混合気 に関する公開一覧

混合気」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「混合気」の詳細情報や、「混合気」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「混合気」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(57,395件中)1/2,870ページ目

  1. 技術 熱源装置

    【課題】高温側の第1流体が流れる第1流路と低温側の第2流体が流れる第2流路とを有する熱交換器を備える熱源装置において、第2流路の流路詰まりを正確に判定する。【解決手段】熱源装置の作動中、液々熱交換器3に流入する第1流体の第1流入温度と、液々熱交換器3から流出する第1流体の第1流出温度と、液々熱交換器3に流入する第2流体の第2流入温度と、液々熱交換器3から流出する第2流...

    熱源装置

  2. 【課題】ボイラの起動時に、火炉内の圧力の過剰な低下を抑制することができ、シールを維持できることを目的とする。【解決手段】石炭焚きボイラは、燃料を燃焼させることで燃焼ガスを生成する火炉と、火炉で生成された燃焼ガスが流通するガスダクトと、火炉からのガスを煙道を介して吸い出し大気へ放出する誘引通風機と、火炉の内部と大気とを連通する空気ダクトと、誘引通風機の羽根の角度を変更す...

    ボイラ及びボイラシステム並びにボイラの起動方法

  3. 【課題】車載電池が適正温度範囲で使用されないことに起因する車両のエネルギー効率の低下を抑制することができる空調制御システムを提供する。【解決手段】空調装置30により電池の温度を調整可能に構成される車両を含む空調制御システムにおいて、車両ECU50が計画部50Aと空調制御部50Dとを備える。計画部50Aは、車両の走行予定を示す走行計画と、電池の温度とを用いて、無人走行期...

    空調制御システム

  4. 【課題】本発明は、鞍乗り型車両のフロントリフトアップを適切に抑制することができる制御システム及び制御方法を得るものである。【解決手段】本発明に係る制御システム及び制御方法では、サスペンションの減衰力及び鞍乗り型車両に生じる駆動力が制御される。また、鞍乗り型車両の前輪が浮き上がるフロントリフトアップが抑制されるように鞍乗り型車両に生じる駆動力を調整する駆動力調整制御が実...

    制御システム及び制御方法

  5. 【課題】本発明は、鞍乗り型車両のスリップ抑制制御を適切に実行することができる制御システム及び制御方法を得るものである。【解決手段】本発明に係る制御システム及び制御方法では、サスペンションの減衰特性が制御される。また、サスペンションの減衰特性及びストローク速度に基づいてサスペンションに生じる減衰力が推定され、推定された減衰力に応じた目標量を用いて鞍乗り型車両のスリップを...

    制御システム及び制御方法

  6. 【課題】副室の大型化を抑制しつつ、副室を形成するカバー部の温度上昇を抑制できる、内燃機関用のスパークプラグ及びこれを備えた内燃機関を提供すること。【解決手段】スパークプラグ1は、絶縁碍子3と、中心電極4と、ハウジング2と、カバー部5とを有する。中心電極4は、絶縁碍子3の内側に保持されると共に、絶縁碍子3の先端側に先端突出部41を突出させている。カバー部5は、先端突出部...

    内燃機関用のスパークプラグ及びこれを備えた内燃機関

  7. 【課題】モータジェネレータと、過給機を有するエンジンとを備えるハイブリッド車両において、エミッションの悪化を抑制しつつ、ドライバビリティの悪化を抑制する。【解決手段】車両は、モータジェネレータと、過給機を有するエンジンと、HV−ECUとを備える。エンジンの動作領域には、過給機による過給中にエンジンの負荷が急峻に増加されることによってエンジンの排気中に含まれる粒子状物質...

    ハイブリッド車両およびハイブリッド車両の制御方法

  8. 【課題】モータの回転速度がその制限値を超えるオーバーシュートの発生を抑制する。【解決手段】モータ制御装置の制御器は、モータのd、q軸電流検出値Id、Iqとd、q軸電流指令値Id*、Iq*との電流偏差に基づいて発生トルクを制御する。また、制御器は、Iq*を、回転速度検出値ωrと第1の制限値ωlmtとに基づく比例積分制御により発生トルクを低減するように補正し、補正後の電流...

    モータ制御装置

  9. 【課題】脈動を抑えることが可能な油圧テンショナ装置を提供する。【解決手段】油圧テンショナ装置は、クランクシャフト7とカムシャフト8,9とを有するエンジン1と、クランクシャフト7からカムシャフト8,9にかけて掛け回され、クランクシャフト7の回転をカムシャフト8,9に伝達する無端タイミングチェーン14と、油圧力により無端タイミングチェーン14を押圧する油圧式テンショナ20...

    油圧テンショナ装置

  10. 【課題】機関始動に際して燃焼制御を適切な時期に開始することのできる内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】制御装置100は、内燃機関10の燃料噴射弁31の油密漏れの有無を判定する。そして、制御装置100は、油密漏れがないと判定される場合には、始動要求に従うモータリングの実行によって上昇する機関回転速度が内燃機関10の共振速度域を超えた後、スロットルバルブ14よりも下...

