イオン交換クロマトグラフィー に関する公開一覧

イオン交換クロマトグラフィー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「イオン交換クロマトグラフィー」の詳細情報や、「イオン交換クロマトグラフィー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「イオン交換クロマトグラフィー」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(24,260件中)1/1,213ページ目

  1. 【課題】ヒノキ花粉アレルゲンCha o 1に対するモノクローナル抗体の提供。【解決手段】ヒノキ花粉アレルゲンCha o 1に対するモノクローナル抗体であって、Cha o 2及びスギ花粉アレルゲンCry j 1に反応しない、前記モノクローナル抗体。

    ヒノキ花粉抗原に対するモノクローナル抗体及びその用途

  2. 【課題】イオンのより高速な分析を容易に可能にする。【解決手段】イオンを分析するクロマトグラフ100に用いられる分離カラム120の充填剤であって、無機材から成る担体が、イオン交換基、および疎水性相互作用に寄与する官能基で修飾されるとともに、粒子径が3μm以下であることを特徴とする。

    液体クロマトグラフ、分離カラム、および分離カラムの充填剤

  3. 【課題】分離されたストレプトマイセス菌(Streptomyces speibonae)TKU048を提供するものである。【解決手段】分離されたストレプトマイセス菌(Streptomyces speibonae)TKU048を提供し、その菌株は、高生産量、高純度高比活性のエキソキチナーゼを生産することができ、前記エキソキチナーゼは、こうてきなpH値である酸性(pH3...

    エキソキチナーゼと、エキソキチナーゼを生産する菌株と、エキソキチナーゼを精製する方法と、並びにその菌株からN−アセチルグルコサミンを生産する方法

    • 公開日:2021/04/01
    • 出願人: 淡江大學
    • 発明者: 王三郎 、...
    • 公開番号:2021-048835号
  4. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  5. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  6. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  7. 【課題】免疫療法、特にがんの免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞を提供する。【解決手段】単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分の役割を果たし得る。主要組織適合性複合体...

    腎細胞がん(RCC)およびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドとスキャフォールドの組み合わせ

  8. 【課題】対象における細胞の細胞質ゾルに治療または診断剤を送達するための方法の提供。【解決手段】(a)治療または診断剤を含む有効量の脂質ナノ粒子と、(b)有効量の膜不安定化ポリマーとを対象に投与する工程であって、該治療または診断剤が標的細胞の細胞質ゾルに送達される、工程を含む、対象内の標的細胞の細胞質ゾルに治療または診断剤を送達するための方法。

    細胞に治療および診断剤を送達するための方法、組成物、ならびにシステム

  9. 【課題】ヒトCD47に特異的に結合する抗体を提供する。【解決手段】無細胞系を使用し生成される場合、該無細胞系を使用し生成された親抗体と比べ、より高い抗体発現力価又は収量を有する、ヒトCD47に特異的に結合するモノクローナル抗-CD47抗体を提供する。前記モノクローナル抗-CD47抗体治療的方法、診断的方法、及びかかる抗体を製造する方法などの使用及び方法も提供される。

    抗−CD47抗体及びその使用

  10. 【課題・解決手段】本発明は、ウコン(Curcuma longa)残渣物から生理活性成分を単離する方法、および前記生理活性成分を含む組成物に関する。さらに、本発明は、前記生理活性組成物の強力な抗炎症活性、および関節リウマチにおけるその治療用途も明らかにする。

    ウコン残渣物、その方法および組成物

  11. 【課題】本発明は、AGEsの蓄積あるいはRAGEの発現および機能の亢進によるAGEs-RAGE系の作用の亢進に起因して発症または進行する疾患の予防または治療のためのワクチンの提供を目的とする【解決手段】本発明は、以下の(a)または(b)のペプチドを含む、AGEs-RAGE系関連疾患の予防または治療用ワクチンである。(a)配列番号1で表されるアミノ酸配列からなるペプチド...

