溶解法 に関する公開一覧

溶解法」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「溶解法」の詳細情報や、「溶解法」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「溶解法」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,342件中)1/218ページ目

  1. 【課題】射出成形により複雑形状の部材に対する成形性が高いことに加えて、曲げ弾性率および衝撃特性に優れる成形品が得られる樹脂組成物を提供する。【解決手段】繊維長が0.3mm以下である炭素繊維と熱可塑性樹脂とを含む成形材料であって、炭素繊維の単繊維直径が6.5〜8.5μm、Raman分光法による結晶化パラメーターIv/Igが0.25〜0,55を満たす。

  2. 【課題】本開示の目的は、導電性を向上させたスパッタリングターゲットであって、例えば、DCスパッタリング装置を用いて成膜するときの生産性を向上させるスパッタリングターゲットを提供することである。【解決手段】本開示のスパッタリングターゲットは、アルミニウム母相中に、(1)アルミニウムを含み、かつ、希土類元素及びチタン族元素のいずれか一方又は両方をさらに含む材料又は相、又は...

    スパッタリングターゲット

  3. 【課題】高い強度を有し、かつ、異方性が小さいチタン合金薄板および同チタン合金薄板の製造方法を提供する。【解決手段】本発明に係るチタン合金薄板は、Al:4.0〜6.6質量%、を含有し、板厚方向からの(0001)極点図において、後方散乱電子線回折(EBSD)法の球面調和関数法を用いた逆極点図のTexture解析(展開指数=16、ガウス半値幅=5°)により算出される集積度の...

    チタン合金薄板およびチタン合金薄板の製造方法

  4. 【課題】表面品質が良好なチタン鋳塊の製造方法の提供。【解決手段】主成分がチタンである原料を溶解し、精製した溶湯を円環形の鋳型に供給し、前記鋳型内の溶湯を冷却しながら鉛直下方に引抜く際に、上部に溶融部を、下部に凝固部を備える半鋳塊の下部を鉛直下方に、100〜2000mm/時の平均速度で、1〜20mm移動させ、その移動を停止する第1の工程、前記半鋳塊の下部を、鉛直上方に0...

    チタン鋳塊の製造方法

  5. 【課題】表面性状及び疲労強度に優れたチタン合金棒材を提供する。【解決手段】α+β型チタン合金からなり、直径に対して3%以下の深さの表層部における、アスペクト比が5以上のα粒の数密度が5個/mm2以下であり、長手方向に垂直な断面の中心部におけるα粒の平均長軸長さ(αm)と、前記表層部におけるα粒の平均長軸長さ(αS)との比をαm/αSとする場合、αm/αSが5以上である...

  6. 【課題・解決手段】本発明は、置換ピリダジノン化合物の医薬組成物およびその使用に関し、上記の置換ピリダジノン化合物は、式(I)で表われる化合物、或いはその薬学的に許容される塩、プロドラッグ、水和物または溶媒和物、結晶形、立体異性体または同位体変異体である。上記の化合物は、THR−β作動薬であり、甲状腺ホルモン類似物によって調節される疾患の治療および/または予防に用いられる。

    置換ピリダジノン化合物

  7. 【課題】繊維長が不均一なリサイクル炭素繊維に対して、嵩高さを改善可能なリサイクル炭素繊維処理剤を提供する。【解決手段】リサイクル炭素繊維処理剤は、1〜10質量部の(A)(メタ)アクリル共重合体および90〜99質量部の(B)溶剤を含有する。(A)(メタ)アクリル共重合体における(I)含シリコーンセグメントと(II)非シリコーンセグメントとの質量比((I)/(II))が1...

  8. 【課題】CNS障害に関連する認知機能障害を罹患するか、またはその危険性がある患者において、認知機能障害を処置するか、または認知機能を改善するための薬学的組成物を提供すること。【解決手段】この組成物は、シナプス小胞タンパク質2A(SV2A)インヒビターまたはその薬学的に受容可能な塩、水和物、溶媒和物、多形、もしくはプロドラッグ、およびアセチルコリンエステラーゼインヒビタ...

    認知機能を改善するための方法および組成物

  9. 【課題】香料を含む場合であっても、発熱特性に優れる発熱組成物及び発熱具を提供すること。【解決手段】本発明の発熱組成物2は、被酸化性金属元素単体及び炭素元素単体が一つの粒子内に存在している複合粒子と、水とを含む。また発熱組成物2は、被酸化性金属元素単体と、炭素元素単体と、鉄かんらん石と、水とを含む。本発明の発熱具10は、発熱組成物2がシート状基材11,12に積層された発...

    発熱組成物及び発熱具

  10. 【課題】本発明の目的は、母材の種類によらず強化複合材料から連続繊維の状態で強化材を再生することできる、強化複合材料からの強化材の再生回収方法を提供することにある。【解決手段】本発明の強化複合材料から強化材を再生回収する方法は、母材と強化材とを含む強化複合材料から、強化材を再生回収する方法であって、a)前記強化複合材料を、処理溶液により、母材と強化材とに分解する工程、c...

