毒素 に関する公開一覧

毒素」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「毒素」の詳細情報や、「毒素」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「毒素」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(38,775件中)1/1,939ページ目

  1. 【課題】本発明の課題は、安全性、塗工性及び耐水性に優れ、かつ、長期間のバイオフィルム形成抑制を可能とする、バイオフィルム形成抑制コート剤及び該コート剤からなる塗膜を有する、バイオフィルム形成抑制積層体を提供することである。【解決手段】上記課題は、アクリル系ポリマーブロック(A1)とポリエチレンオキサイドブロック(A2)とを有し、[ポリエチレンオキサイドブロック(A2)...

  2. 【課題】キノコ廃培地を原料の一部として合理的に用いることで、ニワトリの健康を高めて生産性を向上できる養鶏用飼料を提供する。【解決手段】コーンコブの破砕物が基材の主材として配合されているキノコ培地によってキノコの瓶栽培が行われた後の使用済の菌床であるキノコ廃培地を、栽培瓶から掻き出されることによってキノコの菌糸が切断されて生長力が失われた直後で雑菌が増殖する前に、該キノ...

    養鶏用飼料

  3. 【課題】新規なケトン若しくはオキシム化合物、それらを含む農薬、特に除草剤の提供。【解決手段】式(1)の化合物。[式中、BはB−1又はB−2を表し、Qは酸素原子又はNOR7を表し、Aは水素原子等を表し、R6はC1〜C6アルキル等を表し、R7はC1〜C6アルキル等を表し、R8a及びR9aは水素原子又はC1〜C6アルコキシカルボニルを表し、R8b及びR9bは水素原子を表し、...

  4. 【課題】広い範囲に散布された化学兵器剤などを効率的に無害化し、除染することができる化学剤の除染方法を提供する。【解決手段】本発明に係る化学剤の除染方法は、原水中にオゾンを溶存させて生成する分子水和オゾン水を用いて、化学剤として化学兵器剤を無害化する除染方法であって、オゾン水における水素結合率が、原水の水素結合率より小さい分子水和オゾン水を生成する工程と、生成された分子...

    化学剤の除染方法及び生物剤の除染方法

  5. 【課題】薬物内包微小球の形成が可能なn−末端で官能基化されたアミノ酸誘導体の提供。【解決手段】。例えば、以下に表されるアミノ酸誘導体の提供。これらのアミノ酸誘導体は、末端または内部アミノ基と、親油基を有するエポキシド、アクリレートまたはアルデヒドとを反応させることにより得られる。得られるアミノ酸、ペプチド、ポリペプチド−脂質(「APPL」と命名)は、細胞へのヌクレオチ...

    薬物内包微小球の形成が可能なn−末端で官能基化されたアミノ酸誘導体

  6. 【課題】コロニー刺激因子1受容体(CSF1R)に結合する抗体、抗体重鎖及び抗体軽鎖、またそれらをコードするポリヌクレオチドの提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列を含む重鎖と、特定のアミノ酸配列を含む軽鎖とからなる抗体で、ヒトCSF1Rに結合し、CSF1Rへの、CSF1R及びIL34の結合を遮断する抗体。カニクイザルCSF1Rに結合し、CSF1Rへのリガンド結合を遮断し...

    CSF1Rに結合する抗体

  7. 【課題】混合物中の核酸を配列決定する方法およびそれに関する組成物の提供。【解決手段】本開示は、端から端までの配列を分析する工程およびポリヌクレオチドの異種混合物中の相対的分配を分析する工程、ならびにこれに関する方法およびこれを可能にする試薬に関する。ある種の実施形態において、この方法は、複雑な転写後RNAプロセシングに供される分断遺伝子を有する高等な多細胞生物(これに...

    混合物中の核酸を配列決定する方法およびそれに関する組成物

  8. 【課題】雑草に対して高い除草効力を示す除草用組成物を提供すること。【解決手段】フロルピラウキシフェンベンジルと、イマゾスルフロン、プロピリスルフロン、及びブロモブチドから成る化合物群Aより選ばれる1以上の化合物とを含有する除草用組成物。

  9. 【課題】雑草に対して高い除草効力を示す除草用組成物を提供すること。【解決手段】テトフルピロリメトと、イマゾスルフロン、プロピリスルフロン、及びブロモブチドから成る化合物群Aより選ばれる1以上の化合物とを含有する除草用組成物。

  10. 農業及び園芸等の作物生産において、害虫等による被害は今なお大きく、既存薬に対する抵抗性害虫の発生等の要因から新規な農園芸用殺虫剤の開発が望まれている。本発明は、一般式(1):【化1】R1及びR4が、水素原子;であり、R2及びR3がハロゲン原子;であり、R5が、ハロアルキル基;であり、Ra、Rb及びRcが、水素原子;であり、A1がCH基、A2が、窒素原子であり、A3がN...

