のワックス15等の耐水塗工剤を塗工した原紙11を含み、原紙11が、接着しろ11Cを斜め方向に所定量ずつずらしながら重ねて螺旋状に巻回され、原紙11の重ね合わされる部分(...

    紙製ストロー及びその製造方法

  2. 【課題】顕微鏡観察下における載置部とピペット先端の視認性が良好で、かつ載置部の細胞または組織周辺の余分な保存液を除く作業が不要な凍結保存用治具を提供する。【解決手段】多孔性の保存液吸収体を有し、該保存液吸収体は細胞または組織を載置する載置部と、該載置部よりも高吸収性の隣接部を有し、該載置部の全光線透過率が40%以上である凍結保存用治具。

    凍結保存用治具

  3. 技術 パウチ

    【課題】隠蔽性を備えることが容易であるとともに、使用時や排泄物などの内容物が膨潤した場合における強度も十分維持できるとともに、使用温度においては強度を維持することが可能で、トイレに廃棄する場合や生ゴミとして廃棄する場合に易廃棄処理が容易なパウチを提供することを目的とする。【解決手段】水解紙と水溶性接着剤とポリビニルアルコール層とが順に積層されているフィルムが、ポリビニ...

    パウチ

  4. 【課題】本願には、右半分および左半分のカップリング、次に大環化によってマクロライドを調製し、公知および新規のマクロライドを両方とも含むマクロライドを提供する方法が提供される。【解決手段】右半分および左半分を含むマクロライドの合成の中間体もまた提供される。本発明のマクロライドを用いる医薬組成物ならびに感染性疾患および炎症状態を治療する方法もまた提供される。左半分の合成に...

    マクロライドならびにそれらの調製および使用の方法

  5. 【課題】凍結操作時に載置部上の限られた一部分に細胞または組織を載置する操作を必要とせず、融解操作時に細胞または組織を容易に見つけることが可能な凍結保存用治具を提供する。【解決手段】細胞または組織を載置する載置部が、光透過性基材上に複数のグリッド線から構成されるグリッド画像を有する。

    凍結保存用治具

  6. 【課題】 異物の一部は段ボールシート3に乗ったまま下流に流れシートスタッカで積載されるが、シートに挟まった異物はシートの凹みとなり不良品になることがある。段ボールシート上に乗って来た異物をスパイラルブラシ1で端部に運び除去する時に、スパイラルブラシに付着した異物をできるだけ下流に行かせないように上流側に落とし端部に運び除去したい。【解決手段】 段ボールシート3上の...

    段ボールシート異物除去装置

  7. 【課題】壁紙切断用テープの終端が近づいて、巻き出し切れが発生することを事前に検知することが可能で、従来の自動壁紙糊付機のように、壁紙切断用テープが貼着されない状態で、糊付け工程が行われることのない壁紙切断用テープを用いた自動壁紙糊付機を提供する。【解決手段】壁紙糊付機本体12で、壁紙Gの裏面GBに、糊を自動的に塗布し、壁紙Gの糊付け面が乾燥しないように、フィルムBが糊...

    自動壁紙糊付機のためのフィルム貼着装置、および、自動壁紙糊付機のための巻き取り装置、ならびに、それらを備えた巻き取り装置を備えた自動壁紙糊付機

  8. 【課題】含エポキシ樹脂接着剤との接着性及び実用性に優れた易接着性ポリオレフィン成型体及びその製造方法並びにその製造方法に用いられる含熱分解材料塗布液及び熱分解材料担持シートを提供すること。【解決手段】本発明の易接着性ポリオレフィン成型体の製造方法は、ポリオレフィン成型体1と結合してポリオレフィン成型体1の表面を含エポキシ樹脂接着剤と接着性を持つ易接着面2Aに改質させる...

    易接着性ポリオレフィン成型体及びその製造方法並びにその製造方法に用いられる含熱分解材料塗布液及び熱分解材料担持シート

  9. 【課題】細胞又は組織の凍結保存作業を容易にかつ確実に行うことが可能な、凍結保存用治具を提供する。【解決手段】細胞又は組織を載置する載置部の最表面に、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する層を有することを特徴とする細胞又は組織の凍結保存用治具。

    細胞又は組織の凍結保存用治具

  10. 【課題】治療薬および研究手段としてより堅牢な新規の架橋されたαヘリックス型ポリペプチドの提供。【解決手段】アルケニル側鎖を有するプロリン誘導体とアルケニル側鎖を有する別のアミノ酸誘導体とのオレフィンメタセシスによって形成される、αヘリックスの核を形成する架橋の新型(「ステープル」)を有するポリペプチド。プロリン誘導体は、αヘリックス形成の強い核形成因子であり、αヘリッ...