    強化複合材料から強化材を再生回収する方法

  11. 【課題・解決手段】ここで提供されるのは、統合失調症又は統合失調感情障害の治療を必要とする患者にパリペリドンパルミチン酸エステルを投与するための単純化投薬レジメンである。

    パリペリドンパルミチン酸エステル徐放性懸濁注射液の投薬レジメン

  12. 【課題】チタン合金鋳塊に関して、より均等な品質を高い次元で実現する。【解決手段】チタン合金鋳塊52の製造方法は、チタン合金原料50を供給する原料供給工程と、原料50を溶解する溶解工程と、原料50の溶融物を含む溶湯51をハース7で精錬する精錬工程と、ハース7で精錬された溶湯51を鋳型8で冷却凝固する鋳造工程と、除去工程と、を有する。除去工程では、鋳型8に供給された溶湯5...

    チタン合金鋳塊の製造方法および製造装置

  13. 【課題】本発明は、回収した強化材の強度低下を抑制することでき、強化材の形状を保つことができる、強化複合材料からの強化材の再生方法を提供することを目的とする。【解決手段】処理溶液及び/又は熱を用いて強化複合材料の母材と強化材とを分離して強化材を再生する方法において、a)再生した前記強化材の強度が再生する前の前記強化材の強度の80%以上であり、かつb)前記強化材の再生前後...

  14. 【課題】本発明は、回収した強化材の強度低下を抑制することでき、強化材の形状を保つことができる、強化複合材料からの強化材の再生方法を提供することを目的とする。【解決手段】a)処理溶液及び/又は熱を用いて、強化複合材料の母材と強化材とを分離する工程、b)母材が除去された強化材を洗浄、乾燥することで、強化材を再生する工程、c)再生した強化材を基材に加工する工程、d)得られた...

    強化複合材料を再生する方法

  15. 【課題】本発明は、回収した強化材の強度低下を抑制することでき、強化材の形状を保つことができる、強化複合材料から再生した強化材の処理方法を提供することを目的とする。【解決手段】処理溶液及び/又は熱を用いて強化複合材料の母材と強化剤とを分離して強化材を再生する工程において、a)硫酸を電気分解することによって、酸化性活性種を含む処理溶液を得る工程、b)処理溶液に、使用後又は...

  16. 【課題】耐熱性および誘電特性に十分に優れたエポキシ樹脂硬化物を十分に良好な作業性で得ることができるエポキシ樹脂溶液を提供すること。【解決手段】少なくとも硬化剤およびエポキシ樹脂を有機溶媒に混合してなり、前記硬化剤が、分子中に1〜4個のイミド基および2〜4個のグリシジル基反応性官能基を有するイミド基含有硬化剤を含む、エポキシ樹脂溶液。

  17. 【課題】被酸化性金属を含有する塗料を均一に塗工できる発熱体の製造方法を提供すること。【解決手段】本発明は、被酸化性金属を含む発熱組成物と、基材シート2とを含む発熱体1の製造方法である。前記製造方法は、塗工ヘッド30を用いて、基材シート2の一面に、被酸化性金属を含有する塗料Sを塗工する塗工工程を具備する。塗工ヘッド30は、塗料Sが導入される複数の導入口32と、塗料Sが吐...

    発熱体の製造方法

  18. 【課題】 適合義歯の樹脂製義歯床粘着面等の疎水性表面を親水化することにより、その装着性を改善できる親水化処理剤であって、基本的には非適合義歯の装着性を改善するための従来の義歯安定剤とは異なり、汚れの原因となる粘稠剤や水溶性の高分子化合物用いる必要のない親水化処理剤を提供すること。【解決手段】 水又は水を含む溶媒に、たとえば平均繊維幅3nm以上、200nm以下であり...

  19. 【課題】優れた柔軟性と誘電特性を有するエポキシ樹脂硬化物を得ることができるジイミドジカルボン酸の提供。【解決手段】無水トリカルボン酸と炭素数18以上のジアミンとからなる一般式(1)で示されるジイミドジカルボン酸、および、無水トリカルボン酸が、無水トリメリット酸である前記ジイミドジカルボン酸、および、炭素数18以上のジアミンが、ダイマージアミンである前記ジイミドジカルボ...

  20. 【課題・解決手段】本発明は、変異RSV F分子、たとえば、1つ以上のDT架橋の導入によって融合前のコンフォメーションで安定化され得るか、又は安定化されている変異RSV F分子を提供する。本発明はまた、かかる変異RSV F分子を作製する方法、かかる変異RSV F分子を含む組成物、並びに、たとえば、ワクチン接種方法、治療方法、及び抗体製造方法において、かかる変異R...

    コンフォメーションが安定化されたRSV融合前Fタンパク質

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 218