桁高 に関する公開一覧

桁高」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「桁高」の詳細情報や、「桁高」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「桁高」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,473件中)1/224ページ目

  1. 【課題】鉛直方向の変形を抑制しつつ水平方向の伸縮性を向上させた伸縮装置及び伸縮装置の設置方法を提供する。【解決手段】伸縮装置1において、橋梁2の一対の床版3の遊間4に設置されたゲル部材20を備え、ゲル部材20は、高強度を有するナノコンポジットゲル、環動ゲル及びダブルネットワークゲルのいずれかから形成されている。このため、温度変化等に伴う橋梁2の水平方向の伸縮変形に対す...

    伸縮装置及び伸縮装置の設置方法

  2. 【課題】シース熱電対には、測温点以外の部分が測温点温度と異なる高温で加熱されるとシャントエラーと呼ばれる温度測定誤差が生じることが知られている。本発明はこのシャントエラーを抑制するシース熱電対を提供する。【解決手段】金属シース3の内に無機絶縁材粉末4を介在させて熱電対線51、52を収容したシース熱電対1において、無機絶縁材粉末4に石英ガラス粉末を用いたシース熱電対10...

    シース熱電対

  3. 【課題】厚みと表面積と形状との各々が自在に変えられるグラフェン接合体の製造方法を見出す。【解決策】グラフェンの扁平面同士が、金属化合物のアルコール分散液を介して、重なり合ったグラフェンの集まりを、容器の底面に形成する。この後、金属化合物を熱分解すると、グラフェンの扁平面に、磁性を有する金属微粒子の集まりが析出し、グラフェンの扁平面同士が、金属微粒子同士の磁気吸着で接近...

    厚みと表面積と形状との各々が自在に変えられるグラフェン接合体の製造方法

    • 公開日:2019/10/24
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-182726号
  4. 【課題】コンポスト化過程における高温期の環境、すなわち、高温かつ好気の条件下で有機酸を活発に分解する新規な微生物を提供すること、並びにこの新規な微生物を用いて有機酸を活発に分解する方法及び有機物分解を促進させて効率的にコンポストを製造する方法を提供する。【解決手段】有機酸分解能を有するゲオバチルス sp.(Geobacillus sp.)AD5株(NITE P−...

    有機酸分解方法、新規な有機酸分解微生物及びコンポスト製造方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、沿岸の発電所や船舶などの化石エネルギーを使用する海洋施設から排出される排煙の炭素回収及び貯留を実行するために使用されることができる海洋炭素の回収及び貯留(海洋CCS)、並びに直接空気回収(DAC)の方法及び設備に関する。本発明では自然工学的方法が採用され、天然の海水が炭素回収のためにCO2ガスを洗浄及び溶解するために使用される。天然の海水の...

    海洋炭素の回収及び貯留方法並びに設備

    • 公開日:2019/09/05
    • 出願人: 彭斯干
    • 発明者: 彭斯干
    • 公開番号:2019-524424号
  6. 【課題】組織、例えば、心臓組織及び筋肉組織においてタンパク質発現をインビボで誘導できる合成修飾型RNA(MOD−RNA)の使用の提供。【解決手段】組織においてタンパク質をインビボ発現させるための方法であって、ポリペプチドをコードする合成修飾型RNA分子を含む組成物を該組織を接触させる工程を含み、該組織中の細胞への該合成修飾型RNAの導入によって、1つ以上の修飾を含まな...

    修飾型RNA(MOD−RNA)を使用する効率的なインビボタンパク質発現

  7. 【課題・解決手段】本開示は、ポックスウイルスベクター系、例えばワクシニアウイルスベクター系において、関心対象のポリペプチドをコードする関心対象のポリヌクレオチドのライブラリを構築する改善された方法を提供する。本方法は、以前の方法よりも高い複雑性および多様性を有するライブラリの構築を可能にする、ポックスウイルスアセンブリ阻害剤、例えばリファンピシンの存在下でライブラリを...

  8. 【課題・解決手段】腫瘍モデルとして有用なin vitro細胞構築物(または「オルガノイド」)であって、患者由来の生きた腫瘍細胞を含む、構築物を本明細書に記載する。いくつかの実施形態では、(a)生きた腫瘍細胞からなるコアと、(b)コアを囲む(例えば、被包する)シェルとを含み、シェルが生きた良性細胞(例えば、組織細胞、良性型または分化型腫瘍細胞等)からなる、in vi...

    がんモデル化プラットフォームおよびその使用方法

  9. 【課題・解決手段】本明細書では、とりわけ、ウイルス組成物及びそれを使用する方法が提供される。提供されるウイルス組成物は、とりわけ、治療有効量のキメラポックスウイルスを含み、がんを治療する方法において特に有用である。本明細書において提供されるキメラポックスウイルスは、導入遺伝子を更に含んでもよい。

    キメラポックスウイルス組成物及びその使用

  10. 【課題・解決手段】単離されたペプチド又はペプチド模倣体であって、α−ネメルチド部分を含み、a)前記α−ネメルチド部分は、配列番号1に示される配列を有し;又はb)前記α−ネメルチド部分は、合計で9以下を数える、残基の置換、欠失、もしくは挿入だけ、配列番号1と異なる配列を有する、ペプチド又はペプチド模倣体。医療、有害生物防除、及びそれらの研究用途。

    紐形動物(Nemertea)門由来の生物活性化合物

  11. 【課題・解決手段】半導体産業用基板の表面上におけるパターン配置及び/又はエッジ配置及び/又はパターンサイズの計測装置及び方法が開示される。少なくとも1個の検出用線源とそれに割り当てられている少なくとも1個の検出器を用い、基板上におけるパターンの位置を計測する。可動ステージで以て基板を動かしつつ検出を実行する。その運動中に変位計測システムが可動ステージの位置を求める。導...

