注射剤 に関する公開一覧

注射剤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「注射剤」の詳細情報や、「注射剤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「注射剤」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(44,038件中)1/2,202ページ目

  1. 【課題】AMPA受容体に関連する疾患の予防及び/又は治療剤の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物、その医薬として許容し得る塩若しくは溶媒和物を含有する、AMPA受容体に関連する疾患の予防及び/又は治療剤。(A及びZは夫々独立にCO、SO又はSO2;X及びYは夫々独立にS又はO)。

    AMPA受容体に関連する疾患の予防及び/又は治療剤

  2. 【課題】本発明は、優れたEP300および/またはCREBBPのヒストンアセチルトランスフェラーゼ阻害活性を有する化合物またはその薬理上許容される塩を提供するものである。【解決手段】式(1)で表される化合物またはその薬理上許容される塩。【化1】(ここで、式(1)中の環Q1、環Q2、環Q3、X、およびLは、それぞれ明細書中の定義と同義である。)。

  3. 【課題】骨量増強可能な破骨細胞の分化抑制剤の提供。【解決手段】破骨細胞の分化抑制剤は、下記式(1)または(2)で表されるフラボノイド誘導体またはその塩を含む。破骨細胞の分化抑制剤は、骨量増強剤として使用でき、例えば、投与対象における骨量または骨密度を増強できる。

    破骨細胞の分化抑制剤およびその用途

  4. 【課題】本発明は、エボカルセトの生体内での持続的な放出を可能とするエボカルセト誘導体を提供することを課題とする。【解決手段】式1:【化1】[式中、 Zは、カルボキシル基若しくはその塩を有する多糖類の残基、又はカルボキシル基若しくはその塩を有するポリアミノ酸の残基であり、 Lは、リンカーであり、 Dは、エボカルセトの残基であり、 nは、正の整数である]で表される...

  5. 【課題】抗血液がん作用を有し、副作用が少ない新たな製剤を提供すること。【解決手段】ルセオグリフロジンを含有することを特徴とする血液がんの予防及び/又は治療剤。本発明において、ルセオグリフロジンは血液がん細胞の増殖を抑制することができ、血液がんの予防及び/又は治療に用いることで、がん治療の選択の幅を広げることが可能となる。また、かかる薬剤は副作用の少ない安全な治療薬とし...

    血液がんの予防及び/又は治療剤

  6. 【課題】新規の抗肥満用組成物、肥満遺伝子発現調整剤(脂肪合成遺伝子発現抑制剤、脂肪燃焼遺伝子発現促進剤)、脂肪酸合成酵素活性抑制剤、カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ活性促進剤の提供。【解決手段】石灰藻及び/又はグロビン蛋白分解物を有効成分として含有する抗肥満用組成物。前記石灰藻は、紅藻類であり、カルシウムを0.1〜60重量%含有し、マグネシウムを0.01〜10...

    抗肥満用組成物

  7. 【課題】神経変性疾患に伴う周辺症状又は精神疾患に伴う衝動性症状の予防及び/又は治療剤の提供。【解決手段】ブレクスピプラゾール(OPC−34712)、即ち7−[4−(4−ベンゾ[b]チオフェン−4−イル−ピペラジン−1−イル)ブトキシ]−1H−キノリン−2−オン又はその塩を有効成分とする。

    ブレクスピプラゾール又はその塩を含有する神経変性疾患に伴う周辺症状又は精神疾患に伴う衝動性症状の予防及び/又は治療剤

  8. 【課題】遠隔に載置した磁界発生ステータを用いる、脈管構造内の磁性ナノ粒子の外部操作のためのシステムを提供する。【解決手段】システム及び方法は、永久磁石ベース又は電磁界発生ステータ源を用いて、流体媒質中の磁性ナノ粒子を制御する。人間の循環系などのように、流体媒質中での治療剤の拡散を増加させるのに有用であり、これは結果として循環系での血管閉塞などの流体障害物の実質的な除去...

    磁性粒子の操作のための磁気ベースのシステムと方法

  9. 【課題】グルカゴン、GLP−1及びGIP受容体アゴニスト作用を組み合わせることによって、優れた血糖値制御及び体重減少を達成する。【解決手段】グルカゴン、GIP及びGLP−1受容体でアゴニスト活性を有する化合物を提供する。

  10. 【課題】優れた肝細胞増殖因子阻害剤を提供すること。【解決手段】 式(1)で表される構造; −X1−X2−X3−X4−X5− (1)(式(1)中、 X1は、I、V、若しくはL、又はそのN−アルキルアミノ酸であり、 X2は、S、若しくはT、又はそのN−アルキルアミノ酸であり、 X3は、K、又はそのN−アルキルアミノ酸であり、 X4は、W、又はその...

