潮流 に関する公開一覧

潮流」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「潮流」の詳細情報や、「潮流」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「潮流」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(643件中)2/33ページ目

  1. 【課題】電力系統に多段に直列に配置された電圧調整器において、通信を用いずに連係して動作させることができ、相対的に変電所側の電圧調整器の動作が、相対的に末端側の電圧調整器の動作に与える影響を低減させることができる電圧調整器、および電圧調整システムを提供する。【解決手段】電力系統に接続され、変圧器二次側の電圧を調整するタップを備える電圧調整器であって、所定周期での時間フレ...

    電力系統の電圧調整器、および電圧調整システム

  2. 【課題】周波数維持機能が動作しない可能性を加味して分散電源の導入を行うことができる系統運用支援装置を提供する。【解決手段】電力系統への分散電源の導入を支援するための系統運用支援装置であって、予め規定されたケースが発生したときの電力系統における母線の電圧分布を示すケース時電圧分布と、予め規定された分散電源の連系要件を示す分散電源グリッドコードとに基づいて、各ケースにおい...

    系統運用支援装置

  3. 【課題】橋構築時の水中作業や高所作業の負担を軽減しつつ急速施工を可能にすると同時に、高い鉛直精度を確保する方法を提供する。【解決手段】橋の構築方法には次の工程が含まれる。(a)上部構造の一部として機能する上部工構成物を、橋構築済み部分から張り出すように設置する。(b)下部構造を補強する補強材を具備し、支持杭打設時に該支持杭をガイドする導材として利用可能な第1のユニット...

    橋の構築方法およびユニット構造物

  4. 【課題】深度毎の水質や大気質を計測し、計測した結果に基づいて養殖に最適な位置に浮沈式生簀を設置可能な環境モニタリングシステムを提供する。【解決手段】環境モニタリングシステム1は、浮沈式生簀が設置される水域の水を取水する取水手段2と、取水された水の水質ファクターを計測する計測部3と、取水手段2の作動及び計測部3の作動を制御し、計測部3が計測した水質計測結果を取得する制御...

    環境モニタリングシステム

  5. 【課題】系統運用指標の改善と操作コスト低減を両立する。【解決手段】電力系統の状態を計測する計測機器から取得した計測値を用いて、前記電力系統の電力潮流を制御する系統制御装置であって、前記電力系統を構成する少なくとも一つの電気機器に適用される設定状態と、当該設定状態が適用される期間の指定とを含む固定窓データを生成する固定窓生成部と、前記固定窓データで指定された期間において...

    系統制御装置及び系統制御方法

  6. 技術 通信装置

    【課題】船舶から人間が落下したときの通報を低消費電力で実現する。【解決手段】取得部21は、測位部211を備えており、乗員の着水が検知される前に測位部211によって複数回測位された位置の履歴を、船舶11の移動履歴として取得する。推定部23は、検知部22により着水が検知されると、検知部22により着水が検知される前に取得部21により取得された移動履歴に基づいて、通信装置20...

    通信装置

  7. 【課題】本発明は自然流体である空気流体、河川の水流体、海洋の自然流体である海水流体を利用して、それぞれ風力発電、河川水流発電、海水発電を実施するものである。【解決手段】これまで自然流体を利用した発電としては、プロペラを用いたものが主流であったが、本発明は、流体の中に湾曲した回転ブレード3をおき、回転ブレードに作用する逆回転の流体を逆流防止ブレード4または逆流防止壁で排...

    自然流体発電装置

  8. 技術 内燃機関

    【課題】燃費や騒音を悪化させることなく、排気に含まれる未燃燃料が外部に排出されることを抑制する。【解決手段】制御装置は、エンジンが作動中であって(S100にてYES)、かつ、アイドル運転状態である場合に(S102にてYES)、燃料補正量を算出するステップ(S104)と、今回の未燃燃料量を算出するステップ(S106)と、未燃燃料の蓄積量を算出するステップ(S108)と、...

    内燃機関

  9. 【課題】不定期航路の船舶の安定的・効率的運用を実現し、燃料消費量の削減及び環境負荷低減を図ること。【解決手段】コンピュータが、複数の船舶の所在を含む船舶情報を取得するステップ1と、入力手段で入力された輸送要請を取得するステップ2と、気象・海象予測情報を取得するステップ3と、複数の船舶の船舶情報としての推進性能を設定するステップ4と、取得した船舶情報としての所在と運航予...

    配船計画策定支援方法及び配船計画策定支援システム

  10. 【課題】新規な貯蔵技術を提供すること【解決手段】食品、食品の原材料混合物、種子、植物から選ばれる1又は2以上の被貯蔵物を包装し、包装された被貯蔵物を水中で貯蔵する。

    貯蔵方法、並びに該貯蔵方法を利用した改質食品の製造方法

  11. 【課題】移動体における乗組員を移動体の移動に伴う安全操作に集中させる。【解決手段】移動体遷移レポート処理装置は、出発点から少なくとも1つの中継点を経由し到着点に向けて移動する移動体に搭載されている移動体通信装置から時間の経過及び所在位置に伴って送信される複数種類の遷移レポートのそれぞれを単一の共通フォーマットの遷移レポートとして電子メールにより受信する受信手段と、受信...