    N‐アルキルスルホニルインドリン化合物及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法

  11. 本発明は、農業及び園芸等の作物生産において、害虫等による被害が今なお大きいことから、既存薬に対する抵抗性害虫の発生等の要因から新規な農園芸用殺虫剤を開発し、提供することを課題とする。本発明は、一般式(1)【化1】 式中、R1はハロアルキル基、R2は水素原子又はアルキル基、R3はハロアルキル基又はアルキルチオアルキル基であり、AはN‐メチル基、A1は窒素原子、A2はC...

    オキシム基を有するキノリン化合物、N‐オキサイド又はその塩類及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法

  12. 【課題】虫が餌剤を喫食した際、餌剤中の対象成分の吸収量を調整し、虫の駆除、成長や繁殖を調整する方法を提供する。【解決手段】虫用餌剤における食物繊維の含有量を増減させて、炭水化物、蛋白質、脂質、ビタミン、ミネラル及び殺虫成分からなる群から選択される少なくとも1つの対象成分の吸収量を調整する、虫の対象成分吸収量の調整方法とする。

  13. 【課題】本発明は、回腸及び虫垂に対して活性の胃腸部位特異的経口ワクチン接種製剤を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、遠位回腸の近傍及び回腸ブレーキ及び/又は虫垂の区域に抗原を送達する経口ワクチン製剤を提供する。かかるワクチンは、ウイルス及び細菌感染症及び癌などの様々な障害の治療及び/又は予防に有用である。本発明の経口ワクチン製剤を使用する関連の治療方法も提供する。

    回腸及び虫垂に対して活性の胃腸部位特異的経口ワクチン接種製剤

  14. 【課題】ASK1阻害剤の固体形態を提供すること【解決手段】本発明の1つの実施形態によれば、5−(4−シクロプロピル−1H−イミダゾール−1−イル)−N−(6−(4−イソプロピル−4H−1,2,4−トリアゾール−3−イル)ピリジン−2−イル)−2−フルオロ−4−メチルベンズアミド(化合物I)の結晶形態が調製されて、そして、固体状態において特徴付けられた。さらに加えて、本...

    ASK1阻害剤の固体形態

  15. 【課題】細胞浄化を促進するための経口製剤を提供すること。【解決手段】経口製剤は、細胞性解毒を促進する複数の作用因子を含む。被験体による経口製剤の摂取によりNrf2関連遺伝子の発現をモジュレートする作用因子であって、Nrf2関連遺伝子には、内在性の抗酸化物質をコードする少なくとも1つの遺伝子、および細胞性解毒物質をコードする少なくとも1つの遺伝子が含まれる作用因子が含ま...

  16. 【課題】 ナッツ類に発生したアフラトキシンの値を低減できるようにする。【解決手段】 本発明のアフラトキシン低減方法は、ナッツ類に圧力をかけることによって、ナッツ類に発生したアフラトキシンを低減するようにしたものである。具体的には、超高圧処理装置内の圧媒中にアフラトキシンを含有したナッツ類を入れ、当該ナッツ類に100MPa以上の圧力をかけることによって、当該ナッツ類...

    アフラトキシン低減方法

  17. 農業及び園芸等の作物生産において、害虫等による被害は今なお大きく、既存薬に対する抵抗性害虫の発生等の要因から新規な農園芸用殺虫剤の開発が望まれている。本発明は、一般式(1)【化1】{式中、A及びA1は窒素原子を示し、R3及びR4はハロアルキル基を示し、R2は水素原子又はアセチル基を示し、R1はハロゲン原子を示し、mは0又は2を示す。}で表される1H‐ピロロ縮合複素環化...

    1H‐ピロロピリジン化合物、若しくはそのN‐オキサイド、又はその塩類及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法

  18. 【課題・解決手段】A2A及びA2Bアデノシンレセプターの少なくとも1つの阻害剤である化合物、及び、該化合物を含む組成物、及び、該化合物の合成方法は本明細書に記載される。アデノシンA2Aレセプター及び/又はアデノシンA2Bレセプターによって少なくとも部分的に媒介される癌及び免疫関連障害を含む、多様な疾患、障害及び状態の治療のためのこのような化合物及び組成物の使用。

  19. 【課題・解決手段】本開示は、FcγRIIA結合分子、例えば、FcγRIIA活性を阻害可能であるヒト化モノクローナル抗体、及び例えば、炎症性、免疫媒介性又は自己免疫性疾患又は障害の治療又は予防においてFcγRIIA結合分子を使用する方法を提供する。

    FcγRIIAに特異的な結合分子及びその使用

  20. 【課題・解決手段】本発明は概して、ビオチン結合タンパク質(その融合タンパク質および複合体を含む)の精製および単離の方法において使用するための、リポ酸(LA)化合物またはその誘導体を含む分離マトリックスに関する。本明細書に記載された態様は、ビオチン結合タンパク質、例えば、リザビジン(その融合タンパク質および複合体を含む)を、固体支持体に固定されたリポ酸(LA)化合物また...

    アビジン様タンパク質およびそれらの融合タンパク質を精製する方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1939