梗塞 に関する公開一覧

梗塞」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「梗塞」の詳細情報や、「梗塞」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「梗塞」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(7,569件中)1/379ページ目

  1. 【課題】既知の責任遺伝子には変異を有しない遺伝的未解明の新生児期〜小児期発症の脳小血管病症例についても確定診断を可能にする新たな指標を提供すること。【解決手段】本願発明者らは、新生児期〜小児期発症の脳小血管病の患者を生じた2家系で全エクソーム解析を用いた解析を鋭意に行ない、本疾患がCOLGALT1遺伝子の両アレル性変異で起こることを明らかにした。さらに、患者で同定され...

    新生児期〜小児期発症の脳小血管病又はその保因者の検出方法

  2. 【課題】幹細胞の自己複製を維持可能であり得る、または幹細胞の多能性を維持可能であり得る、ポリペプチドの提供。【解決手段】幹細胞の自己複製を維持すること、または幹細胞の多能性を維持すること、あるいはそれらの両方が可能な、配列CXXXRCXXXHSRVPFP(式中、Xは、アミノ酸残基を表す)を含むELABELAポリペプチドであって、1位および6位のシステイン残基間に分子内...

    ポリペプチド、核酸およびその使用

  3. 【課題】脳卒中の効果的な治療の提供。【解決手段】虚血発作を治療する方法において使用するための神経幹細胞であって、修正NIHSS運動上肢スコア2または3を有する脳卒中患者の脳へ単一用量の前記細胞を投与し、前記治療は、ARAT総スコアの増加および/または少なくとも1つのカテゴリーのmRSにおける減少によって決定される6ヶ月以内に運動機能を改善しかつ能力障害を軽減する、前記...

    脳卒中のための神経幹細胞治療

  4. 【課題】本発明は、剤による重篤な副作用や放射線被爆がなく、腫瘍細胞を兵糧攻めにするという極めてシンプルで侵襲性の低い療法を改善して、根治を可能とする療法に使用される腫瘍封止剤を提供することを目的とする。【解決手段】本発明によれば、ニードルアクセス可能な腫瘍に直接注入可能であり、腫瘍部位の血管を透過し、腫瘍組織に選択的に集積及び/又は接着し、生体内の水分により膨潤し、一...

    生体分解性及び生体代謝性の腫瘍封止剤

  5. 【課題】骨髄間葉系幹細胞等のPDGFRα陽性細胞の刺激に伴う、血中動員、損傷組織への集積を促進し、体内での組織再生を誘導する治療薬の提供。【解決手段】細胞遊走刺激活性を有し、HMGB1タンパク質の一部からなる特定のアミノ酸配列を有する、合成されたペプチド又は細胞を用いて製造されたペプチドであって、タグが付加されている及び/又はタグ由来のペプチド断片が付加されているペプ...

    組織再生を誘導するためのペプチドとその利用

  6. 【課題】外傷性脳損傷(TBI)を処置する医薬組成物および方法の提供。また、中枢神経系における一過性低酸素および/または虚血状態を処置する医薬組成物および方法の提供。【解決手段】被験体に療法有効量、具体的には最大40mgの用量のフェノキシベンザミンを、一過性低酸素及び/又はTBIの発生後24時間以内、又は16時間以内、或いは8時間以内に、医薬的に許容できるキャリヤーを含...

    ハロアルキルアミンを用いた神経細胞死の低減方法

  7. 【課題】 アテローム性動脈硬化症、冠動脈性心疾患、および、血栓症を治療し、そして、被験者のコレステロールの蓄積を低減し、または、予防するための化合物、医薬組成物、および、方法を提供する。【解決手段】 野生型LCATタンパク質アミノ酸配列に対してアミノ酸置換をして得た変性LCATタンパク質。

    変性レシチン−コレステロールアシルトランスフェラーゼ酵素

  8. 【課題】虚血性発作(虚血性脳血管障害)を効果的に処置できる製薬学的組成物の提供。【解決手段】組織プラスミノーゲンアクチベータ—(t−PA)を内包した環状ニトロキシドラジカル担持共重合体含有組成物及びそのナノ粒子。

    t−PA含有レドックス活性型製薬学的組成物

  9. 【課題】増大させることができる、治療が望まれる患者の部位にホーミングすることができる、および持続的な治療効果をもたらすことができる、改善された細胞の提供。【解決手段】ヒト造血幹細胞または造血前駆細胞であって、a)該細胞におけるCXCR4遺伝子発現を増加させる1種または複数種の作用剤とex vivoで接触させた造血幹細胞または造血前駆細胞と、b)該接触させた造血幹細胞...

    増強された幹細胞組成物

  10. 【課題】脳梗塞の発生の可能性をより高い精度で報知することができる脳梗塞推定装置を提供する。【解決手段】脳梗塞推定装置は、被検者の脳の複数の部位それぞれの血流量相関値を取得する取得部と、報知部と、前記複数の部位それぞれの血流量相関値のうちの第1所定値以下となる血流量相関値が存在する場合、又は、前記複数の部位のうちの所定の2つの部位の血流量相関値の差が第2所定値以上である...