    移動体遷移レポート処理システム

  12. 【課題】軽量で柔軟性のある高効率な垂直軸型螺旋タービン及びブレードを提供する。【解決手段】垂直軸型螺旋タービン2Aにおいて、翼形のブレード20Bを、3枚のサブブレード21、22、23で構成し、該サブブレード間にスリット41、42を設ける。該スリットから流体が抜けることによって、流体のブレードからの剥離を遅らせ、風などの流速を増大する効果を持たせることができ、安定的に風...

    垂直軸型螺旋タービン

  13. 【課題】自動給餌器を用いて魚に与える餌を、好適なタイミングで発注できる又はユーザによる発注を支援できる自動給餌支援装置の提供。【解決手段】情報システムにおいて、魚へ餌を与える自動給餌器2の餌の残存量に関する残存量情報を取得する残存量情報取得部121と、残存量情報が予め決められた条件を満たすほど餌の残存量が少ないか否かを判断する判断部122と、判断部122が予め決められ...

    自動給餌支援装置、自動給餌支援方法、およびプログラム

  14. 【課題】海水の動きによって得られる揺動を酒類に対して効果的に与えて、酒類の熟成を短期間で十分に行うことが可能な酒類の貯蔵装置と酒類の貯蔵方法を提供する。【解決手段】貯蔵装置1は、重り5が取り付けられて海中4に垂下するロープ6と、ロープ6に取り付けられて酒類が収納された収納器2とを備えている。収納器2は、ロープ6に取り付けられた側とは反対側の端部7に設けられた浮き8を備...

    酒類の貯蔵装置および酒類の貯蔵方法

    • 公開日:2020/01/30
    • 出願人: 榊藤光
    • 発明者: 榊藤光
    • 公開番号:2020-014386号
  15. 【課題】特に漁船の操業場所などの秘匿性の高い情報の無用な拡散を予防する船舶用安全管理情報システムを提供することを目的とする。【解決手段】漁船に搭載される漁船側システム12と、漁船の安全航行を管理する漁業協同組合に配備される漁協側システム14と、漁船側システム12から衛星通信20を用いて情報を受信するとともに漁協側システム14にインターネット通信を用いて情報を送信するシ...

    船舶用安全管理情報システム

  16. 【課題】円筒翼に発生するマグナス力によって、さらに効率的に回転力を得ることが可能な推力発生装置を提供する。【解決手段】推力発生装置1は、支持筺体に対して第1の回転軸O1を中心として回転可能な支持部と、支持部に対して円周上の第2の回転軸O2を中心として各々を軸支され、第1の回転軸O1を中心として公転可能であって第2の回転軸O2を中心として自転可能な複数の円筒翼2と、支持...

    マグナス式推力発生装置、前記マグナス式推力発生装置を用いた風力回転装置、水力回転装置、潮力回転装置、ならびに前記マグナス式推力発生装置を用いた風力発電機、水力発電機、潮力発電機

  17. 【課題】円筒翼に発生するマグナス力による回転力によって効率的に回転させることができる推力発生装置を提供する。【解決手段】推力発生装置は、支持筺体に対して第1の回転軸を中心として回転可能な支持部と、支持部に対して第1の回転軸を中心とする円周上の第2の回転軸O2を中心として各々を軸支され、第1の回転軸を中心として公転可能であって、平行な第2の回転軸O2を中心として自転可能...

    マグナス式推力発生装置、前記マグナス式推力発生装置を用いた風力回転装置、水力回転装置、潮力回転装置、ならびに前記マグナス式推力発生装置を用いた風力発電機、水力発電機、潮力発電機

  18. 【課題】装置の耐久性を向上させるとともに、装置の大型化を可能とするマグナス式推力発生装置を提供する。【解決手段】垂直軸型マグナス式風力発電機(推力発生装置)1は、設置面Sに対して垂直な第1の回転軸O1を有する回転部13と、第1の回転軸O1に対して平行な第2の回転軸O2を中心として自転可能な複数の円筒翼2と、回転部13に固定されることで第1の回転軸O1を中心として回転可...

    マグナス式推力発生装置、前記マグナス式推力発生装置を用いた風力回転装置、水力回転装置、潮力回転装置、ならびに前記マグナス式推力発生装置を用いた風力発電機、水力発電機、潮力発電機

  19. 【課題】水中においてガスを貯蔵するガス貯蔵システムの製造コストを抑える。【解決手段】ガス貯蔵システムは、水中の予め定められた水深に配置され、周囲の水が流入可能な連通孔を有し、該水深に相当する圧力のガスを貯蔵するガス貯蔵室と、水深よりも上方に配置されたガス回収装置と、ガス貯蔵室内のガスをガス回収装置に導く管であって、水深がより浅い位置における肉厚が、水深がより深い位置に...

    ガス貯蔵システム

  20. 【課題】複数の発電機の発電電力を調整することにより、供給電力の電圧を適正に調整し、電力品質の管理を行うことができる電力監視制御システムを提供する。【解決手段】電力監視制御システムは、供給電力を送配電設備に出力する複数の発電機の出力有効無効電力特性データに基づき、単位時間ごとの供給有効電力および供給無効電力を予測し、複数の発電機ごとの発電有効電力予測データおよび発電無効...

    電力監視制御システム、発電側電力監視制御装置および送電側電力監視制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 33