    環状ペプチド

  11. 【課題】本発明は、急性の血管拡張作用を主としない新規な肺高血圧の治療薬、および新規な肺高血圧の治療方法の提供を解決課題とする。【解決手段】本発明は、非環式レチノイドもしくはその塩、またはそれらの溶媒和物を含む、肺血管リモデリング改善薬、ならびに、肺高血圧の予防および/または治療のための医薬である。当該非環式レチノイドとして、好ましくは、ペレチノインである。

    肺高血圧治療薬

  12. 【課題】紅藻類のタオヤギソウの新たな機能性を開発する。【解決手段】紅藻類タオヤギソウの抽出物又は粉末を有効成分とする、食品用組成物、医薬用組成物、化粧用組成物。

    紅藻類タオヤギソウの成分を有効成分とする、食品用組成物、医薬用組成物、化粧用組成物

  13. 【課題】急性期ストレス下での交感神経活性抑制用組成物を提供することを目的とする。【解決手段】50重量部以上のαリノレン酸を含む、交感神経活性抑制用油脂組成物。

  14. 【課題】瞬目時の摩擦により生じた生体反応に起因するストレスを低減させる製剤を提供すること。【解決手段】増粘剤、油性成分及びアミノ酸類からなる群より選択される少なくとも1種を含有する、摩擦によるストレス低減剤。

  15. 【課題】免疫系におけるグループ2自然リンパ球(ILC2)の中心的役割に着目し、ILC2の活性を抑制することができる薬剤を開発することを課題とする。【解決手段】ジスルフィラムが、ILC2活性及び/又は増殖作用を抑制することを見出し、ジスルフィラムを含むILC2の活性抑制剤を提供する。

    ジスルフィラムを含むグループ2自然リンパ球(ILC2)の活性抑制剤

  16. 【課題】抗感染ペプチド及びその使用の提供。【解決手段】長さが16〜26アミノ酸残基であり、該抗感染ペプチドは、Dアミノ酸、Lアミノ酸、又はこれらの組合せを含み得る。ある実施態様において、該抗感染ペプチドは、ペグ化されるか、親水性ポリマーを含むように修飾されるか、ステープル化されるか、又は脂質化される。また抗感染ペプチドを含む組成物、並びに該抗感染ペプチドを用いた治療及...

    広域スペクトル抗感染ペプチド

  17. 【課題】既知の組換え産物と比較して薬物動態学的特性が向上した組換えFSHの提供。【解決手段】α2,3−およびα2,6−シアリル化を含む組換えFSHであって、全シアリル化の80%以上がα2,3−シアリル化であり、かつ、全シアリル化の5%〜20%がα2,6−シアリル化である、組換えFSH。

    アルファ2,3−およびアルファ2,6−シアリル化を含む組換えFSH

  18. 【課題】胃腫瘍を処置するための方法の提供。【解決手段】処置を必要とする患者に有効量の抗EGFR薬を投与する工程を含む、胃腫瘍を処置するための方法であって、前記患者がEGFRバイオマーカーを有すると判定されている、方法。

    抗EGFR薬を用いた胃癌の処置のための、EGFRバイオマーカーの使用

  19. 【課題】胃腸管および肺の、炎症、がん、および他の障害を予防、制御、および治療するための新規なペプチドおよび方法の提供。【解決手段】グアニル酸シクラーゼ受容体の少なくとも1種のアゴニストを、単独で、あるいはi)5−アミノサリチル酸(5−ASA)またはその誘導体もしくは薬学的に許容される塩;ii)メルカプトプリン;またはiii)抗TNF療法より選択される化合物との組み合わ...

  20. 【課題】標的組織に起因する疾患の治療に有用な医薬組成物、その有効成分、前記医薬組成物並びに前記有効成分のスクリーニング方法、及び、製造方法の提供。【解決手段】標的組織特異的な化合物の濃度に依存して抗原に対する結合活性が変化する抗原結合ドメインを含む抗原結合分子。特定配列の定常領域に含まれるFc領域に含まれるもので、天然型ヒトIgGのFc領域のFcγレセプターに結合性よ...

    標的組織特異的抗原結合分子

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 174