    プロリンロックドステープルドペプチドおよびその用途

  11. 【課題・解決手段】本開示は、ピルビン酸キナーゼを調節することに関し、PKRの活性化剤として有用な式(I)の新規化学化合物、並びにこれらの化合物の様々な用途を提供する。PKR活性化化合物は、ピルビン酸キナーゼ欠乏(PKD)、鎌状赤血球症(SCD)、及びサラセミアなどの、PKR及び/又はPKM2に関連する疾患及び障害の処置に有用である。

    ピルビン酸キナーゼ(PKR)活性化剤としてのピロロピロール組成物

  12. 【課題】 巻取り機を操作する際に操作者がつきっきりとならずに、壁紙糊付機又は壁紙裁断機の搬出速度に応じて巻取離速度を変更可能な壁紙用巻取り装置を得る。【解決手段】 糊付けロールによりシート状壁装材の裏面に連続的に塗布する壁紙糊付機又はシート状壁装材の耳部を切断して予め定められた幅にする壁紙裁断機から搬出されたシート状壁装材を巻取りモータの回動によって巻取り軸に巻取...

    壁紙用巻取り装置及び壁紙用巻取り装置付き糊付機

  13. 【課題・解決手段】式Iのように表されるイソクエン酸脱水素酵素(IDH1)阻害活性を有するスルタム化合物、又はその薬学上受け入れ可能な塩、溶媒和物、もしくは水和物、及び、その調製方法、それを含む薬用組成物を提供すること。前記化合物、又はその薬学上受け入れ可能な塩、溶媒和物、もしくは水和物、及びそれを含む薬用組成物は、IDH1突然変異より誘導される癌を治療することができる。化1】。

    スルタム化合物及びその使用方法

  14. 技術 撹拌機

    【課題】 駆動時の騒音が少なく、攪拌桶部から被攪拌液体が漏れることが少なく、駆動部自体を小さくすることができ、軽量とすることができる攪拌機を得る。【解決手段】 回転磁界の変位に応じて回動する回転子と、この回転子を軸心回りに配した回転軸と、この回転軸の上端部に配された攪拌子とを備えた回転子保持部と、対峙する回転子の回転軸に回転中心を有する回転磁界を発生させる回転子駆...

    撹拌機

  15. 【課題】マクロライドを実用的な様式で全合成経路によって作るための方法および中間体の提供。【解決手段】本願には、右半分および左半分のカップリング、次に大環化によってマクロライドを調製し、公知および新規のマクロライドを両方とも含むマクロライドを提供する方法が提供される。右半分および左半分を含むマクロライドの合成の中間体もまた提供される。本発明のマクロライドを用いる医薬組成...

    マクロライドならびにそれらの調製および使用の方法

  16. 【課題】エンボス紙の表面凹み部内に担持されたトナーの定着性を確保可能な画像形成装置を得る。【解決手段】平坦な印字面が第1定着回転体の側に位置するように普通紙としての用紙Sがニップに通紙される場合の第1定着回転体の表面温度および第2定着回転体62の表面温度をそれぞれT1およびT2とし、エンボス加工が施された印字面が第1定着回転体の側に位置するようにエンボス紙としての用紙...

    画像形成装置

  17. 【課題】重水素化されたBrigatinib誘導体、かかる誘導体を含む薬学的組成物、並びにそれらの使用。【解決手段】本発明は、薬学的化学の技術分野に属し、重水素化されたBrigatinib誘導体、その作製方法、重水素化されたBrigatinib誘導体を含む薬学的組成物、並びに、未分化リンパ腫キナーゼによって媒介される疾患を治療するための医薬の作製における重水素化されたB...

  18. 【課題】 紙パルプ工業における製紙用薬剤や各種工業における産業用水、多くの工業製品で、品質の低下、悪臭の発生等の原因となる、細菌、真菌等の繁殖を防腐・殺菌するために処理される、工業用殺菌組成物を提供する。【解決手段】 グリオキシム化合物、5−クロロ−2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オン及びハロゲン化脂肪族ニトロアルコール系化合物の3成分を組合せることで、殺菌し...

  19. 【課題】紙パルプ工業における製紙用薬剤や各種工業における産業用水、多くの工業製品で、品質の低下、悪臭の発生等の原因となる、細菌、かび、酵母等の繁殖を防腐・殺菌するために処理される、工業用殺菌組成物を提供する。【解決手段】式(1)で表されるグリオキシム化合物、5−クロロ−2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オン及びハロゲン化脂肪族ニトロアルコール系化合物、ハロゲン酸塩、...

  20. 【課題・解決手段】本発明は、ナフトキノン系化合物、その薬学的に許容可能な塩、プロドラッグ、溶媒和物、又は異性体を含む、膵炎を予防及び治療する組成物に関する。特に、ナフトキノン系化合物であるβ−ラパコン及びズンニオンは、膵炎によって増加される膵重量/体重の比率を減少させ、亢進した消化酵素(アミラーゼ及びリパーゼ)の活性を減少させ、サイトカイン(IL−1β(インターロイキ...

    ナフトキノン系化合物を含む、膵炎を治療又は予防する組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 89