    パターン配置及びパターンサイズ計測装置及び方法、並びにそのためのコンピュータプログラム

  12. 【課題】静脈不全の安全で効率的な低パワー密度での腔内治療のための方法および装置を提供する。【解決手段】一つの装置では、360°放射状射出のための円錐体形状チップを有する光ファイバーの末端を通り、パルス化または連続的なエネルギーを放射状に射出する。ある実施の形態では、円錐体反射表面が射出チップに対して遠位に配置され対向している。これは、放射状の方向において任意の方向を向...

    血管腔内治療装置

  13. 【課題・解決手段】本開示は、流体中の分析物濃度の検出のためのナノ粒子トランスデューサおよびその使用方法を提供する。ナノ粒子トランスデューサは、分析物との反応を触媒する酵素と結合したPdotなどのナノ粒子を含みうる。ナノ粒子トランスデューサは、反応の要素のうちの1つの濃度の関数として変動する蛍光を発する発色団をさらに含む。したがってナノ粒子トランスデューサは、分析物濃度...

    ナノ粒子トランスデューサセンサおよびその使用方法

  14. 【課題】トンネル周辺の地盤条件や地下水位条件に依存することなく形成することのできる、直線パイプルーフと到達側トンネルの接続構造と接続方法を提供する。【解決手段】地中に並設された発進側トンネル100と到達側トンネル200との間に架け渡された鋼管50からなる直線パイプルーフ500と到達側トンネル200の接続構造であって、到達側トンネル200を構成するセグメント20は地山側...

    直線パイプルーフと到達側トンネルの接続構造及び接続方法

  15. 【課題】支保工から作用する軸力のうち、シールドトンネルの周方向の軸力分力に起因するせん断力を鋼製セグメントの主桁に効果的に伝達することを可能とした、シールドトンネルと支保工の仮設構造を提供する。【解決手段】仮設時に、シールドトンネル200の上方位置と下方位置に跨る鉛直方向に延設する支保工60にてシールドトンネル200を支持する際に形成される、シールドトンネルと支保工の...

    シールドトンネルと支保工の仮設構造

  16. 【課題】事前に被害の有無や損傷部位を特定するといった、被害判定を実施可能な被害判定方法及び、既設の橋梁などの構造物に対し、優先的に対策すべき構造物の選定や橋桁流出防止工法及び橋脚補強工法を適切に選定することができる補強工法選定方法を提供する。【解決手段】想定水位及び想定流速を決定する工程と、前記想定水位及び前記想定流速を用いて、構造物に対して作用する水平流体力及び鉛直...

    構造物の被害判定方法及び構造物の補強工法選定方法

  17. 【課題】ボツリヌス毒素を送達するための改善された系および/または製剤としての、ボツリヌス毒素を含むナノ粒子組成物(例えば、ナノエマルジョン)の提供。【解決手段】ナノエマルジョンは、高圧マイクロ流動化により調製され、10〜300nmの間のみの粒子サイズ分布を含む。本発明により企図されるナノエマルジョンは、筋拘縮状態の美容的および医学的処置に有用である。例えば、ボツリヌス...

    ボツリヌス菌ナノエマルジョン

  18. 【課題】がん又は感染性疾患に対する免疫反応を誘導するための方法の提供。【解決手段】がん又は感染性疾患に対する免疫反応を誘導する方法であって、がん又は感染性疾患を有する対象に、(i)白血球再指向二重特異性抗体;(ii)インターフェロン−α、インターフェロン−β、インターフェロン−λ1、インターフェロン−λ2及びインターフェロン−λ3からなる群から選択されるインターフェロ...

    疾患に対する免疫反応を誘導するための併用療法

  19. 【課題・解決手段】本出願は、ビスホスホネートとキノロンを含むことができ、分離可能にそのキノロンをそのビスホスホネートに結合することができるビスホスホネート・キノロン複合体及びそれらの医薬製剤について説明する。本出願は前記ビスホスホネート・キノロン複合体及びそれらの医薬製剤の製造方法及び使用方法も提供する。

    ビスホスホネート・キノロン複合体及びそれらの用途

  20. 【課題】先端径が20ナノメートル以下の原子間力顕微鏡プローブを用いて、精密切削工具切れ刃形状を評価する際に、特別に高精度な標準試料等を用いることなく、自律的に工具エッジ形状と原子間力顕微鏡プローブ形状を分離して絶対測定を実現する技術を提供する。【解決手段】測定対象の精密切削工具切れ刃形状と、軟質金属表面にその形状が転写された反転エッジを同じ原子間力顕微鏡プローブで走査...

    切削工具切れ刃形状測定装置及び測定方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 224