アンタゴニスト に関する公開一覧

アンタゴニスト」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アンタゴニスト」の詳細情報や、「アンタゴニスト」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アンタゴニスト」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,540件中)1/227ページ目

  1. 【課題】免疫関連細胞の一次繊毛の調整方法および調整剤、並びに、試験試料の評価方法を提供する。【解決手段】免疫関連細胞の一次繊毛の調整方法は、免疫関連細胞を、TRPM4のシグナル伝達経路を活性化または不活性化させるシグナル制御物質に接触させる接触工程を有する。

    免疫関連細胞の一次繊毛の調整方法および調整剤、並びに、試験試料の評価方法

  2. 【課題・解決手段】デスメトラマドールを含有し、実質的にトラマドールを含有しない鎮痛経口剤形を投与するステップを包含する、疼痛の処置のための方法を提供する。その方法は、CYP2D6遺伝子型に関わらずヒト被験体に対してトラマドールと同等な鎮痛を提供する点において安全かつ有効であり、ここで、そのヒト被験体は、(a)中程度からやや重度の疼痛の管理を必要とするか、または(b)オ...

    デスメトラマドールを用いた疼痛の処置

  3. 【課題】免疫グロブリンスーパーファミリーのメンバーである免疫チェックポイントタンパク質(TIGIT)に結合する抗体および抗原結合性フラグメントを提供する。【解決手段】ヒトT細胞免疫グロブリンおよびITIMドメイン(TIGIT)に特異的に結合する単離抗体または抗原結合性フラグメントであって、免疫関連疾患(例えば、がんまたは感染もしくは感染症)を治療するのに用いる方法およ...

    抗TIGIT抗体および使用方法

  4. 本発明は、式I:【化1】の化合物又はその薬学的に許容可能な塩、本発明の化合物を製造するための方法、及びその治療的使用に関する。本発明は、薬理活性物質及び医薬組成物の組み合わせをさらに提供する。

    ピリジノン誘導体及びそれらの選択的ALK−2阻害剤としての使用

  5. 【課題・解決手段】本発明は、とりわけ、マスト細胞媒介性炎症性疾患を有する患者を処置する方法、マスト細胞媒介性炎症性疾患を有する患者が治療(例えば、トリプターゼアンタゴニスト、Fcイプシロン受容体(FcεR)アンタゴニスト、IgE+B細胞枯渇抗体、マスト細胞または好塩基球枯渇抗体、プロテアーゼ活性化受容体2(PAR2)アンタゴニスト、IgEアンタゴニスト、及びこれらの組...

    マスト細胞媒介性炎症性疾患の治療法及び診断法

  6. 【課題・解決手段】認知または神経の疾患および障害を処置する方法であって、それを必要とする患者に、ラパスチネルまたはその薬学的に許容される塩、エステルもしくは代謝産物を投与するステップを含み、ラパスチネルが約1〜約14日間の投与期間投与され、続いて、ラパスチネルが投与されない少なくとも約1〜約16週間の休薬期間がある、方法を開示する。

    NMDA受容体アゴニストの投与方法

  7. 【課題・解決手段】本開示は、酸化されたリン脂質に結合し、その生物活性を阻害する抗体、抗体断片、またはポリペプチドを投与することを含む、TLR2媒介性疾患及び障害の治療方法を提供する。

    TLR2媒介性疾患及び障害の治療法

  8. 【課題・解決手段】医療デバイスシステムは、近位端部から遠位端部まで延在する管腔を有する長尺状シャフトと、長尺状シャフトの管腔内に配置され、医療デバイスを長尺状シャフトの遠位端部に解放可能に取り付けるように構成された解放ワイヤと、長尺状シャフトの近位端部および解放ワイヤの近位端部に固定して取り付けられた固定部材と、を備える。固定部材の近位部は、長尺状シャフトが固定位置に...

    医療デバイス解放システム

  9. 【課題・解決手段】本発明は、IRAK阻害剤として有用な、式Iの化合物及びその薬学的に許容される塩に関する。化1】。

    IRAK阻害剤としてのキノリン化合物及びその使用

  10. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、ガレクチン-3(LGALS3)炭水化物結合ドメイン(CBD)と免疫特異的に結合する抗体を含む組成物、方法、及び使用である。さらにまた本明細書で提供されるものは、疾患(例えば癌)を管理し、治療し、又は予防するための使用及び方法である。

    ガレクチン−3に対する抗体及びその使用方法

  11. 【課題・解決手段】遺伝子を標的とする核酸を含む細胞外小胞を含み、腫瘍関連マクロファージのマクロファージ分極をもたらす組成物及び方法が、本明細書に開示される。特定の実施形態では、がんの治療のためにマクロファージ分極を増加させるための方法及び組成物が、本明細書に開示される。本開示の態様は、マクロファージとの接触の際に、マクロファージをM2表現型からM1表現型に選択的に再分...

