深指屈筋 に関する公開一覧

深指屈筋」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「深指屈筋」の詳細情報や、「深指屈筋」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「深指屈筋」の意味・用法はこちら

1〜17件を表示(17件中)1/1ページ目

  1. 【課題・解決手段】筋損傷、筋傷害、または筋萎縮などの筋肉の状態を予防または治療するための組成物が、本明細書に提供される。いくつかの態様では、組成物は、プロスタグランジンE2(PGE2)化合物およびミオトキシンを含む。いくつかの態様では、筋損傷、筋傷害、または筋萎縮は、神経傷害、外科的手技、または外傷の結果である。筋肉再生を促進する方法および筋肉量を増大させる方法も、本...

    筋肉の状態を予防または治療するための組成物および方法

  2. 【課題】細胞侵入および形質導入のための代替的経路を利用するため、多重グリカン結合能を有するウイルスベクターを提供する。【解決手段】1つまたは複数のアミノ酸置換を含むアデノ随伴ウイルス(AAV)カプシドタンパク質であって、前記置換が、前記AAVカプシドタンパク質中に新規のグリカン結合部位を導入する、アデノ随伴ウイルス(AAV)カプシドタンパク質。

    二重グリカン結合性AAVベクターのための方法および組成物

  3. 【課題・解決手段】一部の実施形態では、本開示は、生物活性剤の送達に関する組成物および方法に関連し、組成物は生物活性剤と脂質を含む。様々な実施形態では、脂質は、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、アルファ‐リノレン酸、ガンマ‐リノレン酸、ドコサヘキサエン酸(シス‐DHA)、ツルビナル酸およびジリノレイルから選択される。一部の実施...

    生物活性剤に関する方法および組成物

  4. 【課題】筋量増加用食品組成物、筋量増加剤、ロコモティブシンドローム治療剤、サルコペニア治療剤、運動機能維持剤、筋萎縮関連遺伝子発現抑制剤、筋タンパク質分解抑制剤、筋萎縮予防剤、筋合成関連遺伝子発現促進剤及び筋合成促進剤を提供する。【解決手段】ユーグレナ由来物質を有効成分として含有することを特徴とする筋量増加用食品組成物、筋量増加剤、ロコモティブシンドローム治療剤、サル...

    筋量増加用食品組成物、筋量増加剤、筋萎縮予防用の食品組成物及び筋萎縮予防剤

  5. 【課題・解決手段】様々な疾患および病態を処置するためのインダゾール化合物が提供される。より具体的には、炎症性疾患または炎症性障害の処置におけるインダゾール化合物またはその類似体の使用が提供される。

    2−(1H−インダゾール−3−イル)−3H−イミダゾ[4,5−c]ピリジンおよびそれらの抗炎症的使用

  6. 【課題】多様な操作を可能とするウェアラブル装置を提供すること。【解決手段】ウェアラブル装置1は、ユーザの身体の特定部位に装着可能なものである。ウェアラブル装置1は、例えば、ユーザの左右の上肢の内、一方の上肢に取り付けられるものである。ウェアラブル装置1は、画像を表示する表示部20と、一方の上肢に接触して該上肢の筋活動を検出する筋活動検出部と、検出された筋活動に基づいて...

    ウェアラブル装置

  7. 【課題・解決手段】中枢神経に器質的障害を有している患者に対しても有効な、安価な家庭用電気治療器を提供することを目的として、医学情報をスマートフォンに入力し、マイクロプロセッサにより、出力信号を制御して、手の末梢神経、足の末梢神経、仙骨孔、頚椎に電極を設置して電圧を付加することにより、脳血管障害をはじめとしたもろもろの疾患を総合的に改善できる家庭用電気治療器を提供する。

    家庭用電気治療器

  8. 【課題】本発明は例えば断裂したアキレス腱等の断裂した腱の修復のための、PDGFを腱に送達するための改善された縫合糸を提供することを課題とする。【解決手段】PDGF及びバッファーを含む有効量の組成物を患部に投与することを含む、腱障害の処置方法。

    腱障害を処置するための血小板由来成長因子組成物及び方法

  9. 【課題】ナノ粒子組成物、その製剤およびその使用を提供すること。【解決手段】ナノ粒子組成物、ボツリヌス毒素、および注入による投与のための少なくとも1つの賦形剤を含む、非経口投与のために製剤化された滅菌され注射可能な医薬組成物であって、前記ナノ粒子組成物が粒子の集団を含み、前記粒子の大部分が10〜300ナノメートルの直径を有し、前記ナノ粒子組成物が少なくとも1つの水性媒体...

  10. 【課題・解決手段】薬剤コート層を有する拡張可能部材を備えた医療器具であって、薬剤コート層が医療器具の表面上に規則的に配置され均一なサイズをもつ水不溶性薬剤の複数の結晶粒子を含む結晶形態型を有する医療器具を用意することと、医療器具を末梢血管に挿入することと、拡張可能部材を拡張することと、複数の結晶の少なくとも一部が血管壁に移行するように薬剤コート層を血管壁に押付けること...

