接触還元 に関する公開一覧

接触還元」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「接触還元」の詳細情報や、「接触還元」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「接触還元」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(132件中)3/7ページ目

  1. 【課題・解決手段】官能基を保護した化合物の有機溶媒への溶解性を向上させることで、反応後の分離、精製を固体化又は不溶化することなく容易ならしめる保護基を提供する。一般式(1)(式中、X1は−CH2OR14(ここでR14は水素原子、ハロゲノカルボニル基又は活性エステル型保護基を示す)、−CH2NHR15(ここで、R15は水素原子、炭素数1〜6の直鎖若しくは分岐鎖のアルキル...

    ベンジル化合物

  2. 【課題】溶断温度や動作精度に悪影響を及ぼす低融点合金層をヒューズエレメントに形成することなく、かつボイドの原因となるフラックス残渣を残さず、洗浄工程も必要としない保護素子の製造方法ならびに消散性フラックスを提供する。【解決手段】ヒューズエレメントのパターン電極への電気接続は、絶縁基板を用意する基板準備工程、消散性フラックスを絶縁基板またはヒューズエレメントに塗布するフ...

    消散性フラックスおよびそれを用いた保護素子の製造方法

  3. 【課題】循環型社会の要求に応えながら、従来の合成ゴムを用いた空気入りタイヤと同等の低燃費性、雪氷上性能、耐摩耗性を有する空気入りタイヤを供することができるトレッド用ゴム組成物を提供する。【解決手段】バイオマス由来のモノマー成分を重合して得られ、ASTMD6866−10に準拠して測定したpMC(percent Modern Carbon)が1%以上、ガラス転移温度(...

    トレッド用ゴム組成物、及び空気入りタイヤ

  4. 【課題】循環型社会の要求に応えながら、従来の合成ゴムを用いたスタッドレスタイヤと同等の低温特性、雪氷上性能を有するスタッドレスタイヤを供することができるスタッドレスタイヤ用トレッド用ゴム組成物を提供する。【解決手段】バイオマス由来のモノマー成分を重合して得られ、ASTMD6866−10に準拠して測定したpMC(percent Modern Carbon)が1%以上...

    スタッドレスタイヤ用トレッド用ゴム組成物、及びスタッドレスタイヤ

  5. 【課題・解決手段】HER2阻害作用を有し、かつ細胞増殖抑制効果を有する新規な化合物を提供すること。またHER2阻害作用に基づき、該HER2が関与する疾患、特にがんの予防及び/又は治療に有用な医薬を提供すること。式(I)[式中、X、Y、Z1、Z2、Z3、Z4、W、n、R1、R2及びR3は明細書中で定義したとおりの意味を有する]で表される化合物又はその塩。

    新規なピラゾロ[3,4−d]ピリミジン化合物又はその塩

  6. 【課題・解決手段】SSZ−98と指定する新しい結晶性モレキュラーシーブが開示される。SSZ−98は、ERIフレームワーク型を有し、構造指向剤としてN,N’−ジメチル−1,4−ジアザビシクロ[2.2.2]オクタンジカチオンを使用して合成される。

    モレキュラーシーブSSZ−98

  7. 【課題・解決手段】本発明は、バルブ金属基材;アノード分極下において水溶液から酸素を放出させるのに好適な、基材に施されている第1の触媒成分;酸性雰囲気中で塩素酸塩溶液から二酸化塩素を生成させるのに好適な第2の触媒成分;を含み、第1の触媒成分と第2の触媒成分は互いから電気絶縁されている電極素子に関する。本発明はまた、かかる電極素子を含む電解槽、及びかかる電極素子を含む電気...

    二酸化塩素の触媒又は電極触媒生成

  8. 【課題】化学的に安定なPCB等の有機塩素化合物を分解し、無害化する方法を提供。【解決手段】常温常圧下でクエン酸とマグネシウムで活性水素を発生させて還元反応により、有機塩素化合物を分解し、無害化する。

  9. 温和な条件で導入・除去可能な新規のヒドロキシ基及び/又はメルカプト基用保護基導入剤を提供する。ヒドロキシ基及び/又はメルカプト基を有する基質化合物の該当ヒドロキシ基及び/又はメルカプト基を保護する保護基導入剤は、下記の式(I)で表される。【化1】(上記式中、Aは、隣接するベンゼン環の2つの炭素原子を含んで環数1〜5の環構造が形成されていることを表し、当該環構造は、置換...

    ヒドロキシ基及び/又はメルカプト基用保護基導入剤

  10. 【課題・解決手段】本発明は、縮合反応の反応混合物を抽出操作に付し、有機層側に生成物であるモルフォリノオリゴヌクレオチドを分離することを特徴とするモルフォリノオリゴヌクレオチドの液相合成法に関し、本発明によれば、液相合成法において効率的かつ高収率にモルフォリノオリゴヌクレオチドを製造できる方法を提供することができる。

  11. 【課題・解決手段】本開示は、バイオマスまたはバイオマス由来分子の水素消費型反応のために、2−ブタノールの脱水素化を利用するための方法、プロセスおよびシステムに関する。本発明は、バイオマスまたはバイオマス由来分子の水素消費型水素化、水素化分解または水素化脱酸素反応のために、2−ブタノールの脱水素化を利用するための方法、プロセスおよびシステムに関する。転換反応のための水素...

