溶媒和物 に関する公開一覧

溶媒和物」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「溶媒和物」の詳細情報や、「溶媒和物」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「溶媒和物」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(41,841件中)1/2,093ページ目

  1. TSP1の機能を阻害することで血管新生を促進することができ、重症下肢虚血などの疾患の治療または予防に有用である化合物の提供。式(I)【化1】 [式中、Aは、連結基A1〜A6から選択され、Xaa1は、脂肪族アミノ酸、芳香族アミノ酸、塩基性アミノ酸、中性アミノ酸、または酸性アミノ酸の残基であるか、あるいは存在せず;Xaa2は、芳香族アミノ酸または中性アミノ酸の残基であり;...

    Thrombospondin  1結合ペプチド

  2. 【課題・解決手段】インドールアミン2,3−ジオキシゲナーゼ(IDO)の酵素活性を調節または阻害する化合物、該化合物を含む医薬組成物および本発明の化合物を使用して癌などの増殖性障害、ウイルス感染症および/または炎症性障害を処置する方法が開示される。

  3. 【課題・解決手段】本出願は、新規置換されている5,6,7,8−テトラヒドロ[1,2,4]トリアゾロ[4,3−a]ピリジン−3(2H)−オン類及び2,5,6,7−テトラヒドロ−3H−ピロロ[2,1−c][1,2,4]トリアゾール−3−オン類、それらを合成する方法、疾患を治療及び/又は予防するためのそれらの単独での又は組み合わされた使用、並びに、疾患を治療及び/又は予防す...

    置換されている5,6,7,8−テトラヒドロ[1,2,4]トリアゾロ[4,3−a]ピリジン−3(2H)−オン類及び2,5,6,7−テトラヒドロ−3H−ピロロ[2,1−c][1,2,4]トリアゾール−3−オン類、並びに、それらの使用

  4. 【課題・解決手段】蛍光染料または有色染料として有用な化合物が開示される。上記化合物は、以下の構造(I)またはその立体異性体、互変異性体または塩を有し、ここでR1、R2、R3、R4、R5、L、L1、L2、L3、L4、M、M′、m1、m2、n、x、yおよびzは、本明細書で定義されるとおりである。このような化合物の調製および使用と関連する方法もまた、提供される。本発明は一般...

    超明色ダイマーまたはポリマー染料

  5. 【課題・解決手段】式(1)の化合物を調製するための合成方法が本明細書において提供される。本開示はまた、式(1)の化合物の有用な中間体および塩、非晶形および多形形態を提供する。これらの化合物は、がん、異常細胞増殖、血管新生、アルツハイマー病、および変形性関節症、ならびにWnt関連疾患を含む、様々な疾患に対して有用である。

    N−(5−(3−(7−(3−フルオロフェニル)−3H−イミダゾ[4,5−c]ピリジン−2−イル)−1H−インダゾール−5−イル)ピリジン−3−イル)−3−メチルブタンアミドを調製するための方法

  6. 【課題・解決手段】骨格組織中のビスホスホネートを除去又は排除する方法及び組成物が本明細書に開示されている。

    ビスホスホネートの骨格除去

  7. 【課題・解決手段】本発明は、KSP阻害剤および抗CD123抗体を含む特異的抗体−薬物−コンジュゲート(ADC)、疾患を治療および/または予防するためのこれらのコンジュゲートの使用、ならびに疾患、特に、例えばがん疾患などの過剰増殖性および/または血管新生障害を治療および/または予防するための医薬品を調製するためのこれらのコンジュゲートの使用に関する。このような治療は、単...

    KSP阻害剤および抗CD123抗体を含む特異的抗体−薬物−コンジュゲート(ADC)

  8. 【課題・解決手段】創傷を治療するための方法が、本明細書で提供される。このような方法は、創傷を有効量のBRAF阻害剤と接触させる工程を含む。いくつかの態様では、BRAF阻害剤は、医薬組成物の一部であることとしてもよい。このような場合には、医薬組成物は、有効量のBRAF阻害剤および薬学的に許容される担体を含むこととしてもよい。ある態様では、医薬組成物は、軟膏、クリーム液、...

    BRAF阻害剤を用いる創傷治癒

  9. 【課題・解決手段】式(I)[式中、HETは、オキサゾリル、ピラゾリル、イミダゾ[1,2−b]ピリダジン−3−イルおよびピラゾロ[1,5−a]ピリミジン−3−イルから選択されるヘテロアリールであり、前記ヘテロアリールは、式(I)の化合物中のピリジニル基と該ヘテロアリール中の炭素環原子により結合しており、前記ヘテロアリールは、0〜2つのRbで置換されており;および、R1、...

