アンピシリン に関する公開一覧

アンピシリン」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アンピシリン」の詳細情報や、「アンピシリン」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アンピシリン」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,485件中)1/125ページ目

  1. 【課題】特定のアミノ酸配列を有する4−ヒドロキシ安息香酸水酸化酵素の変異体による、優れた4−アミノ安息香酸水酸化活性を有するポリペプチド及びその利用法の提供。【解決手段】特定の配列で示されるアミノ酸配列又はこれと少なくとも47%の同一性を有するアミノ酸配列において、該配列で示されるアミノ酸配列の47位又はこれに相当する位置のアミノ酸残基がロイシンである、4−アミノ安息...

  2. 【課題】口腔内崩壊錠としての崩壊性を良好に保ちながら、保存安定性に優れる錠剤が得られるセルロース組成物、並びに、前記セルロース組成物を含む錠剤及び口腔内崩壊錠を提供する。【解決手段】セルロース組成物は、セルロースと、グルコースと、ソルビトールとを含むセルロース組成物であり、前記セルロース組成物5gあたり、グルコース及びソルビトールの合計含有量が0.7mg以上4.0mg...

  3. 【課題】硬度が良好であり、且つ、活性成分の含有量の偏り及び成形時の打錠障害が抑制された、セルロース組成物及び前記セルロース組成物を含む錠剤を提供する。【解決手段】セルロース組成物は、セルロースと、3糖から7糖までのセロオリゴ糖と、を含むセルロース組成物であって、前記セルロース組成物5gあたり、前記セロオリゴ糖の含有量が1.5mg以上9.0mg以下である。錠剤は、前記セ...

  4. 【課題】抗腫瘍免疫応答を引き起こすためのワクチン組成物中で、または薬理的/免疫学的活性化合物および細胞の開発のための標的として使用され得る、ヒト腫瘍細胞のHLAクラスI分子に由来する、新規ペプチド配列およびそれらの変異型を提供する。【解決手段】MHCクラスIまたはII分子に結合する能力を有し、前記MHCクラスIまたはII分子に結合すると、CD4および/またはCD8T細...

    免疫療法で使用するための新規ペプチドおよびペプチド組み合わせおよび膵臓がんおよびその他のがんに対して使用するためにスキャフォールドを作製する方法

  5. 【課題】抗腫瘍免疫応答を引き起こすためのワクチン組成物中で、または薬理的/免疫学的活性化合物および細胞の開発のための標的として使用され得る、ヒト腫瘍細胞のHLAクラスI分子に由来する、新規ペプチド配列およびそれらの変異型を提供する。【解決手段】MHCクラスIまたはII分子に結合する能力を有し、前記MHCクラスIまたはII分子に結合すると、CD4および/またはCD8T細...

    免疫療法で使用するための新規ペプチドおよびペプチド組み合わせおよび膵臓がんおよびその他のがんに対して使用するためにスキャフォールドを作製する方法

  6. 【課題・解決手段】本発明は、とりわけ、マスト細胞媒介性炎症性疾患を有する患者を処置する方法、マスト細胞媒介性炎症性疾患を有する患者が治療(例えば、トリプターゼアンタゴニスト、Fcイプシロン受容体(FcεR)アンタゴニスト、IgE+B細胞枯渇抗体、マスト細胞または好塩基球枯渇抗体、プロテアーゼ活性化受容体2(PAR2)アンタゴニスト、IgEアンタゴニスト、及びこれらの組...

    マスト細胞媒介性炎症性疾患の治療法及び診断法

  7. 【課題・解決手段】本開示は、酸化されたリン脂質に結合し、その生物活性を阻害する抗体、抗体断片、またはポリペプチドを投与することを含む、TLR2媒介性疾患及び障害の治療方法を提供する。

    TLR2媒介性疾患及び障害の治療法

  8. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、ガレクチン-3(LGALS3)炭水化物結合ドメイン(CBD)と免疫特異的に結合する抗体を含む組成物、方法、及び使用である。さらにまた本明細書で提供されるものは、疾患(例えば癌)を管理し、治療し、又は予防するための使用及び方法である。

    ガレクチン−3に対する抗体及びその使用方法

  9. 【課題・解決手段】本発明は、関節リウマチの予防または治療のための医薬組成物に関し、さらに詳しくは、関節リウマチの予防または治療のための有効成分としてミトコンドリアを含む医薬組成物に関する。本発明の外因性ミトコンドリア医薬組成物は、関節リウマチに罹患している対象に投与されると、対象は浮腫および紅斑症状を緩和することができる。さらに、本発明の医薬組成物は、炎症性サイトカイ...