    マクロファージ分極のための方法及び組成物

  12. 【課題・解決手段】本発明は、ヒトCTLA−4分子に結合する抗CTLA−4抗体組成物、並びにがん免疫療法における使用及び他の免疫治療剤と比較して自己免疫副作用を低減するための前記組成物の使用に関する。

    免疫療法効果が向上し副作用が軽減した変異抗CTLA−4抗体

  13. 【課題・解決手段】本発明は、第1の標的抗原(例えば、CD3などのT細胞抗原)に特異的な一価のアーム、及び、第2の標的抗原(例えば、HER2などの腫瘍抗原)に特異的な二価のアームを有する二重特異性抗原結合分子を提供する。二重特異性抗原結合分子は、癌(例えばHER2陽性癌)などの障害の処置に有用である。本発明はまた、二重特異性抗原結合分子の作製方法、二重特異性抗原結合分子...

    二重特異性抗原結合分子及びその使用方法

  14. 【課題・解決手段】本発明は、式Iの化合物の使用に関し、ここで可変要素は、本明細書及び特許請求の範囲において定義されるとおりである。本発明はさらに、化合物I及び式Iの化合物に関する組成物に関する。化1】。

    新規ピリジンカルボキサミド

  15. 【課題・解決手段】本明細書には、ソマトスタチンモジュレーターである化合物、上記化合物を作る方法、上記化合物を含む医薬組成物と製剤、およびソマトスタチン活性の調節から利益を得ることになる疾病、疾患、または障害の処置において上記化合物を使用する方法が記載されている。

  16. 【課題・解決手段】本開示は、複数回のゲルから溶液への(ゲル−ゾル)および溶液からゲルへの(ゾル−ゲル)相転移を受けることができる核酸分子(miRNAなど)を含む封入ナノ粒子を含有する新規ペプチドヒドロゲル、ならびに対象への核酸分子の制御送達のためなどのそれらの使用を提供する。一部の実施形態では、ペプチドヒドロゲル内に封入されたナノ粒子を含むペプチドヒドロゲルが提供され...

    核酸分子送達のためのナノ粒子−ヒドロゲル複合材料

  17. 【課題・解決手段】キナーゼ阻害剤である化学物質、その多形体、医薬組成物、および癌の処置方法が、本明細書に記載される。

    特定の化学物質、組成物、および方法

  18. 【課題・解決手段】本発明は、ある種の障害および症状、例えば、嗜癖または強迫障害の処置のための化合物およびその使用方法に関する。一態様において、本発明は、嗜癖、嗜癖性行動、行動的嗜癖、脳内報酬系障害、強迫障害もしくは関連する状態を予防し、好転させ、処置し、またはそれからの回復を促進する方法であって、嗜癖、嗜癖性行動、行動的嗜癖、脳内報酬系障害、強迫障害もしくは関連する状...

    嗜癖および関連する障害を処置するための化合物および方法

  19. 【課題・解決手段】一部分では、本開示は、異所性骨化または異所性骨化の1つもしくは複数の合併症を処置するための方法に関する。特に、本開示は、1つまたは複数のTGFβアンタゴニストを、必要に応じて異所性骨化を処置するための1つもしくは複数の追加の活性薬剤または支持療法と組み合わせて、必要な患者に投与することによって、異所性骨化を処置するための方法を提供する。例えば、一部の...

    異所性骨化を処置するための方法

  20. 【課題・解決手段】抗体軽鎖可変ドメインと対合して、ナチュラルキラー細胞上のNKG2D受容体を標的とする抗原結合部位を形成することができる抗体重鎖可変ドメインが、記載されている。NKG2D抗原結合部位を含むタンパク質、その薬学的組成物、及びがんの治療を含むその治療方法も、記載されている。NKG2Dに対する抗体は、治療剤の設計において重要な利点を提供することが確認されてい...

    NKG2D受容体を標的とする抗体可変ドメイン

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 227