振動レベル に関する公開一覧

振動レベル」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「振動レベル」の詳細情報や、「振動レベル」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「振動レベル」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(6,331件中)1/317ページ目

  1. 【課題】センサから送信されるデータ量が少ない場合であっても、漏洩検知の精度が高いモニタリングシステムを提供する。【解決手段】モニタリングシステムは、複数のセンサ端末と計算機とを備え、複数のセンサ端末により、配管の振動データを取得し、振動データに基づく振動情報を無線で送信する。計算機は、振動情報を受信し、振動情報に基づいて、配管における漏洩の有無、配管における漏洩の可能...

    モニタリングシステム、漏洩検知方法

  2. 【課題】多面的な要因に基づいて経路生成を行う制御装置を提供する。【解決手段】制御装置としてのサーバは、車両の搭乗者に関する認識結果を取得する第1情報取得手段としての音声認識部305及び画像認識部306と、車両の周辺環境に関する情報を取得する第2情報取得手段としての車両情報解析部304と、を有し、第1情報取得手段により取得された認識結果と、第2情報取得手段により取得され...

    制御装置、制御方法およびプログラム

  3. 【課題】ダイナミックダンパの振動減衰性能をより向上させる。【解決手段】本開示のダイナミックダンパの製造方法は、回転要素にトルクが伝達されていないときに、一対の弾性体の一方が、質量体の第5トルク伝達面と回転要素の第2トルク伝達面との間または回転要素の第1トルク伝達面と質量体の第6トルク伝達面との間で予め圧縮されると共に、一対の弾性体の他方が、回転要素の第3トルク伝達面と...

    ダイナミックダンパの製造方法

  4. 【課題】 重厚なヴィンテージ感を有する金属製洋食器を提供する。【解決手段】金属製洋食器の基材表面をバレル研磨して、研磨材によって生じる打痕や凹凸痕を基材表面に形成する第1のバレル研磨処理工程と、前記第1のバレル研磨処理面に黒染めによる酸化処理を行う酸化処理工程と、更に、前記酸化処理面に再度バレル研磨をして打痕や凹凸痕を形成する第2のバレル研磨処理工程とを採用する。また...

    金属製洋食器の表面処理方法

  5. 【課題】より精度良くタイヤ摩耗状態を検知できるタイヤ摩耗検知装置を提供する。【解決手段】タイヤ側装置1から摩耗データを送信し、車体側システム2に備えられる摩耗判定部21baにて、摩耗データに基づいてタイヤ摩耗状態を判定する。タイヤ側装置1には、タイヤの振動の大きさに応じた検出信号を出力する振動検出部11と、車両の速度である車速を推定する車速推定部12と、検出信号の波形...

    タイヤ摩耗検知装置

  6. 【課題】監視対象監視箇所の現状に対応した監視対象のより正確な予測を行えるようにした監視対象監視箇所での監視対象の予測方法等を提供する。【解決手段】本発明に係る監視対象監視箇所での監視対象の予測方法は、監視対象としての音あるいは振動のうちの少なくとも一方の監視対象を発生する監視対象発生源の周囲に設定された監視対象監視箇所での任意の時点及び任意の時点より後の時点での監視対...

    監視対象監視箇所での監視対象の予測方法及び予測装置

  7. 【課題】 管の下流端部での共鳴周波数特性を上流において推定できる推定装置を提供する。【解決手段】 実施形態の推定装置は、励振源と機器本体とを連結する管の下流端部での共鳴周波数特性を推定する。推定装置は、前記管の途中に着脱可能な挿入管と、前記励振源が収納された励振源空間の出口から距離Lの位置で、前記挿入管の内部に設けられた第1圧力センサと、前記第1圧力センサから距離...

    推定装置、推定方法

  8. 【課題】衝撃試験方法を提供する。【解決手段】少なくとも1つの対象部品を含む供試体の耐衝撃性を評価する衝撃試験方法であって、供試体を複数の振動レベルで加振する加振ステップと、加振ステップの結果に基づいて供試体の全体の加振条件を算出する供試体加振条件算出ステップと、供試体の全体の加振条件に基づいて、部品を単体で試験した場合の単体加振条件を算出する単体加振条件算出ステップと...

    衝撃試験方法

  9. 【課題】高低差が大きく長大な凹凸のある路面や坂道を車両が走行しても車両における乗心地を向上させ得るサスペンション装置の提供である。【解決手段】、本発明のサスペンション装置Sは、車両Vにおける車体(ばね上部材)Bと車輪(ばね下部材)Wとの間に介装されるアクチュエータAと、アクチュエータAを制御するコントローラCとを備え、コントローラCは、アクチュエータAの伸縮速度dXの...

    サスペンション装置

  10. 技術 遊技機

    【課題】画像表示手段に表示される表示態様の多種多様化を容易に図ることが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】表示制御装置314は、音声ランプ制御装置313からのコマンドに応じて、使用する表示データテーブルを選定して、表示データテーブルバッファ433bに格納する。そして、1フレーム分の描画処理が完了する度にポインタ433eを1加算し、表示データテーブルバッファ433b...