    下肢末梢動脈疾患の治療方法

  11. 【課題・解決手段】薬剤コート層を有する拡張可能部材を備えた医療機器であって、薬剤コート層が医療機器の表面上に規則的に配置され均一なサイズをもつ水不溶性薬剤の複数の結晶粒子を含む結晶形態型を有する医療機器を用意することと、医療機器を末梢血管に挿入することと、拡張可能部材を拡張することと、複数の結晶の少なくとも一部が血管壁に移行するように薬剤コート層を血管壁に押付けること...

    下肢末梢動脈疾患の治療方法

  12. 【課題・解決手段】薬剤コート層を有する拡張可能部材を備えた医療器具であって、薬剤コート層が医療器具の表面上に規則的に配置され均一なサイズをもつ水不溶性薬剤の複数の結晶粒子を含む結晶形態型を有する医療器具を用意することと、医療器具を末梢血管に挿入することと、拡張可能部材を拡張することと、複数の結晶の少なくとも一部が血管壁に移行するように薬剤コート層を血管壁に押付けること...

    下肢末梢動脈疾患の治療方法

  13. 【課題】クロストリジウム毒素を非タンパク質賦形剤で安定化する。【解決手段】クロストリジウム毒素、例えばボツリヌス毒素を含有するクロストリジウム毒素医薬組成物であって、医薬組成物中に存在するクロストリジウム毒素が、非タンパク質賦形剤、例えばポリビニルピロリドン、二糖、三糖、多糖、アルコール、金属、アミノ酸、界面活性剤および/またはポリエチレングルコールによって安定化され...

  14. 【課題】本発明は例えば断裂したアキレス腱等の断裂した腱の修復のための、PDGFを腱に送達するための改善された縫合糸を提供することを課題とする。【解決手段】PDGF及びバッファーを含む有効量の組成物を患部に投与することを含む、腱障害の処置方法。

    腱障害を処置するための血小板由来成長因子組成物及び方法

  15. 【課題・解決手段】本明細書において、ベッカー型筋ジストロフィーとデュシェンヌ型筋ジストロフィーとを含む筋ジストロフィーを治療する方法が記載される。本方法は、それを必要とする対象に、タダラフィルなどのホスホジエステラーゼ5A(PDE5A)阻害物質を投与することを含む。該PDE5A阻害物質を投与することは、機能的交感神経遮断(functional sympatholys...

    筋ジストロフィーの治療のためのホスホジエステラーゼ5A阻害物質

  16. 技術 経皮送達

    【課題】経皮送達の提供。【解決手段】本発明は、皮膚の真皮レベルに関連する障害および/または状態を処置するための系および方法を記載している。そのような障害としては、ざ瘡、多汗症、臭汗症、色汗症、酒さ、抜け毛、真皮の感染症および/または光線性角化症が挙げられる。方法は、通常、ボツリヌス毒素などの少なくとも1つの治療薬を含むナノエマルション(例えば、ナノ粒子組成物)の投与を...

    経皮送達

  17. 【課題・解決手段】本発明は、1つまたは複数のアミノ酸置換を含むアデノ随伴ウイルス(AAV)カプシドタンパク質を含む方法および組成物を提供し、これらの置換は、AAVカプシドタンパク質中に新しいグリカン結合部位を導入する。

    二重グリカン結合性AAVベクターのための方法および組成物

  18. 【課題・解決手段】中枢神経に器質的障害を有している患者に対しても有効な、安価な家庭用電気治療器を提供することを目的として、医学情報をスマートフォンに入力し、マイクロプロセッサにより、出力信号を制御して、手の末梢神経、足の末梢神経、仙骨孔、頚椎に電極を設置して電圧を付加することにより、脳血管障害をはじめとしたもろもろの疾患を総合的に改善できる家庭用電気治療器を提供する。

    家庭用電気治療器

  19. 【課題】歯磨きを行いつつ効率的な握力の鍛錬が可能で、更に当該握力鍛錬に対する使用者の精神的負荷を抑制することができる握力トレーニング器具を提供する。【解決手段】第一把持部と、弾性部材と、前記弾性部材を介して前記第一把持部に対向して一定距離をおいて配置されている第二把持部と、挿入口を有する筐体と、で構成され、前記第一把持部と前記第二把持部との距離を、前記筐体弾性部材の弾...

    歯磨き時用握力トレーニング器具

    • 公開日:2018/11/29
    • 出願人: 軽部央
    • 発明者: 軽部央
    • 公開番号:2018-187122号
  20. 【課題・解決手段】本発明は、カプシドタンパク質VP1およびカプシドタンパク質VP3を任意の組み合わせで含むポリプロイド性アデノ随伴ウイルス(AAV)カプシドであって、カプシドタンパク質VP1が、1つまたは1つよりも多い第1のAAV血清型由来であり、カプシドタンパク質VP2が、1つまたは1つよりも多い第1のAAV血清型由来であり、カプシドタンパク質VP3が、1つまたは1...

    ポリプロイド性アデノ随伴ウイルスベクターならびにその作製および使用の方法