    脳梗塞推定装置及び脳梗塞推定方法

  11. 【課題】心不全を処置するための、非経口投与で用いるニトロキシル供与性化合物を含有する組成物であって、十分な溶解性と安定性を有する組成物の提供。【解決手段】式(1)に代表されるN−ヒドロキシスルホンアミド型ニトロキシル供与性化合物と、1分子あたり6つ又は7つのスルホ−n−ブチルエーテル基を有するβ−シクロデキストリンのスルホ−n−ブチルエーテル誘導体、及び水性緩衝液を含...

    ニトロキシル供与体を含む医薬組成物

  12. 【課題】中枢神経系、代謝性、自己免疫性及び炎症性の疾患又は障害を治療するための、PDE4アイソザイムの阻害剤の提供。【解決手段】式I’の化合物又は薬学的に許容できる塩。[式中、R1は、置換/非置換の(C6〜C10)アリール基;R6及びR7は、H、環を形成しても良い置換/非置換の(C1〜C6)アルキル基、又は(C3〜C8)シクロアルキル基等;nは、0又は1の整数を表す]。

  13. 【課題】画像検査における検査依頼機関と検査施設との連携を支援する技術を提供する。【解決手段】医用画像検査支援装置(10)は、医用画像検査の依頼先となる検査施設の指定条件を取得する条件取得部(11)と、検査施設情報を検査施設毎に格納する検査施設テーブルを参照して、取得された指定条件に対応する検査施設情報を特定し、特定された検査施設情報を依頼先候補として検査依頼端末に表示...

    医用画像検査支援装置及び医用画像検査支援方法

  14. 【課題】ADAMTS13及びVWFの機能異常に関連する疾患または状態を治療するためのADAMTS13製剤の皮下投与の方法の提供。【解決手段】単離されたADAMTS13を含む治療有効量の組成物を、それを必要とする哺乳動物に皮下投与する工程を含み、ADAMTS13の治療有効量が、体重1kg当たり20〜4,000活性単位である、哺乳動物の血液凝固障害を治療するための方法。

    ADAMTS13の皮下投与

  15. 【課題】線維芽細胞含を含む3次元足場(3DFCS)の表面に接着した収縮細胞またはその前駆細胞を含む収縮細胞構築物、および疾患を治療するためにそれらを使用するための方法の提供。【解決手段】収縮構築物を調製するための方法であって、(a)収縮構築物を生成するために、線維芽細胞含を含む3次元足場(3DFCS)の表面上に未成熟収縮細胞を播種することと、(b)条線を形成する成熟収...

    筋細胞パッチおよびその使用

  16. 【課題】管腔内における血塊形成を促進するための塞栓形成デバイスを提供する。【解決手段】身体管腔内への送達のための剛毛デバイスは、長手方向に延びるステムと、デバイスを身体管腔内に留置するためにステムから概して外方に延びる複数の剛毛と、を備える。少なくとも2つの剛毛セグメント(96)を存在させることがあるとともに、これらのセグメント(96)の間に可撓性セクション(95)を...

    塞栓形成デバイス

  17. 【課題】ボリューメトリック電磁位相シフト分光法(VEPS)ベースの組織分析法を提供する。また、本方法を実施する際に有用であるそれらの装置およびシステムも提供する。【解決手段】本方法の局面は、ある単一時点での組織に関するVEPSベースの組織分類子または「シグネチャ」を得る工程を含む。これらの方法は、個人における組織、たとえば脳組織、肺組織、心組織、筋組織、皮膚組織、腎組...

    組織状態を判定するための多周波数信号処理分類子

  18. 【課題】老化細胞を選択的に殺すとともに老化に関連する疾患または障害を処置するための、老化細胞破壊薬剤投与を含む方法の提供。【解決手段】老化細胞破壊薬剤はMDM2阻害剤;少なくともBCL−xLを阻害する1以上のBCL−2抗アポトーシスタンパク質ファミリーメンバーの阻害剤;および、Akt特異的阻害剤から選択される。老化細胞破壊薬剤を用いる方法により処置可能な老化に関連する...

    病変した組織から老化細胞を除去することにより眼の疾患、肺の疾患またはアテローム性動脈硬化を処置するための医薬

  19. 【課題】NK-1受容体アンタゴニストによる急性または慢性そう痒の処置法、さらに、NK-1受容体アンタゴニストを含む薬学的組成物を提供する。【解決手段】化合物1(セルロピタント(serlopitant))またはその薬学的に許容される塩、溶媒和物もしくは多形の治療的有効量を投与する。さらに、セルロピタントおよび追加の鎮痒剤によるそう痒関連状態の処置、ならびに、任意で追加の...

    そう痒におけるNK−1受容体アンタゴニストのセルロピタントの使用

  20. 【課題】プロセシングされていない神経毒ポリペプチドおよび/または部分的にプロセシングされた神経毒ポリペプチドの量を低減し、それによって、神経毒製剤の質を改善するための手段として有用な、神経毒ポリペプチドの製造を改良するための手段および方法の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列を有するポリペプチドを含むタンパク分解性活性ポリペプチド、および、医薬品の品質を評価するために...

    タンパク分解性にプロセシングされたポリペプチドの製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 379