    バイオマス精製に由来する酸素化分子の水素化

  12. 【課題・解決手段】有機アミノ化合物の生産中に放出される排出ガスにおける窒素酸化物の濃度を小さくするための方法であって、有機化合物をはじめにNOxおよび/または硝酸と反応させてNOx含有排出ガス流の形成とともに有機ニトロ化合物を形成し、有機ニトロ化合物を、水素含有反応ガスを利用して有機アミノ化合物に変換させ、有機ニトロ化合物の水素含有還元ガスとの反応は、水素含有排出ガス...

    ニトロ化による排出ガスから窒素酸化物を除去するための方法および装置

  13. 【課題・解決手段】本発明は、置換フェニルアルカンの製造方法を提供する。具体的には、方法が、フェニルボロン酸化合物をα−β不飽和カルボニル含有化合物と不斉1,4−付加反応を介して反応させることを含む。方法は、タペンタドールの合成に有用であり得る。タペンタドールは、特に慢性または神経因性疼痛障害における改善された鎮痛効果のための、μオピオイド受容体のアゴニストとして、また...

  14. 【課題・解決手段】摩擦調整剤の混合物は、トランスミッション流体に優れた摩擦性能を提供し、摩擦調整剤は、12〜22個の炭素原子を有する少なくとも2つのヒドロカルビル基を含有するN置換シュウ酸ビスアミドまたはアミド−エステルと、R1R2N−C(X)R3によって表されるアミドまたはチオアミド(式中、Xは、OまたはSであり、R1およびR2は、少なくとも6個の炭素原子を有するヒ...

  15. 技術 合成方法

    【課題・解決手段】本発明は、置換ピペリジン化合物および特にキラル置換ピペリジン化合物を調製する方法に関する。この方法は、水素供与体、触媒および適切な溶媒の存在下で、置換ピリジニウムイオンを本明細書に定義されているアミンと反応させることを含む。

  16. 【課題】生体内の弱酸性環境のpHにおける加水分解速度を的確に制御し、親水性ポリマーを脂質膜構造体から脱離させることができる、アセタールリンカーを介して親水性ポリマーが結合した脂質誘導体を提供する。【解決手段】特定の式で表される環状ベンジリデンアセタールリンカーを介して親水性ポリマーが結合した脂質誘導体。

    環状ベンジリデンアセタールリンカーを介して親水性ポリマーが結合した脂質誘導体

  17. 【課題・解決手段】1,2,3-トリアゾール環を含む有機基を介して結合した構造を含むトリアゾール連結型非天然ヌクレオチドを合成するための、5-位がヒドロキシル基である非天然ヌクレオシド類縁体を製造する手段を提供する。本発明は、式(Ic):[式中、 Xは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され; PG2及びPG5は、それぞれ独立して、水素又は保護基...

    アジド基を有するリボヌクレオシド類縁体及びその製造方法、並びに該類縁体から形成されるトリアゾール連結型オリゴリボヌクレオチドを含むキメラ型オリゴリボヌクレオチド類縁体

  18. 【課題】ミトコンドリア機能を改善可能なミトコンドリア機能改善剤、及びその製造方法を提供すること。【解決手段】下記式(I)で示されるヒドロキシクエン酸誘導体又はその塩を有効成分として含有するミトコンドリア機能改善剤(ただし、皮膚外用剤を除く);式(I)中、R1及びR2は、それぞれ独立に水素原子、又は下記式(Ia)で示される群から選択されるいずれかの基を表し(但し、R1及...

  19. 【課題】 チエタンアミンの製造方法及び関連する中間体化合物を提供する。【解決手段】 工程として、a)チオエピクロルヒドリンを求核試薬と水の存在下で反応させて、チエタン部分の3位の炭素原子が窒素原子と結合しているチエタン部分を含む化合物を与える工程であって、求核試薬が、N3-、2個の水素原子が窒素原子に結合したスルホンアミド、水素原子が窒素原子に結合したジイミドまた...

  20. 【課題・解決手段】エストロゲン受容体ベータアイソフォーム(ERβ)の選択的アゴニストとしての置換(4'-ヒドロキシフェニル)シクロアルカン化合物およびその使用が開示される。開示される化合物は、増殖性疾患および増殖性障害ならびに/または精神疾患もしくは精神障害などの、ERβ活性に関連する疾患を処置するために、薬学的組成物として製剤化されて投与され得る。

    エストロゲン受容体ベータアイソフォームの選択的アゴニストとしての置換(4’−ヒドロキシフェニル)シクロアルカン化合物およびその使用

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7