    内燃機関の制御装置

  11. 【課題】燃焼室及び燃焼室に吸気を行うための吸気流路の少なくとも一方に水を噴射する水噴射部を備える内燃機関に取り付けられるスパークプラグであって、絶縁碍子の割れを抑制することができるスパークプラグを提供する。【解決手段】スパークプラグ1は、燃焼室及び吸気流路の少なくとも一方に水を噴射する水噴射部を備える内燃機関に取り付けられて用いられる。スパークプラグ1の絶縁碍子3の先...

    スパークプラグ

  12. 【課題】インジェクタについて早期に制御パラメータの学習を行うことができる燃料噴射量の学習制御方法を提供する。【解決手段】本発明は、燃料圧力及び燃料噴射時間によって燃料噴射量が設定されるインジェクタ(6)を制御するための、燃料噴射量の学習制御方法であって、第1の燃料圧力及び第1の燃料噴射時間で燃料が噴射されたときの第1の噴射量誤差を、センサに基づいて推定する誤差推定ステ...

    燃料噴射量の学習制御方法

  13. 【課題】エンジンの1サイクル中に複数回に分割して燃料噴射が行われる場合にも効果的に学習を行うことができる燃料噴射量の学習制御方法を提供する。【解決手段】本発明は、燃料噴射量の学習制御方法であって、インジェクタ制御ステップ(S4)と、排気ガス中の酸素濃度を検出する検出ステップ(S5)と、実空燃比を推定する空燃比推定ステップと、実空燃比に基づいてエンジンの1サイクル中に噴...

    燃料噴射量の学習制御方法

  14. 【課題】EGR弁の上流側と下流側との差圧を検出する差圧センサの異常判定方法等において、異常判定の実行頻度を確保しつつ、燃費を悪化させることなく、異常判定を精度良く行う。【解決手段】エンジン1のEGR通路52上に設けられたEGR弁54の上流側と下流側との差圧を検出する差圧センサSW15の異常判定方法は、差圧センサSW15の出力値に基づき当該センサの異常を判定するステップ...

    差圧センサの異常判定方法及び異常判定システム

  15. 【課題】EGR弁の差圧センサを含むエンジンの制御方法等において、差圧センサの異常判定を精度良く行うと共に、差圧センサの異常時における燃費悪化を適切に抑制する。【解決手段】エンジンの制御方法は、EGRガスを含む燃焼室17内の全ガス量と燃料量との割合であるガス空燃比G/Fが理論空燃比よりも大きい状態において、混合気を自着火により圧縮着火燃焼させる第1燃焼モードを行うステッ...

    エンジンの制御方法及び制御システム

  16. 【課題】空調対象空間における潜熱負荷が減少した場合に、簡易な構成を用いて構成の簡素化を図りながら、過剰な潜熱負荷の処理を防止すること。【解決手段】空調対象空間1に供給する空気の給気温度を調整する給気温度調整部2と、給気温度調整部2にて温調された空気の空調対象空間1への供給量を調整する風量調整部3と、空調対象空間1における潜熱負荷が減少した場合に、その潜熱負荷の減少度合...

    空調システム

  17. 【課題】空調対象空間の利用開始前だけでなく、空調対象空間の利用開始後においても、潜熱負荷を過不足なく適切に処理して、利用者の快適性を向上すること。【解決手段】利用開始前には、空調制御部4が、給気温度が推定負荷用の目標給気温度になるように、給気温度調整部2の作動状態を制御し、且つ、風量調整部3の作動状態を制御する推定負荷用空調制御を行い、利用開始後において、通常潜熱負荷...

    空調システム

  18. 【課題】高負荷域での異常燃焼の抑制と燃費性能の向上とを両立する。【解決手段】本発明の制御装置は、インジェクタから噴射された燃料を空気と混合しつつ自着火により燃焼させる予混合圧縮着火燃焼が可能なエンジンに適用される。エンジン負荷が高い高負荷域における低速側の一部である低速・高負荷域での運転時は、インジェクタ15に前段噴射Faおよび後段噴射Fbを実行させるとともに、後段噴...

    予混合圧縮着火式エンジンの制御装置

  19. 【課題】空燃比のリーン化による燃費性能の向上と燃焼安定性の確保とを両立する。【解決手段】本発明の制御装置は、混合気の一部を火花点火によりSI燃焼させるとともにその他の混合気を自着火によりCI燃焼させる部分圧縮着火燃焼が可能な圧縮着火式エンジンに適用される。所定の低負荷域でエンジンが運転されかつエンジンの温度パラメータが所定値未満である場合には、吸気行程中に燃料を噴射す...

    圧縮着火式エンジンの制御装置

  20. 【課題】空燃比のリーン化による燃費性能の向上と燃焼安定性の確保とを両立する。【解決手段】本発明の制御装置は、インジェクタから噴射された燃料を空気と混合しつつ自着火により燃焼させる予混合圧縮着火燃焼が可能なエンジンに適用される。所定の低負荷域でエンジンが運転されているとき、前記制御装置は、所定量以上のバルブオーバーラップ期間が形成されるようにバルブ可変機構を制御するとと...

    予混合圧縮着火式エンジンの制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2870