    RAGE由来ペプチドおよびその使用

  12. 【課題】大腸がん罹患リスクを評価するための、新たな方法を提供することを目的とするものである。【解決手段】被験者由来の試料中のリポカリン型プロスタグランジンD2合成酵素を定量する工程を含む、被験者が大腸がんに罹患している、又は被験者が大腸がんに罹患している可能性が高いことを示す方法。および、抗プロスタグランジンD2合成酵素抗体を備える、大腸がんの検査用キット。

    大腸がん罹患のリスクを評価するための方法

  13. 【課題】安全性に優れ、継続可能な、見当識を改善するための技術を提供することを課題とする。【解決手段】Met−Lys−Proからなるペプチド、又は前記アミノ酸配列を含むペプチドを、見当識改善用組成物に含有させる。前記組成物は、好ましくは認知症ではない対象に摂取又は投与される。

  14. 【課題】安全性に優れ、継続可能な、構成行為を改善するための組成物の提供。【解決手段】Met−Lys−Proからなるペプチド、又は前記アミノ酸配列を含むペプチドを含有する、構成行為改善用組成物。該組成物は、好ましくは認知症ではない対象に摂取又は投与される。又、該組成物は、道順及び/又は物品の使用方法を記憶し、思い出す能力を改善するために用いることができる。

  15. 【課題】免疫障害及び炎症障害の治療のためのIL−33活性を調節する方法を提供する。【解決手段】redIL−33タンパク質のST2依存シグナル伝達を減弱させ又は阻害し、かつIL−33−DSBのRAGE媒介シグナル伝達を減弱させ又は阻害する、抗IL−33抗体又はその抗原結合断片を提供する。

    新規IL33型、変異型のIL33、抗体、アッセイ及びそれらの使用方法

  16. 【課題】変異I253A、H310A、及びH435Aを伴うヒトIgG1又はIgG4サブクラスのヒト血管内皮成長因子(VEGF/VEGF−A)に対する及びヒトアンギオポエチン2(ANG−2)に対する二重特異性抗体、それらを産生するための方法、前記抗体を含む医薬的組成物、ならびにそれらの使用を提供する。【解決手段】ヒトVEGFに特異的に結合する第1の抗原結合部位及びヒトAN...

    二重特異性抗VEGF/抗ANG−2抗体及び眼血管疾患の処置におけるそれらの使用

  17. 【課題】分泌様免疫グロブリン、特に分泌様IgAおよび/または分泌様IgMを含む組成物を製造するための方法、ならびに該方法によって得ることができる組成物の提供。【解決手段】(a)非精製形態のJ鎖含有免疫グロブリンを含む血液由来のタンパク質組成物を得る工程、(b)工程(a)の組成物と分泌成分を混合する工程を含む、インビトロにおいて分泌様免疫グロブリンを含む組成物を製造する...

    分泌様免疫グロブリンを含む組成物

  18. 【課題】任意の哺乳動物における貧血、RBC輸血を必要とする貧血、低もしくは中間-1リスクの骨髄異形成症候群(MDS)、及び/又は非増殖性慢性骨髄単球性白血病(CMML)の対象における治療方法を提供する。【解決手段】対象における血液関連障害を治療する方法であって、(a)該対象における環状鉄芽球である赤芽球のパーセンテージを決定すること;及び(b)該対象における赤芽球の少...

    アクチビン−ActRIIアンタゴニスト及び貧血を治療するための使用

  19. 【課題】活性の免疫原性コンフォメーションと、不活性対応物との構造的差違を識別するように、生物物理的測定(免疫化学的測定と対比される)に基づくアッセイを提供する。【解決手段】本発明は、従来型のSRIDアッセイを、本明細書で記載される生物学的タンパク質分解の利益、すなわち、HAの免疫原性形態と、HAの低免疫原性形態とを鑑別する能力を利用するように改変した、改良型SRIDア...

    インフルエンザ効力アッセイ

  20. 【課題】プログラム細胞死1(PD−1)に対するモノクローナル抗体を提供すること。【解決手段】本開示はプログラム細胞死1(PD−1)に対するモノクローナル抗体を提供し、前記PD−1はPD−1リガンドのPD−1への結合を阻害することができ、したがってPD−1リガンドのPD−1発現T細胞に対する抑制機能を阻害することができる。開示される抗体は、ヒトの免疫機能を調節することで...

    新規抗PD−1抗体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1213