    単離ミトコンドリアを含む関節リウマチの予防または治療のための医薬組成物

  10. 【課題・解決手段】CRISPR系は、Corynebacterium属の種などのグラム陽性細菌のゲノムを改変するために首尾よく使用される。Corynebacterium種を改変するための方法は、遺伝子欠失および/または挿入を生じさせる単一ヌクレオチド変化を含む。2つまたはそれよりも多くのゲノム改変をコードする1つまたは複数のドナーポリヌクレオチドのプラスミドベースの提示...

    CorynebacteriumにおいてCRISPRを使用するゲノム編集

  11. 【課題・解決手段】抗PD−1/抗VEGF天然抗体構造様ヘテロ二量体型二重特異性抗体及びその製造である。天然IgGの特徴を有し、重鎖および軽鎖のミスマッチがなく、高度に安定したヘテロ二量体型抗PD−1/抗VEGF二重特異性抗体及びその製造方法を提供する。その二重特異性抗体は、2つの標的分子を同時に結合でき、複雑な疾患の治療により効果的である。

    抗PD−1/抗VEGF天然抗体構造様ヘテロ二量体型二重特異性抗体及びその製造

  12. 【課題・解決手段】線維芽細胞増殖因子21(FGF21)バリアント、更にFGF21バリアント融合タンパク質、タンパク質多量体、及びそれらの使用が提供される。FGF21バリアント、融合タンパク質及びタンパク質多量体は、標的との結合能を著しく改善することができ、代謝性疾患の処置に使用され得る。

    FGF21バリアント、融合タンパク質及びそれらの適用

  13. 【課題・解決手段】本明細書において提供されるのは、CD8+T細胞の誘導および/または増殖のための組成物および方法である。本開示はまた、CD8+T細胞の誘導および/または増殖により治療することができる疾患の治療の方法を提供する。

    CD8+T細胞の誘導のための組成物および方法

  14. 【課題・解決手段】本発明は、統計的トポロジー及び化学構造(アクリル又はメタクリルから選択される酸モノマー)−co−(アクリル又はメタクリルから選択される架橋剤)−co−(アクリル又はメタクリルから選択されるヒドロキシル化モノマー)を有し、Zn+2、Ca+2、Mg+2及びSr+2から選択される二価カチオン並びに/又は抗菌剤で機能化された、コポリマーの球状ポリマー粒子を得...

    機能化ポリマー粒子を得る方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、調節要素、ならびに特定の組織型における対象となる遺伝子の転写を刺激するために使用され得る、それを含むベクターを提供する。本明細書に記載の転写調節要素は、筋肉細胞、肝細胞、またはニューロンなどの細胞におけるGAA導入遺伝子の発現を促進するために、酸性α−グルコシダーゼ(GAA)などの導入遺伝子に作動可能に連結され得る。本明細書に記載の転写調節...

    転写調節要素及びその使用

  16. 【課題】改善されたレプリコンおよび該レプリコンをコードするベクターを提供する。【解決手段】レプリコンは、フラビウイルスレプリカーゼと異種タンパク質コーディング配列とを含み、異種タンパク質コーディング配列は、有効性を改善するための分離配列に隣接している。このレプリコンは、コードされるタンパク質の持続的発現を提供する。本発明により提供される自己複製RNAを含め、本発明によ...

    フラビウイルスレプリコン

  17. 【課題】細胞表面抗原の分布を改変するための方法を提供する。【解決手段】細胞表面抗原に結合し得る複数のメディトープ利用可能抗体またはその抗原結合性フラグメントに接触させるステップと、複数のメディトープ利用可能抗体の第1のメディトープ利用可能抗体またはその抗原結合性フラグメントのメディトープ結合性部位を多価メディトープからの第1のメディトープと接触させるステップと、複数の...

    多価メディトープ、メディトープ結合性抗体およびそれらの使用

  18. 【課題】ジアミンを製造、単離、および精製する方法を提供すること。【解決手段】提供されるものは、より低コストなプロセスを与える、望ましくない塩の形成を最小限にする微生物発酵によって製造されたジアミンの製造および単離方法である。

    ジアミンの製造および処理方法

  19. 【課題】抗細菌性組成物及び耐性細菌が原因となる細菌感染の処置方法を提供する。【解決手段】抗生物質耐性細菌が原因となる感染の処置に有用な組成物であって、耐性が、ペニシリン結合タンパク質2a(PBP2a)駆動機序によるものであり、組成物が、i)少なくとも1種の、PBP2aのアロステリック部位と結合可能なカルバペネムまたは他の好適なβラクタム、ii)少なくとも1種のβラクタ...

    抗細菌性薬剤併用物の組成物及び使用方法

  20. 【課題】子宮膣部びらんを予防及び/または治療する新しい方法を提供する。【解決手段】子宮膣部びらんを治療することにおけるプラスミノーゲンの用途であり、子宮膣部びらんを治療する既存のその他の薬物と比べ、該プラスミノーゲンまたはプラスミンは損傷した粘膜の炎症性修復を促進することができる。

    子宮膣部びらんを予防及び治療するための方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 125