    ヘテロアリール置換のアミノピリジン化合物

  10. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、第2の薬剤又はその医薬として許容し得る形態と組み合わせて、ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ阻害剤又はその医薬として許容し得る形態を含む医薬組成物であって、該第2の薬剤が、1)チェックポイントモジュレーター、2)XPO1阻害剤、3)抗CD19抗体、4)TLRアゴニスト、5)STINGアゴニスト、もしくは6)Flt3リガ...

    組合せ療法

  11. 【課題・解決手段】本開示は概して、ピロロベンゾジアゼピンの誘導体およびその抗体-薬物結合体、ならびに治療薬および/または診断薬としてのこれらの結合体の使用法に関する。

    ピロロベンゾジアゼピンおよびその結合体

  12. 【課題・解決手段】ポリ-1-ヒドロキシメチルエチレンヒドロキシメチルホルマール(PHF)系薬物送達システムが本明細書において提供される。抗体薬物複合体を作製する方法およびこれら複合体を用いた治療の方法も開示される。

    ポリマーリンカーおよびそれらの使用法

  13. 【課題】がん等の増殖性疾患の処置及び/又は予防のための治療薬剤の提供。【解決手段】式IAで例示される化合物。(R1およびR2は、それぞれ、水素、フルオロ、クロロ、シアノ、(1〜2C)アルキル、(1〜2C)アルコキシ、(1〜2C)ハロアルキルまたは(1〜2C)ハロアルコキシから独立して選択され;R4は、水素、フルオロ、クロロ、ブロモ、ヨード、CF3、OCF3、シアノ、N...

  14. 【課題】医薬として有用なピリミジンカルボキシアミド化合物の提供。【解決手段】式SX−682で示される化合物。

    2−[5−[N−(4−フルオロフェニル)カルバモイル]ピリミジン−2−イルスルファニルメチル]−4−(トリフルオロメトキシ)フェニル」ボロン酸

  15. 【課題】抗腫瘍効果と安全性面に優れる、優れた治療効果を有する抗腫瘍薬の提供。【解決手段】次式:で示される抗腫瘍性化合物と抗HER3抗体とを、特定の構造を有するリンカーを介して結合させたことを特徴とする抗体−薬物コンジュゲート。

    抗HER3抗体−薬物コンジュゲート

  16. 【課題】WT1抗原ペプチドおよび免疫調節剤を利用した、癌を治療または予防するための方法および医薬の提供。【解決手段】免疫調節剤と併用される、WT1抗原ペプチドまたはその薬学上許容される塩を含む、癌を治療または予防するための医薬組成物。

    WT1抗原ペプチドおよび免疫調節剤の併用

  17. 【課題】15−PGDH活性を調節する、組織プロスタグランジンレベルを調節する、15−PGDH活性および/またはプロスタグランジンレベルを調節することが望まれる疾患、障害、または状態を治療する化合物および方法の提供。【解決手段】式(V)で示される化合物(式中、n=0〜2であり、R1はチオフェン、チアゾール等である)。

    短鎖デヒドロゲナーゼ活性を調節する組成物および方法

  18. 【課題】準最適に投与された薬物療法の有効性を改善するための、及び/又は、副作用を低減するための方法及び組成物を提供する。【解決手段】本発明は、準最適治療行為によって、従来制限されていた治療薬の治療効果を改善するための方法及び組成物に関する。その改善は、単一治療法の効用を改良するか、副作用を減ずることによって行われる。そのような方法及び組成物は、特に、ウラシルマスタード...

  19. 【課題・解決手段】本明細書では、β2−アドレナリン受容体アゴニストまたはその薬学的に許容される塩、およびβ3−アドレナリン受容体アゴニストまたはその薬学的に許容される塩を含む、薬学的製剤ならびにキットオブパーツが提供される。この活性物質の併用は、2型糖尿病の治療において特に有用であることが分かる。

    2型糖尿病の治療のためのアドレナリン受容体アゴニストの併用

  20. 【課題・解決手段】エドキサバンを調製するための化合物および方法を開示する。特に、エドキサバンを合成する際に形成され得る中間体である、アミン保護[(1S,2R,5S)−1,2−アミノ−5[(ジメチルアミノ)カルボニル]シクロヘキサンのカンファースルホン酸塩、ならびにその調製方法を開示する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2093