    遊技機

  11. 【課題】簡単な構成により軸方向の剛性を所望に変更できる可変剛性防振装置を提供する。【解決手段】可変剛性防振装置10は、内孔13を画定する環状の第1支持部材11と、支持部15を備えた第2支持部材12と、第1支持部材11と支持部15とを連結する主弾性部材17と、第1支持部材11の内孔13を閉塞するダイアフラム19と、内孔13に設けられ、液室18を第1液室18Aと第2液室1...

    可変剛性防振装置

  12. 【課題】簡単な構成により剛性や減衰特性を所望に変更できる可変剛性防振装置を提供する。【解決手段】可変剛性防振装置10は、内孔13を画定する環状の第1支持部材11と、軸部15及び1対の外フランジ16を備えた第2支持部材12と、第1支持部材11と1対の外フランジ16のそれぞれとを連結する1対の主弾性部材17と、内孔13に設けられ、液室18を第1液室18Aと第2液室18Bと...

    可変剛性防振装置

  13. 【課題】簡単な構成により軸方向及び径方向の剛性を所望に変更できる可変剛性防振装置を提供する。【解決手段】可変剛性防振装置10は、内孔13を画定する環状の第1支持部材11と、軸部15及び1対の外フランジ16を備えた第2支持部材12と、第1支持部材11と1対の外フランジ16とを連結する1対の主弾性部材17と、液室18を第1液室18Aと第2液室18Bとに隔てる隔壁弾性部材2...

    可変剛性防振装置

  14. 【課題】エンジン回転数が高い場合における制振性能の悪化を抑制することのできる捩り振動低減装置を提供する。【解決手段】捩り振動低減装置1において、エンジントルクが予め定めた基準トルクより小さい場合に、キャリヤ8の円周方向でピニオンギヤ7が位置する第1領域Aと、エンジントルクが基準トルク以上の場合に、キャリヤ8の円周方向でピニオンギヤ7が位置する第2領域Bとを備え、第2領...

    捩り振動低減装置

  15. 技術 遊技機

    【課題】画像情報を記憶させる記憶手段にプログラムを記憶させつつ、実行すべきプログラムを即座に読み出して処理の実行を開始することができる遊技機を提供すること。【解決手段】表示制御装置81のMPU181によって実行されるプログラムは、画像データを格納するキャラクタROM187に記憶される。キャラクタROM187には、NAND型フラッシュメモリ187a及びNOR型ROM18...

    遊技機

  16. 技術 遊技機

    【課題】遊技の興趣を向上できる遊技機を提供すること。【解決手段】遊技者が操作可能な操作手段に対して所定の操作が行われたことを判別可能な操作判別手段の判別結果に基づいて演出態様可変手段により演出態様が可変され、可変された演出態様に応じた演出は演出実行手段により実行される。そして、演出態様可変手段により演出態様が可変される可変タイミングが特定条件を満たす場合に、特殊演出実...

    遊技機

  17. 【課題】振動減衰のための慣性質量体の質量を低減することなく、エンジンの高回転数域での慣性トルクの増大を抑制してエンジンの高回転数域での振動減衰性能を向上することができる捩り振動低減装置を提供する。【解決手段】遊星回転機構19の入力要素23と出力要素20との間に弾性体29が設けられ、エンジントルクの振動によって入力要素23と出力要素20とが弾性体29を弾性変形させて相対...

    捩り振動低減装置

  18. 【課題】車両の運転状態に応じて剛性を制御して、乗り味性能と振動騒音性能との両立を図ることができるようにする。【解決手段】ロッド本体11と、このロッド本体の一端側において車体側の部材(8)にボルト22を介して固定されるブッシュ部材21と、磁性エラストマ材料からなる可変弾性部材31と、この可変弾性部材に磁界を印加するコイル32とを備え、可変弾性部材は、ロッド本体とブッシュ...

    トルクロッド

  19. 【課題】磁性エラストマ材料からなる可変弾性部材のせん断方向の弾性特性を利用してダンパーマウントの剛性を制御できるようにする。【解決手段】ダンパーのロッド17に固定される環状のインナー部材21と、車体構成部材9に固定される環状のアウター部材22と、磁性エラストマからなる可変弾性部材24と、この可変弾性部材に磁界を印加するコイル25とを備え、可変弾性部材は、インナー部材と...

    ダンパーマウント

  20. 【課題】車両を駆動する動力を伝える動力伝達経路内における振動の減衰特性を当該車両の走行状態に応じた減衰特性とする。【解決手段】係合機構50は、第1中間軸31に第2中間軸32または出力軸20を選択的に係合する。係合機構50により、第1中間軸31と出力軸20を係合する第1係合状態と、第1中間軸31と第2中間軸32を係合する第2係合状態が実現される。振動低減装置100は、車...

    振動低減装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 317